七滝(十和田)

七滝
(ななたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶七滝神社
|▶七滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・小坂川⇒米代川
落差
・・60m(公)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・一瞬
🏆日本の滝百選
】【🚘】【🏞】【
【🍂】R2.9.30

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

秋田県 鹿角郡 小坂町

七滝は秋田県の北東端付近、十和田湖の南西側に位置し秋田県道2号線 (樹海ライン) 沿いの七滝神社の横に流れ落ちます📍

県道2号線は国道103号線国道282号線の交差する北側の間をつなぎ、大館市街から十和田湖までの最短ルートです🛣

七滝および七滝神社の道路を挟んで向かいには道の駅 こさか七滝があり、駐車場もそこを利用できます🚘

高速道路は東北自動車道小坂I.Cで降りると県道2号線、国道282号線の少し西側に直接降ります(=゚ω゚)ノ

 

 


七滝神社▼

道の駅 こさか七滝▼

道の駅併設で駐車場やお手洗いには困らないのがこういう観光志向の滝の良い所ですね(∩´∀`)∩
広々として駐車可能台数も多めです🅿


向に七滝と七滝神社があります(=゚ω゚)ノ
ちなみに4月~11月の冬季閉鎖期間以外は小坂町のバスが出ていますが、鉄道駅との接続は無いようなので案内は割愛しています🚌

 

ーーーーーーー

七滝神社▼

広々とした芝生の公園🏞
七滝はすでに入口の所からも見えています👀
赤い葉っぱの木が何ともキレイです( ゚Д゚)

 


奥の方へ進んで行くと水車小屋が、そしてその奥に鳥居と橋があり七滝の方へと続いて行きます🌳

ぶっちゃげこの橋を渡る手前の河川敷からが一番きれいに七滝が見えるかもしれません🌊

橋から見る七滝や水車小屋とのツーショットもいい感じ(∩´∀`)∩
人工物でもこれらは一緒に撮れればいい感じになりますね✨
撮影に良さそうなポイントを探すのも楽しい所です🐾



橋を渡ったら七滝神社と七滝の滝壺があります🐾
この辺りの雰囲気が何かとてもいい感じです⛩

橋を渡って左側が七滝神社🌳
こじんまりと落ち着いた雰囲気です🐉

 

 


日本の滝百選 七滝▼

橋を渡ってそのまま進むと、滝壺の横に出ます🌳
最も滝に近い場所ですが七滝は段瀑のうえに傾斜も緩めなので、ココからでは一番下の部分しか見えないのが欠点(´・ω・)



滝と反対側もなかなかいい眺望です👀
橋や鳥居も絵になりますね📷
河原の花もいい感じです🌼

 

ーーーーーーー

橋を戻って対岸側から▼
こちら側から俯瞰するとある程度全景が見えます👀
でも見えているより上の方はまだまだ続いていそうな感じ🌊




んん~…、惜しい(´・ω・)
もうちょっと木々が少なければもっときれいに見えそうなのですが🌳

紅葉もまだ少し早い感じ🍂
見頃は10月終わり~11月頭頃かな❓
それにしても一体何段くらいになっているのだろう(´・ω・)❓


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

道の駅併設で道路からも見えている七滝。
気持ちの良い公園と神社があり道の駅もある事から、大きな滝というだけではなく観光滝としても非常に優秀です。
公園や境内、周辺の山々の様子から、紅葉本番の時には素晴らしい景観を見せてくれそうですね。
十和田湖からも近く他にも色々見て回れそうな点や、大館市街から近い点も良い所ですね。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

秋田県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

滝の拝(古座川)

滝の拝(たきのはい)
和歌山県 東牟婁郡 古座川町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・渓流瀑?
水系・・古座川
落差・・7m
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・駐車場からすぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶道の駅 滝の拝太郎
|▶滝の拝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R1.10.6

 


行き方・場所・アクセス▼

滝の拝は古座川の支流、小川に掛かります(=゚ω゚)ノ
和歌山県道43号線 (那智勝浦古座川線) が小川に並走していますが、入り口は国道42号線か、国道371号線になります(‘ω’)

途中までは和歌山県道228、227号線、38号線 (すさみ古座線) を通り、古座川を逆行する形になります🐾

そこから古座川と小川が分岐する、明神橋の所から県道43号線に入り道なりにまっすぐ進みます🚘🏍

しばらく行くと道の駅 滝の拝の看板が見えます👀
駐車場、休憩施設もあるので観光には良いです(*‘∀‘)。

 

ちなみに県道43号線は那智山の横を通り県道44号線 (那智勝浦熊野川線) を介して新宮まで抜けますが、なかなかえぐい道を通るので国道42号線側からくることをおすすめします(´・ω・)

 

ーーーーーーーー


公共交通機関JR紀勢本線 串本駅及び古座駅からふるさとバスがありますが、本数は少ないです🚌
利用の場合は時間をしっかり確認しておきましょう👀

JR紀勢本線 時刻表
・・・和歌山市駅~亀山駅
・・・(古座駅下車)

 

古座川町HP
👉ふるさとバス時刻表
・・・小川線
・・・(小川総合センター下車)

 

 


道の駅 滝の拝太郎▼

滝の拝までは、ぶっちゃげほとんど車で行くだけの道のりです🚘🏍
道の駅の看板もあるのですぐ分かると思います▼

道の駅なだけに、駐車場はそこそこ台数があるので満車の心配はあまりないと思います(=゚ω゚)ノ
しかしこの辺りは自然豊かな村です🍃🌳

ちなみに蛇行する小川沿いに県道43号線を上流側へと進んで行くと、那智勝浦、新宮方面へと抜けますが、冒頭で述べた通り、かなりえぐい道のりです(;´・ω・)

 

ーーーーーーーー

道の駅▼

道の駅の裏手から小川の方へ抜けれます(=゚ω゚)ノ
進んだ先に小川に掛かる橋が出てきます🐾
そこから滝の拝の姿が見えます🌊

 

 


滝の拝▼

橋の上からの滝の拝▼


道路沿いにありながら水はかなり透明できれいです✨
溝のようになった岩間を水が滑り落ちます🌊

下流側▼

 

ーーーーーーーー

岩場へ▼
橋を渡った先で河川敷?wへ降りることができます🐾
清流に奇怪に浸食された岩々がこの川を取り囲んでいます🗻

 

まるで岩の要塞のようです👀
洞窟みたいになっている所が何カ所もあります(´・ω・)

長い時間をかけてこんな彫刻を作り出す自然の恐ろしさです🌊
高い所は水面まで10mくらいあると思います(‘Д’)


ちなみに水深は結構深く流れも所々あり、もし落っこちたら結構ヤバそうです⚠
滞留している可能性もありそう(;・∀・)。

少しごつごつした岩を進んで行くと滝の拝がもろに見えてきます👀✨








割と川幅は広めですが、ココだけ一カ所に集中して流れ落ちます💦
回り込んでくる流れもあり、側面にもいくつも流れがあります(‘Д’)

岩場伝いに滝の拝の上流にも行けます🐾
ココから見る景色もなかなか良いです( *´艸`)

 

ーーーーーーーー

滝壺▼
頑張ってちょっと岩場を降りてみます🐾
危ないのでマネしないように❕
滝の拝の滝壺に出ました(´・ω・)
一カ所に集中して流れているため、巻き込まれたら一瞬で流されてしまいそう…💧



 

ーーーーーーーー

対岸・金毘羅神社▼
対岸側にも滝の拝の真近くまで寄れるポイントがあります📍
ただ、こちらは基本的にしぶきを浴び続け非常に滑りやすいので、十分に注意が必要です⚠


橋の横の段差を降りると神社があります⛩
その奥から岩場の方に進めますが、危ないのでほどほどに❕
もし落ちたらそのまま流されるか滞留に飲まれます🌊



しぶきでレンズが曇る(;´・ω・)📷
この日は特に水量はやや多め💦



 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

この滝は落差は低いですが、間近で見ると吸い込まれそうな感じがします。
しかし滝自体よりも周りの岩々と一体となってこそとても幻想的に変わります。
そして古座川水系独特の水のきれいさがより一層引き立てます。

ただ残念なのは道路から近すぎて俯瞰しすぎると人口造形物が映ってしまい秘境感が失われてしまいます。

帰りの際、県道44号線、45号線を抜けて熊野方面(国道168号線)に抜ける場合、とんでもない道を通ることになるので覚悟しておいてください。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

古座川逆行記

古座川の見所を下流から上流にかけて巡ります٩( ”ω” )و
勿論これで全てではないですが、有名どころは押さえています📍

 

ーーーーーーー

古座川の観光スポット▼


牡丹岩

高池の虫食い岩

古座の一枚岩

 

ーーーーーーー

古座川流域の名瀑▼


植魚の滝

ハリオの滝

まぼろしの滝

中津谷の滝

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

和歌山県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

国内旅行~旅ぶらり~
和歌山・古座川の観光へ
関西・近畿の観光へ

 

TOPに戻る