阿古滝(吉野)

阿古滝
(あこたき)

目次
|▶データ
|▶行き方・場所・アクセス
|▶竹林院谷分岐
|▶阿古滝谷
|▶阿古滝
|▶阿古滝道
|▶Information

 

データ▼

種類
・・直瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・50m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★★★☆
時間
・・入口から270分程
【🚘】【💧 撮影日
【🍃】R3.8.30

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 天川村

阿古滝は吉野川の源流部の支流、大峰山 山上ヶ岳を源とする上多古川流域の阿古滝谷に位置します📍

所在地自体は天川村になりますが、下流からのアクセスは川上村の国道169号線から分岐する上多古林道からになります🌳

林道終点まで進むと阿古滝道の入口があり、阿古滝道に入ってすぐの天竜の滝の上から入渓し、川を直接逆行します🌊

もしくは阿古滝道を通り、阿古滝の少し手前のガレ場から滝前に降ります
(ただしこのルートは不明瞭なうえ、途中にある滝はほぼ見ることができないため帰りのルートとして使うのが良いかと…) 🐾

 

ーーーーーーー

上多古川流域には数多くの名瀑が掛かり、阿古滝が掛かるのは上多古川本流の源流部になります🌊
上多古川本流には洞門の滝や六字の滝はじめ大小多くの滝が掛かり、ココで全て紹介するとかなり重複するため、途中までは▶洞門の滝および▶六字の滝を参照してください👈

上多古川本流入口の天竜の滝
威容を誇る洞門の滝

両岸切り立つ幸次郎窟
キレイに広がった六字の滝

 

 


竹林院谷分岐▼

多治良淵越えてしばらく進んだところで大きな分岐、阿古滝方面へはこれをまっすぐ進みます(=゚ω゚)ノ
右側から合流する川が竹林院谷で六字の滝方面になります🌊


水量によっては正面の流れが無かったりしますが、大きな分岐なのでココまで来ればすぐに分かると思います(=゚ω゚)ノ

真っすぐの阿古滝方面は巨岩が詰まり、ヨジヨジと進む必要があります🐾
ココまで来るのにも結構体力がいりますが、最後に傾斜が結構きついので大変です💦

 

 


阿古滝谷▼



竹林院谷分岐からが地味に想像より距離があります(;´Д`)
おまけに巨岩帯で体力もいります💦
しかしココまで来たらもう少しなので頑張りましょ٩( ”ω” )و

しばらく進んで行くと左から細い支流が現れます🌊
増水時は支流の流れが太くなりどっちが本流か非常に分かりにくくなりますが、ココは正面の流れの方を登って行きます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

阿古滝谷分岐▼

その先すぐにまた正面と左側とに川が分かれます👀
ココで左の方の流れを登って行きます🐾
竹林院谷分岐から本流を進み二つ目の分岐が阿古滝谷分岐🌊
そこで左の方へ入る、という事を覚えておきましょう(=゚ω゚)ノ



ここら辺の滝は巨岩帯に流れていますが、巻くの自体は比較的簡単です🐾

 

ーーーーーーー

阿古滝谷▼

登り切った先はもう巻き登るような箇所はなく、ゴーロ帯に川を直接進んで行く感じになります🌊



この辺からまたちょこちょこ赤テープなども出てきます👀
阿古滝へはとりあえず川を直接進んで行きます🐾
奥の方には高くそびえる岩壁が木々の隙間から見えます(‘Д’)
そしてさすがに源流の雰囲気か、水量もずいぶん減り静かで落ち着いた雰囲気🍃

 

 


阿古滝▼




遂に辿り着いた阿古滝(∩´∀`)∩
想像以上に水量は少ない💧
しかし落差があるのと大パノラマのような岩壁、そして厳しい道のりを越えてきた到達感から、その大人しさに対して妙に見応えのある滝です🌊




源流の雰囲気漂う静寂と景観🌿
岩にあたりシャワーのようなサラサラとした流れ🌊
疲れた体に非常に癒しになる空間です⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★★★

静かで落ち着いた癒しの雰囲気の阿古滝。
その流れは岩壁ではじけて霧状になり、まるで優しい雨のようです。
包丁で切ったかのような真っすぐの断崖に掛かり、大きく広く広がる岩壁には迫力も見応えもあります。
上多古川流域最上流に位置する名のある滝なだけに、妙に風格と器量のある堂々とした姿で、ヘトヘトになりながらもその姿を目にする価値があります。

 

 


阿古滝道▼

帰りは阿古滝道を通って帰ります🐾
上多古川本流は登りでもかなりヒヤヒヤする所が多く直接下るには少々危険なので、かなり不明瞭箇所はありますが阿古滝道を通り下山するのをおすすめします🌳


阿古滝から左へ寄って下流側へ進むと赤テープがあります👀
岩壁に沿って進むと、岩壁の割れ目みたいになった所でガレ場が出てきます(‘Д’)
そこから阿古滝道へ登ることができます🐾

 

ーーーーーーー

阿古滝道を下る▼

ガレ場に下に赤テープが続いているという事は、結果から言うと阿古滝の正面へは迷うことなく来れれば阿古滝道からでもアクセスできるという事です(=゚ω゚)ノ
ただし、先ほども言いましたが不明瞭箇所が多いので、道を知ってる人と一緒でないと迷子になる可能性は高いです(;´・ω・)



方角的に分かると思いますが、ガレ場を登って右側が山上ヶ岳方面、正面側が下り方面になります🌳
途中の見晴らしはなかなかのもの(∩´∀`)∩



踏み跡は分かりやすい所と分かりにくい所、所々全然分からないところがあり、終始よく見ておく必要があります👀
赤テープも定期的に張られていますが、場所によっては間隔が遠いのでこちらもよく見ておきましょう(´・ω・)


木々の隙間から周りの山々の姿が見えていた高さから徐々に他のの中へと入っていきます🌳
かなり傾斜のきついとこもあるので注意❕


やがて矢納谷のはるか上方に突き当たり一気に下ります🐾
下った先ブナ又出会い🌳
ココを左に進むと上多古川本流の茶屋谷出会いに出ます🌊
右に進むと林道終点へ下ります(=゚ω゚)ノ


林道終点の方へ進んで行くとやがて矢納谷方面との分岐🌳
この辺りまで来るともう迷うことはないかと思います👀
矢納滝が見えたらあと少し٩( ”ω” )و


印象的には前半は比較的道は分かりやすいけど傾斜がきつく、後半は比較的傾斜は緩いけど不明瞭箇所が多い、といった感じ🐾
しかし道が分かっていたら阿古滝道からアクセスする方がはるかに安全ではありますね (ただし下流の滝はほぼ見れませんが…) 🌳

 

 


Information

上多古川流域の滝▼


洞門の滝へ戻る
(本谷)

六字の滝へ戻る
(竹林院谷)

牛呼の滝
(上谷)

昇龍の滝
(矢納谷)

赤滑朽木滝
(矢納谷)

偽コウリン滝
(矢納谷)

 

ーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

大天井滝(吉野)

大天井滝
(おおてんじょうたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶休憩所・入口
|▶大天井滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・30m(推)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・すぐ
【🚘】💧 【🍃】H30.7.10

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

大天井滝は奈良県川上村の東端、吉野町と天川村との3つ自治体の境界線付近に位置します📍

アクセスルートはいくつあり、国道169号線道の駅杉の湯の所の寺山トンネルの前から大天井ヶ岳方面に登っていくか、国道309号線から同川温泉方面の県道21号線 (すずかけの道) から大天井ヶ岳方面へ登るか、もしくは吉野山の方から奥千本を抜けてきます(=゚ω゚)ノ

天川村と川上村の境界を越える五番関トンネルの川上村側の方に休憩所があり、その正面に入口や駐車スペースがあります🌳

 

 


休憩所・入口▼

林道を進んで行くと高木山休憩所があります▼
この辺に車は停めれます🚘🏍
このすぐ正面に大天井滝の入り口があります(=゚ω゚)ノ

 

大天井滝入口▼
林道は細くグニャグニャですが、所々で眺望がよいです👀
山奥で標高が結構高く、林道へ入る国道169号線や県道21号線付近と比べると気温が低いです🌡

 

 


大天井滝▼

入口を入ればすぐに大天井滝が見えてきます(∩´∀`)∩
木々に囲まれ静かで落ち着いた源流らしい雰囲気です🍃


緑豊かな滝です🌳
全3段になっており、やや奥行きがあるため見る場所によっては上の方は見えません👀
この滝の上を大峰奥駈道が通っています🐾

 

ーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

木々に囲まれた緑の美しい滝です。
やや離れ気味の段瀑で、総落差自体はそこそこあります。
これくらいの規模の滝が道路の横に掛かり、すぐに見られるのは嬉しいですね。
車で来れるものの、辺りは世界遺産にも指定された大峰奥駈道で、国道付近とは雰囲気もかなり変わります。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

南股滝(吉野)

南股滝
(なんまただき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶南股滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・40m(推)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から15分程(沢登)
【🚘】【💧 【🍃】H28.8.7

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

南股滝は吉野台高山脈吉野川源流部の北股川流域に位置します📍

国道169号線大台ケ原へ向かうループトンネルの北側、大迫ダムから奈良県道224号線に入ります🚘

しばらく県道224号線沿いを進んでダムを抜けたところで、まっすぐ本流側の本沢川沿いの県道224号線と、左側の北股川沿いの林道との分岐があります🌳
南股滝へは左の林道へ(=゚ω゚)ノ

そのまま林道をまっすぐ進んでいくと、小さい山の神様があります⛩
そのさらに先で対岸から支流が合流し、その支流の奥に南股滝があります🌊

 

ーーーーーーー

大迫ダム湖▼

吉野川および紀ノ川の最源流部🌊
すぐ南側には大台山の山々が広がります⛰


ダム湖沿いにはまだ住宅地もあります(‘Д’)
ダム吊りや温泉施設などもあり、山々に囲まれた穴場的スポット(∩´∀`)∩
基本的には上流側へ向かって進んで行くだけです🐾


素晴らしい眺望ですが、当然上流へ向かって行けばダム湖も終わりを迎えます(´・ω・)
ちょうどダムが終わった所くらいで道が分岐(=゚ω゚)ノ
ココを左側、川を渡って北股川沿いに進んで行きます🐾

 

 


ルート▼

入渓▼

ダムが終わって川沿いから少し離れた先で分岐します(=゚ω゚)ノ
分岐を左、北股川沿いにまっすぐ進んでいきます🐾

途中から道路の舗装が終わります( ゚Д゚)!
確かこの辺は車求めれたと思います🚘🏍
ココから支流合流地点までは歩いてもそうかかりません🐾

ちょうど出会いから少し行ったトコに降りれそうなトコがありました▲

入口は林道の対岸側の出合いなのですが…
正直どこが入口か林道からでは分からないので、GPSを頼りに近くで川に降りれそうな所を見つくろって無理やり降ります٩( ”ω” )و
南股滝は滝のすぐ上で二股に分かれているので、地図を見てその川が合流する地点付近で川へ降ります🌊


ちょうど降り立ったところから少し下流へ行くと、川の出会いです👀

この辺も結構な渓谷です🌊
支流の方へ上がって行きます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

逆行▼

支流に入ったらそのまま川を登っていきます٩( ”ω” )و
支流に入ってさえしまえば距離は短く難なく滝前まで出られると思います🌊

 

 


南股滝▼



なかなか面白い形をした滝です( *´艸`)
上段は段々になっていてカブトガニみたいな形をしています✨
滝壺も非常にきれいで、程よい広さの空間はとても心地よいです🌳



 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★☆☆☆

上段の2段がウロコみたいな面白い形の滝です。
広めの滝壺にポコッと出た岩もいい感じです。
全体的に頭に残る形の滝ですが、滝の規模自体もそこそこ大きく周辺の流れも美しく、また濡れるのは必須ですがわりとすぐ見れるのも良いですね。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

明神滝(吉野)

明神滝
(みょうじんたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶明神滝
|▶Information

種類
・・直下型
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・35m(推)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から30分程
【🚘】 【🍃】H28.8.7

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

明神滝は吉野台高山脈馬ノ鞍峰西側の三ノ公川流域に位置します📍

奈良市と新宮市を結ぶ国道169号線大台ケ原へ伸びるぐるぐるトンネルの北側のダム、大迫ダムから奈良県道224号線に入ります(=゚ω゚)ノ

しばらく県道224号線沿いを進んでダムを抜けたところに、まっすぐの本流側の本沢川沿いの県道224号線と、左側の北股川沿いの林道との分岐があります🌳
明神滝へは左の林道へ🐾

しばらく行くと三之公川の出会いがあり、折り返す勢いで右に曲がり橋を渡ります👀橋を渡って三之公川沿いの林道をまっすぐ行くと山の神の祠と共に、入口と林道終点の駐車場所に出ます🚘

大迫ダムを渡った先、そこは一大名瀑地帯🌊
左▲の写真が入口の目印です👀
大迫ダムの上を通って県道224号線へ入ります🐾

この県道224号線はダムを取り囲むように沿っています(=゚ω゚)ノ
非常に景観の良い所です✨🌳🏞
ちなみに途中にある入之波温泉 山鴨湯は人気の温泉宿で、日帰り温泉もあります( *´艸`)♨

 

 


ルート▼

林道▼

ダムが終わって川沿いから少し離れた先で分岐します(´・ω・)
分岐を左、北股川沿いに進んでいくと折り返し気味くらいの勢いで右から分岐が出てきます▼

右から合流してくる三之公林道をまっすぐ進んでいきます🐾

しばらくして山の神様の祠と林道の終点に出ます▼
ココは駐車スペースもあり、ちゃんとUターンもできます(‘ω’)

そのすぐ横に入口があります👀
何やらここら一帯は水源保護のため水に入ってはいけないそうです💧

 

ーーーーーーー

遊歩道▼

ルートは至って単純です🌳
遊歩道沿いをひたすら進んでいきます🐾
距離もそこまでないので割とすぐです(‘ω’)
足元には注意しましょう!!

 

途中、しとしとと岩を伝う雫と、それによるキレイな苔があります👀
水源の森なだけあって美しい景観(∩´∀`)∩

 

この案内が見えたらもう目の前です٩( ”ω” )و
案内の方向へ降りていきます🐾

 

 


明神滝▼




見事な直下型の直瀑です🌊
水の落ちた先は深くえぐられ、大きく深い非常に美しい滝壺を形成しています。
とても収まり良く、どの角度から見てもきれいです✨



滝壺はとてもきれいな色合いです(‘Д’)
恐ろしくも美しい、何とも言えない空間🌳
足場はなく滝壺もかなり深いので、裏側へは回れそうにありません✖


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★☆☆☆

ストーーンと落ちる直下型の形と深いエメラルドグリーンの滝壺、辺りの木々、岩盤に広がる緑色が幻想的な雰囲気を醸し出しています。
登山道にもシトシトと湧水が落ちていたりと緑の多さを裏付ける豊かな水源が垣間見えます。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

笹の滝(吉野)

笹の滝
(ささのたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶笹の滝
|▶Information

種類
・・直瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・35m(推)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から20分程(沢登)
【🚘】【💧 【🍃】H28.7.10

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

笹の滝は台高山脈の北西端、吉野川の源流部へ流れ込む井光川の支流に位置します📍

吉野の川上村、吉野川沿いの伸びる国道169号線大滝ダムより少し上流へ進んだところにある武光橋を渡り、右側の井光方面の林道へ入ります🌳

:林道へ入る橋
:橋を渡ったら右側、井光方面へ


井氷鹿の里
井光林道を道なりに進んで行くと井氷鹿の里があります🏞
雰囲気の良い所で、ご飯やお土産もあるようです👀
休憩にはもってこいの場所ですね!( *´艸`)

そこからさらにしばらく林道を進むと川側に開けたところが出てきます👀

その対岸側に笹の滝がある支流が合流しているのが見えるので、川を渡って直接登っていきます٩( ”ω” )و
地図で確認しながら行くと入渓ポイントは分かると思います📍

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、井光方面へ向かう武光橋まで奈良交通バス近鉄電車 福神駅六田駅大和上市駅 (土日祝は福神駅は無し) から出ていますが、本数は少なく、入渓地点までは10km近くあります。

近鉄電車 南大阪線 時刻表
近鉄電車 吉野線 時刻表
・・・阿部野橋~吉野駅

 

奈良交通バス
南部地域連携コミュニティバス
・・・R169ゆうゆうバス
・・・(武木下車)

 

 


ルート▼

井氷鹿の里を越えてさらに進んで行くと、林道の川側に開けて駐車もできるスペースと共に支流が確認できる所👉があります🌳👀

一度車を止めて川の方へ行かないと、運転しながらでは多分支流は確認できませんが、こんな感じの場所は多分ここしかないです(=゚ω゚)ノ

ぶっちゃげ進んで行く途中で作業道みたいなのが合流してくるので、どこかからちゃんと陸路があるのかもしれません🐾

が、どこから入るのか分からないので、とりあえずココに駐車して川へ降ります🚘🏍
川へは簡単に降りれます(‘ω’)
岩を縫って川を渡りましょう❕

川を渡って支流に入ると、後は支流を直接登っていきます٩( ”ω” )و


笹の滝まで特に難しいところはなく、スイスイと登っていけると思います🐾
ただ滑りやすい所はあるので注意してください⚠

川は源流らしい雰囲気で、木々や苔がキレイです🌱
しばらく行くと貯水施設?取水施設?みたいなのが出てきます👀

ココまで来るとどこかから作業道が続いていることに気が付きます(‘Д’)
一体どこからだろう?(´・ω・)
林道沿いにそれらしいところはなかったし、あったとしても対岸ですしねぇ…

これを越えたら滝が見えてきます🌊✨

横の方から小さめの笹の滝みたいなのが流れいます( *´艸`)

 

 


笹の滝▼

残念ながらカメラがまさかの電池切れなので、スマホ写真になります(;´Д`)
まぁスマホのカメラ十分画質良いですけどね(∩´∀`)∩

けっこう勢い良く流れ落ちており、水量もしっかりしています🌊
そして岩の苔感もとてもいい感じです🌱
岩にぶつかって流れがはじける姿は、真下から見るとイカやタコのような形で面白いです🦑🐙

おもしろい形でもありますが、美しい形の滝でもあります🌊
ただ、すぐ目の前に堰堤みたいなのがあるのが少し残念(;´・ω・)
降水量などによっては結構増水するのかな⁇

 

横に流れている小型の笹の滝みたいな滝▼
大きさや規模が小さくなっただけで、ホントに同じような流れ方と形をしています🌊
まるで親子みたいですね( *´艸`)

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

飛び出すような流れ出しに、下の方で岩にあたり流れ方の変わる、これまた面白い形の滝です。
そして横に同じような形の、笹の滝小っちゃい番みたいな滝があるところも面白いです。
間近で見上げると、まるでイカかタコみたいな形です。
ただ、周りに人工物が多いのが少しだけ残念です。
まぁ自然と地域の人達がうまくやっていくためのことなので、仕方ない事ですけどね(´・ω・)

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

御船の滝(吉野)

御船の滝
(みふねのたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶御船の滝
|▶Information

種類
・・分岐瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・30m(推)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口からすぐ
【🚘】 【🍃】H28.7.10

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

御船の滝は吉野 川上村の北の端の方、井光川の上流部の支流に位置します📍

吉野の主要道路、国道169号線のちょうど大滝ダムの上流部にある武光橋を渡り、その先▼:右折して井光川沿いの井光林道を進んで行きます(=゚ω゚)ノ

途中で▼:井氷鹿の里があり、さらにそこから上流の方へ進んで行きます🐾
道なりにまっすぐ行くと御船の滝の入口があります🌳

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、井光方面へ向かう武光橋まで奈良交通バス近鉄電車 福神駅六田駅大和上市駅 (土日祝は福神駅は無し) から出ています🚏

が、本数は少なく入り口まで歩くとなると嫌になるほど歩くことになるので、車でアクセスするのをおすすめします🚘🏍

近鉄電車 南大阪線 時刻表
近鉄電車 吉野線 時刻表
・・・阿部野橋~吉野駅

 

奈良交通バス
南部地域連携コミュニティバス
・・・R169ゆうゆうバス
・・・(武木下車)

 

 


遊歩道▼

林道をず~っと進んでいきます(=゚ω゚)ノ
そして林道がぐるっとカーブするところに御船の滝の入口があります🌳
看板が立っているので、林道を進んでいるとすぐ分かると思います👀

 

まあ、ぶっちゃげ入り口に入ってしまえば一瞬です🐾
正面から支流が流れてきています💧
少し登ってみたけど何もなさそうです(´・ω・)

御船の滝は遊歩道沿いに右側です(=゚ω゚)ノ
ちっちゃい灯籠みたいなのがあります👀
光るのかな(´・ω・)❓
その先で滝の音と共にすぐにその姿が見えてきます🌊✨

 

 


御船の滝▼

緑の良く似合う美しい流れです(∩´∀`)∩
林道をひたすら進んできた甲斐がありますね🍃

滝自体の規模は中規模といったところで、納まりの良い大きさと言えばそうなのですが、この木々に囲まれた空間には大きすぎず、もちろんそれなりに大きな滝で、非常にちょうど良い落差と水の量と勢いです🌊

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

御船の滝は林道から少し入ったところで、入口からは岩壁で見えず辺りは木々が程よく生い茂る、まるでコッソリと隠れるようにして流れ落ちています。
その姿は木々や深緑の葉っぱ、黄緑色に輝く葉っぱなどと良く溶け込んだ実に美しい姿で、お手本のようなキレイな形をしています。
また滝前の空間や遊歩道は木々に囲まれていますが、それが邪魔にならない程よい加減で、非常に心地よい空間です。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

大鯛滝(吉野)

大鯛滝
(おおたいたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶大鯛滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・40m(推)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口から15分程
【🚘】【💧 【🍃】H28.7.10

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

大鯛滝は台高山脈を源とし、紀ノ川および吉野川の源流部である中奥川流域の一角に掛かります📍

吉野の主要道路、国道169号線から県道258号線 (中奥林道) に入りしばらくまっすぐ行くと途中で右側、川の方へ降りていく道との分岐があるのでそちらへ入ります🚘🏍

途中から道はかなり細く、急な登りもあるので運転には十分注意です(=゚ω゚)ノ
林道の終点は行き止まりですが、広くて駐車スペースもあります🅿

:県道258号線から林道の分岐
:林道終点と駐車場所

ちなみにこの林道は、かなり奥の方ですが完全に崩れて途中から先へ進めません(;・∀・)
まあ、大鯛滝へはこんな奥までは行きません(=゚ω゚)ノ
もっと手前です(‘ω’)

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、近鉄電車 福神駅六田駅大和上市駅 (土日祝は福神駅は無し) から奈良県道258号線 (奥林道) の入口まで奈良交通バスが来ます🚌

が、本数は少ないうえに入渓口まで10kmくらい歩くことになるためあまり現実的ではありませんが、一応乗せておきます📚

近鉄電車 南大阪線 時刻表
近鉄電車 吉野線 時刻表
・・・阿部野橋~吉野駅

 

奈良交通バス
南部地域連携コミュニティバス
・・・R169ゆうゆうバス(白川渡停留所下車)

 

 


ルート▼


日陰に相棒を泊めて、右側の折り返すように登っていく坂を上がって行きます🐾
少し行った所で非常に安定感のない梯子が出てくるので、恐る恐るコレを登っていきます(;´・ω・)

ハシゴを登った先は川の方へ向かって踏み跡が続いていますが、一カ所きわどいところがあるので注意です⚠

 

しばらく踏み跡を進んで行くとザーザーと滝の音がしてきます🌊

川はすぐ降りたところに流れているので、程よい所を見計らって川へ降りれます🐾

どこから降りたかは一応ちゃんと覚えておきましょう👀

川に降りたらすぐに大きな滝がチラチラと見えてきます( ゚Д゚)
かなり滑りやすく、濡れるのも覚悟しなければなりませんが、滝壺まで行くことが出来ます🌳

 

 


大鯛滝▼

2段で落差は約40m(=゚ω゚)ノ
水量はかなり多く、岩々の感じも相まって迫力があります(‘Д’)


水の飛沫が飛び交っているので、辺りはかなり滑りやすいですが一応滝壺の所までは行けます🐾
しかしかなり濡れます(;´・ω・)

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

岩場いっぱいに水が流れるような水量もありなかなか激しい滝です。
狭めの岩間に水が飛散し、滝すぼ周辺はそこら中に水しぶきが舞っています。
その轟音は離れた山道にまで響きわたり、ある意味目印代わりになります。
あまり近づきすぎると吸い込まれそうな迫力のある流れで、中奥川系で一番豪瀑ではないかと思います。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

白傘滝(吉野)

白傘滝
(しらかさたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶白傘滝
|▶Information

種類
・・直下型
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・50m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から40分程(沢登)
【🚘】【💧 【🍃】H28.7.10
【🌺】R2.2.23

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

白傘滝は吉野川源流部、台高山脈を源とする中奥川の支流に掛かります📍

中奥川は吉野の主要道路の一つである国道169号線池原ダムの上流から分岐する奈良県道258号線 (中奥林道) が並走します🛣

入口は吉野川をまたぐ大きな橋です(=゚ω゚)ノ
地図を確認していたらすぐに分かると思います👀

県道258号線に入りしばらくまっすぐ行くと左手に入渓口が出てきます(=゚ω゚)ノ

林道に入ってからはキレイな中奥川沿いを道なりにずっと進んでいきます🌊✨

地図上では途中で道が切れているように見えますが、林道はかなり奥まで続いています🌳

しかし途中から林道はかなり細く、路面もかなり悪くなるので運転には十分注意が必要です⚠

この林道には途中途中で車がとめれそうなスペースが点在していますが、入渓口からは少しだけ離れるので、そこまでは歩いて行きます🚘🏍

 

ーーーーーーー

奈良県道258号線 (中奥林道) ▼

もう一つ特徴的なのが、細いものも多いですが林道のあちらこちらに中奥川に流れ込む支流の滝が掛かっていることです🌊
思わず目が移ることもあるかもしれませんが、わき見運転には注意しましょう⚠

ちなみにこの林道は白傘滝の掛かる谷よりもかなり奥の方ですが、完全に崩れて途中から先へ進めません(;・∀・)
コレ復興はあるのかな(´・ω・)❓

 

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、近鉄電車 福神駅六田駅大和上市駅 (土日祝は福神駅は無し) から奈良県道258号線 (奥林道) の入口まで奈良交通バスが来ます🚌

が、本数は少ないうえに入渓口まで10kmくらい歩くことになるためあまり現実的ではありませんが、一応乗せておきます📚

近鉄電車 南大阪線 時刻表
近鉄電車 吉野線 時刻表
・・・阿部野橋~吉野駅

 

奈良交通バス
👉南部地域連携コミュニティバス
・・・R169ゆうゆうバス
・・・(白川渡下車)

 

 


ルート▼

白傘滝のある支流の入り口▼
バイクならこの辺の道路わきに止めれます🌳
一見ただの支流かと思って見逃しそうですが、この小屋▼みたいなのが目印です👀


この橋とも言えない感じの橋の右側から川へ侵入します٩( ”ω” )و
下流側はすぐに中奥川に流れ込みます🌊

 

ーーーーーーー

入渓▼

橋の右側から川の方へと入っていけます🐾
少し進んだところで川に入れます(=゚ω゚)ノ
と言うか、道はどこかへ消えます👀


川へ入ったらすぐに、やや荒れていますがキレイなナメ床が迎えてくれます✨
とりあえず序盤はそんなに難しいところはないと思います(‘ω’)
ぐいぐい登っていきましょう🐾



 

ーーーーーーー

前衛滝1▼

途中から小滝でも傾斜と落差のある滝が出だし、やや難易度は上がります(=゚ω゚)ノ
慣れた人には楽しくなってきます🌊
まずはこの小滝です▼

ココは左岸側 (向かって右側) のちょっと崩れたみたいになったとこから巻いていきます🐾
まぁココはそれほど難しくはないのですぐ超えれると思います(=゚ω゚)ノ

それほど難しくはないですが気は絶対に抜かないように❕
滝を見下ろしたらさらに奥へ進んで行きます🌳
水が透き通っていてとてもキレイです👀✨

 

ーーーーーーー

前衛滝2▼

しばらく登っていくと、少し大きめの小滝の連瀑帯が見えてきます(´・ω・)
大滝の予感がします💡


そうです、ラストスパートです٩( ”ω” )و
前情報ではかなり難易度が高くて時間がかかるみたいな感じでしたが、案外すぐです⌚
しかしこのラストの登りが最も危険なので気を引き締めてかからなければなりません⚠

 

前回は左岸 (向かって右側) のガレっぽいところから登ったのですが…🐾
結果的に今回は左岸側からはいけませんでした(´・ω・)



この最後の所で行き詰り(ノД`)・゜・。
一番上の小滝の落ち口にどうしても出れません✖
前回どうやって行ったっけ…(´・ω・)❓

仕方がないので右岸側からよじ登ります🐾
前回登りは左岸側からでしたが下りは右岸側から降りたため、行けるのは分かっています٩( ”ω” )و


正直やはり左岸側よりもこの右岸側の方が安全ですが、それでもかなり傾斜はあり非常に滑りやすいので危険なのは危険です⚠
ズルっといくと下手をすれば川まで滑り落ちます(;’∀’)
必ず自分の直下には信用できる木が来るようにポジション取りしましょう🌳

ある程度登ったら上流側へ寄って行きます🐾
やや足場がマシにはなりますが気を抜かないように❕

 

 


白傘滝▼




何とも見事な直下型の直瀑です✨
岩壁の傾斜がかなり垂直なため、上の方で勢いよく跳ね返った水流はほとんど壁に当たることなく雨の様に降り注ぎます(*‘∀‘)


下流側を見ると、すぐそこに先ほどの小滝の連瀑があります🌊
全体的に緩い傾斜だった中奥川ですが、白傘滝付近に来て急激に傾斜を強めているのが見てとれます👀




上の方にいる時は落ち口付近がよく見え、段瀑とはいかずとも完全な直下型の直瀑ではなく一度跳ね返っている様子がよく分かります💧
滝前へ降りていくにつれて上の方は隠れて見えなくなっていきます(´・ω・)


シャワーの様に降り注ぐような落ち方からか、直下には滝壺はなく一度岩にあたってそこから小さく滝壺ができています(‘ω’)

滝前は奥行きがあまりないため全景を移すのは多少難しいですが、いろんな角度から楽しむことはできます(∩´∀`)∩



さて、
当然❕、裏側へ行きます٩( ”ω” )و
行く途中に見上げた姿がまたかっこいいです✨✨


飛沫上の水が常に当たり続けているため、足場は途中からベッチャベチャの粘土状になっています(;´Д`)
めっっっちゃくちゃ滑ります( ゚Д゚)
高さは無いですが、下はゴツゴツした岩が敷き詰まっているので滑ると大ケガしそうです⚠




滝の裏側は正面から見るのとはまた眺めが一変します(*‘∀‘)
差し込む光の感じが神秘的です✨
水量も然りしているため、日に当たっていても水流がハッキリと見えます👀


 


 

ーーーーーーー

夏の白傘滝▼

夏場は葉が生い茂り落ち口付近がほとんど見えないですが、彩が出てキレイですね🍃
岩壁にも緑が確認できます(*‘∀‘)




 

おや?👀
ぼーっとしたカエルがいます🐸

ちなみにこの時は道中にも流れに耐えるカエルがいましたねw🐸
本人は岩と同化しているつもりなのでしょう( *´艸`)
こちら▼:はなかなかのクオリティです( *´艸`)

この川は夏場はカエルさんが多いようです🐸🐸🐸🎶🎵

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

直下型の50mはかなり見ごたえがあります。
岩壁に触れないため、この高さだと途中から水も分裂しシャワー状になり特異な景観を作り出します。
見る位置によってかなり姿が変わるのも面白いところです。
裏側へ周るには足場が非常に悪いので気を付けてください。
沢登りとしても適度な難易度で道中も楽しませてくれる谷です。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

牛呼滝(吉野)

牛呼滝
(うしよびたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶牛呼滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・35m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から90分程(沢登)
【🚘】【💧 【🍃】H28.7.3

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

牛呼滝は吉野川源流部支流、上多古川流域の上谷に位置します📍

吉野の主要道の一つ、国道169号線から上多古林道へ入り途中の分岐を左へ、しばらく進むと林道終点と入渓ポイントへ出ます🚘

林道は細く枯葉や枯れ木に石が散乱しており、場合によっては落石もあるので注意して運転しましょう👀

 

ーーーーーーー

公共交通機関近鉄電車 吉野線大淀駅奈良交通バス大淀バスセンター福神駅六田駅大和上市駅 (土日祝は福神駅は無し) から上多古林道の入口付近までバスが来ていますが、本数は少なく入渓ポイントまではかなり歩きます🚌

近鉄電車 南大阪線 時刻表
近鉄電車 吉野線 時刻表
・・・阿部野橋~吉野駅

 

奈良交通バス
南部地域連携コミュニティバス
・・・R169ゆうゆうバス
・・・(上多古下車)

 

 


ルート▼

上多古林道から上谷へ▼

上多古林道の途中にある分岐👉
まっすぐ道なりに進むと上多古川本流、
左側へ進むと上谷です👀
左の方へ登っていきます🐾

林道の終点付近でまさかのでっかい落石が▼⁉(‘Д’)

こういった林道はここに限らずこういう可能性があります(;´Д`)
直接落石の被害にあわずともこうして通せんぼに合う事は稀にあります🗻

仕方ないので落石の少し手前の駐車ポイントに駐輪します🚘🏍
林道終点の入口から近いのと、歩いてなら落石の箇所を通過できるのが不幸中の幸いです( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

入渓▼


林道終点の広場の奥に入り口があります🌳
入ってすぐの鉄橋のあたりから川へ入ります٩( ”ω” )و

この谷は小滝が連続しキレイで高さのある支流の滝もあり、きれいにまとまった谷です(‘ω’)🌊
そこまで難易度は高くなく、初心者から中級者にも程よいコースです🐾



 

途中で沢登りの団体さん発見(*‘∀‘)!!✨
上多古川流域の中でも、この上谷や矢納谷はそれほど難易度がそれほど高くはなく、みんなで登れる谷なので、沢登りのコースとしては人気です(∩´∀`)∩

上谷もこの辺りまでは景観の良い落ち着いた沢ですが、牛呼滝の手前の写真のあたりは少し危険です⚠

足場が非常に狭く滑りやすいうえ、落ちたらまず助かりそうにありません(;´・ω・)

ココを越えたら牛呼滝です🐮🌊

 

 


牛呼滝▼



2段で真ん中に穴の開いた特徴的な姿の滝です🐮
この穴に滝の音が反響して、牛が呼んでいるような音がすることから牛呼滝という名がついたそうですが、残念ながらこの時そんな音は確認できませんでした(;・∀・)

中腹の穴の所までは意外と簡単に登れます🐮!
滑りやすいので注意❢
しかしホント独特な滝です👀

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

真ん中の穴で滝の音が反響して牛が呼んでいるように聞こえることから牛呼滝です。
が、穴の中まで行きましたが何も聞こえませんでした…
何か条件があるのかな?

滝自体はその特異な形から間近で見ると非常に面白いです。
滝前は開けていて休憩もでき、雰囲気のとても良い空間です🐮

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

コウリン滝(偽)(吉野)

コウリン滝(偽)
(こうりんたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶コウリン滝(偽)
|▶Information

種類
・・直下型
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・20m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・入口から120分(沢登)
【🚘】【💧 【🍃】H28.7.3

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 天川村

コウリン滝は吉野川源流部支流、上多古川流域の矢納谷に掛かる滝ですが、ココで紹介しているのは偽物ですw📍

と言うのも、その下流にある赤滑朽木滝を勘違いしたため、本来逆行しなければならない川を違う川と間違ったためです(;´・ω・)

国道169号線から上多古林道へ入り、林道終点から入渓し矢納谷に流れる川を逆行します🐾

ココでは赤滑朽木滝から偽コウリン滝までを見てみたいと思います(=゚ω゚)ノ
上多古へのアクセスや途中までは▶昇竜の滝、▶赤滑朽木滝を参照してください👈

 

 


ルート▼

:昇竜の滝
:赤滑朽木滝

 

ーーーーーーー

赤滑朽木滝の横の滝の巻き▼

コウリン滝(偽)は赤滑朽木滝の手前にある右の写真の滝の上流にあります(=゚ω゚)ノ

この滝の少し手前、川がかくんと曲った辺りまで戻ると登れそうな所があります👀
確かトラロープがあった気がします🐅

途中ほぼ垂直みたいなところを木に摑まりながら登ります🌳
ココは非常に危険なので注意が必要です⚠

無理だと思ったら昇竜の滝の上まで戻って遊歩道を行きましょう🐾

遊歩道は途中不鮮明なところもありますが、この滝の上の周辺まで来ています🌳
帰りはそこから戻ったので間違いありません(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー


滝の上に降り立つと朽ちた木がいっぱい倒れています🌳✖
この川原へ降り立つところに来るまでが結構危険です⚠
が、この写真のとこまで来たら一息です٩( ”ω” )و

ココからは自力で川を直接ガンガン登ります🌊
そこそこ急ですが濡れるの覚悟ならそう難しくありません(=゚ω゚)ノ
距離もそこまでなく、しばらく登るとまたまた天から降り注ぐような滝が現れます✨

 

 


コウリン滝(偽)▼

岩壁に一切触れることなく落ちる完全なる直下型の直瀑が落ちています✨✨
まるでジョウロから水を流しているような滝です🌊。
これほどきれいな直下型は珍しいです(*‘∀‘)

滝の形状も極めて良いのですが、周辺の緑がまたいいです🍃
直下型の水しぶきは細かく、日が当たるとホントにキラキラです💦
そこにこれまた日に照らされた木々が森の楽園のような空気感を出します🌳

当然裏側にも回れます(=゚ω゚)ノ
登る沢を間違って、まさかの奇跡的な出会いです✨
ぶっちゃげ本当のコウリン滝より余裕で一見の価値がありますw🌊


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★★★
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★☆

極めて美しい滝です。形、周りの岩々や緑、滝のある場所、光の当たり方全てが自然の織りなしうる完璧に近い次元で調和されています。
これまで訪れた滝の中でも、もしかしたら最もお気に入りかもしれません。
明るく優しく周りが賑やかで極めて美しい、絶世の美女や天女のような滝です。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る