龍門滝(網掛川)

龍門滝(りゅうもんだき)
鹿児島県 姶良市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・網掛川
落差・・46m(公)
🏆日本の滝百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・駐車場から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶竜門滝
|▶展望台
|▶金山橋
|▶Information


R2.4.15

 


行き方・場所・アクセス▼

龍門滝は鹿児島県の中央部、姶良市の鹿児島湾近く霧島市との県境付近に位置します📍

南側には桜島、北東側には霧島の山々がそびえ立ち、また鹿児島市のベッドタウンとして栄え比較的人口も多く、自然と町が一体となった地域でもあります(=゚ω゚)ノ

霧島温泉にも近いですが鹿児島市にも近く、ここらの国道10号線は桜島が望める海沿いの道で素晴らしい眺望です🛣

 

九州自動車道および東九州自動車道 (鹿児島区間) および国道10号線 (加治木バイパス) の交差する加治木JCT加治木I.Cの北側すぐの所に位置します🌊

高速道路を降りたら、もしくは一般道からは国道10号線、加治木I.C交差点で高速道路をくぐり、加治木JCTの北側沿いの道から網掛川を渡ったところの交差点を右折し上流側へ進むとすぐに龍門滝の駐車場が見えてきます🐾

もうこの辺りに来たら案内看板も立っているので、すぐに分かると思います🐉

国道10号線へは国道268号線国道504号線から鹿児島県道55号線 (栗野加治木線) に入り南下していきます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

公共交通機関JR日豊本線加治木駅で、龍門滝までは約2kmで徒歩30分ほど🚋
また、加治木駅から姶良市の加治木町循環バスがあり、そちらは滝の入り口まで行きます🚌

JR日豊本線 時刻表
・・・小倉駅~鹿児島中央駅
・・・(加治木駅下車)


新幹線+ホテルセットプラン

 

姶良市HP
👉市政情報👉市の基本情報
👉アクセス👉市巡回バス
・・・加治木地区
・・・(滝入口 or 高井田住宅前下車)

 

 


日本の滝百選 龍門滝▼



▲龍門滝駐車場🅿
ココにもバス停があります (高井田住宅前) 🚏

そして駐車場の奥から龍門滝の方へ抜ける道が続いています🐾
既に龍門滝の上の方が見えています🐉



細い道を進んで行くと滝見台に出ます👀
この辺りは龍門温泉の方からも登ってくることができ、ちょっとした公園みたいになっています🌳


高さ46m、幅43m🌊
ほとんど正方形に近いシルエットです( *´艸`)
滝壺は広く、そこだけ抉られたように正面で両岸が迫り、正に門のようになっています(‘Д’)

そして横の方から下へ降りていくことができます(=゚ω゚)ノ



 



飛び石の橋▲
ココからも龍門温泉や道路の方へ抜けれます🐾
広々とした川原です🌊

 

ーーーーーーー

川原に出るともう少し滝の方へ近づけます٩( ”ω” )و
高さもありますが幅もかなり広いので迫力があります( ゚Д゚)




滝壺はかなり広く、そして深いです🌊
周りが切り立った岩壁に囲まれているため、これ以上は近づくこともできません(´・ω・)
それこそホントに龍でも住んでそうな滝壺です🐉

 


幅が広く分散れているため写真だけ見ると流れが若干弱く感じそうですが、川を見てもらったら分かる通り決して少ないわけではありません (涸れる時もありますが…) 🌊
基本的に水量はこんなものですが、増水時はこの幅いっぱいに水が流れているみたいです(‘Д’)
そうなるとすごい迫力でしょうね~✨

 



よく見ると柱状節理がかなりすごいです👀
まぁこの辺りも多分シラス台地を構成する一部ですからね(´・ω・)
しかしホントに滝の形も色々です(*‘∀‘)


よ~く見るとこの滝を構成する岩壁は柱状節理の塊です( ゚Д゚)
流れに研磨されて角が取れてたり、苔で緑や茶色に変色したりテカったり、または流れ自体に隠されたりで分かりにくい部分もありますが、岩肌は角々してます👀


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

おおよそ滝と言われてパッとイメージする姿とは少しかけ離れた、正方形に近い容姿の幅の広い滝です。
天候状況などによって水量が激変しやすい特性を持っていますが、基本的に落差もあってデカいので迫力があります。
増水時はこの幅が埋まるくらいの水量と勢いがあるようで、そうなると滝の前には近づけないでしょうね。
滝も大きいですが滝壺も大きく、静かな流れ方で落ち着いた雰囲気はありますがスケールは大きな滝です。

 

 


展望台▼


駐車場のとこから網掛川の上流の方へさらに進んで行くと展望台があります(∩´∀`)∩
途中には龍門司坂の入り口があります🌳

ココからでも桜島が見えていますが、龍門司坂を登った先の高倉展望台からはもっときれいに桜島と姶良市街が見渡せます✨

その先道なりに進んで行くと展望台の方への分岐が出てきます(=゚ω゚)ノ
ココは看板も立っているのですぐ分かると思います👀
この道をず~っとまっすぐ進んで行くと、鹿児島空港へ出ます🛩

 

展望台▼
展望台とは言っても、滝自体は落ち口がちょこっと見える程度で俯瞰することはできませんが、合間の見晴らしはいいです🌳


 

 


金山橋▼



展望台からさらに網掛川を上流に進んで行くと金山橋があります(=゚ω゚)ノ
ココはキレイな駐車場でお手洗いもあり、霧島温泉へ向かう際などの休憩場所にも良さそうです🅿

雰囲気のある橋と、その正面にメッチャ小っちゃいナイアガラみたいな小滝があり、もっと日が出てるときはかなりいい感じになりそうです(‘ω’)


 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

鹿児島県の滝に戻る
九州・沖縄の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

曽木の滝

曽木の滝(そぎのたき)
鹿児島県 伊佐市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・渓流瀑?
水系・・川内川
落差・・20m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
人吉から薩摩河内を結ぶ国道267号線、伊佐市大口の少し南側の川内川の分岐の少し北側から県道404号線へ入ります。
404号線に入ると走っているうちに案内が出てきます。

公共交通機関は、JR水俣駅や新水俣駅、吉松駅や鹿児島空港から南国交通バスで伊佐市内の大口バスセンターまで行き、伊佐交通観光のバスで曽木の滝入口停留所まで行きます。
本数は少ないので時刻はよく確認しましょう
南国交通・・・(大口 停留所乗換)
▶伊佐交通観光・・・⑥田代線 (曽木の滝入口 停留所下車)


H30.8.8


曽木の滝の駐車場▼
曽木の滝公園はかなり大きめの観光地で、駐車場も広くお土産屋や食事床なども充実しており、観光者も多いです(‘Д’)


休憩スペースみたいなところで、暑さに耐えかねた猫がいっぱいダレたおしています(;´・ω・)
猫は寒いのは苦手なのは知っていますが、暑すぎても堪えるのですね( *´艸`)



曽木の滝は駐車場からちょっと歩いたところにあります(=゚ω゚)ノ
かなり広域にわたる滝なので、どこから見るかによっても楽しめます🌊

 

曽木の滝▼



川幅が広いため、かなり広がった段差になっています( ゚Д゚)
不規則にいくつかの幅の広い滝があります🌊
岩の感じや流れていく感じは規模が大きく迫力があります(=゚ω゚)ノ
下流側も川が大きく爽快で、新曽木大橋がまた良い感じです(∩´∀`)∩


滝の上流側にも回り込めます🐾
上流の方が流れは落ち着いていますが、川幅は広そうです🌳

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

川幅が広く落差も決してそれほど小さくはないので、高さの高い滝とはまた違う意味で非常に大きな滝といった感じがします。
川の水量自体もあるため、流れゆく様は爽快です。
この下流には大鶴ダムがあり、もともと発電所もあったため、その名残の一部が曽木の滝公園にも残っています。

鹿児島県の滝に戻る

千里ヶ滝(霧島)

千里ヶ滝(せんりがたき)
鹿児島県霧島市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・天降川
落差・・70m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から10分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道223号線、霧島神宮のすこし東側の県道480号線へ入ります。
480号線をしばらく登ると道が分岐、オーベルジュ異人館方面の林道へ入ります。
林道をしばらく進むと千里ヶ滝の案内があります。
案内に従い細い急なくだりの林道を進んで行くと、終点地点に駐車場と入り口があります。



H30.8.8


林道終点の駐車場▼
最後の下りの林道は道が細く急傾斜なので注意です🚘🏍
駐車場のすぐ横に入り口があります(=゚ω゚)ノ

ココは上流から下るコースなので、行きは下り帰りは登りです🐾
途中でトンネルがあります( ゚Д゚)

しばらく下っていくと川が近くまで来ていることに気づきます(‘ω’)
所々温泉交じりの湧水が流れ出しています💧♨
川に近づいたところで、遊歩道の左側に開けた空間に水の流れ落ちる轟音が聞こえてきます🌊

ココから千里ヶ滝が確認できます👀
しかし、滝の目の前へ行くには柵を乗り越えなければなりません(´・ω・)
柵の先は滑りやすくハマりやすい箇所もあるので細心の注意を払わなければなりません⚠
ちなみにこの遊歩道をずっと降りていくと、九州電力の所有地に入り行き止まりです✖⚡

 

千里ヶ滝▼




千里ヶ滝は高さもあり大きな滝ですが、水質もまた特殊なのは見たら分かる人は分かるでしょう👀
そうです、どう見ても温泉混じりです♨(∩´∀`)∩
滝壺の色は淡~い水色が白濁した何とも言えぬキレイな色です( *´艸`)



高さがあり細くまとまって落ちるので一見そうは見えないのですが、水量はかなりあります( ゚Д゚)🌊
滝壺は広めですが、端に立っていても水しぶきが舞い散りカメラのレンズがすくに水滴だらけになります(;´・ω・)
遊歩道にまで響き渡る轟音が納得できます(‘ω’)
下流側もなかなか迫力があります( *´艸`)✨


それにしてもすさまじい勢いです( ゚Д゚)
水は熱くはなく真夏にしてはどちらかというと冷ためですが、滝壺に触れて臭いを嗅いだらほんのりと温泉の匂いがします♨☁
触った箇所はスベスベです✨✨


ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

かなり高さのある直瀑で、一気に水が流れ落ちているのでかなり迫力があります。
茶色がかったごつごつした岩壁も見ものです。
水は温泉が混じり白濁しており、滝の激しい流れに広くえぐられた滝壺は非常に神秘的な色をしています。
林道も遊歩道も細くて急坂ですが、この規模の滝にしては比較的訪れやすい方だと思います。
途中にあるトンネルもなかなか楽しいです(∩´∀`)∩

鹿児島県の滝に戻る

丸尾滝(霧島)

丸尾滝(まるおだき)
鹿児島県霧島市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・天降川
落差・・23m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・一瞬
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道223号線、霧島温泉郷のすぐ東側にあります。
223号線に丸尾滝の方へ周回する道があるので、そちらへ入ります。
駐車場と共に滝が見えます。

ちなみにバスがJR霧島温泉駅やJR国分駅から出ています。
本数は多くないので時間は確認しておいた方が良いでしょう。
鹿児島交通
・・・霧島いわさきホテル方面 (丸尾 停留所下車)



H30.8.8


日本有数の温泉街である霧島♨
見るからに温泉が湧いてそうな風景ですね👀

この霧島温泉郷からすぐ近くで、歩いてもいける距離です🐾
温泉に行くついでによて見るのも良いでしょう(‘ω’)
車を手めるところもちゃんとあります(=゚ω゚)ノ

 

丸尾滝▼


この滝は何が他の滝と違うかというと、流れているのが温泉水であるところです♨
それもそのはず、この少し上流でボッコボッコに温泉が湧き出ているのです( ゚Д゚)
少し水が白濁しているのが写真でも何となく分かると思います☁🌳

県道1号線沿いに温泉の噴出場所があります🔥
真夏の暑さでコレだけ湯気が立ち込めているという事は、おそらく相当熱いはずです♨


冬にはこの丸尾滝からも湯気が立ちあがるそうです☁
雪景色と一緒に見れたらそれはもう絶景でしょうね~⊂⌒~⊃。Д。)⊃

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

さすがは霧島温泉!滝まで温泉です。
白く濁っても滝壺があれだけ蒼いという事は、水質もそもそもきれいなのでしょう。
以下にも温泉滝といった景観は、温泉郷にすぐ近くにある観光滝としては最高のシチュエーションでしょう。
ちなみに霧島温泉郷から県道1号線を登っていくと、ぐるりとヘアピンカーブするところに温泉が噴き出している所が見える場所があります。

鹿児島県の滝に戻る

雄川の滝

雄川の滝(おがわのたき)
鹿児島県肝属群南大隅町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑、潜流瀑
水系・・雄川
落差・・46m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から20分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
九州自動車道、加治木JCTから隼人道路に入り東九州自動車道無料区間まで入ります。
東原ICで降りたらしばらくは国道269号線沿いに走ります。
しばらく走っていると錦町の海沿いを走りますが、海沿いが一旦終わるくらいのところで国道488号線に入ります。
488号線を走っていると案内看板が出てくるので、それに従って走ります。


H30.8.7


雄川の滝の駐車場▼
かなり広いです( ゚Д゚)
バスなども停まっており人も結構います🚌
この年の大河ドラマは西郷どん…、その影響かな(´・ω・)⁇

駐車場の横から遊歩道が伸びています(=゚ω゚)ノ
ほぼ完全に観光地化され、遊歩道は歩きやすく舗装されています(∩´∀`)∩
距離的には約1.5㎞くらいかな?普段あまり動かない人にも良い運動になります( *´艸`)


しばらく歩いたところにちょっとした休憩場所があります👀
そしてそこには小さな支流が、岩の奥で木や草に隠れるようにして流れています🌳

しかしこの小さな滝には不思議な力があるのです🌊
この滝を覗き込んだら分かると思いますが、この滝の前だけやたらと気温が下がるのです🌡⇩
周辺の気温と比べると圧倒的に違います(‘Д’)

その付近で上を見上げると大きな橋が架かっています⊂⌒~⊃。Д。)⊃
よくあんなものを作れるものです👀
改めて人類の文明のすごさを思い知ります👫

途中から川が見えてきます🌊👀
川に入ることもできます💦
この時点でもはや水が蒼いです( ゚Д゚)

そして滝が見えてきます👀
2017年に滝見台が作られて以降、これより滝へは近づけません✖
それだけ観光客が増えたという事なのでしょう(‘ω’)

 

雄川の滝▼


これは驚きの蒼さです( ゚Д゚)
と、言うか公式には46mらしいけどホントに(´・ω・)⁇
もっとあるように見える👀
一番下の大きな滝が46mなのかな⁇


それにしてもこの青さはすごいです( *´艸`)
ちなみに水量が多いと迫力は増しますが蒼さが失われるようです🌊
この日は水量少な目、蒼さが際立っています(∩´∀`)∩


滝壺を取り囲む岩も木々が茂ってとても良い感じです🌳
岩から湧き出す潜流瀑も素晴らしいですね٩( ”ω” )و
多分この青さの根源は湧水の方ではないかな(‘ω’)⁇



ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★★
到達感・・・・★★☆☆☆

キレイに澄んだ蒼い水はとても不思議な感じです。
蒼い水面は他にもありますが、この滝の滝壺は少し違います。
雄川の滝自体は高さもあり、下から流れ出す潜流瀑は60mに渡り広がり、広大で広々とした滝前空間です。
遊歩道がきれいに整備されているので、比較的到達しやすく観光としては一級です。

鹿児島県の滝に戻る

オテミズさん(屋久島)

オテミズさん(おてみずさん)
鹿児島県熊毛郡屋久島町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・海岸瀑、洞窟瀑、段瀑、分岐瀑
水系・・⁇
落差・・25m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から20分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
屋久島は九州本土から隔たれているため、入島するにはフェリーか高速船、もしくは飛行機で行く必要があります。
詳しい屋久島への行き方や宿などについては▶コチラに記載しています。

屋久島の南東海岸にあります。
県道77号線から、猿川ガジュマルの横を流れる川の近辺に海側へモスオーシャンハウス方面へ入る道があります (用地図確認) 。
一番海側の小道の西角に暗がりに入っていくような感じの海岸へ降りる道があります。
車はその周辺のコンクリートの所らへんに泊めれます。



H30.6.3


海岸への入り口▼
Googleマップに道が乗ってなかったりと少しわかりにくいですが、とにかく海側へと進んでみましょう🚘🏍

海岸に出たらぶっちゃげ東側に向かって進むだけですが、ゴロゴロと足場が悪く川を越えて後半はほとんどピョンピョンと岩を飛び移りながら進むため、結構危険です⚠
また、満潮時はどれくらいになるか分かりませんが、潮の道加減によってはいけない可能性もあるのでそのへんも考えておきましょう🌊


しばらく進むと、崖側にぽっかり穴が開いている所が現れます(=゚ω゚)ノ

 

オテミズさん▼

怪しい穴の中に滝が流れています( ゚Д゚)
海岸瀑や洞窟瀑の単品でもなかなか珍しいというのに、その両方の要素のある極めて稀な滝です✨✨
更に言うならほぼ完全な洞窟であることも希少です(∩´∀`)∩


どうやら天井に穴があり、どこかから流れ込んでいるようです(´・ω・)
まあ何処かと言ってもこの上しかないのですが…( *´艸`)





ちなみにこの洞窟は外の岩をよじ登って上に登れます(∩´∀`)∩
早速行ってみましょう!٩( ”ω” )و

やはり洞窟のすぐ上に滝があります🌊
というより、下部が洞窟の中に入るというだけで一つの段瀑の構造になっています(=゚ω゚)ノ
上の部分は2条になって落ち、真ん中で一つにまとまって洞窟の中へと落ちていきます( ゚Д゚)✨✨
何とも面白い滝ですね~⊂⌒~⊃。Д。)⊃




洞窟の上からの眺めは良さげです👀

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

海岸瀑と洞窟瀑の両方の要素を兼ねそろえた極めて珍しい希少価値の高い滝です。
そして上段も合わせると意外と高さもあります。
あまり知られてはいないようですが、行くのもそれほど難しくなく、何より珍しいタイプの滝で見応えがあります。

鹿児島県の滝に戻る

湯川大滝(屋久島)

湯川大滝(ゆーごおおたき)(ゆーごのたき)
鹿児島県熊毛郡屋久島町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・湯川
落差・・100m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から45分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
屋久島は九州本土から隔たれているため、入島するにはフェリーか高速船、もしくは飛行機で行く必要があります。
詳しい屋久島への行き方や宿などについては▶コチラに記載しています。

湯川自体は県道78号線沿いに現れるのですが、最も近い入渓ポイントは滝から一番近い少し下流に掛かる橋となります。
これと言って分かりやすい案内もないので、地図を見ながら進む感じになります。


H30.6.3


多分県道78号線の橋のあたりから直接登ってくることも可能かもしれませんが、特に見どころもなさそうなので一番近いユーゴ橋まで行くのが良いでしょう(=゚ω゚)ノ

ユーゴ橋周辺は比較的道も新しく、車も通りやすそうです🚘🏍
橋の近辺に何カ所か駐車できそうな所もあります(‘ω’)

橋の東側はかなり高さもあり降りるのは難しそう…(;´・ω・)
逆に橋の西側は地続きになっていそうです🌳
が、草がすごい…(;´・ω・)

ココから入るのか・・・💧
と、うんざりしそうな草の生え方は最初だけ( *´艸`)
少し中に入るといらっしゃいと言わんばかりに川まで出られます🐾

橋よりやや上流の所へ出てきます(´・ω・)
そして橋からは全く見えないのですが、この少し進んだところで前衛滝がお出迎えしてくれます🌊



この深く岩が切れた前衛滝は35m (推) ほどの中規模の滝で、直登はまず無理でしょう(;´Д`)
結果的にはこの滝は右岸 (向かって左側) から巻きますが、直接手前の岩付から登っていくと行き止まります✖🗻
ただ、撮影ポイントとしては良いかもしれません📷

しかし前衛とは言え、この滝もメインでとりあげて良いほどの滝です🌊
大きさ、流れ、岩の迫力など素晴らしいです✨✨

この前衛滝の右岸 (向かって左側) に支流のような細い流れがあります👀👉
ココから木や草付きを利用して無理やり登っていきます🌳

なかなかの茂り具合ですが、緊張する箇所もあり油断はできません(‘Д’)

前衛滝の落ち口を見下ろしながら上流へと進んでいきます🐾
この先で川が二つに分かれていますが、右側が本流で正解です(=゚ω゚)ノ

右側の流れの方へ行くとすぐにきれいな滝壺にスライダープールの様な小滝が出てきます🌊
ココは滝壺を左岸 (向かって右側) から回り込み、そのまま左岸から巻き上がっていきます(=゚ω゚)ノ
泳いで左岸にとりつくのもアリでしょう(‘ω’)
右岸 (向かって左側) からの方が一見登りやすそうですが、途中で川へ降りられなくなります(;´Д`)

ココからは爽快なゴルジュ帯となります( ゚Д゚)

距離はないですが、高低差はあります🗻
そのまま左岸 (向かって右側) の岩場から登っていきますが、足場は狭くかなり危険です⚠

ちなみに湯川大滝は隠れているので目の前に行くまで見えません👀🌊


湯川大滝▼


ゴルジュの一番上にそびえ立つこの異形の段瀑はかなりの高さがあります( ゚Д゚)
途中で岩の間を抜けて滝壺へ落ちるという面白い姿をしています( *´艸`)
こんなに大きいのに陰に隠れて正面に行かないと見えません(´_ゝ`)


さすがにこれだけの大きさがあると迫力もあります(∩´∀`)∩
切り立った岩の中にここだけきれいな滝壺とそれを眺めるスペースがある不思議な空間です( ゚Д゚)✨






ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

屋久島で最も高さのある龍王の滝にも匹敵する大きさがあり、その迫力と見応えは危険を押して見に行く価値が十分にあります。
前衛滝も合わせ、二つの大きな滝が見れるのもうれしい点です。
また、大きさだけでなく滝のある場所や景観、岩の間をくぐって流れる特殊な姿など、神秘的であり面白い滝でもあります。

鹿児島県の滝に戻る

龍王の滝(屋久島)

龍王の滝(りゅうおうのたき)
鹿児島県熊毛郡屋久島町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・宮之浦川
落差・・110m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★★
体力・・・★★★★★
時間・・・入渓から150分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
屋久島は九州本土から隔たれているため、入島するにはフェリーか高速船、もしくは飛行機で行く必要があります。
詳しい屋久島への行き方や宿などについては▶コチラに記載しています。

宮之浦港の横から海へと流れ出す宮之浦川を遡っていきます。
途中までは県道594号線、白谷雲水峡へ向かう道を走ります。
宮の裏側から少し離れますが、羽衣の郷の所から川の方へと分岐する林道へ入り道なりに進んでいきます。
宮之浦川を渡って更に上流側へ行った所で車止めゲートがあります。
そこからは歩きで入渓ポイントまで行く事になります。


H30.6.2


今回屋久島に来て一番のお目当ての龍王の滝⊂⌒~⊃。Д。)⊃
車止めゲートの所から2~3時間⏰
入渓から2~3時間⌚
早くてもしめて5~6時間はかかるので覚悟しておいてください( ゚Д゚)

知る人ぞ知る秘瀑である (滝屋の間では有名ですが…(;^_^A) 龍王の滝。
屋久島の滝の中でも最難関とも言われますが、おそらくそれは龍王の滝を越えて焼野付近まで行く場合でしょう。
滝まで行って帰ってくるだけならルートをしっかり確認して朝早く出立すれば日帰りも可能です🌊
とは言えココも相当ですが多分、屋久島の中で滝まで到達するのが一番困難なのは小楊子大滝でしょうね(´・ω・)

※ちょっと長くなるので途中までは▶白糸の滝を参照してください。

恐怖の第3巨岩
そのすぐ上の白糸の滝👉

第3巨岩を越えるのは非常~~に危険です⚠
残念ですが、命には代えられないので無理だと思ったら諦めてください(ノД`)・゜・。

第3巨岩までは全体的にやや難易度は高めですが、直登し右に巻き左に巻きしてある程度ルートが見極められれば行けると思います(=゚ω゚)ノ

第3巨岩を越えて白糸の滝を通り過ぎたすぐ先で、F10滝▼が立ちはだかります(;´Д`)

こいつはまず滝壺が大きく、滝の真下まで泳いで行けたとしても直登はまず無理でしょう🌊

一見お手上げの様に思えますが、ココからが龍王の滝への第2の難関です(´・ω・)
失敗したら直接あの世行きにつながる可能性は第3巨岩の方が高いですが、難易度的にはこのF10滝越えの方が高いと思います🐾🌳

白糸の滝とは反対側の左岸 (向かって右側) 、白糸の滝の斜め奥くらいに岩が積もって盛り上がったとこがあり、その辺りに岩壁の割れ目みたいなのがあります▲
ちょうど片足づつ乗せれるくらいの幅があり、ココから茂みの所まで登って行けます🌳
が、そのまま行くと行き止まりで、途中で上へ伸びていく割れ目が出てくるので▼そちらの方へ進んでいきます🐾(=゚ω゚)ノ

ココは先ほどと違って傾斜がかなりきついので注意して登りましょう(;´Д`)
徐々に茂みの中へと入っていきます🌳🍃

途中で何やら残置ロープが出てきますがあまり役に立ちません▼

茂みに入れば掴まれるところも多くなりますが、なかなか難しいです(;´・ω・)
ちょっとずつ上流側に寄りながら登っていきます٩( ”ω” )و
写真では分かりにくいですが、この茂みを上がる時点で奥の方に龍王の滝の姿が確認できます👀✨✨

ある程度登ると人一人歩けるくらいの幅のある所に出るので、上流側へ向かって歩いていきます🐾
ただし、上から水が流れたりして滑りやすい所もあるので注意です⚠
ココで滑ったらほぼ間違いなく昇天です👼

憎きF10滝を下に見ながら上流へと進みます👀
白糸の滝のてっぺんくらいの高さです(*‘∀‘)
しばらくは普通に歩いて行けるのですが、問題はその先です(;´・ω・)

ちょうどF10滝の滝壺の上あたり、5m程足場が途絶えてしまう箇所があります⚠
F10滝越えで最も危険な個所です。
傾斜はきつく滑りやすいうえに掴めるものが草しかありません(;´・ω・)

直接岩に這って行くのは多分不可能だと思います。
もし滑ったら深くて不気味なF10滝の滝壺まで確実に真っ逆さまです🌊💀
高さもかなりあり、岩が突出した部分もあるのでまず無事ではすまないでしょう(;’∀’)
実はビックリ分かりにくいのですが、一カ所ぎりぎり足がかけられる箇所がありますが、説明のしようがないので自力で探してみてください(=゚ω゚)ノ
渡る際は最悪の事態を考えて、周辺の木にロープを仕込んでおいて滑っても途中で滑落を止めれるようにしておきましょう٩( ”ω” )و

ちなみに私は2年半前に滝巡りを始めた時に買ったロープ、ココで初めて活用しました
⊂⌒~⊃。Д。)⊃
持っててよかった(∩´∀`)∩
ココも含めF10滝越えも非常~~に危険なので、無理だと思ったら残念ですが諦めてください(=゚ω゚)ノ
命には代えられません👼

さて、ココまで来ればもう龍王の滝は目前です(=゚ω゚)ノ🐉
巨ゴーロ帯を下に見ながら上流へと進みましょう٩( ”ω” )و
ただし、気を抜かないように!ココも滑ったらヤバいよ⚠
龍王の滝の手前のペンギン岩▼

F10滝を越えたら正味龍王の滝の一部が見えています👀
が、あと少し❕
近づくと前衛の小滝が2~3本あります🌊
浸かって泳いでほぼ直登して行けるので、ラストスパートの力づくです٩( ”ω” )و

 

龍王の滝▼



さすがは龍王の滝🐉🌊
凄まじい迫力と神秘的な雰囲気を纏っています⊂⌒~⊃。Д。)⊃
F10滝を越える前より水もきれいになっている気がする…( *´艸`)


まさに絵に描いたような段瀑のお手本ともいうべき極めて美しい姿です✨✨
それにしても、あの真ん中で突っかかっている大きな岩はやはり上から落ちてきたのでしょうか…(;´・ω・)





ちょ~~ど滝が落ちてくるところに程よい岩があるのは偶然でしょうか⁇( *´艸`)
あんなにきれいに滝に打たれている岩はココを置いて他にないかもしれません🌊🗻
本当に大きな竜が舞上がる様な光景です🐉🔥




ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★★

到達何度はやはり高いですが、それを差し置いても秘境、秘瀑と呼べるクオリティと光景がココにはあり、自然の偉大さと何故神格化されるかを感じることができる、極めて素晴らしい滝とその空間です。
龍の名を冠する滝は全国にいくつもありますが、個人的にこの滝は大きさ、周辺の岩や木々、美しい水、何とも言えぬ神秘的な空間と滝の存在感、全てにおいて最も龍王の名に相応しい滝だと思います。

鹿児島県の滝に戻る

白糸の滝(屋久島)

白糸の滝(しらいとのたき)
鹿児島県熊毛郡屋久島町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・宮之浦川
落差・・45m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★★
体力・・・★★★★☆
時間・・・入渓から100分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
屋久島は九州本土から隔たれているため、入島するにはフェリーか高速船、もしくは飛行機で行く必要があります。
詳しい屋久島への行き方や宿などについては▶コチラに記載しています。

宮之浦港の横から海へと流れ出す宮之浦川を遡っていきます。
途中までは県道594号線、白谷雲水峡へ向かう道を走ります。
宮の裏側から少し離れますが、羽衣の郷の所から川の方へと分岐する林道へ入り道なりに進んでいきます。
宮之浦川を渡って更に上流側へ行った所で車止めゲートがあります。
そこからは歩きで入渓ポイントまで行く事になります。


H30.6.2


車止めゲート▼
楽に行けるのはココまで🚘🏍(;´・ω・)

このゲートから入渓ポイントまでは歩いていくことになりますが、なんせこれが約7~8km程あます(;´Д`)
一応砂利道ですが林道が形成されているので、険しくて進めないというような箇所はないです(=゚ω゚)ノ
しかし足場の悪さと緩いですが傾斜を考えると、入渓ポイントまで早く見て2時間半くらい掛かると思っておいてください⌛


2時間半もただ歩きっぱなしなので、途中にある堰堤や支流を見て楽しみましょう👀٩( ”ω” )و
途中からGoogleマップでは道が表示されていないところに入るので、登山地図はしっかり見ておきましょう(=゚ω゚)ノ

ココが入渓ポイントになります▲
川は大きく2つに分かれていますが、登るのは手前側の方の川になります🌊🌳
観光地化が進む屋久島で、ココから先は手つかずの自然へと入っていきます٩( ”ω” )و



全体的にやや難易度は高めですが、核心部まではルート取りがしっかりできれば特筆して難しいところはないと思います(‘ω’)
一カ所だけ胸まで浸かって (背が低い人は泳いで) 進む箇所があります🌊

1時間程進んだところで川が大きく分岐します(‘Д’)
その真ん中にはえている木は心なしか生命力にあふれているように感じます🌳🌺
ココまでで第1ラウンド終了といったところでしょう(=゚ω゚)ノ

分岐した川はまっすぐではなく左側が本流で進行方向です🐾🌳
まっすぐ側は地図では川の表示ですらなく、等高線で見ると谷になっているのが分かります👀(´・ω・)

この先からは難易度も少し上がってきます٩( ”ω” )و
そして屋久島の大自然の一環が姿を現し始めます(∩´∀`)∩




少し進んだところで右側から丸みを帯びた巨大な岩壁が姿を現します( ゚Д゚)
この巨岩、おへそがあります( *´艸`)
これを境に両岸がだんだんと切り立ってきます(;´・ω・)

このすぐ先で今度は左側から大きな岩壁が現れます( ゚Д゚)
ここから右岸 (向かって左側) は切り立ったままです(;´・ω・)
落石などに合わないよう注意しましょう⚠



右岸左岸共に切り立ち始め、滝までの道のりの核心部へと入っていきます٩( ”ω” )و
ココから川は巨岩帯となり、観光バスや大型トラックよりも大きな巨大な岩がごろつき始めます(=゚ω゚)ノ🚌🚛🗻





そして来たる第3巨岩(=゚ω゚)ノ
巨岩帯に入ってから越えるのに苦労すると言われる第1巨岩~第3巨岩があると言われています⚠
しかし第1巨岩と第2巨岩はどれなのかハッキリしないくらい問題になりませんが、この第3巨岩は要注意です(。-`ω-)

と、ちょうど第3巨岩の前の岩の上で休憩できそうです(∩´∀`)∩
ココまでで第2ラウンド終了といったところ(´・ω・)
この第3巨岩を越えるところから第3ラウンドといったところですが、ココまでの難易度とは比較にならないので覚悟しておいてください(‘Д’)⚠

第3巨岩は完全に川をふさぐような形で、川幅いっぱいに寝そべっている上に突出しているため一見手の付けようがないように思えます(;´・ω・)
ちなみに荷物はここで一度置いて身軽で行かないと第3巨岩の突破は難しいです。
私の場合、日帰りなのでこの先の龍王の滝のことを考えて水とロープだけ持って上がりました٩( ”ω” )و

結論から言うと右岸 (向かって左側) から登ります。
巨岩と岩壁の間から登っていきますが、非常~~に危険なため、無理と思ったら諦めてください(=゚ω゚)ノ
命には代えられません。

最初は岩をよじ登り、中盤からは巨岩と岩壁の間を手足を突っ張って登ります。

途中残地ハーケンがあります。
錆び錆びですが普通の人なら補助的に摑まったり足を掛けたりくらいはなんとかなりそうです。
必ず大丈夫か確認してから利用しましょう⚠

上の方まで来ると上からロープがつるされています。
少し年季が入っているのでこれも大丈夫か確認しながら進んだ方が良いでしょう⚠
最後は隙間から抜け出し、ロープや岩の弱点を利用して力づくで上がります。

問題は焼野の方まで出ない場合、帰りもココを通るという事です。
降りる時の方が早いですが怖いです(;´Д`)
それも踏まえて進むかどうか検討しましょう。

自信がない場合はハーケンやザイルを利用しましょう!
また、複数人いる場合は上からロープを垂らして荷物を引き上げることもできます👜

ココは上段抜きで一撃死の可能性が付きまといますので、十分検討し慎重に進みましょう。
慣れない人は行かないでください⚠

第3巨岩を越えたらすぐ左側から大きな滝が姿を見せます👀

 

白糸の滝▼


第3巨岩を登り切った時点では隠れて見えないのですが、少し進むと突然現れます👀
この先の龍王の滝を見に行く人の場合、私のようにこの滝について前情報を持っていなかったら、いきなり出てくるので驚きます(∩´∀`)∩


落ち口付近は段々になった岩肌が邪魔で見えにくいのですが、高さは結構ありそうです( ゚Д゚)
落ち口も分岐してる?( ゚Д゚)

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★★☆

龍王の滝への前衛滝とも呼べるこの滝は、非常に独特の雰囲気を持った幻想的な滝です。
大きさもかなりあり、突如現れる登場の仕方は訪れる人を圧倒します。
龍王の滝抜きでこの滝のみでも見に行く価値は十分あると言えるでしょう。

鹿児島県の滝に戻る

千尋の滝(屋久島)

千尋の滝(せんひろのたき)
鹿児島県熊毛郡屋久島町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・鯛ノ川
落差・・70m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口からすぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
屋久島は九州本土から隔たれているため、入島するにはフェリーか高速船、もしくは飛行機で行く必要があります。
詳しい屋久島への行き方や宿などについては▶コチラに記載しています。

屋久島の南岸部、県道77号線沿いにお土産屋やカフェ?の入った「まごころ市 ぽん・たん館」という建物があります。
その近辺に千尋の滝の看板が何カ所か立っています。
千尋の滝の入り口は本富岳(もっちょむだけ)の登山口でもあり、鯛ノ川からやや西にそれた所から林道が伸びていますが、看板が点々と立っているので分かると思います。


H30.5.30


千尋の滝の入り口▼
駐車場からすぐの所にあります(=゚ω゚)ノ

 

千尋の滝▼


滝自体の大きさや迫力に加え、サイドの岩が特徴的な屋久島でもかなり有名な滝です(*‘∀‘)

地味に奥の方に上段部分が見えます👀

水量もかなりあります( ゚Д゚)
大川の滝や宮之浦川、安房川といった2大河川など、小さいながら降水量日本一と言われる屋久島の水分保有量のすごさが分かります🌊

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

高さ、幅、水量に加え独特な特徴まで揃った屋久島指折りの名瀑です。
滝前までは降りれませんが (滝前は危なそう(;´・ω・)…) 、展望所にまで千尋の滝のすさまじさが伝わってきます。
滝の迫力もすごいですが、周りの岩がまた良いです。

この鯛ノ川はこの他にも▶トローキの滝や▶龍神の滝など、屋久島の名瀑がかかります。

鹿児島県の滝に戻る