笠木不動滝(大紀町)

笠木不動滝(かさきふどうたき)
三重県 度会群 大紀町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑(雄滝)
水系・・宮川
落差・・40m(公)(雄滝)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から15分程(雌滝)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶公園
|▶雄滝
|▶雌滝
|▶Information


H31.3.31


行き方・アクセス▼

紀伊半島を和歌山市から松阪市までを結ぶ国道42号線、三重の尾鷲市と松坂市の間にある大紀町 大内山から林道を進んだところに笠木渓谷があります🌳

紀勢自動車道大内山I.CJR紀伊柏崎駅の間、大内山川の北側の県道538号線から踏切を渡って林道へ入ります🚘🏍

林道に入ればほとんど一本道のうえ、案内もあるのでだいたい分かると思います(‘ω’)
左:県道538号線から林道に入るところ
右:笠木渓谷入口

 

 


公園▼

門のような建物をくぐると、広々とした駐車場が現れます🚘🏍
道路は続いてますが、行き止まります✖
対岸には紅葉茶屋があり、紅葉の時期の美しさを示唆しています🍂

辺り一帯は公園みたいな感じになっています🏞
目の前に広がる渓谷は迫力があります🗻
正面に見える桜は忠五郎桜です🌸

 

ひや水の滝▼
門をくぐってすぐ左側にある小ちゃい滝( *´艸`)

滝の正面にトンネルがあります٩( ”ω” )و
これをくぐると川に出ます🌊
秘密基地みたいですね( *´艸`)


駐車場の所にある梅?か桃?か分からないけどキレイな花(*´Д`)
基本的に景観の良いところです🌳✨

 

忠五郎桜▼
滝の遊歩道の前に大~きな桜の木があります(*‘∀‘)🌸
滝を見に来て思わぬ収穫です(∩´∀`)∩
1本の桜に木としては、歴史も深く、広く長く伸びた枝に風格と迫力を感じます✨
⊂⌒~⊃。Д。)⊃






 

 


笠木不動滝 雄滝▼

忠五郎桜の少し奥から遊歩道が始まります🐾🌳
雄滝までは、ぶっちゃげ一瞬です(=゚ω゚)ノ
説明するまでもないでしょう🌊


入口から少し行った所で滝見台と雄滝が見えてきます👀🌊

 

雄滝▼


緑の多い心地よい空間です🌳🍃
椿が映えますが、だいぶ落ちてます(;’∀’)

少し足場が悪いですが、滝の目の前まで行けます🌊
下の段の上まで行けます(∩´∀`)∩
滑落注意⚠



滝に近寄っていくと小さな滝壺が現れます( *´艸`)
上段と下段のスペースが狭いので、全景を写すのは難しいです(;´・ω・)




振り返ると滝見台が見えます( *´艸`)
岩伝いに降りていくと、苔むした岩が良い感じ✨
落ちた椿も、どことなく寂しげではありますが雰囲気があります🌺



 

 


笠木不動滝 雌滝▼

雄滝の滝見台からさらに奥へと進んで行くと、ほっそりと流れる雌滝があります💧
途中、笠木大和の分岐がありますが案内もあるので分かるでしょう👀

 

雌滝▼
雄滝の雰囲気とはまるで違い、今にも途切れそうです( ゚Д゚)
沢登りをしていると、こういった滝はたくさんあるのですが、岩々の荘厳さは迫力があります👀



雰囲気のある岩壁、静かで細い流れ、静寂な雰囲気と祠が妙にマッチしています(´・ω・)
この空気はこの空気でまた良いものがありますね🍃



ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

雄滝雌滝とも違った雰囲気や性質を持っており、落差もそこそこあります。
雄滝に至っては、お手軽滝としてはクオリティも高いです。

また忠五郎桜や紅葉茶屋など、時期によっては滝とは別の景観も楽しむことができ、公園としても非常に雰囲気も空気感も良いです。

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

三重県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

TOPに戻る

五ヶ所滝(奥香肌)

五ヶ所滝(ごかしょたき)
三重県 松坂市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・連瀑
水系・・櫛田川
落差・・40m(推)(総落差)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から60分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶五ヶ所滝
|▶Information


H31.3.31


行き方・アクセス▼

奈良県の大和高田・桜井を横断し三重県の松坂までを結ぶ国道166号線から、奈良から松坂に入って少し進んだところにある奥香肌渓へ向かう三重県道569号線(蓮峡線)に入ります🐾

569号線を進んだ先の蓮ダムは渡っても渡らなくても良いですが、569号線沿いに進む方が走りやすいと思います🚘🏍

ダム湖は途中で分岐します(=゚ω゚)ノ
五ヶ所滝のある絵馬小屋谷もそうですが、見応えのある滝が掛かる谷はほとんど分岐した先の南側の湖の方にあるのは覚えておきましょう❕

上流へ進むにつれてダム湖から普通の川に戻りますが、その先で絵馬小屋谷の本流である野江又谷へ入る分岐があります🐾

 

野江又谷へ入る分岐👉
少し降りたところに橋があり、川を渡りますが、やや分かりにくいです(;´・ω・)

この林道を進んだ先に駐車スペースと入り口があります🌳
入り口まで距離はほとんどありませんが、路面は舗装はされておらず、非常に走りにくいので注意してください▼⚠

 

 


ルート▼

五ヶ所滝へは遊歩道などは無いため、基本的には川から直接登るルートをとります🌊
ぶっちゃげ五ヶ所滝まではそんなに難しいところはないと思います(‘ω’)

駐車場所のすぐ奥から野江又の頭へ続く登山道が伸びています🐾🌳
一発目すぐに川へ降りるので、そこから入渓していきます(=゚ω゚)ノ
振り返ると切り立った山々が風になびいています🗻

川は最初の時点で二手に分かれています🌊

入口から見て正面の川が野江又谷:▼左の川が絵馬小屋谷:▼です(=゚ω゚)ノ
五ヶ所滝へは左側の絵馬小屋谷に入ります🐾


絵馬小屋谷に入ってすぐ大きな岩がゴロゴロしていますが、わりと快適に進めます(∩´∀`)∩
雰囲気は険相でなかなか秘境感があります(*‘∀‘)

 

岩の両門▼
絵馬小屋谷を少し進むと、川は右に90度カーブし巨大な岩の門がお出迎えしてくれます٩( ”ω” )و
両岸50mという大きな岩の門です👀

では恐る恐る進んでみましょう🐾



自然の力恐るべしですね( ゚Д゚)
うっとり見惚れてしまうところですが、こういう場所につきものなのが落石です⚠
あまり長居はしすぎないようにしましょう(=゚ω゚)ノ


岩の門の中ほどから上を見上げると、よりその大きさが分かります👀
正午くらいの時間だと隙間から指す光が非常に美しいです✨✨
岩の門を過ぎて反対側から見ると、まるで洞窟のようです🐾

 

岩の門~五ヶ所滝▼
ここからまたゴロゴロした川原が続きます🐾🌊
決して平坦ではないですが、そこまで難しい箇所もなく快適な沢登りを楽しめるコースではないかと思います(‘ω’)





岩の門を越えてから五ヶ所滝までが若干長いです🐾
途中で右岸側 (向かって左側) から観音滝が流れ込みます🌊


観音滝を過ぎると少し谷の表情が変わってきます(‘Д’)
徐々に両岸が切り立ち始めます🗻
五ヶ所滝までもう少し٩( ”ω” )و


 

 


五ヶ所滝▼

両岸が迫り始めて少し行くと、キレイな五ヶ所滝の一番下の部分に到達します🌊
しかしココは手が付けられずに行き詰ります(;´・ω・)


これが行けそうで行けません(;´・ω・)
高巻かなければなりませんが、この高巻きが非常に危険です⚠

右岸左岸両方ともルートはありますが、この日は右岸 (向かって左側) から巻いたので、そのルートで説明します(=゚ω゚)ノ
先ほどの滝壺から少し戻ると写真▼のような手の届きそうな一に気がある場所ふぁあります🌳

木や根っこを頼りに力づくで登っていきますが、何分傾斜がきついので慎重にいきます🐾

ある程度登ったところで岩がむき出しになったところ▼に到達します👀
この岩壁の前を下流側に移動し、行き止まりの所で上に何とか登ります🗻▼
ココは足場が極めて狭く、枯葉などが堆積し滑りやすいうえに岩は掴むと崩れる箇所が多いのでかなり危険です⚠
態勢を低くして確実に行きましょう٩( ”ω” )و


岩の所を登りきった先は写真▼左のような気があるので探してみてください🌳
これを拠点に、進みやすい箇所を探しながら上流側へトラバースしていきます🐾
この辺りも油断できず足場はかなり滑りやすいので、しっかりした木や根っこを掴みながら進みます(‘Д’)


ある程度進みやすい所まで登り上流側へ寄っていくと、次第に歩きやすくなってきます🐾
ただし、相変わらず足場は狭く非常に滑りやすいので気は抜けません(。-`ω-)

そして滝の音と共に降りれそうな所に出ます🌊
深くえぐられた岩間から水が流れるのが見えてきます👀✨

先ほどのきれいな滝壺の小滝のすぐ上は岩に隠れて見えませんでしたが、こんな感じになっています( ゚Д゚)

ざっくり20mくらいの異形の美瀑です🌊
下から見た時には想像もつかない姿です( *´艸`)

一体どんな感じになっているのでしょう(´・ω・)❓

先ほどの五ヶ所滝の最下段の滝を左上から見た所👀
まだ落ち口付近岩に隠れてハッキリと見えません(´・ω・)

もう少し滝に近づいてみましょう🐾
滝に向かって左側の方から降りていきやすくなっています(=゚ω゚)ノ
ちなみにこの滝を巻く時も左側からです🌳


まるで岩の滑り台ですね( ゚Д゚)✨✨
一体どうしてこんな形になったのかな(*´Д`)⁇
岩の滑り台からホントに一瞬だけ岩に跳ね返って最下段の滝ができています🌊

近づいて見ると岩の中身はこんな感じです(∩´∀`)∩
正に自然の造形美です✨✨
キレイに水流に研磨されて岩の表面のゴツゴツはありません🗻


上流から最下段の滝壺を見下ろしたところ👀
覗き込みすぎると落ちそうなので注意です( *´艸`)
滝壺の色がきれいですね✨

岩のえぐられ方がすごいです(;’∀’)
写真で見るより生はもっとすごいです🗻






えぐられた岩の空洞へ入って滝を見上げると、その奇怪な姿を堪能できます🌊
⊂⌒~⊃。Д。)⊃
逆に外側を見ると洞窟の中から外を見ているかのようです👀🌳

先ほど少し触れましたが、滝の左側からこの滝は巻くことができます🐾
この岩の外側から登る感じになりますが、少し登った所からこの滝を見下ろすことができます👀

落ち口付近▼
ココも覗き込みすぎると転落しそうなので十分注意が必要⚠
この上からは釜と滝が連続するゴルジュになっていますが、岩のえぐられ方が深すぎて全部は見えません(ノД`)・゜・。



さらに登っていくと川の高度が追い付いてきます(=゚ω゚)ノ
写真▼の丸っこいキレイな釜の所からは再び川へ入れます🌊

そしてココからゴルジュを見下ろすことができます👀
クネクネと岩を削りながら流れていく様は圧巻✨
まるで岩の要塞のようです(*‘∀‘)


下流側
スライダープールみたいですが傾斜は80度くらいあります(;´・ω・)
上流側
ココからは落ち着いた川原へと表情を戻します🌳

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

これほど岩が侵食されている姿は他ではあまり見ることはできないでしょう。
滝自体も良いですが、どちらかと言えばそれを構成する土台となる岩々やその全景の印象が強いです。
かなり特殊な滝なので、高巻きはやや危険ですが見る価値のある滝です。

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

三重県の滝に戻る
近畿の滝に戻る

TOPに戻る

赤目四十八滝

赤目四十八(あかめしじゅうはったき)
三重県名張市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・滝群
水系・・宇陀川⇒木津川⇒淀川
落差・・30m(公)(布曳滝)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から90分程
入場料・・大人400円、子供200円
駐車場・・800円
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道165号線を結馬交差点から近鉄・赤目口駅の方へ曲がります。
赤目口駅からは県道567号線をずっと進んで行くと、赤目四十八滝の駐車場と入り口に着きます。
ちなみに駐車場は有料です。

公共交通機関では近鉄、三重交通バスを使いますがバスの本数は少ないです。
タクシーを呼ぶ方が良いかもしれません。
近鉄・赤目口駅は大阪線本線で急行も停まります。
赤目口駅から歩くと60分~90分程で入り口まで着きます。
近鉄電車(大阪線)・・・赤目口駅下車
三重交通バス・・・赤目滝 停留所下車


H31.1.13


近鉄赤目口駅▼
田舎駅ですがココは本数はしっかりしています🚋(‘ω’)


バスが無いので歩いていきます٩( ”ω” )و🐾
ただし、歩くと1時間以上かかります(;´Д`)
慣れない人はバスの時間に合わせるかタクシーを呼びましょう🚌🚘🏍



入口に着いた(;´Д`)と思ったら少し奥行があります🐾
途中サンショウウオの形の可愛らしい湧水の出水口があります( *´艸`)


この奥に赤目四十八滝の入り口があります(=゚ω゚)ノ
紅葉の時期には観光客も結構多いみたいです🍂🍁
ココかここへ来る途中の間で、温泉や飲食店、忍者系のお店みたいなのがあります(´・ω・)

建物の中に入るとサンショウウオだらけです⊂⌒~⊃。Д。)⊃
実際川にも生息しているみたいですね( *´艸`)
まじまじと見るとキモ可愛いです(∩´∀`)∩




さてココから本格的に赤目四十八滝の遊歩道です(=゚ω゚)ノ
水の色はエメラルド色に透き通りとてもキレイです(∩´∀`)∩
この渓谷はちょっとした小滝や淵野も名前が付けられ、大事にされていることが分かります🌊🌳


まず最初はすぐに行者滝が現れます🌊▲
そして次に広くて深い釜の霊蛇滝が出てきます🐍▼


霊蛇滝の上には不動橋が掛かっていますが、すぐ上に赤目五瀑布の一つである不動滝が掛かります(=゚ω゚)ノ
この滝も広く深い釜で、どちらもキレイな色をしています✨✨



橋を渡り階段を上り、不動滝の上に出ます🐾
少し危険ですが、不動滝は落ち口付近からも見れます👀🌊⚠

 

不動滝を越えたらすぐに乙女滝が出てきます(‘ω’)
小さな可愛らしい滝というか渓流というか…( *´艸`)


その先の大日滝💧
支流に流れる滝で、普段は水がなさそうです(´・ω・)

ココからしばらく進むとトイレが出てきます🚻
そのあたりに八畳岩があります🗻


八畳岩の先へ進むと、赤目五瀑布の千手滝です(=゚ω゚)ノ
この滝は赤目四十八滝の写真にも良く出てくる割とポピュラーな滝です🌊
滝壺がとてもきれいです✨✨



千手滝の正面には茶屋があります🍵
閉まってますが…(;´・ω・)
やってるのかやってないのか分かりませんが、キレイなのでやってるときはやってるんだと思います👀

 

川を渡って千手滝の上へと進みますが、その前に千手滝の横の護摩の窟へお参りします(´・ω・)

千手滝を横に見ながら登っていきます🐾
そこには荘厳な天狗柱岩がそびえ立ちます👺


そしてすぐ先には赤目五瀑布で、この滝群最高落差の布曳滝があります٩( ”ω” )و
こちらも非常にキレイな滝壺です✨✨
正面に見える岩壁もなかなかの迫力を帯びています( ゚Д゚)



 

ココから次の赤目五瀑布までは少し遠いです🐾
まずは布曳滝を越えていきます٩( ”ω” )و
上から見ると一層長く見えます👀

そのすぐ上に竜ヶ壺があります(‘ω’)
面白い浸食の仕方をした釜です( *´艸`)


竜ヶ壺の先には御神木のカツラの木があります🌳
周りにある他の木々とは一味違い、存在感があります(=゚ω゚)ノ

ココからまだまだ小滝や釜が出てきます👀
まだ一番最後の滝まで半分も来ていないので頑張って歩きましょう❕

その先にある斧ヶ渕
階段を上り上流へさらに進むと今度はまた支流の枯滝、縋藤滝が出てきます(´・ω・)

その先にあるのは、サメの背びれのような岩が本と出ている滝壺を持った陰陽滝です( *´艸`)
これもなかなか面白いですね🌊



陰陽滝を過ぎたらしばらく川原を歩きます🐾
だいぶ渓谷も深まってきた感じがします🌳

しばらく進むと、広くて浅い釜ヶ渕です(=゚ω゚)ノ
心なしか水の透明度も少しだけ増したような気もします👀


釜ヶ渕を越えたら百畳岩です(=゚ω゚)ノ
ベンチなどもあり休憩できるようになっています⊂⌒~⊃。Д。)⊃
ちなみに休憩できる箇所は何ポイントかありますが、基本的にベンチだけなので飲み物などは持参です💧
ゴミはちゃんと全て持ち帰るように(=゚ω゚)ノ


安全のため、午後3時以降はココまでしかこれません⌚
ココから先へ行くには少し早めの時間に来なければなりませんね(‘Д’)

七色岩は木が生えています🌳
季節によっては花も咲くみたいです🌺


百畳岩の先ですぐに姉妹滝とそのすぐ先に柿窪滝があります(*‘∀‘)
そしてそのすぐ上流には非常に美しい釜があります( ゚Д゚)✨



このキレイな滝壺を持つ笄滝は、少し川側へ入ると見えます👀✨
個人的にはココの光景が一番好きかもしれません🌊
極めて神秘的な色をしています( *´艸`)

このすぐ上に穴の開いた岩、その対岸へ渡るとトイレがあります🚻
まだまだ先へ続きます٩( ”ω” )و🐾


遊歩道の横にある雨降り滝は、名前通り雨が降るようにシトシトと水滴が岩の橋から落ちてきます💧
こんな光景も悪くないですね( *´艸`)


しばらく進んで行くと骸骨滝斜め滝があります🌊
岩壁もごつごつしてきます🗻

しばらく歩いていくと、ようやくここで次の赤目五瀑布、稲荷滝です(=゚ω゚)ノ
2条に分かれた美しい滝です🌊
調べによると、この稲荷滝が赤目四十八滝の代表のようです(‘ω’)





上の段も深く大きな滝壺です🌊
透明度が高く、これほど深いエメラルド色をしているのに少し日が当たると下まで透き通って見えます👀✨


 

稲荷滝を越えたらその少し先で川が分岐、支流の先には夫婦滝、本流の入り口には雛壇滝があります🌊


そしてその少し先には琴滝があります(‘ω’)
琴滝がある意味最後の小滝というか前衛滝みたいな感じですね🌊

琴滝のすぐ先に広々とした空間と共に最上流の赤目五瀑布、琵琶滝が出てきます(∩´∀`)∩
この滝も雰囲気と共に面白い特徴の滝壺を持っています( *´艸`)



広々としている点はこれまでの赤目五瀑布と同じですが、琵琶滝だけは滝壺が極端になっています( ゚Д゚)
浅く透明な流れは滝前の一部だけ異様に深くなっており、深いエメラルド色になっています👀🌊
ホントに忍者が出てきそうですね( *´艸`)




琵琶の滝の横から遊歩道が上流に伸びています🐾
この面白い滝壺が上から見えます👀
一体どれくらい深いのかな(´・ω・)⁇

そして琵琶滝の上へ出たら少し歩いて最後の滝、岩窟滝です(=゚ω゚)ノ
ココまで早くても90分くらいは見ておいた方が良いでしょう⌚


この先も遊歩道は続き周遊コースとなっていますが、赤目四十八滝はココまでです🐾🌳

 

赤目五瀑布▼




ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

さすがに三重県の有名な観光スポットなだけあって、見どころの多い滝群、渓谷となっています。
水の色は独特の深いエメラルド色で非常にキレイです。
ただ、一番奥まで行って帰ってくるにはトレッキングとしては少々体力がいるかもしれません。
赤目五瀑布は広く深い滝壺が特徴的で、これを利用して水遁の術を練習していたのかもしれませんね( *´艸`)

三重県の滝に戻る

八町滝

八町滝(はっちょうたき)
三重県北牟婁郡紀北町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑、直下型
水系・・往古川
落差・・100m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★★
体力・・・★★★★★
時間・・・入口から270分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
紀伊半島をぐるりと回る国道42号線、鷲尾の少し北側の船津の手前あたりの往古川の橋から小木森林道へ入ります。
小木森林道は舗装されておらず、途中から非常にデコボコで路面が悪く、車によっては進めないかもしれません。
小木森林道を進んで行くと、右に登りながら180度カーブするところがあり、そこが入り口となります。
カーブミラーが目印です。


H30.8.26


この日は台風の跡です🌀
もともとこの小木森林道はクッソ路面が悪いですが、台風を経てよけい酷くなった感がだいぶあります(;´・ω・)

入口となるヘアピンカーブ▲
ココから川へ降りられます🐾

このカーブを曲がったところに駐車スペースがあります🚘🏍
しかし、ほんとに路面が悪いです(;´Д`)
普通の車では腹を擦る可能性もあるので、無理そうならもっと手前に停めて歩いた方が良いです(;´・ω・)

川に出たら堰堤とその上に大きな岩が出てきます(=゚ω゚)ノ
八町滝がある真砂谷は本流沿いではなく、川を渡って正面から合流してくる支流の方です🌊

真砂谷の流れは半分は直接堰堤の方へ、もう半分は大岩を回り込んで流れていきます(‘ω’)
一見水が少なそうに見えますが、この時点ではわりと水量は多いです🌊🌳

本流とは違い早速渓谷らしい様相へと変わります( ゚Д゚)
岩をピョンピョンしながら進んで行きます🐾🌊


日が昇りまばゆい光が差し始めました☀✨
夏らしい真っ白な光です👀
岩をくぐると外の光がよりキレイに輝いて見えます(∩´∀`)∩


しかし渓谷と言うのは日が当たっているかどうかだけでずいぶん表情が変わるものです( ゚Д゚)
明るい所も日陰の所も、それぞれ違った良さがあります( *´艸`)☀☁🌳


一瞬暗がりに入って、その先は開けた感じの水面のきれいな川原になります(=゚ω゚)ノ
ココは岩の色も少し特殊ですが、なんせ水が蒼いです✨✨



これをしばらく進むと川が大きくカーブし、二手に分かれます(=゚ω゚)ノ
左側から支流が合流してきますが、川なりに右の方へ進みます🐾
が…、

行く手に障害物が見えます👀❕
一つ目の前衛滝です🌊
落差は20mくらいでしょうか(´・ω・)⁇
勢いよく落ちる、The・直瀑です⊂⌒~⊃。Д。)⊃


落ち口は両岸とも切り立っており、どう手を付けたらよいか一瞬迷います(;´・ω・)
ココは左岸 (向かって右側) から巻きました🐾
越えるのにそれほど時間はかかりませんが、かなり危険で難易度は高いです⚠
滝の落ち口より少し上がったところで上流側へ一気に抜け、滑りやすい急傾斜を下ると落ち口のすぐ上へ出ます🌊

降り立った先はホントに岩壁1枚挟んで落ち口なので注意が必要です⚠
上流側を見ると狭い所に水が投げれる廊下のようになっています( ゚Д゚)🌊

この廊下の水がまた非常にキレイです(‘ω’)✨✨
ここは横の岩伝いに進めます🐾
ココから少しの間、落ち着いた川原です(=゚ω゚)ノ



廊下を抜け、また日当たりの良いところへ出ます☀
しばらく進むとまた川が分岐、またまた左側から川が合流しています🌊👀
が…、

またまたまた障害物が見えます(;´・ω・)👀
日当たりが良く、左からの合流があり、正面に前衛滝٩( ”ω” )و
先ほどとよく似たシチュエーションですね( *´艸`)
ちなみにココまでで八町滝まで半分といったとこでしょうか…(´・ω・)⁇

落差も先ほどと同じくらいでしょうか🌊
滝壺の青さなどもよく似ています(∩´∀`)∩

この2つ目の前衛滝は見た感じですでに左岸 (向かって右側) からの巻きは明らかに難しく、右岸 (向かって左側) から大きく巻きます(=゚ω゚)ノ
小さく巻くのは試みましたが行き詰ります✖
まずは左側の支流に入ります🐾

支流に入ってちょっと行った所で、本流の上流側へ登れます(=゚ω゚)ノ
よく探すと先駆者たちの踏み跡のように、他と比べて歩きやすくなった箇所が点々としています👀🐾🌳

しばらく登っていくと登り切って馬の背になります🗻
そこからは上流側へ進みながら弱点を縫って川へ降りていきます٩( ”ω” )و
この時どう来たか覚えておかなければ帰る時に迷います⚠

川へ出たら渓谷は険しさを増してきます(;´Д`)
巻きが必要な個所もちょこちょこ出てきます🐾



この辺りは水や流れもきれいで、コース的にも退屈しない楽しめる谷です(∩´∀`)∩
雰囲気的にも随分と秘境へ入ってきた感じがします🌳




途中とても日当たりの良いところでポツンと水量が一気に少なくなるところがあります👀
日によってはココだけ伏流しているかもしれません(´・ω・)
少し登ると水はまた増えてきます🌊
この辺りから上流側を見上げると物凄い岩山が見えます👀☀



先ほどの水が減った所より下流の方が水がきれいに見えます🌊👀
きっと伏流してろ過されるのかな(‘ω’)⁇
この木👉のあたりから傾斜がまた強くなります(;´Д`)




この滝▼を右に見ながら岩場を登り始めると、急傾斜を、直登、巻き、あらゆる手段で一気に上り詰めていきます٩( ”ω” )و🐾
シャワークライミングとしては非常に充実した傾斜ですが気は抜けません⚠


この辺はもはや傾斜がかなりきついため、振り返ると木々の頭を越えて向の山まで見渡せます👀🌳


何とも絶景ですが、写真を見てお気づきでしょうか?( *´艸`)
岩壁の上の方~に八町滝の頭が見えています👀

この急傾斜の終盤辺りまで来ると大滝の姿がちらつき始めます🌊

そしてこの見上げるような傾斜の最上段には、庭園のような美しい滝が立ちはだかります▼🌳



この庭園の様な横に広い滝は右岸 (向かって左側) から岩を越えて登ります🐾
ココを越えると八町滝の姿がハッキリととらえられます👀🌊


滝から少し横に目をやると、面白い形の山が見えます🗻🌳
あれが奥坊主でしょうか(‘ω’)⁇
ともかく一気に大滝の方へ詰め寄ります٩( ”ω” )و
が…、


最後の難関、3つ目の前衛滝です🌊
高さも前の2つの前衛滝より高いです(;´・ω・)
しかし幸いなことに、前の2つより傾斜はやや緩いです(‘ω’)

ココは右岸 (向かって左側) の岩付をまずは直登していきます٩( ”ω” )و
見ての通り左岸 (向かって右側) は落ち口付近で跳ね返されそうです(;’∀’)

途中まで直登できますが、上半分はかなりリスクが高いので脇の方の茂みの方へ入って巻きます🐾🌳

ココが最後の正念場です(=゚ω゚)ノ
気を抜かずに頑張りましょう٩( ”ω” )و

 

八町滝▼






物凄い圧巻の迫力です( ゚Д゚)✨✨
これほど荘厳な岩壁は他にあまりありません🗻
またこの日は水量にも天候にも恵まれ、最高の形でのめぐりあわせです(∩´∀`)∩


物凄い切り立った岩壁ですが、滝前は広く下流側の眺めも絶景です🏞
ココは海側の山々よりもずいぶん標高も高く、山を越えて海 (熊野灘) まで見渡せます👀✨(∩´∀`)∩



滝の方へ少し近づくと水の飛沫が襲い掛かります💦
⊂⌒~⊃。Д。)⊃
ただ、この日は水量が多いため圧倒的な景観になっていますが、基本的にはこれほどの水量はないそうです🌳
しかし小木森林道から遠望できるくらいなので、涸渇寸前くらい枯れてなければ規模も大きく岩壁などのベースが凄まじいので、ある程度は期待できそうです(=゚ω゚)ノ









八町滝は右岸 (向かって左側)、登ってきた側からすると正面になりますが、ガレ場から巻き上がることができます🐾
ガレを登るにつれて見る角度が変わると表情も変わります🌊👀

 

おまけ▼
八町滝の巻きには時間はそれなりに掛かりますが、実は以外にもそこまで難しくはありません(=゚ω゚)ノ

滝を通り過ぎてガレをしばらく登っていくと、途中でルートは上流側へと寄っていきます🐾
足場は非常に滑りやすく、疲れた足元に踏ん張りが必要になってきます(;´Д`)

登り切ったところで急に崩れたかのような傾斜の下りに転じます( ゚Д゚)
ココは足場の良い方へ移動しながら降りていきます🌳


登り切った時点で川の音が聞こえているので、川原に出るまで時間はかかりませんが、どこから降りてきたか覚えておかなければ帰りに迷います(´・ω・)
この先も見応えのある越えるのに少し苦労する小滝がたくさんあります🌊


川が右に曲がるように落ちてくるこの滝を越えれば奥八町滝までもう一息だと思うのですが、容易には越えさせてくれそうにありません(;´Д`)
左岸 (向かって右側) から登れそうですが、これ以上深追いすると日が暮れるまでに帰れなくなるので奥八町滝はまたの機会です(ノД`)・゜・。

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★★

滝の高さや大きさ、それを形成する岩壁は圧倒的な迫力があります。
下流側も方角的に鷲尾湾や熊野灘まで見渡すことができ、どこを見ても爽快な正に絶景の真ん中にいる気分です。
半分直下型の八町滝は落ち口から勢いよく流れ出し、遥か高みから噴き出しているかのようです。
八町滝の到達までは危険もかなり伴い時間もかかりますが、その分より滝を大きく感じることができます。

三重県の滝に戻る

 

小木森滝

小木森滝(おごもりたき)
三重県北牟婁郡紀北町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・往古川
落差・・120m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★★
体力・・・★★★★★
時間・・・入口から200分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
紀伊半島をぐるりと回る国道42号線、鷲尾の少し北側の船津の手前あたりの往古川の橋から小木森林道へ入ります。
小木森林道は舗装されておらず、途中から非常にデコボコで路面が悪く、車によっては進めないかもしれません。
小木森林道を進んで行くと、右に登りながら180度カーブするところがあり、そこが入り口となります。
カーブミラーが目印です。


H30.7.14


※小木森滝はケン淵滝の上流にあります。
※ちょっと長くなるので途中までは▶ケン渕滝と▶大渕滝を参照してください。

小木森滝の前衛滝であるケン渕滝▼
ケン渕滝の上の支流に掛かる大渕滝▼

小木森滝へ行くにはまずケン渕滝を越えなければなりません🐾(=゚ω゚)ノ
ココは左岸 (向かって右側) から高巻きますが、これがかなり危険が伴います⚠
自信がない場合は残念ですが諦めてください(ノД`)・゜・。
命の方が大事です👼

ケン渕滝の上に出れたら、落ち口から向かって右側の岩の流れの方が支流の大渕滝、左の川原が本流で小木森滝へと続きます(=゚ω゚)ノ

ケン渕滝を越えてしまえば小木森滝まで距離はあとわずか❕
なのですが、ここで問題が発生します(;´・ω・)

川原を少し進んだところでこの二つの滝に阻まれます( ゚Д゚)
最初の小滝▲は越えられるのですが、2つ目の小滝がどうしても無理です(;´Д`)

仕方がないのでこの2つの滝よりも手前から巻かなければなりません🐾
ココはこの2つの小滝の少し手前付近から左岸 (向かって右側) の方へ上がって行けます٩( ”ω” )و
右岸 (向かって左側) は行き詰ります✖

この巻きが小木森滝への最後の難関になりますが、これがまた危険です⚠
足場が非常に悪いため、掴まれる木々が頼りになります🌳

最後は小滝の落ち口の上の非常に細い岩の足場を通り過ぎていきます🐾
これを越えたら小木森滝が見えてきます👀✨✨
ラストスパートは巨大ゴーロ帯を越えていきます٩( ”ω” )و

 

小木森滝▼




これはすごいですよ⊂⌒~⊃。Д。)⊃
スゴイ迫力です✨✨
前衛のケン渕滝もでかいと思いましたが、さすがに別格ですね( ゚Д゚)

両岸切り立つ滝の前は押しつぶされそうなほど圧倒的です( ゚Д゚)
上段の滝の落ち口はかなり遠くに見えます👀( *´艸`)


滝の麓はアーティスティックな岩があります(´・ω・)
これも自然の造形物だからすごいですよね~(∩´∀`)∩
この辺りから小木森滝を見上げたら、また違って見えます👀🌊




ちなみにこの滝も高巻くことができます(=゚ω゚)ノ
この上にもまだ30mクラスの滝があります👀
しかし今日はそんなことをしていたら日が暮れてしまうので、上段の滝壺までにします🌊🌄
正面のガレから登っていきます٩( ”ω” )و


途中から滝の方へ寄っていけます🐾🌳
この辺は少し危ないので注意です⚠
上段▼


下段40mに対して上段は80m( ゚Д゚)
ココだけでもかなりの高さです(∩´∀`)∩
岩壁の傾斜と水量がすごいので水しぶきもすごいです(;´・ω・)




振り返れば素晴らしい高度感です🏞
まさに絶景ですね👀٩( ”ω” )و
この場所、上段と下段の間のこんな所によくちょうど良いスペースがあるものです( ゚Д゚)
滝壺の水も非常にキレイな色をしています(∩´∀`)∩

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★★

この小木森滝は日本でも有数の名瀑であることは間違いないでしょう。
見る者を圧倒するその迫力は数ある滝の中でも別格です。
到達までには危険も伴いますし、それなりの体力と技量が求められます。
しかしそれでも一度は見ておきたい滝です。

ちなみに入渓地点で合流する真砂谷には、小木森滝と並ぶ名瀑である▶八町滝が掛かっており、2本揃って100m超クラスでその中でも極めて素晴らしい景観を持っています。

三重県の滝に戻る

大渕滝(小木森谷)

大渕滝(おおぶちたき)
三重県北牟婁郡紀北町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・往古川
落差・・45m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★★
体力・・・★★★★☆
時間・・・入口から150分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
紀伊半島をぐるりと回る国道42号線、鷲尾の少し北側の船津の手前あたりの往古川の橋から小木森林道へ入ります。
小木森林道は舗装されておらず、途中から非常にデコボコで路面が悪く、車によっては進めないかもしれません。
小木森林道を進んで行くと、右に登りながら180度カーブするところがあり、そこが入り口となります。
カーブミラーが目印です。


H30.7.14


※大渕滝はケン淵滝を越えた先にあります。
※ちょっと長くなるので途中までは▶ケン渕滝を参照してください。

広く大きな滝壺を持ったケン渕滝👉
こいつの巻きが大渕滝への道のりのほとんど全てになります🐾(=゚ω゚)ノ

高さ60mのこの滝を越えるのは容易ではありません(;´Д`)
無理だと思ったら引き返しましょう⚠

ケン渕滝を左に見ながら滝壺の脇を進んで行くと、ちょうど滝壺の角のあたりで足場が途絶えます。
そのすぐ先でガレから細く水が流れている所があります🌊
そこから登っていきます🐾
流れはホントに細いので場合によっては水は流れていないかもしれません(=゚ω゚)ノ

ガレを登っていくと、傾斜がきつくなり大岩でふさがれた所が出てきます👉
この辺りから上流側へ向かっていけます(=゚ω゚)ノ

ガレ場を登ったところからは、しばらくすすすっと進めると思います(‘ω’)
木々も周辺には多くあるので有効活用しましょう🌳
しかし、視界に滝が入ってきだすと足場らしい足場がほとんどなくなってきます(;´・ω・)

仕方ないので傾斜を登りつつ少しづつ上流側へ寄っていきます🐾🐾
ただ、非常に傾斜はきつく滑りやすく、途中ほとんど木々を頼りに登って行く事になります🌳
ココはホントに危ないので無理をしないように⚠

滝の落ち口よりも上に来た辺りからは、どんどん上流側へ進んで行けますが、滑ったら終わりです⚠
巻き方によってケン渕滝の上流のどの辺に出るか変わります🐾
私の場合大渕滝の前▼に出ましたが、ケン渕滝の落ち口のあたり▼に出ることもあるようです(´・ω・)

 

大渕滝▼

正直予定ではケン渕滝の落ち口に出るはずだったので、突如目の前に出てきたので驚きです👀❕
キレイに日に照らし出されて美しく輝いています🌊✨✨


ケン渕滝を越えた所にあるので、正直到達感はケン渕滝より上です(;´Д`)
そしてその状況がこの滝をよりキレイに見せます( *´艸`)🌳
滝前は程よく広くなっていて、大渕滝を見ながらゆっくりするのは、なかなか至高の時間です⊂⌒~⊃。Д。)⊃

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★☆

岩と木々に囲まれ滝の規模も程よく大きい、まとまりの良いキレイな滝です。
滝壺がやや深く広いので、滝壺手前から落ち口周辺はやや見えにくいですが、ある程度俯瞰してみるのが良いかもしれません。
ケン渕滝の落ち口からは、やや傾斜のあるナメ状みたいになっているので滑らないよう注意です。

ちなみに大渕滝があるのは支流にあたり、本流をさらに上流に行った所に▶小木森滝があります。

三重県の滝に戻る

ケン渕滝(小木森谷)

ケン渕滝(けんぶちたき)
三重県北牟婁郡紀北町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・往古川
落差・・60m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から120分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
紀伊半島をぐるりと回る国道42号線、鷲尾の少し北側の船津の手前あたりの往古川の橋から小木森林道へ入ります。
小木森林道は舗装されておらず、途中から非常にデコボコで路面が悪く、車によっては進めないかもしれません。
小木森林道を進んで行くと、右に登りながら180度カーブするところがあり、そこが入り口となります。
カーブミラーが目印です。


H30.7.14


入口となるヘアピンカーブ(=゚ω゚)ノ
曲ったところで駐車やUターンができます🚘🏍
ただ、林道は路面がめっちゃくちゃ悪いので運転は慎重に⚠
場合によっては車はもっと手前でとめて歩いた方が良いかもしれません(´・ω・)

カーブミラーのあたりから川の方へ降りられますが少し踏み跡が不明瞭なので、帰りは迷わないよう注意が必要です(;´・ω・)
降りたところに堰堤がありますが、堰堤の上に降り立ちます(=゚ω゚)ノ

堰堤の上にはでっかい岩?があり、この奥で真砂谷が流れ込んでいます🌊
小木森谷は本流で、この川に沿ってまっすぐです(‘ω’)

最初はこのまままっすぐ川沿いに進んで行きます🐾

しばらく川沿いを進んで行くと川が正面側と左側の二手に分かれます🌊
小木森谷は左側です(=゚ω゚)ノ

正面側には堰堤が見えます👀
本流が90度左に曲がるため一見正面側の流れが本流っぽく見えますが、堰堤を登った先辺りから流れが細くなり消えていきます( ゚Д゚)

左側の本流に入るといきなり越えるのが少し難しい小滝が出てきます(;´Д`)
ココは滝を浴びながら、岩にしがみつき手足を突っ張り越えていきます(。-`ω-)

これを越えると本格的に渓谷らしくなってきます(‘ω’)
この小木森谷は険しい道のりですが、見応えのある名瀑が掛かるため頑張って進みましょう٩( ”ω” )و🐾

小木森谷の水はかなり澄んでいて美しいです🌊✨
そして序盤からこの美しい水面を泳ぐことになります(=゚ω゚)ノ


しばらく進むと、ピョンピョンと脈打つように流れ出すちっちゃい滝があります( *´艸`)
段の上で水面が波打つような動きになっているためです🌊
面白い動きです(*´Д`)


そこから少し進むと、キレイな水面の渕があります( ゚Д゚)✨
その先に右岸 (向かって左側) から40mくらいの支流の滝が流れ込みます(=゚ω゚)ノ


これもなかなか立派な滝です(∩´∀`)∩
名前とかないのかなぁ(´・ω・)⁇
他の場所にあれば名前くらいあったかもしれません🗻



この先もまだまだ美しい渓谷は続きます(=゚ω゚)ノ
小滝もあり気が抜けません🌊


少し行った所で大きめの美しい釜があります✨✨
またまた右岸 (向かって左側) から支流が流れ込み、その先に40m程の中規模の滝があります( ゚Д゚)

ただ、こちらは先程と違って少し入り込まないと見れません👀
巻きも必要なので、体力や時間に余裕があれば見に行くのも良いでしょう🌳

ココまで来ればだいぶ近づいてきてます🐾
もう少し頑張りましょう!٩( ”ω” )و

岩を登った先に大きな釜🌊
そして左側に大きな滝が見えてきます👀✨✨

 

ケン渕滝▼



アッと驚く美しい景観です🏞✨
大きく水量もあり、大きな滝壺が日を浴びて輝いています⊂⌒~⊃。Д。)⊃
くの字に曲がった姿が特徴的なこの滝は、うえに小木森滝がなければ頭になれる器です( *´艸`)



広々とした滝前空間は、滝対岸で休憩できます(∩´∀`)∩
天気が良いと辺りの木々も緑輝き滝を引き立てます🌳🌊🌄

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

小木森滝の前衛滝で登竜門の様に君臨するこの滝は、清々しい景観とは裏腹にその高さと水量と岩壁で行く手を阻みます。
滝としての規模も大きく、美しい大きな滝壺と逆くの字に曲がった姿が特徴的で、別の谷にあればメインの滝になったであろう素晴らしさです。

ここから▶大渕滝と▶小木森滝へ行くにはこの滝を越える必要があります。
なかなか危険なので心してかかりましょう。

三重県の滝に戻る

蛇之目滝

蛇之目滝(へびのめたき)
三重県熊野市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・60m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入渓から90分間程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
奈良県 奈良市と和歌山県 新宮市を結ぶ国道169号線、下北山村を越えて三重県の熊野市に入ったところのトンネルの横に入渓ポイントへ続く林道の入り口があります。
林道は舗装されておらず、運転には注意が必要です。
林道をしばらく進むと車止めゲートがあり、そこから入渓します。


H30.6.14


※蛇之目滝は西の谷大滝の上流にあります。
※ちょっと長くなるので途中までは▶西の谷大滝を参照してください。

美しい景観の西の谷大滝👉
ココ目出来る途中にも目を奪われるようなキレイな景観があります✨✨

蛇之目滝へはこの西の谷大滝を越えなければなりません( ゚Д゚)
危険ですがトライします٩( ”ω” )و

この滝は右岸 (向かって左側) から巻きます(=゚ω゚)ノ
上段の滝壺を囲うようなこの岩は行き詰ります(;´・ω・)

その手前の下段の途中の茂みからこの岩の外苑を沿うようにに登っていきます🐾

茂みがあるとはいえ、途中かなり緊張する場面もあるので十分注意して登りましょう(=゚ω゚)ノ

ある程度登ると歩いて滝身に寄れるようになります(∩´∀`)∩
しかし滑ったらただでは済まないので気を抜かないように(=゚ω゚)ノ

そして最後の一登り🐾
岩をよじ登りますがココは素晴らしい高度感です👀🌳🗻
しかし掴まれる木などはなく油断できません⚠
そして滝の上に出ます▼

これで最大の難関クリア(∩´∀`)∩
あとは特筆して難しいところはないですが、小滝はあるので最後まで気を抜かないように!(‘Д’)

 

蛇之目滝▼

これもまた素晴らしい滝です🌊( ゚Д゚)
若干違いはありますが、どことなく前衛の西の谷大滝と風貌が似ています( *´艸`)


少し天気が曇ってきましたが、辺りの木々や岩々、岩にふんだんに生えた緑、上段の大きな滝壺など、本当に西の谷大滝とよく似た構成ですが、さすがにこちらの方が大きいです⊂⌒~⊃。Д。)⊃


上段の滝は明らかに西の谷大滝よりも大きく、途中で別れた流れが特徴的です( *´艸`)
こちらにも花の姿が見られます🌺
そして水量も負けていませんね🌊



ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

滝の規模と周辺の景観がうまくまとまった極めて素晴らしい滝です。
落差は60m程と、大きいのですがまとまりがあるためとても全体的に美しく見えます。
下流にある西の谷大滝とは構成がよく似ており、兄弟滝のようにも感じます。
西の谷大滝と同様、岩々に生えた緑や点在する花、上段の大きな滝壺とそれを取り囲む岩壁、水量も多く迫力がありますがこちらも楽園のような雰囲気を持っています。

三重県の滝に戻る

西の谷大滝(熊野)

西の谷大滝(にしのたにおおたき)
三重県熊野市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入渓から50分間程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
奈良県 奈良市と和歌山県 新宮市を結ぶ国道169号線、下北山村を越えて三重県の熊野市に入ったところのトンネルの横に入渓ポイントへ続く林道の入り口があります。
林道は舗装されておらず、運転には注意が必要です。
林道をしばらく進むと車止めゲートがあり、そこから入渓します。


H30.6.14


トンネル横の入り口と林道の車止めゲート▼
2018年現在新しいトンネルを掘る工事中で、これができればこのトンネルは使われなくなるかもしれませんね(‘Д’)

車止めゲート周辺は車ではUターン困難なので、途中までバックで戻る覚悟をしておいてください🚘(;´Д`)

川へ降りたらすぐに分かれ道です👀
ここは左の堰堤の方へ進みます(=゚ω゚)ノ

堰堤はすぐに越えていけます🐾
堰堤を越えたところは伏流していますが、すぐに水が出てきます🌊

そして徐々に渓谷らしさが出てきます。
しかし序盤は水に浸かる場面やちょっとした巻きはありますが、それほど苦労するところはないと思います(‘ω’)

少し奥に入っていくと、水面が非常に美しい釜がいくつか現れ始めます✨✨
この辺りから少し難易度が上がります(=゚ω゚)ノ
それにしてもきれいですね~( *´艸`)



この両岸が迫った大きな釜▼はこのキレイな水面を泳いで突破します🌊
高巻くとなると相当苦労しそうです(;´・ω・)


泳いで美しい釜を越えたらその先に巨岩帯があります(=゚ω゚)ノ
そしてその先に深い釜の小滝🌊
こいつは越えるのは少し難しいかも(‘Д’)

ココまで来れば大滝まであと少し!
最後まで気を抜かずに進みましょう٩( ”ω” )و

西の谷大滝▼

大きく美しい滝です( ゚Д゚)✨✨
辺りの木々、岩壁とそこにはえる緑と、どれをとっても美しいです🌳
上段には大きく深い滝壺があり、滑らかな下段へと流れていきます(´・ω・)





伏流していたところからは考えられないほどの水量です🌊
高さもあり迫力と見応えがあります(∩´∀`)∩

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

高さも水量もあり迫力のある滝ですが、辺りの景観とも非常に調和し美しい風景を作り出しています。
轟音と共にあたりには水の飛沫が飛び交い、吸い込まれそうな流れです。
緑がふんだんに散りばめられたように木や草が岩に生えており、時期によっては花の姿もうかがえます。
滝壺を囲うような岩や緑の感じが、まるで楽園のような雰囲気にも見えます。
ちなみにこの滝を越えた先には▶蛇之目滝があり、こちらも素晴らしい滝です。

三重県の滝に戻る

清滝(大泊)

清滝(きよたき)
三重県熊野市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・大泊川
落差・・45m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
和歌山市から松坂市を紀伊半島をぐるりと回って結ぶ県道42号線。
三重県の熊野市の大泊から国道309号線と合流するところに道路沿いに流れています。
大迫側から309号線方面へ向かう途中で遠目に滝の存在が確認できます。


H30.6.14


鬼ヶ城を越えて国道42号線が山側へと入っていく途中に大きく左に曲がります🚘🏍
そこに駐車スペースと滝の入り口があります(=゚ω゚)ノ
滝はほぼ42号線沿いにありますが、道路からは見えません👀

 

清滝▼

木々の間から大きな滝が見えてきます( *´艸`)
道路には車も停めれますし、すぐの所にあるのは嬉しいポイントですね(∩´∀`)∩

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆

滝の麓には社があり、大きさの割にはややこじんまりとした雰囲気で、休憩するには持って来いの場所かもしれません。
国道42号線からの景観も良く、観光滝としては良い感じです。

三重県の滝に戻る