姥ヶ滝(手取川・尾添川)

姥ヶ滝(うばがたき)
石川県 白山市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・尾添川⇒手取川
落差・・76m(公)
🏆日本の滝百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・駐車場から15分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶白山白川郷ホワイトロード
|▶ルート
|▶姥ヶ滝
|▶Information


R1.8.17


行き方・場所・アクセス▼

姥ヶ滝へは白山白川郷ホワイトロードから行くことになります🐾
なのでまずは白山白川郷ホワイトロードへ入ります(=゚ω゚)ノ

白山白川郷ホワイトロードは国道360号線と重なっているため、石川県側からも岐阜県側からもまず国道360号線を探しましょう🚘

 

石川県側からは国道8号線や北陸自動車道 片山津I.C小松I.Cから、もしくは金沢や大野からくる場合は国道157号線から国道360号線へ入ります(‘ω’)

岐阜県からくる場合、富山や名古屋方面からは東海北陸自動車道 白川郷I.C、または国道157号線から入ります(´・ω・)

白山白川郷ホワイトロードに入ると、あとは進んで行けばたどり着きます(=゚ω゚)ノ

案内もありますが、一応P₄の地点です📍
広い駐車場もあるので分かると思います🚘

 

 


白山白川郷ホワイトロード▼

姥ヶ滝の前に、不測の事態が起こらないよう白山白川郷ホワイトロードについて少し説明しておきましょう📚

 

白山白川郷ホワイトロードは白山最高峰の御前峯より北側を通り、石川県白山市と岐阜県大野郡白川村結ぶ有料自動車道路です🚘
国道360号線を補完する形になっています🛣

11月上旬から6月上旬ごろまでは冬季閉鎖され、通行できる時期でも通行可能時間があります(´・ω・)
石川県側ゲートと岐阜県側ゲートで異なるので確認しておきましょう⌚

また急カーブが多く傾斜もあるため、危険だとされ軽車両及び二輪車は全て通行不可となっています🏍💦

白山白川郷ホワイトロード HP

 

石川県側のゲートの先には温泉やスキー場が、岐阜県側のゲートの先には白川郷があり、見どころが満載です(∩´∀`)∩

また白山白川郷ホワイトロード、石川県側は姥ヶ滝やふくべの大滝はじめ名瀑地帯となっています🌊

 

 


ルート▼

広~い駐車場🚙
この奥に姥ヶ滝への遊歩道の入り口があります🐾

鳥居をくぐると急階段が川の方へ向かって降りています(‘Д’)
かなり急なの転ばないように気を付けましょう⚠
降りければ白山林道がとんでもない所にあるのが改めて分かります( ゚Д゚)



ず~っと下っていくと川の手前で草ボーボーの広場みたいなとこに降ります🍃
親谷の湯は姥ヶ滝の前にある温泉の事です
これに従い進んで行きます🐾



八月の朝7時台⌚
切り立った山々に囲まれていても日が差し始めます
白く淡く濁りが見える水色は温泉が混じっている証拠です👀

遊歩道はやや荒れており、湧き出した水で濡れていたりもします💧
トンネルみたいなのを過ぎて少し行くと、流れの音と共に巨大な滝の影が木々た草の間から見えてきます٩( ”ω” )و

 

 


姥ヶ滝▼

親にの湯の入り口を入ると温泉と観瀑台があります🌊
遊歩道もあれてましたが、ココもやや荒れ気味(;´・ω・)
ちゃんと管理すればかなり良い雰囲気になりそうですが…、多分混浴でしょうねw


お湯はややぬるめ(。-`ω-)
そして川の方を見ると見事な姥ヶ滝が流れています🌊
老婆が髪を振り乱しているような様から「姥ヶ滝」だそうです( *´艸`)



ちなみに陸側の上を見ると何やら建物が👀
実はこの温泉の更衣室です(‘ω’)
親谷の湯の入り口のところから上がって行けます🐾






落差76mという時点で相当な規模ですが、横幅もかなりあるためだいぶ大きく見えます( ゚Д゚)
更衣室の正面には足湯があります
コチラのお湯はかなり熱め(。-`ω-)

更に更衣室の建物の上にも登れます🐾
だいぶ高さがあるので、撮影ポイントとしては若干木が邪魔になる場合もありますが全景を最も写しやすくなります📷

足湯の所からのビューもなかなか良いです(*‘∀‘)
最もが場っと広がって見えます🌊
ホントにちゃんと整備し直したら絶景温泉になりそうですね~(´・ω・)





 

帰りはより一層日が差し込み川原がとてもきれいに映ります( *´艸`)
しかしやはり駐車場からすぐの階段のところはすごい…(‘Д’)

 


ちなみに姥ヶ滝駐車場から岐阜側へ少し進んだところで、姥ヶ滝の姿を上から見ることができるポイントがあります📍

駐車場とかはないですが、川の方を見るとすぐに分かります( *´艸`)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

姥ヶ滝の落差は76mとかなり大きな規模ですが、100mクラスと言うにはやや届かない高さと言えます。
しかし、温泉を思わせる茶色がかった岩壁をいっぱいいっぱい大愛に流れ落ち横幅もかなりあるため、普通の100mクラスの滝よりも大きく見え、迫力もかなりあります。

白山には多くの滝が存在しますが、一際存在感があり日本の滝百選に選ばれ、まさに名実ともに白山白川郷ホワイトロードの顔とも言える名瀑です。

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

 

石川県の滝に戻る
中部・北陸の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る

開運出世の滝(不動滝)

開運出世の滝(かいうんしゅっせのたき)
山形県 酒田市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・日向川
落差・・25m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・一瞬
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶開運出世の滝(不動滝)
|▶Information


R1.5,1


行き方・アクセス▼

秋田県と山形県の県境付近にある鳥海山の南側、日向川へ流れ込む支流に御滝神社があり、その奥に掛かります⛩

国道344号線国道345号線から、日向川沿いに走る県道366号線へ入ります🐾

366号線をしばらく走っていると、御滝神社・開運出世の滝の案内看板▲が見えてくるのでそちらの道へ入ります(=゚ω゚)ノ

後は林道を少し進むと、こじんまりとした神社とその奥に開運出世の滝が現れます👀
神社側の側道に数台分くらいの駐車スペースがあります🚘🏍

 

 


開運出世の滝(不動滝)▼

御滝神社▼
なかなか歴史を感じさせる風貌です(‘ω’)
手水舎の龍がかなりいい感じです( *´艸`)






背の高い杉の木がいっそう神社の雰囲気を作り上げています🌲
静かな山のふもとの神社という感じで、ガヤガヤした所よりも落ち着いて参拝したいという人には滝抜きでも良いところかもしれません⛩

そして社の後ろに滝が見えています👀
滝の方へは普通に回り込めます٩( ”ω” )و



思っていたよりもずいぶん立派な滝で感動(*‘∀‘)✨
微妙に取水ホースみたいなのがありますが、滝幅も結構あり見応えは十分🌊
そもそもこの滝はご利益を受けに来るのが目的ですが…( *´艸`)

手水舎の龍ではありませんが、どことなく龍を連想させるような外観をしているのも面白いところです🐉

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

神社の奥に落ちる滝ですが、意外と大きさがあるため入り口からもすでに目視することができます。
神社などに付属する滝は正直クオリティに欠けるものが多いですが、この滝は十分に滝メインでも訪れることができます。

なんせ縁起の良い名前で、受験やその他試験などの前にお参りに来る人も多いようです。
滝好きなら、ある意味一度は訪れたい滝ですね。

ちなみに近くには落差60mの玉簾の滝もあるので、ついでに訪れてみてはいかがでしょう?。

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

 

山形県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

七ツ滝(月山)

七ツ滝(ななつたき)
山形県 鶴岡市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑、分岐瀑
水系・・梵字川⇒赤川
落差・・90m(公)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ(遠望)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶七ツ滝
|▶Information


R1.5,1


行き方・アクセス▼

山形県の中程、月山の東側に七ツ滝は位置します(=゚ω゚)ノ
山形市から酒田市を結ぶ国道112号線月山ダムの上流付近から田麦川を渡って七ツ滝公園へ進みます🐾

高速道路は山形自動車道がすぐ近くまで来ていますが、月山を境に鶴岡側と山形川で一旦途切れます(;´・ω・)
最寄りは鶴岡側の終点、湯殿山I.C🚘🏍

 

月山ダムの上流、高速道路 (山形自動車道 鶴岡側) が途切れた少し先で、国道112号線から川の方へ下る抜け道が分岐します(=゚ω゚)ノ

分岐もいくつかありますが基本的に川の方へ、登りの方には入らず道を下っていきます🐾
下り切ったら田麦川を渡ります🌊

川を渡ると道は登りに転じ、道なりに林道を登っていきます🐾
川を渡ったあたりからは分岐はありますが、本当に道なりで分かりやすいと思います(‘ω’)

この辺りから看板などもあるので良く見ておきましょう👀

 

田麦川を渡って登り道に入ると、七ツ滝公園まではすぐです🏞

ただ、月山自体は五月でも雪がまだ積もっており、雪崩注意の看板なども所々に見られるので注意しましょう⚠(;’∀’)

 

 


七ツ滝▼

下流側から七ツ滝の滝壺へも何とかして行けるようですが、滝自体の俯瞰を楽しむなら基本的には七ツ滝公園からの遠望による全景の眺望になります👀🌊

 

七ツ滝公園▼
林道を進んで行くと右手に七ツ滝公園が見えてきます(=゚ω゚)ノ
ココから七ツ滝の全景を見渡すことができます(∩´∀`)∩
やや近めの遠望で、遠目に滝を眺めるには最高の距離感かもしれません🌳


ちなみに林道は五月でもまだ除雪作業などで通行止めになっていたりします✖
中途半端に雪が解ける時期が、ある意味では最も雪崩が起きやすいのかもしれません⛄

林道はずっと進んで行くと、再び国道112号線と合流、または湯殿山神社本宮方面などに続きます🐾

見渡せば非常にのどかな田舎🌲
この辺に住んでいる人は真冬は一体どんな風に暮らしているのだろう(´・ω・)❓
大阪に住む私には想像もつきません⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

七ツ滝▼
七ツ滝公園から遠望した七ツ滝の全景▼
この日は雪解けもあってか、かなり水量は多いようです🌊
水の流れの音がとても心地よいです( *´艸`)






中程で一度大きく広がって、また一つにまとまって流れる、面白い形の滝です( *´艸`)
ココからだとちょうどよく全景が見えます👀✨
滝壺の方にも行ってみたいですが、ココからでは多分無理でしょう(;´・ω・)
ただ、滝壺からでは間違いなく中程から上は見えないでしょうね~…(´・ω・)
通常の水量では中段部分は3筋きれいに分かれて流れます🌊
右横の方にも細くですが流れがあります(‘Д’)
滝の上の方はまだ雪がわりとどっしりと残っています( ゚Д゚)



ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

なかなか特徴的な形をした七ツ滝ですが、落差90mは遠目に見てもその大きさが分かり、基本的に水量も多く迫力があります。
七ツ滝公園からはその特徴的な風貌が一望でき、”滝を見る”という観点からすればベストスポットかもしれません。
夏場以外の時期は積雪や路面凍結には注意⚠

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

 

山形県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

清水の滝(小城)

清水の滝(きよみずのたき)
佐賀県小城市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・祇園川⇒嘉瀬川
落差・・50m(推)
日本100名水
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道34号線を三日月町の所から国道203号線へ入ります。
しばらく進み県道48号線、その先で県道44号線へ入り道なりに登っていくと駐車場があります。
高速道路の場合は、長崎道の佐賀大和I.Cで降りて県道48号線に入るか多久I.Cで国道203号線に張るか、もしくは小城スマートで降りるとすぐです。


H31.1.2


清水観光駐車場▼、この上にもう一カ所駐車場があるみたいです🚘🏍
この辺の水は日本百名水にも選ばれ、非常にキレイです💧✨✨


そのまま林道を進んでも階段を登って中の道を進んでも入り口まで辿り着きます🐾
時期によってはライトアップもされているみたいですね( ゚Д゚)
ちなみに鯉がその辺にいっぱい飼われていますが、この辺りは鯉料理の店だらけですね~(゜))<<


ココを抜けたら一旦林道に出て、すぐに入り口が出てきます(=゚ω゚)ノ
入り口は二つありますが、折角なので寶地院まで登るルートをとります🐾🌳




階段を少し登ると寶地院が見えてきます👀
傍らにはたくさんの石像が並んでいます(‘Д’)

🐮(;´Д`)
清水の滝はかなり仏教色の強い滝のようですね(´・ω・)
お堂は小いさめですが、装飾はわりと鮮やかで歴史を感じる貫禄があります(∩´∀`)∩


少し階段を上っただけにココからの眺めはとても良いです👀🏞
この奥に清水の滝へ続く階段があります(=゚ω゚)ノ
階段を降りていくとすぐに滝が見えてきます🌊

 

清水の滝▼


階段多り始めたらすぐに滝が流れる音が聞こえてきます👂🌊
滝壺の岩には5体ほどの観音様が立っています(‘ω’)
高さはありますが水が比較的少なく、静かで落ち着いた流れです🌳







下流側を見ると滝見小屋があります(‘Д’)
小さな橋もかかりとても良い雰囲気です( *´艸`)
百名水に選ばれているだけあって、滝壺の水の透明度は素晴らしいです💧
⊂⌒~⊃。Д。)⊃💦




観音様の反対側にも良く見たら石像や石彫りがあります( ゚Д゚)
滝見小屋付近から見るのもなかなか良いです(∩´∀`)∩



ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

信仰の強い清水の滝は百名水にも選ばれ、付近の鯉料理の店と合わせてとても良い観光地となっています。
高さこそありますが、やさしい流れにキレイな滝見小屋と、ゆっくり静かに滝を見るのに向いている環境です。
車でならアクセスもしやすく観光滝としては非常におすすめです。

佐賀県の滝に戻る

天滝(紅葉終盤)

天滝(てんだき)
兵庫県養父市

ーーーーーーーーーーーーーー
瀑種・・分岐瀑
水系・・円山川
落差・・98m(公)
日本の滝100
但馬名三瀑
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入り口から約20~30分
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
登山道入り口まで車で行けます。国道9号線(山陰道)、もしくは北近畿豊岡自動車道を養父出口でおりて県道6号線を大屋方面へ。そこから県道48号線をまっすぐ行くと看板が出てきます。

また、JR八鹿駅からバスも麓まで来ていますが本数が少ないので車やバイクがある方が良いです。
全但バス・・・八鹿~大屋・若杉・明延線
・・・JR八鹿駅⇒(大屋 乗換)
・・・大屋⇒(天滝口 停留所下車)


H28.11.20


県道48号線を進んでいくと大きめの看板が出てきます(=゚ω゚)ノ
曲ってすぐに駐車場がありますが、そこはレストハウス天滝の駐車場です🍚
入り口まではもう少し登りますが、そこにも駐車場はあります🚘🏍


この辺は非常に紅葉が良い感じです🍂🍁
ココからもう少し進んだところに入り口と駐車場があります🌳

中すあじょうには天滝の看板と休憩所があります(=゚ω゚)ノ
駐車場はそこそこ広く、キャパもそれなりにあります(‘ω’)

駐車場から林道を少し進むと、天滝渓谷の入り口です🌳🍂

渓谷へ入ると、相変わらずの前衛滝達がお出迎えしてくれます🌊
小さな滝群ですが各々個性があり、天滝までの道のりを楽しませてくれます(∩´∀`)∩


入口からすぐの床にある岩間の滝🌊
高さはあるけど細い支流の糸滝🍃
ちょっと見えにくい連理の滝👀
少し大きめの小滝の久遠の滝🏞




ココまで出ざっくり3分の1(;´Д`)
ココから少し急な登りが出てきます🐾


休憩場を越えたらすぐに夫婦滝が出てきます(=゚ω゚)ノ
それにしても下の方は紅葉がきれいだったのに、渓谷内はほとんど散ってますね…(;´・ω・)
この感じは渓谷内と外では紅葉のタイムラグが少しありそうです🍂🍁



天滝渓谷の中ボス、鼓ヶ滝も相変わらずです( *´艸`)
しかし以前までかかっていた石の橋が何らかの原因でぶっ壊れています( ゚Д゚)
自然の力、恐ろしや…(;’∀’)
ココを越えたらあと少しです٩( ”ω” )و


 

天滝▼



2つ目の休憩所を越えた先で、一瞬天高くそびえ立つ天滝が見えます( ゚Д゚)
そこからラストスパートの階段を登って滝前まで行きます🐾
階段の途中で一本だけきれいな紅葉があります🍂🍁

階段を登りきると目の前に天滝と天瀧三社大権現が現れます(∩´∀`)∩
それにしても、相変わらず素晴らしい滝です🌊✨✨
⊂⌒~⊃。Д。)⊃



あまり紅葉感はありませんが、緑あふれる夏場とはまた違い、これはこれでよい感じです( *´艸`)
100m程の大きな滝で、これほど間近だと1枚に全景を収めるのはかなり難しいです📷(;´・ω・)
ただ、この滝は傾斜角度的に真下からでもかなり落ち口付近まで視界に入るため、実際見るとかなり高く見えます( ゚Д゚)✨






上の方の壮絶な眺めも良いですが、幅広く分岐した流れが下流側へ流れていく様もかなり良い感じです🌊
下の方になるとかなり幅も広いです(´・ω・)






滝側から社側を見ると、若干色の付いた木が見えます🍂
この辺からだと壮大な滝の流れが狭い岩壁の間へと水が流れ落ちていくさまが見えます(‘ω’)
この滝は本当に素晴らしいですね~( *´艸`)



 

天滝公園入り口付近の紅葉▼






ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

見上げるような落差と存在感、水量もあり末広がりの景観は壮大!がしかし!
以外にも心地よいほど静かに優しく流れ落ちる、どちらかと言うと女性的な印象。
すべてを優しく包み込む、美しくも強い母親的なしっかり者の大人の女性のよう。
いつまでも眺めていたくなる滝の一つです。
道のりも険しすぎず遠すぎずほどいい運動になるので、幅広くいろんな人におすすめです。


兵庫県の滝に戻る

夫婦滝(岐阜高鷲)

夫婦滝(ふうふたき)
岐阜県郡上市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・長良川
落差・・20m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
富山の高岡市から岐阜市までを結ぶ国道156号線、白山の南側の大日岳の東側、ひるがの付近のヘアピンカーブの所に入り口があります。


H30.10.22


国道156号線沿いに夫婦滝の入り口があります▼
ちゃんと車を止めるスペースもあります🚘🏍


入口からは川沿いの遊歩道を進んで行くだけです(=゚ω゚)ノ🐾
ちなみにココは中部地方の3大河川の一つ、長良川の源流部です🌊
この夫婦滝は長良川で最も上流にある滝だそうです(∩´∀`)∩


 

夫婦滝▼




キレイに2条になって落ちる、まさに夫婦滝の名前通りの滝です🌊👫
水は非常にキレイで、落ち着いた雰囲気はデートスポットにもよさそうです( *´艸`)
入口は車でアクセスしやすく、入り口からはすぐに滝へたどり着きます🐾

 

駒ヶ滝▼
夫婦滝のすぐ下流側にもう一つ可愛らしい滝があります🌊
こちらも道路沿いにあるので、夫婦滝と合わせて見れます(=゚ω゚)ノ



この国道156号線 (飛騨街道・白川街道)は、天気が良いとドライブやツーリング、サイクリングにはおすすめの道です٩( ”ω” )و

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

静寂に包まれた心地よい空間に流れる2条の滝は不思議と仲がよさそうに見えます。
水はキレイで緑も多く、マイナスイオン溢れるパワースポットです。
正に大きな川の源流部に相応しい雰囲気です。

岐阜県の滝に戻る

龍双ヶ滝

龍双ヶ滝(りゅうそうがたき)
福井県今立郡池田町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・足羽川
落差・・60m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・一瞬
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
福井市と長野県の松本市を結ぶ国道158号線、もしくは国道476号線から県道34号線へ入ります。
龍双ヶ滝は県道34号線沿いにあります。
34号線は舗装はされていますが、基本的に道は細いので注意しましょう。


H30.10.21


国道476号線側から県道34号線へ入って少し進んだところ▼
龍双ヶ滝の文字が出てきます(=゚ω゚)ノ
道路の感じ、車通って良いのかっていう感じですが大丈夫です🚘🏍


ココから少し走った所で道路沿いの川の対岸から流れ落ちています🌊
その少し先に車を停める所もあります🚘🏍▼

 

龍双ヶ滝▼

美しい曲線を描きながら分岐する龍双ヶ滝🐉
幅広く優雅に流れています🌊
それでいて静寂を感じさせるやさしい流れです( *´艸`)
しかし看板は少し雑です⊂⌒~⊃。Д。)⊃




道路から川へ降りることができます(=゚ω゚)ノ
滝の真ん前に行くこともできますし、滝に触ることもできます(∩´∀`)∩
車があればアクセスも悪くはなく、日本の滝百選の中でもサービスの良い滝です( *´艸`)


上流側▲
下流側▼
下流側には大きな木が生えており、そのそばで橋が架かっています🌳



 

おまけ▼
龍双ヶ滝の近くにある公園に面白いオブジェがあったので乗せときます(∩´∀`)∩





ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

大きな滝ですがやさしく落ち着いた流れで、静かに時を過ごすことができます。
キレイな水の流れの軌跡とサラサラと流れる音は、緑の豊かなあたりの風景とよく混ざり合い、とても良い雰囲気です。
車で目の前まで行けるのもうれしいですし、川に降りて滝に触れることができるのもうれしいポイントです。

福井県の滝に戻る

深瀬滝(上北山村)

深瀬滝(ふかせたき)
奈良県吉野郡上北山村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道169号線、白川又と前鬼の間でトンネルの前にカーブミラーと階段が山側に出てきます。
その階段が深瀬滝への入り口となります。


H30.10.3


カーブミラーと階段▼
そのすぐそばに車を止める所もあります🚘🏍

階段の横に深瀬滝を掛ける支流が流れています▼
とにかくまずは階段を登っていきましょう٩( ”ω” )و

問題なのは階段が滝までは続いていないところです🌳
途中からは茂みの中を進まなければなりません(;´・ω・)
取水している所までは難なくいけますが滑りやすいので注意⚠

途中で川に寄れそうな所がありますが、かなり危険です❕▼

無難に茂みを進んで行くとすぐに大きな滝が見えてきます👀🌊

 

深瀬滝▼

169号線から近くにあって、下流で取水までされているのでどんなもんかと思ったら、まあ立派な滝です( ゚Д゚)🌊
結構な大きさありますよ~(∩´∀`)∩

川へ寄るのが早すぎると、深瀬滝手前の小滝の前に出ます(´・ω・)
少し危険ですがコレは直登できます(=゚ω゚)ノ
濡れるのが嫌な場合はもう少し茂みを粘りましょう🌳🐾



この日はやや水量が多いですね👀
普段はもう少し水が少ないようですが、結構高さがあるので迫力はありそうです🌊🗻
⊂⌒~⊃。Д。)⊃


ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

国道169号線から少し入ったところに、こんな大滝があるのはやはり上北山村だな~と言ったところですね。
階段の先からは少し危険ですが、距離はないため割とすぐに見ることはできます。
しかし途中から道もなく傾斜のきつい茂みを進むので、軽はずみでは入らないように。

奈良県の滝に戻る

田岡谷大滝(北山村)

田岡谷大滝(たおかたにおおたき)
和歌山県東牟婁郡北山村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑、分岐瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から45分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
奈良の五条から和歌山の新宮を結ぶ国道168号線、和歌山の飛び地である北山村の道の駅おくとろの少し西側、169号線が90度カーブするところに掛かる支流が田岡谷です。
入口の手前に2台分くらい車を止めるスペースがあります。


H30.10.3


駐車スペース▼
急カーブするところに微妙に路肩が広くなっている所があります(=゚ω゚)ノ


駐車スペースの対面側、カーブの外側の方に入渓口があります🌳🐾
入口に入り川へ降りたら国道169号線の下らへんに出ます(∩´∀`)∩


谷に入ると早速渓谷らしい感じです🌊
しかし、そのまま川沿いに進んで行くと写真👉の滝に阻まれて進めません(;´・ω・)✖

この滝は少し手前の左岸 (向かって右側) 側から大きく高巻いていきます٩( ”ω” )و

入口から少し進んだ所で、右手に微妙に登れそうな所があります🐾

拡大して見てね(=゚ω゚)ノ

ココへよじ登り、徐々に狭まり斜めになる足場を進んで行きます🐾🌳
これを進んで行くと、ガレの様な土砂の様な崩れた感じの所が出てきます👀


正面は岩壁になるので、川の方へ降りるか崩れた所を登るかのどちらかです(;´Д`)
ココは滑らないように注意しながら崩れた所を登っていきます(=゚ω゚)ノ
川の方へ行くと行き詰ります✖

少し登った所で、左側に上流の方へ寄っていけそうな所が出てくるので、よじ登っていきます🐾
すると非常に草が多くて不明瞭ですが、踏み跡みたいになったところがあるので、それに沿って上流側へ進んで行きます(=゚ω゚)ノ🍃


進んで行くと赤テープも出てきます👀
そして対岸に細い支流の滝が見えます(´・ω・)
この辺りまで来ると川へ降りられます🐾


しかし、ココで降りると今度はこの微妙にヒョングった滝▼に阻まれます(;´・ω・)
コレも左岸 (向かって右側) から越えていきます(=゚ω゚)ノ


上から見るとピョンと跳ねているのが良く見えます( *´艸`)
この滝を越えたら大滝までもうそれほど難しいところはないと思います(∩´∀`)∩


滑りやすい所は多いので足元にはしっかり注意しましょう(=゚ω゚)ノ
ナメの様な細まった少し独特の渓流を直接進んで行きます(∩´∀`)∩


渓流を進んで行くと右側に日当たりの良い開けた所が見えてきます👀☀
そして大滝の音が徐々に響いてきます٩( ”ω” )و

 

田岡谷大滝▼


この日は水量が多いですね~(∩´∀`)∩
普段は何筋にも分かれて静かに流れる滝なのですが、この感じも非常に良いです🌊



何とも気持ちの良い景観です( *´艸`)
いろんなデータでは50mとなっていますが、正直それほど高さはなさそうです👀🌊
しかし、キレイな滝という言葉が非常に当てはまる素晴らしい滝です🌳






滝前は日当たりも良く広々としているので、休憩にはもってこいです(∩´∀`)∩
清々しい景観と美しい流れはいつまでも見ていられます👀✨
⊂⌒~⊃。Д。)⊃

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

岩の滑り台を滑り落ちるような独特の流れは非常にキレイで、周りに木々や晴れた空と非常によく合います。
やさしく落ち着いた流れで、正に癒し系の滝です。
最初の滝を越えるところは危険ですが、それさえ越えてしまえば難易度は低く距離もそれほどないため、沢登りになれた人であれば比較的到達はしやすいと思います。

和歌山県の滝に戻る

摺子谷右俣大滝

摺子谷右俣大滝(すりこだにうまたのおおたき)
奈良県吉野郡下北山村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・120m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★★☆
時間・・・入り口から90分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道169号線、下北山村のきなりの湯を越えてしばらく進むと三重との県境付近にティーズオンと言うレンタルボートの入り口があります。
橋を渡って169号線がカーブするところに大きめの駐車場と共に出てきます。
このレンタルボートの奥に摺子谷への入り口があります。


H30.10.3


貸しボートへの入り口▼
広い川に掛かる橋と広めの休憩駐車場みたいなのが目印です👀
見落としやすいので地図を見ながらよく確認して進みましょう(=゚ω゚)ノ

貸しボートの方へ入っていき泊まりまで行くと入り口があります🏞
ココからは廃道を歩いて進みます🐾


廃道をしばらく歩いていると木々の間から廃墟となった発電施設が見えます👀⚡
この辺りで道は右に曲がりまたすぐに左に曲がりますが、そこで大きく土砂崩れを起こしています( ゚Д゚)

この土砂崩れの前、左にカーブする手前の所らへんがまだ川に降りやすくなっています🌳
下手に土砂崩れを越えるよりは良いと思います(;´・ω・)

川へ降りたらそのまま摺子谷の方へ進みます(=゚ω゚)ノ
降りたら目の前に橋が架かっているのですぐ分かります👀
しかし普段はこの辺りは完全に伏流しているのですが、強はかなり水量もありそうです🌊

橋をくぐって谷へと入っていきます🐾
すぐに堰があり、その少し先にも堰堤がありますがココは難なく進めると思います(‘ω’)


堰堤を越えたら本格的に渓谷へと変わっていきますが、すぐに右側に石垣が現れます👀
この先で本流は左へカーブし、そこに正面右手から支流が合流しています🌊

本流から行くと前衛滝に阻まれてしまうので、一旦支流の方に入り大きく高巻くことになります(=゚ω゚)ノ
ちなみにこの支流は日によっては伏流していると思います👀
本流が左にカーブするという事を覚えておけば、伏流していても流れの跡はあるので分かると思います🌳


支流に入ったらすぐに右岸 (向かって左側) に障害物があまりない踏み跡の様なのがあるので、かすかな軌跡を頼りに登っていきます🐾🍃
ある程度登るとはっきりとした道が現れます(=゚ω゚)ノ
この道沿いに進みます🐾

なかなか荒廃感がありますが、しばらくはハッキリと踏み跡が分かります👀🌳
ちなみに途中で巨大な摺子谷左俣大滝が遠くに見えます🌊
この辺りは踏み外すと転げ落ちるので注意です⚠

そして途中から踏み跡がものすごく不明瞭になってきます(;´Д`)💦
ある意味この谷で最も危険なところかもしれません⚠
よ~~く見ても分かりにくいです👀

ココで川の方へ降りると、まだ前衛滝の手前なので行き止まります🌊✖
それらしいところから奥へ進んで行くしかありません🐾🐾
奥へと言うか、結果的には谷の形に添ってぐるりと回ってくる感じになります🌳



地面に赤テープが落ちていたりしますがあまりあてにはなりません(;´・ω・)
しばらく進んでいると、かすかに踏み跡らしいのが出始めます👀❕

踏み跡は次第に明瞭になってきます(;´Д`)
しばらく進むと石垣の門みたいなのが現れます(=゚ω゚)ノ


またまた火の用心( *´艸`)🔥
この辺で前衛滝を越えるのかな(´・ω・)⁇
切り立って高さがあり下が見えないところで、そこそこ大きめの滝の流れるような音がする所があります(=゚ω゚)ノ

しばらく進むとまた少し荒れて不明瞭なところ見ありますが、さっきの所ほどではありません(‘ω’)
徐々に川へ寄っていきます🐾🌊


川まで出たらあとどんどん川を登っていきます٩( ”ω” )و🐾
降りてきたところには赤テープがあるので見失わないように(=゚ω゚)ノ
ココからは快適に登って行けます(∩´∀`)∩🌊


大きめの支流の滝がきれいに掛かりますが、普段は枯れているのかな(‘ω’)⁇
その少し先で妙に開けた所が…、大滝の予感です(*´Д`)⁉

 

摺子谷右俣大滝▼




川を登っていくと左側から現れる大滝👀🌊
そびえ立つ岩壁におよそ120mと言われる落差の滝はスゴイ迫力です(∩´∀`)∩
滝前はやや開けてはいますが、傾斜があり周辺は比較的切り立っています🌳🗻







切り立った岩間から下流側をひりかえると、これはこれで絶景です🏞
この日は水量も多く、流れに巻き起こされる風の勢いも強いです(;´Д`)
傾斜がきつく崩れやすいので、この水量では真下付近まで近寄るのは難しいです🌊




滝前空間に奥行きはそれなりにあるのですが、一番後ろまで下がると木々が遮って滝が映らなくなってしまいます(´・ω・)
ある程度の所まで下がっても高さがあるため全景を写すのはかなり広角のレンズが必要です📷✨




 

ちなみに本流をまっすぐ進んだ場合どうなるかと言うと…

▲本流は左に曲がります(=゚ω゚)ノ
正面から右側へ伸びるのは支流で、右俣大滝へはコチラから行きます🐾
これを本流側へ進んで行くと▶左俣大滝への分岐があります🌳

この左俣への分岐を越えると渓谷が深まってきます(´・ω・)
傾斜も出てきて、両側から岩壁が迫ってきます(;´・ω・)


両側が岩壁に挟まれたところで、まるで岩の部屋に入るかのように右へ流れが曲ります🌊
そしてその先にあるこの前衛滝に阻まれます✖

この滝は手が付けられず引き返す羽目になります(ノД`)・゜・。
ちなみにこの滝もまあまあ大きいです( ゚Д゚)
30mくらいはあるんじゃないかな~(‘ω’)
右に曲がらず谷に沿ってまっすぐも岩壁に阻まれますが、ザイルやハーケンがあればココからなら越えられそうです🌳

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

摺子谷は大きな滝が二つありますが、この右俣大滝の方が距離も遠く標高の高い所にあり、到達難易度は高いです。
滝は100m超クラスの高さで、滝前にたどり着いた時はその大きさに感動します。
この日は水量がありましたが、水源となる山の面積がそれほどないため基本的に水量は少なめです。

奈良県の滝に戻る