観音滝(江津)

観音滝(かんのんだき)
島根県江津市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・江の川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入り口から10分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
島根県の江津市の南東、邑南町との境目の所にあります。
江の川の南沿いの県道295号線から支流に沿って走る林道へ入ります。
林道に入ったら終点までまっすぐ進むと駐車場と入り口があります。


H30.5.5


駐車場と入り口▼🚘🏍
駐車場は広くて日当たりも良く、舗装もしっかりされ観光バスも停まれます☀


入り口に入ったら1本道です(=゚ω゚)ノ
遊歩道をてくてく歩いていきます🌳
そして遊歩道の最終地点にお地蔵さまと灯籠、観音滝があります🌊

 

観音滝▼

上の方は段になっており、下の方はウニョ~ンとなっています(*‘∀‘)
程よく広めの滝幅とバランスの良い末広がりの、特異ですがキレイな形です( *´艸`)
滝前は開けていて、晴天だと非常に気持ちの良い空間です☀🌳




岩肌を滑り落ちるような形になっており、中程では勢いよく反りたち水が飛び跳ねている様子が分かります( ゚Д゚)
一通りの装備があれば滝の上まで登れそうです٩( ”ω” )و

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

落差、幅とも大きく水量も基本的にしっかりしていますが、さらにキレイな広がりを見せより大きく見えます。
滝前はキレイに開け日当たりよく、辺りの木々の緑も相まって非常に気持ちの良い空間を作っています。
滝の規模、滝周辺の環境ともにレベルの高い滝で、アクセスもしやすいためおすすめです。

島根県の滝に戻る

岩瀧寺の滝

岩瀧寺の滝(がんりゅうじのたき)
島根県江津市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・江の川
落差・・60m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入り口から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
島根県の江津市の東側、太田市との境付近になります。
国道9号線、温泉津側からだと県道32号線から177号線を西側へ、浅利側からだと直接県道177号線に入ります。
岩瀧寺の滝の下流側、県道177号線沿いに看板が出てくるのでそれに従って進みます。
ちなみにココはダム建設が進められており、いずれこの滝はダムの下に埋もれてしまうそうです。


H30.5.5


県道177号線沿いにちょこちょこ案内が出てきます(=゚ω゚)ノ
ちなみに上流側からだと滝は見れないので下流側まで回りましょう💭

下流側の方は非常に落ち着いた密度の低い住宅街です🏡
近くの岩滝寺はこの滝と何やら関係もあるようで…

いかにも工事してますみたいなところへ入っていきます👷
川沿いをしばらく走ると駐車場所と入り口があります🚘🏍
看板には高さ120mとあります(=゚ω゚)ノ
大きな滝には違いないのですが、見た感じそこまではなさそうです👀
ただ、間の広い段瀑で一番上は何処かハッキリとは分からないのであくまで憶測です🌳

入り口からはほぼ1本道です(=゚ω゚)ノ
滝まではすぐです🌊

 

岩瀧寺の滝▼



端正な段瀑で見応えがあります👀🌳
ダムの底に追いやってしまうにはあまりに惜しいです(ノД`)・゜・。

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★☆☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

大きな滝で形も良く見応えは十分にあるのですが、上流が集落を流れているため水質があまりよくないのが少し残念。
集落から近いため比較的道はしっかりしており、訪れやすい滝です。
ダム建設がいつどれくらい進むか分からず、いつまで見に行くことができるか分からないので訪れるならお早めに。

島根県の滝に戻る

鳥尾滝(那智の滝)

鳥尾の滝(ちょうのおのたき)
広島県庄原市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑・分岐瀑
水系・・西城川⇒江の川
落差・・70m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から20分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
広島県と島根県の県境付近にある比婆山の南側の麓に熊野神社があり、その奥へ続く遊歩道から行くことができます。
熊野神社へは県道254号線から林道が分岐しています。
県道254号線へはJR芸備線沿いの国道183号線か、西側の国道432号線から県道255号線を経由して入ります。

本数はかなり少ないですが、JR比婆山駅から熊野神社までバスもあるみたいです🚌
西城交通・上尺田・八鳥線・・・熊野神社停留所下車


H29.10.8


林道を進んでいくと、大きな鳥居と共に熊野神社の入り口と駐車場が現れます🐕🐕
しかし広島にも熊野神社と那智の滝があるんですね(∩´∀`)∩🌊


川の横に入り口があります(=゚ω゚)ノ
階段と川沿いの差かがあります。どちらからでも同じとこに出ますが順路的には階段の方です( *´艸`)

それにしてもココの期はかなり大きいですね~( ゚Д゚)🌳

階段を上がって行くと熊野神社があります🌳
この奥に滝へ続く道があります(´・ω・)

それにしてもいかにも神社といった雰囲気の場所です(‘Д’)
本当に神様が住んでいそうな感じです( *´艸`)


熊野神社から奥の方へと上がって行くと、社がいくつか点々とします。
川沿いからの道とも途中で合流します(=゚ω゚)ノ

社が点々とするところを過ぎると、いよいよ本格的に遊歩道になっていきます( ゚Д゚)
ココからは案内通り進んでいきます(´・ω・)

 

鳥尾滝(那智の滝)▼

名前の由来かどうかは分かりませんが、確かに鳥の尾の様な姿をした滝です🐦🌊
段瀑というよりは半ば渓流瀑のような形でもあります( ゚Д゚)
ビチャビチャになってもいいなら一番上の段の下までは直登できそうです(∩´∀`)∩



滝の中程までは膝下が濡れるくらいで登れます( *´艸`)
真ん中あたりの方が水量が多く見えます👀🌊
水量自体は多いですが、傾斜が緩めなので流れ方は優しいです(‘ω’)




ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

直瀑日本一で豪快に落ちる有名な和歌山の那智の滝に対して、山奥で静かにひっそりと落ちる広島の那智の滝です。
名前の由来かどうかは分かりませんが、鳳凰の尾の様な用紙をしています。
神社はじめ、この滝の周辺も何とも言えぬ幻想的な雰囲気に包まれています。

広島県の滝に戻る

常清滝

常清滝(じょうせいたき)
広島県三次市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・江の川
落差・・126m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から10分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
広島県と島根県の県境を流れる江の川沿いに走る国道375号線から県道62号線に入ります。
62号線に入ると案内が出てくるので、それに従って林道へ入り進んでいくと駐車場と入り口があります。


H29.10.8


県道62号線付近からは案内に従って進みましょう٩( ”ω” )و

駐車場と入り口▼
常清滝の駐車場か結構広く、大型バスの駐車スペースもあります🚍🚘🏍


入り口に入るとあとは川沿いの遊歩道を進むだけです(=゚ω゚)ノ
さすがに整備が行き届いています✨

 

常清滝▼


まるでお手本のような段瀑です(*‘∀‘)🌊✨
さすがに大きいですね( ゚Д゚)
でも大きさと水量の割には静かに流れる滝です(´・ω・)


広島県では唯一の日本の滝100選で、最も落差のある滝です🌊🌈
冬になるとタイミングがよければ氷瀑も見れるらしいです⛄( ゚Д゚)




林道も遊歩道もしっかり整備されていて、車やバイクがあればアクセスしやすいです🚘🏍
そのためか、観光に来る人はそこそこいるようです( *´艸`)



それにしても遠近法というのはすごいですね( ゚Д゚)
:下から見上げた常清滝
:滝半ばくらいの高度から見た常清滝
それぞれの段の大きさや全体のバランスなんかが見る位置によって全然違うものなのですね~( *´艸`)

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

さすがに広島県の滝の中で唯一日本の滝100選に選ばれているだけあって、見応えのある滝です。
大きさも申し分なくあり、水量も多く、形もきれいで非の打ち所がありません。
しいて言うなら滝壺周辺の人工物や人そのものが映ってしまいがちなのが難点です。
しかし、このアクセスの良さでこれだけの名瀑が見れるのですから、観光滝としては超一流でしょう。

広島県の滝に戻る