行縢の滝(祖母傾)

行縢の滝(むかばきのたき)
宮崎県 延岡市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・五ヶ瀬川
落差・・77m(公)
🏆日本の滝百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・林道終点入口から30分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶行縢の滝
|▶Information


R2.4.16

 


行き方・場所・アクセス▼

行縢の滝は九州山地の北東部、祖母山や傾山の南側にある行縢山のふもとに位置します📍

延岡市街からも思ったより近く、アクセスも日本の滝百選の中でも比較的しやすい方ではないかと思います(=゚ω゚)ノ

延岡から高千穂の方へ伸びる国道218号線が高速道路の少し西側で行縢川を渡るところがあります👀
その辺りから行縢川沿いに分岐する道が伸びているのでそちらへ入ります(‘ω’)

分岐の所には案内もあるので、国道218号線を走っていればすぐ分かると思います📍
行縢川沿いの道に入れば、地図上では分岐がちょこちょこありますが、実際に走っている分にはほぼ道なりに上流へ向かって進んで行くだけです🛣

 

行縢川沿いの道は田畑が広がるのどかな道路ですが、横に見える行縢山の眺めはすさまじい険相を呈しています🏔
行縢川はあの絶壁と絶壁の間を流れ、行縢の滝はそのど真ん中に掛かります🌊

 

高速道路は東九州自動車道 (延岡道路) 延岡JCTから九州中央自動車道 (北方延岡道路) に入ってすぐの舞野I.Cで降り国道218号線へ🚘🏍
降りた先で右折して延岡市街方面へ少し進んだところで行縢川沿いの道の分岐が出てきます🐾

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、本数は少ないですがJR日豊本線 延岡駅から宮崎交通バスが行縢神社の登山口まで来ています🚌
ちなみに行縢神社の所から行縢の滝までは約60分です🚏

JR日豊本線 時刻表
・・・小倉駅~鹿児島中央駅
・・・(延岡駅下車)


新幹線+ホテルセットプラン

 

宮崎交通バスHP
👉路線バス👉延岡地区
・・・行縢山方面
・・・(行縢山登山口下車)

 

 


遊歩道▼

林道を登って行き行縢神社の入口を過ぎたら、最後に一カ所だけ分岐があります👀
ココだけ折り返すような分岐を曲り登って行きます(=゚ω゚)ノ

その先すぐに林道は終点となり、駐車場と登山口が見えてきます🐾
そして駐車場の奥から登山道に合流します🌳



ちなみに登山道は行縢神社および行縢青少年自然の家の所から伸びており、先述しましたがそこからは約60分、そしてココから約30分 (ハイペースで) で行縢の滝の前まで出ます(‘ω’)


ぶっちゃげ行縢の滝までは距離はそう遠くありません🐾
ただ切り立った伊分部を見ても分かる通り、傾斜があります👀
近くても登りが結構きついので体力はいります🌳


登って行くと徐々に岩壁と岩壁に合間へと入っていきます(‘Д’)
そして右側に凄まじい岩壁を見たらその先で行縢川に掛かる橋が出てきます👀
ここらで概ね前半終了といったところ🌳

 


橋からの眺め▲▼
岩々に囲まれた橋ですが、谷や崖の眺望が素晴らしく、このコースの一つの見所となります📍
岩壁もそうですが、行縢の滝が奥の方に見えています( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

橋を渡ったら後半戦٩( ”ω” )و
ココからは基本に川の左岸側に遊歩道は伸びています🌳



後半戦もしっかり登りです🐾
しかし行縢の滝と滝前の眺望は一見の価値あり❕
もう少し頑張って登りましょう٩( ”ω” )و

 

そしてやがて滝の方と山頂の方の分岐が見えてきます👀
当然ここを滝の方へ(=゚ω゚)ノ
もう滝まであとわずかです(∩´∀`)∩
山頂もすごそうなので、滝と合わせて登ってみるのも良さそうですね🌳


 

 


日本の滝百選 行縢の滝▼

遊歩道終へ行くと次第に木々は晴れて開けた滝前へと出ます( ゚Д゚)
ものすごい岩壁ですが、残念ながらこの日の水量は少ないみたい…(ノД`)・゜・。



滝もさることながら、山間から見える景色がまた絶景(*‘∀‘)✨
上も下も素晴らしい眺望が広がります(∩´∀`)∩

橋の所から見た岩壁は少しゴツゴツした印象でしたが、目の前で見るとかなりツルツルです💧
岩壁と言うよりはホントに「壁」です(‘Д’)



岩の日々の感じや苔の生えたヌルヌルした感じが、半ばコンクリートの壁のような人工的な古い堰のような印象さえ受ける垂直の壁ですが、右端の流れは岩の中から流れ出しています🌊

滝壺も小っちゃく、と言うか細~くあります👀
近付き過ぎるとヌルっとするので気を付けましょう🐾
増水時はどんな感じなのか見てみたいですね(*‘∀‘)


 

そして下流側の眺め▼
正面から見た時にでも険相がにじみ出るような岩山で下が、内側から見るとこんなに木々が生い茂っています🌳

 

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

行縢山の岩壁と岩壁の間に流れる行縢川とそこに掛かる行縢の滝は、遠くから俯瞰した時の険相そのままに切り立った岩壁を流れ落ちます。
落差77mの垂直の壁はそれだけでも迫力があり、さらに振り返ればまるで空から見ているような山々の絶景が広がります。

滝へ行くまでの道中も、行縢山の凄まじい岩壁を望むことができ、見どころとなるポイントも多いです。
道中はなかなか登り詰めですが、距離自体はそれほどなく延岡市街からも行きやすいので、その点では絶好の観光滝とも言えます。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

宮崎県の滝に戻る
九州・沖縄の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る

白滝(尾鈴山)

白滝(しらたき)
宮崎県 児湯郡 都農町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑、滝群
水系・・名貫川
落差・・75m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から60分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道中盤
|▶遊歩道後半
|▶白滝
|▶さぎりの滝
|▶すだれの滝
|▶Information


R2.4.16

 


行き方・場所・アクセス▼

白滝は九州山地の東端、宮崎県の海寄り南北中程にある尾鈴山の谷間に位置地ます📍

尾鈴山は海に近い位置にありながら1400mの標高があり、水に恵まれ切り立った立地条件は多くの滝を掛けます🌊

これらの滝は尾鈴山瀑布群と呼ばれ、その中には日本の滝百選・矢研の滝もあります👀

白滝は大きな滝で矢研の滝よりわずかに高く、尾鈴山瀑布群でもおそらく最高落差になります(‘ω’)

 

白滝への遊歩道の入口は国道10号線から宮崎県道307号線 (尾鈴川南停車場線) に入り、矢研の滝入口の駐車場の少し先にまた駐車場があるのでそちらに駐車🅿
そこから少し道を進んだところに遊歩道入口があります🐾

白滝の下流には様々な滝が掛かりますが、その中で一つのポイントとなるのが紅葉の滝です🌊

遊歩道も白滝へ行く途中に紅葉滝のそばを通ります(=゚ω゚)ノ
内容も重複するので、ココでは紅葉滝の看板の所から白滝までを紹介したいと思います(‘ω’)

なので途中までは▶紅葉の滝を参照してください

 

 


遊歩道中盤▼



紅葉の滝の看板があるところ▲
遊歩道をざっくり分けると、紅葉の滝までが前半、紅葉の滝からさぎりの滝のトンネルまでが中盤、そこから白滝までが後半といった感じです🌳


この紅葉の滝の所あたりから遊歩道はグニャグニャ蛇行しながら登って行きます🐾
そしてさらに道は少し荒れます(;´・ω・)

途中途中でショートカットできる抜け道がありますが、少し踏み跡が分かりづらいです👀
当然その分急傾斜にもなるので、まぁ行きやすい方からでいいと思います(=゚ω゚)ノ

 

グニャグニャ登り坂を過ぎると再び川が遊歩道に近付きますが、この時点では高低差がかなりあります🍃
ここらで一旦登りはひと段落します(∩´∀`)∩



木の茂り方が少し薄くなったところで、トロッコ道の記述の看板が出てきます(‘Д’)
そして対岸にはすだれの滝が掛かります🌊
木々に阻まれて見えにくいですが、かなり落差のある滝なのが見てとれます(*‘∀‘)

 

その先で本流に滝が掛かっているのが見えます🌊
こちらはさぎりの滝で、これもけっこう大きな滝なのが分かります(*‘∀‘)
本流なので水量もしっかりしています💦

 

そして遊歩道がカーブしトンネルが現れます(=゚ω゚)ノ
ここらで中盤終了といったところ🌳
トンネルを抜けたらもうひと踏ん張りです٩( ”ω” )و

 

 


遊歩道後半▼

トンネルを抜けると先ほどのさぎりの滝の上流で、一気に遊歩道と川が近づきます🌊
ココからしばらくは心地よい川原沿いに道は続きます🐾
白滝まであと1.5km٩( ”ω” )و


ココまで登ってくると、少し水が下流側よりもキレイになった感じがします👀
ちなみに白滝までの間にいくつか名のある小滝が掛かります(∩´∀`)∩

 

さらさの滝▼

トンネルからしばらく進むと、直下型のさらさの滝が見えてきます🌊
すごく良い感じの滝ですが、少し木に阻まれます🌳

 

やすらぎの滝▼

その少し先で今度はやすらぎの滝が出てきます🌊
優し気な流れで、滝壺がとてもキレイです(∩´∀`)∩
滝前にも出れるので休憩などにも良さそう🍙



 

はがくれの滝▼

そしてさらに進むと次ははがくれの滝が出てきます🌊
これで一応残すは白滝のみになります(‘ω’)


 

ーーーーーーー



はがくれの滝を過ぎると川を渡り遊歩道はまたちょいちょい登り始めます🐾
白滝まで600m🌳
ココからラストスパートです٩( ”ω” )و
真っすぐ天に向かって伸びる背の高い木が日に照らされて輝きます🍃


 

しばらくして橋が見えてきます(=゚ω゚)ノ
その先に石垣と少し広くなって、他よりやや整った空間が出てきます🌳
トロッコ道の起点 (終点?) がおそらくココなのでしょう👀

ココまで来ると白滝まであと一息です٩( ”ω” )و
道幅も完全に通常の登山道サイズになります( *´艸`)
言うてる間に林道終点です(∩´∀`)∩

 

 


白滝▼


遊歩道終点まで行くと目の前に大きな滝が姿を現します🌊
見上げっ幼な落差の白滝は、ココからでは全景を移すのはかなり難しいです(;´・ω・)
にしても見事な滝です(∩´∀`)∩



段々になった岩壁に滑り落ちるような流れ方が特徴的です👀
周りの木々の色がまたキレイです🍃
上中下すべて違う流れ方で、部分部分で見ても面白いです(*‘∀‘)








滝の周辺も岩壁が段々になっています( ゚Д゚)
案外奥行があるのか、一番上の流れとその周辺の木々はずいぶん小さく見えます👀

中程で広がり分岐して下の方でまた一つにまとまって流れていきます🌊
滝壺は細くあり、両岸迫った岩間を抜けて下流へと流れていきます(=゚ω゚)ノ




これだけの落差と奥行きがあれば当然見る位置で見え方がずいぶん変わります( ゚Д゚)
こう見るとホントに岩の形が面白いですね(*‘∀‘)
同じくらいの落差の矢研の滝と比べるとまた全然違う容姿と流れ方で、同じ山にこんな規模の全然感じの違う滝があるのは嬉しいですね(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

尾鈴山瀑布群最大規模落差の白滝は、見上げるような高さと姿で方瀑者を迎えてくれます。
やや緩めの傾斜で段々になった岩壁を滑り落ちるように流れる白滝は、落差や大きさに対して優しげな雰囲気ですが、何分やはり高さがあるので迫力はあります。

個人的には、大きさや水量のわりに全体の雰囲気としてみると女神のような女性的な感じがする矢研の滝に対して、こちらは全体的に見ると優しげな流れや雰囲気の中にも力強さを感じる強い男、といった印象を受けます。

 

 


さぎりの滝▼

遊歩道の途中にあったさぎりの滝とすだれの滝ですが、けっこう落差もあり見応えがありそうで、どうしても直下まで行ってみたくなったので、帰りに降りれそうな所を探すことに٩( ”ω” )و

さぎりの滝の正面付近の少し崩れた所が弱そうなのでそこから降りて行きます🐾
(当然、傾斜が緩まったところとは言え道はないですし崖を降ります。こういう場合ココに限らずそうですが、何かあっも全て自己責任です。)

 

ーーーーーーー
さぎりの滝▼
上から見た感じ通りの姿ですね( *´艸`)
落差は30mくらいでしょうか❓
キレイで大きな滝壺を持った直瀑です🌊




滝壺が広いという事は、それだけ滝前の空間自体も広いという事です👀
日当たりがよく美しい色の水面を見せてくれます⊂⌒~⊃。Д。)⊃
岩壁は垂直とまで行きませんが、the直瀑です🌊




 

ーーーーーーー

 

 


すだれの滝▼




さぎりの滝から少し下流側に向かいます(=゚ω゚)ノ
すだれの滝は支流の少し弱々しい流れから来ています💧
通常なら岩伝いに川に入らなくても行けます🐾

 

すだれの滝▼



弱々しい支流の流れと言いましたが、これが逆にすごく良い感じになっています( ゚Д゚)
流れ落ちた水が、ちょっと丸っこくなった感じの岩壁にあたり、水が分散されてまるで霧状になって降り注ぎます(*‘∀‘)✨




霧状になった水は一瞬視界から消えかけますが、下の方でまた水本来の姿に戻り流れていきます🌊
霧になったところに日が差し込むと、そこだけキラキラと光って見え、非常に美しいというか何と言うか、日常ではまぁ見ることなない光景です🍃

 



 

ーーーーーーー

 

 


Information

合わせて見れる滝▼


紅葉滝へ戻る

矢研の滝

 

ーーーーーーー

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

宮崎県の滝に戻る
九州・沖縄の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

紅葉の滝(尾鈴山)

紅葉の滝(もみじのたき)
宮崎県 児湯郡 都農町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・名貫川
落差・・34m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から20分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶紅葉の滝
|▶Information


R2.4.16

 


行き方・場所・アクセス▼

紅葉滝は九州山地の東端、宮崎県の南北真ん中あたり海寄りの尾鈴山に掛かります📍

名貫川の別の支流になりますが、付近には日本の滝百選の矢研の滝があり、また上流には尾鈴山瀑布群最大落差の白滝があります🌊

アクセスは、国道10号線川南町中里交差点から宮崎県道307号線 (尾鈴川南停車場線) に入りしばらく尾鈴山の方へ進んで行った先に入口と駐車場があります(=゚ω゚)ノ

また、都農町三日月原交差点から宮崎県道40号線 (都農綾線) に入っても県道307号線へ合流できます🛣
県道40号線と県道307号線が交差する辺りからは案内看板も出てきます👀

高速道路は東九州自動車道 都農I.Cで降りると県道40号線に出るので、右折して木城方面に少し進むと県道307号線へ出ます🚘🏍

 

ーーーーーーー

矢研の滝入口の駐車場▼
お手洗いや休憩用の木の椅子などがある駐車場で、ココから矢研の滝への遊歩道が伸びています🌳

紅葉滝および白滝への遊歩道へはココよりもう少し先に進みます(=゚ω゚)ノ
川を渡りその先道路がカーブするところに駐車場があります🅿
この駐車場が白滝方面遊歩道の最寄りになります(‘ω’)

 

 


遊歩道▼

遊歩道の入口▼
ココで道がいくつかに分岐します🌳
白滝・紅葉滝には左側の山の中に入っていく道になります🐾


▲尾鈴山キャンプ場側
緑と葉桜がキレイです🍃

▼尾鈴山登山口方面
名貫川沿いに道路はもうしばらく続きます🛣
ちなみにこの道の先にも滝群があるようです🌊

 

ーーーーーーー

では遊歩道に入っていきます٩( ”ω” )و
道のりは1本道で分かりやすいですが、やや荒れており足場は良くないので気を付けましょう⚠


基本的にはゴロゴロした足元の道をひたすら進みます🐾
紅葉滝のさらに上流で尾鈴山トロッコの記述がありますが、おそらくほとんど均一の道幅とかからしてもこの遊歩道は過去にはトロッコ道であったのだと思われます👀
このゴロゴロした石もその時の名残でしょうか(´・ω・)❓


次第に遊歩道に川が近づいてきます🌊
川の流れる音が近くにあるだけで気分的に少し涼しくなります(∩´∀`)∩
支流の流れなども見られます👀

 

ーーーーーーー

川が近づいてから少し進んだら、ぐるっとカーブするところに紅葉の滝の看板が出てきます(=゚ω゚)ノ


しかしココからは紅葉の滝は全く見えません👀
強引に川の方へ出る必要があります🐾
カーブの先にある支流を渡り、その先に紅葉の滝が見えてきますが、道らしい道はないので注意が必要です⚠

 

 


紅葉の滝▼

無理やりきれいな川原へと出ると紅葉の滝が見えてきます(∩´∀`)∩
日当たりのいい開けた場所で、疲れもぶっ飛びます🍃




日に照らされた葉っぱと椿がキレイです🌺
そこまで大きい滝ではないのですが、流れ方や岩の感じがとても良いです(*‘∀‘)
もうちょっと滝前まで頑張って分かりやすい道を作ってくれたらいいのにね🌳

 




滝壺は直下だけ少し深みになっており、あとは浅く広がった形で透明感がありキレイです✨

左岸側 (向かって右側) から中程まで登れます(∩´∀`)∩
右岸側からは巻き登りも行けそうな感じですね🌳



 

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

日当たりの良い開けた河原に落ちる紅葉の滝は、狭い岩間に流れる美しい滝です。
滝壺は浅く広がり、せせらぎと呼べる透明感とやさしい流れで開けた滝前をより心地よくします。
遊歩道からは少し奥まっていて最後には力押しで進まなければなりませんが、ちょっと無理して川まで出る価値のある景観です。
力押しとは言ってもそれほど無理な道のりではなく距離も近いので、せっかくここまで来たなら見ておきたいところ。

ちなみに遊歩道を終点まで進んだところの白滝の最初の前衛滝でもあり、ココからこのルートの瀑布群が始まるとも言えます。

 

 


Information

合わせて見れる滝▼


白滝へ進む

矢研の滝

 

ーーーーーーー

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

宮崎県の滝に戻る
九州・沖縄の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

矢研の滝(尾鈴山)

矢研の滝(やとぎのたき)
宮崎県 児湯郡 都農町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・名貫川
落差・・73m(公)
🏆日本の滝百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・キャンプ場から20分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶キャンプ場まで
|▶遊歩道
|▶矢研の滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.4.16

 


行き方・場所・アクセス▼

矢研の滝は宮崎県の中程海寄り、九州山地の東部にある尾鈴山の東の麓に位置します📍

切り立って水と川に恵まれた尾鈴山は、矢研の滝はじめ尾鈴山瀑布群と言われるほど多くの滝を掛けます🌊

遊歩道入口にはキャンプ場施設などもあり、尾鈴山登山などと合わせて楽しむこともできます(=゚ω゚)ノ

 

尾鈴山は宮崎県道307号線 (尾鈴川南停車場線) を登って行ったところにあり、直接国道10号線川南町中里交差点から分岐している他、国道10号線の都農町三日月原交差点から宮崎県道40号線 (都農綾線) に入っても県道307号線へ合流できます🛣

高速道路は東九州自動車道 都農I.Cで降りると県道40号線に出るので、右折して木城方面に少し進むと県道307号線へ出ます🚘🏍

県道40号線と県道307号線が交差する辺りからは案内看板も出てきます👀
しばらく進んで行くと、尾鈴山登山道の駐車場が現れます🅿

 

 


キャンプ場まで▼

尾鈴山登山の駐車場▼
両サイドに駐車スペースがあり、駐車可能台数はそこそこあります🅿
この先少しにも駐車スペースがありますが、矢研の滝入口からは離れます🌳

 

矢研の滝への道のりは、まずここからキャンプ場の方へ抜けます⛺
キャンプ場の方にも駐車場があるようですが、登山目的で利用していいのかどうかは分かりません👀


遊歩道に入ると少しして怪しげなトンネルが現れます(*‘∀‘)
思ったより短いです(‘Д’)
真っ暗なので足元には注意しましょう⚠

トンネルを抜けて少しするとキャンプ場の入口が見えてきます👀

川原の雰囲気が何ともキャンプ場らしい感じです(∩´∀`)∩


 

尾鈴山キャンプ場▼

施設はわりとキレイで、ホントにキャンプには良さそうです🍃
ちょっと休憩するのにもお弁当にも良さそうな場所ですね(‘ω’)

 

 


遊歩道▼

キャンプ場の奥から遊歩道が始まります🐾
実質ココが矢研の滝の入口になります🌳


遊歩道は微妙に長いですが、1本道で迷うことはないと思います👀
傾斜もそれほどなく、森林浴とせせらぎ音を楽しみながら進んで行けます🌊
次第に川が遊歩道に近付いてきます(‘Д’)


しばらく進んでいると矢研の滝まであと5分の看板が出てきます👀
多分、5分ちょい掛かります🌳
出もラストスパートなので頑張りましょう٩( ”ω” )و

 

矢研の滝の手前にある滝▼



若葉の滝と言う名前だそうです🍃
木陰に流れる涼し気な滝です(∩´∀`)∩

この滝を過ぎたらもうすぐそこに迫ります(=゚ω゚)ノ
大滝の流れる音もわずかに聞こえてきます🌊

 

 


日本の滝百選 矢研の滝▼

遊歩道は終点となり、目の前に矢研の滝を掛けます🌊
しかし、少し遠いです(´・ω・)


緑と流れ、岩壁の色、大きさ、いろんな要素が混ざり合い非常に美しい容姿です(*‘∀‘)
落差、幅、水量と全て揃っており迫力がありますが、周りの景観や少し離れているせいか、私個人的な感覚ではどこか女神のような女性的な雰囲気を感じます🌳



幾筋かに分かれた白帯のような流れはホントにキレイです✨
ホントなら遊歩道を乗り越えて目の前まで行きたいところですが、立ち入り禁止を張られているうえに人もいるのでやめておきましょう(´・ω・)



滝前にある木がまたなんだか良いアクセントになっています🌳
滝からの流れも下流側の流れも心地よいですね(∩´∀`)∩
入口からは案外手軽に来れる道中で、運動不足の人にも良い運動になりそうです🐾




 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

名瀑が数多くかかる尾鈴山。
その代表ともいえる矢研の滝は、落差、幅、水量、景観、全てが高水準で揃った上級名瀑です。
キャンプ場の所から遊歩道まで、比較的日当たりが良く明るい雰囲気の道中ですが、滝前は深緑に囲まれた明るくも木陰で幻想的な雰囲気です。

ちなみに矢研の滝とは「やとぎ」、昔々この滝で神武天皇が矢を研いだことからこの名が付いたと言われています。
人類に歴史あり、滝にも歴史あり。
緑深い癒しの空間で心洗われる時を過ごすのも良いですね。

 

 


Information

合わせて見れる滝▼


紅葉の滝

白滝

 

ーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

宮崎県の滝に戻る
九州・沖縄の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る

関之尾滝(大淀川)

関之尾滝(せきのおたき)
宮崎県 都城市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・庄内川⇒大淀川
落差・・18m(公)
🏆日本の滝百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・駐車場から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶関之尾滝
|▶滝上流
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.4.16

 


行き方・場所・アクセス▼

関之尾滝は都城市のやや南寄りの西端、霧島市とのほぼ境界付近の母智丘・関之尾滝県立自然公園に位置します📍

霧島連山の高千穂峰からの豊富な水量で流れ、都城市街の北側で大淀川に合流する庄内川に掛かります🌊

 

関之尾滝の入口は宮崎県道107号線 (堤庄内線) 沿いにあり、国道10号線からは都北交差点から県道108号線 (財部庄内安久線) を西側へ、または姫城交差点から県道31号線 (霧島バードライン) などを通り接続します🐾

県道108号線も最終的には県道31号線に合流し、庄内川を渡った先の庄内交差点を左折、その先の関之尾入口交差点も左折で県道107号線へ入ります(=゚ω゚)ノ

やや県道107号線まで入るところがややこしいですが、付近まで行くと案内看板などが出てきます👀

高速道路は東九州自動車道 都城I.Cで国道10号線、都城市街方面へ降りたらすぐに県道108号線 都北交差点です🚥

 

ーーーーーーー

公共交通機関JR日豊本線都城駅から、本数は少ないですが高崎観光バスの路線バスが関之尾滝の入り口まで来ています🚌

JR日豊本線 時刻表
・・・小倉駅~鹿児島中央駅
・・・(都城駅下車)

 

高崎観光バスHP
👉霧島⇔都城駅
・・・(関之尾滝下車)

 

 


遊歩道▼

関之尾滝入口▼
早朝なのでお店はまだやってないみたい(´・ω・)
駐車場はまだなん箇所かあるみたいですね🅿

心地よい休憩所の横から遊歩道が始まります🐾
川の方へと下っていきますが、滝まではぶっちゃげすぐです👀
ちなみに滝は真近くまでは行けず、正面に掛かる橋から眺めます🌊


階段を降りていったところにある川上神社
遊歩道は関之尾滝を中心に上流側や下流側にも広がります🌳
神社のすぐ先には観瀑台みたいな場所があります(‘ω’)

 



関之尾滝の近くには水路から川へ流れ込む男滝と女滝があります🌊
遊歩道をさらに進んで行くと吊り橋が見えてきます( ゚Д゚)
吊橋は関之尾滝の目の前を通ります(*‘∀‘)

 

 


日本の滝百選 関之尾滝▼


吊橋を渡って行くとやがて関之尾滝の正面に来ます🌊
広い川幅で、吊り橋の長さもそこそこあります🐾
そしてその幅の広い川に流れる関之尾滝👀
流石の水量です💦


滝壺は広く、そして深そうです(‘Д’)
落ちたら滞留に巻き込まれそうです(;’∀’)
そして滝壺の前のゴロゴロの岩たちは常に飛沫にさらされているのか、めちゃめちゃ滑りそうな色をしています💧


下流側は母智丘公園の片鱗が見えます🌳
そして木々の間から微妙に先ほどの女滝が見えます👀

滝はストンと落ちているようで結構ゴツゴツしていて、そこにあたってはじける水の流れが癖になっていつまでも見ていられます🌊




 



 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

広い川原に豊富な水量で、岩壁にも雰囲気があり18mの落差にも迫力があります。
水量が多いのや岩壁がゴツゴツしている事や滝壺が深い事などから、しぶきが立ち込めており風向きなどによっては橋の所まで水飛沫が届きます。
橋の掛かる滝前は非常に広々としており、日当たりも良いので心地よいです。
遊歩道は滝の上流にも下流にも伸びており、気持ちの良い景観で、森林浴や渓谷散策などブラブラしてみるのもよさそうです。

 

 


滝上流▼


橋を渡ったら遊歩道が分岐しています🌳
取り合えず今日は上流の方に登ってグルっと回って帰ってきましょう٩( ”ω” )و
そんな訳で階段を登って行きます🐾


少し登って滝の落ち口の所に出ます(*‘∀‘)
上流の方も引き続き滝前や下流側と同じ広々とした川原で、心地よい遊歩道が上流の方へ続いて行きます🌳

 



朝日に照らされた源みどりが美しく輝きます( ゚Д゚)✨
ココは東向きなので、朝がおすすめです🍃

その先に公園みたいなのがあります🏞
多分こちら側にも入り口があるのかな(´・ω・)❓


その先橋を渡ったらまた下流の方へ戻って行きます🐾
遊歩道は周遊になっているのでぐるっと回って戻ります(=゚ω゚)ノ
下流の方も見てみたかったのですが、時間がないのでココで引き返します⌚

 

遊歩道を進んでいると今度は男滝が出てきます🌊
と言っても女滝同様、滝の上ですが(´・ω・)
左岸側の遊歩道は水路も横に流れていていい感じ(∩´∀`)∩

 

そのまま進んで行くと、先ほどの吊り橋への降り口と女滝の所まで戻ります🐾
割と整備の行き届いたキレイな遊歩道です🍃

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

宮崎県の滝に戻る
九州・沖縄の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

常光寺の滝(高千穂)

常光寺の滝(じょうこうじのたき)
宮崎県西臼杵郡高千穂町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑、双瀑
水系・・五ヶ瀬川
落差・・37m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
九州のほぼ真ん中を横断する国道218号線、高千穂峡より少し東側で県道7号線が分岐します。
高千穂峡方面とは反対の豊後大野方面へ進みます。
しばらく進み、天岩戸神社を越え大きな橋を越えたそのしばらく先に滝の入り口があります。


H30.8.8


県道7号線は途中からかなり細くなるので注意してください⚠
滝入り口▼
車は入り口の前に停めれます🚘🏍
入口に入ったらすぐ滝が見えてきます👀🌳

 

常光寺の滝▼



非常に落ち着いた感じの滝で、静寂の中で時の流れが感じられるかのようです( *´艸`)
滝自体はそこそこ大きさはありますが、爽快や豪快ではなくサラサラと静かに、しかし力強い流れです🌊
何とも言い知れぬ美しい景観です🌳


本滝とは別に、右側から小さな滝が合流しています(´・ω・)
2つ合わせるとまた違った美しさがあります(∩´∀`)∩
滝壺もきれいで、木々に囲まれた空間が一層静寂を引き立てます🌳🍃

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

キレイで落ち着いた流れは、静かに滝を観賞したい人のは特におすすめです。
常光寺の滝を訪れたのは夕方ごろでしたが、この静寂はそれくらいの時間の方が引き立つかもしれません。
木々に囲まれた空間ですが、滝壺は広めで滝前はちょうど滝が見やすい程度に開けており、辺りの落ち着いた雰囲気とよく合っています。

宮崎県の滝に戻る

玉垂の滝(高千穂)

玉垂の滝(たまだれのたき)
宮崎県西臼杵郡高千穂町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・潜流瀑
水系・・五ヶ瀬川
落差・・5m~10m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・
体力・・・
時間・・・駐車場による
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
九州のほぼ真ん中を横断する国道218号線、もしくは阿蘇の方から来る国道325号線が直接高千穂へアクセスする道路になります。
218号線高千穂バイパスを、道の駅高千穂ICから高千穂神社方面へ降り、高千穂神社の交差点を右折県道203号線を進みます。
この辺りまで来れば、案内や交通整備の人がおり誘導してくれると思います。
駐車場は一カ所ではなく、第2駐車場の場合は少し階段を下り歩きます。

高千穂へは天神や熊本、延岡などからバスも出ているようです。
高千穂町ホームページ
宮崎交通 高千穂海遊バス


H30.8.8


玉垂の滝は高千穂峡のど真ん中付近にあります🌊
日本の滝百選、▶真名井の滝のすぐ近くです(=゚ω゚)ノ


高千穂峡は人気の観光スポットで、わりと賑わっています( *´艸`)
玉垂の滝は高千穂峡のメインの場所まで来ればどこにあるかはすぐ分かると思います👀

 

玉垂の滝▼



玉垂の滝の一部はこの池を経て真名井の滝へ落ちていきます🌊🏞
道路とこの池を挟んですぐの所で真名井の滝は落ちています(=゚ω゚)ノ

そしてこの滝のもう一部は恐ろしく美しい水の池に流れ込んでいます( ゚Д゚)
この池は水源保護のため、入ることはおろか触れることすら禁止です(゜))<<



辺りの景色がまるで鏡のように反射して映ります( *´艸`)
玉垂の滝の水のきれいさが伺えます🌊
反射しすぎて透き通っているのに鯉の姿が見えにくいです👀(゜))<<





それにしても美しい流れですね~✨✨
これだけの水が岩の中を流れてきているんですね( *´艸`)

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★★
到達感・・・・★★☆☆☆

岩の隙間から流れ出すこの滝は非常に水質の良い滝のようで、水質保護のためか作画されていますが間近で見ることはできます。
岩間から草を縫って流れる姿は非常に美しいです。
滝の左岸 (向かって右側) の池は極めて美しい水面で、鏡が液体になったかのような煌めき方をしています。
高千穂峡に来て真名井の滝を見に来た際はぜひ一緒に見ることをおすすめします。

宮崎県の滝に戻る

真名井の滝(高千穂)

真名井の滝(まないのたき)
宮崎県西臼杵郡高千穂町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・五ヶ瀬川
落差・・17m(推)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・
体力・・・
時間・・・駐車場による
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
九州のほぼ真ん中を横断する国道218号線、もしくは阿蘇の方から来る国道325号線が直接高千穂へアクセスする道路になります。
218号線高千穂バイパスを、道の駅高千穂ICから高千穂神社方面へ降り、高千穂神社の交差点を右折県道203号線を進みます。
この辺りまで来れば、案内や交通整備の人がおり誘導してくれると思います。
駐車場は一カ所ではなく、第2駐車場の場合は少し階段を下り歩きます。

高千穂へは天神や熊本、延岡などからバスも出ているようです。
高千穂町ホームページ
宮崎交通 高千穂海遊バス


H30.8.8


私たちが通されたのは第2駐車場🚘🏍
かなり観光客も多いです(=゚ω゚)ノ
ココからだと真名井の滝まで少しあります🐾

まずは橋の横の階段を降りていきます🐾
階段は比較的緩やかですが、降り口のあった橋を見上げるとかなり降りてきた感があります( ゚Д゚)


階段を降り切ったらようやく渓谷の入り口です(=゚ω゚)ノ
これらの景色も見ながら進むのであれば、ある意味第2駐車場の方が良いかもしれませんね🌊🌳👀


振り返ると名物の三段橋が良く見えます(∩´∀`)∩
あの橋の上から降りてきたのですな👀
だいたい20分~30分といったところでしょうか(´・ω・)⁇


岸から川までの高さはかなりあります( ゚Д゚)
狭く切り立つ岩壁に挟まれた、蒼く深い水は恐ろしくも美しいです🍃


少し岸が高くなったら、その先は川に近くなります(=゚ω゚)ノ
その先でまた岸が高くなり、真名井の滝が見えてきます👀

 

真名井の滝▼


観光客が多いのでボートがかなり混雑しています(;´Д`)
しかしそれにしてもこの渓谷は岩がすごいですね~( *´艸`)


滝を通り過ぎた先で道路があり、その先で貸しボートをやっています(=゚ω゚)ノ
ちなみに真名井の滝はボートを借りなければ上から見ることになりますが、真名井の滝の上はどんな感じかというと…👀


まさかの人工滝です🌊
と言っても、流れ自体は自然のものです(=゚ω゚)ノ
この先にある潜流瀑、▶玉垂の滝をはじめとする湧水をいったん池にまとめて流しているようです(‘ω’)
ちなみに玉垂の滝の水は非常~~にキレイです(∩´∀`)∩

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

真名井の滝は宮崎県の滝の中でも有名ですが、それを取り巻く高千穂峡がそもそも観光地として人気がありますです。
高千穂は他にも天岩戸神社など神話にちなんだ観光スポットも多く、渓谷全体に神秘的な雰囲気が漂います。
真名井の滝自体も素晴らしい景観で、観光者が多いのも納得できます。

宮崎県の滝に戻る

九州の滝~鹿児島の滝観光と神話の地・高千穂へ~

H30.8.7~8.8


九州南部、鹿児島県と宮崎県は秘境の宝庫です。県境には霧島山脈が走り湧水と温泉が全国に名を馳せていますが、比較的観光地化が顕著で行きやすい秘境後も多く存在します。

今回は実家の小倉から家族も一緒なので、家族連れや子供連れでも行きやすい観光滝を回ります。
ちなみに普段は漫画喫茶泊まりですが、今回は母が素敵な宿を用意してくれていたのでそちらも紹介したいと思います。


H30.8.7
1日目
雄川の滝霧島神宮

1日目、小倉南インターから九州道を通って鹿児島へ🚘
九州は縦に長いので、最北端の北九州市から鹿児島県まで出も結構かかります。距離にして300㎞くらいかな?▼

~・~・~・~
1・雄川の滝【西郷どんの滝】
鹿児島県でも最南付近まで行きます。肝属郡南大隅にある雄川の滝は別名西郷どんの滝とも呼ばれています。

九州自動車道から加治木JCで東九州道へ入り無料区間を過ぎて東原インターで降ります。そこから国道269号線をしばらくまっすぐ、海沿いを越えると国道448号線へ。

しばらく進み県道562号線右折。この辺りから案内がちょこちょこ出てきます。
しばらく行くと雄川の滝の駐車場へ続く林道が出てきます。

駐車場はきれいに整備され、広いです。観光バスなども来てます。
2018年大河ドラマ西郷どんの影響でしょうか?、お盆を少し前倒しできたけど結構人が多そうです。

遊歩道もきれいに整備されていて歩きやすいです(*´Д`)
1.2㎞。滝まで15分から20分といったところです。

気温は結構高く熱かったのですが写真の支流の所だけやたら涼しげ( ゚Д゚)
天然のクーラーです☃

水はかなりきれいです✨
これだけ観光者がいて、こんなにキレイというのはすごいことです。

出ました雄川の滝🌊。素晴らしい蒼さです。
ココまで青々とした滝壺は日本でも屈指のものだと思います。水の量が多いので特に青く見えます。
雄川の滝は展望台が設けられていて滝の間近まで行く事はできません。

展望台を設けて滝壺まで行けないようにしたのは正解でしょう。
これだけの観光者が押し寄せたら確実にこの青さは失われるでしょう。間違ってもゴミを捨てたりしないように!。
しかし、ある意味ココからの方が全貌が一望できて良いかもしれません。

 

~・~・~・~
2・霧島神宮
変わって今度は神社へ🍂
東九州道まで戻り国分インターで降りて県道472号線から県道60号線へ。北上して国道223号線へ出たところで霧島神宮の入り口です。

駐車場はいくつかありますが、第一駐車場が本堂に最も近いです。
周辺施設へは第三、第四駐車場が近いです。


主祭神は天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊(アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギ)という神様で通称ニニギ神。
天照大神の嫡流で孫にあたるそうです。

夕刻だったからか、人も少なく静けさがより一層澄んだ美しい空気間を漂わせます。
手水舎の竜がとてもかわいいです。

 

~・~・~・~
ここらで1日目終了!
久々に良いホテルに泊まれるという事でウキウキしてます。
霧島温泉街は霧島神宮から国道223号線を西へ少し行ったところにあります。
霧島温泉街▼

今回泊まらせていただいたホテル霧島キャッスル🏨
部屋は広く食事も美味かったです。大浴場も露店もとても良かったです。
ホテル霧島キャッスル

 


H30.8.8
2日目
丸尾滝・千里ヶ滝・曽木の滝
真名井の滝・玉垂の滝・常光寺の滝
天岩戸神社

2日目は霧島周辺の滝からの宮崎県高千穂へ。
霧島周辺は温泉が有名ですが、かなりたくさんの湧水、滝が存在します。
霧島も高千穂も見どころは満載です▼

高千穂へ向かう途中ですが熊本川からくる場合、現在豪雨の影響で阿蘇の立野周辺は通行止めの箇所があるのでそこを回避する必要があります。

~・~・~・~
3・丸尾滝
丸尾滝へは霧島温泉街からはごく近くなので説明の余地もないかと思います。
国道223号線から脇道に入ってすぐです。駐車スペースから見ることができます。

この丸尾滝ですが、実は水質は温泉です。
それもそのはず、この川の水源付近は温泉が地下から噴き出しているからです。
夏なのでアレですが、冬にこの滝を訪れたら湯気が立っているそうです。

ちなみに橋から滝を眺めているのは千葉習志野の陸上自衛隊空挺団のエリート、我が弟ですw。

 

~・~・~・~
4・千里ヶ滝
国道223号線、霧島神宮を越えて県道480号線から林道を抜けて県道104号線へ入り千里ヶ滝林道へ入ります。林道は道幅が狭いので気を付けてください。

駐車場から遊歩道を降りていきます。
写真の要塞みたいなトンネルを抜けたら轟音と共に巨瀑が見えてきます🌊。
ちなみにこのトンネルは3つあります。これより下へ降りていくと九州電力の敷地に入り行き止まりです。

普通は遊歩道沿いからしか見ることはできませんが、手すりを乗り越えて滝壺まで行ける事へ行けます。
手すりの先は所々地面が抜けるので注意です。
高さ70mはこの辺りでは最高落差ではないかな?。落差もさることながら物凄い水量でかなり迫力があります✨。
辺りは飛散した水の粒が飛び交っています。

しかしこの滝も少し白く濁ってますよね?、そうです!間違いなく温泉が混ざってます。匂いするし。
周辺は湧水も多く触れると冷たいけど温泉の匂いがし、肌がすべすべになります。

 

~・~・~・~
5・曽木の滝
県道104号線まで戻ったら県道1号線側から霧島温泉街まで戻りますが、
その途中で霧島温泉の源泉を見ることができます。
道沿いにありヘアピンカーブを越えたところで突如現れます。


あつ~~~~~~い温泉が噴き出しています。
触ったら一瞬で爛れて溶けそうです。
ちなみに先ほどの丸尾滝の上流を遡っていくとこの辺りに出ます。

 

さて地獄を越えて霧島温泉街を通り抜けて県道50号線へ出ます。
九州道をくぐって県道53号線県道48号線県道404号線を経て曽木の滝駐車場へ。

川幅が広く壮大な渓流が広がります。
お土産屋や飲食店もあり、観光、休憩には最適の場所かもしれません。

休憩所みたいねところでニャン達がダレきっています。
ものすごいダレようです。猫も暑さがいきすぎるとダルいんですねw(=^・・^=)

 

~・~・~・~
6・真名井の滝、玉垂の滝
さて九州道まで戻り、横川栗野のインターから熊本インターまで九州道をぶっ飛ばします。
熊本インターを降りてからは国道57号線を宮崎方面へ進み、国道325号線から高千穂へ入ります。
駐車場はいくつかあるので、案内指示に従ってください。
カーナビは千穂の家で入れるとスムーズです。

私たちが駐車したのは第二駐車場?。高千穂峡の上にかかる橋の横の駐車場です。
橋の脇から高千穂峡へ降りていきます。真名井の滝のすぐ近くに駐車場がありますが、高千穂峡を堪能するならこちらに駐車した方が良いです。

深く切り立った岩に囲まれた川。深い所は高さ20m近くあります。
高千穂名物三段橋▼

遊歩道をしばらく進んでいくと真内の滝が見えてきます。
川幅は広く水深はかなり深そうです。
下はボートだらけです。上から眺める方が風流があって良さそうです。
真名井の滝

ちなみに落ち口はこんな感じ▼
人工の造形物ですが水は非常にきれいで雰囲気があります。

好まないの滝の上部に道路を挟んで、極めてきれいな水を絶え間なく流し続ける湧水(潜流瀑)があります。
岩の中を通って出てくるこの滝は水源保護のため触れてはいけません。
玉垂の滝


この玉垂の滝から敷いている池▼


池の水でココまでの美しさはなかなか無いです✨
透明ですが鏡のようでもあります。昔の話で水に映った自分の顔が…などというフレーズがありますが納得です。

高千穂の食事処、千穂の家▼

 

~・~・~・~
7・常光寺の滝
変わって高千穂神社まで戻り県道7号線を大分豊後方面へ進むと天岩戸神社と常光寺の滝があります。
とりあえず後で引き返す予定なので先に奥の常光寺の滝へ。
岩戸大橋を越えてもうしばらく進むと7号線沿いに入り口があります。

入り口からすぐの所に常光寺の滝は落ちています。
静かなところです。そして大きさの割に落ち着いた滝です。
正にマイナスイオンが飛び交っているようです。

 

~・~・~・~
8・天岩戸神社
時刻は夕刻。九州遠征もラストです。
最後は天岩戸神社。主祭神は天照大御神🌄。
その昔天照大神が岩の中に籠ってしまい、それを他の神々が何とかして天照大御神に外へ出てきてもらうためにお祭り騒ぎを起こしたとされる地がココです。

ココから少し歩いたところに天安川原へ降りることができます。
神々が騒ぎ踊っていた場所とされています。

奇麗な水面の川原をしばらく歩いていくと、大きな洞窟に鳥居というtheパワースポットが見えてきます。
ちなみに天岩戸はここではありません。

 


いかがでしたでしょうか⁉。
霧島に高千穂はまだまだ他にも秘境、絶景、パワースポットがたくさんあります。
またいつか到達次第アップしたいと思います!٩( ”ω” )و
最後までお付き合いいただきありがとうございます(-_-)