龍頭ヶ滝(出雲)

竜頭ヶ滝
(りゅうずがたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶遊歩道
|▶竜頭ヶ滝(春)
|▶竜頭ヶ滝(秋)
|▶Information

種類
・・分岐瀑
水系
・・斐伊川
落差
・・40m(公)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・駐車場から10分程
🏆日本の滝百選
】【🚘】【🏞】
【🌺】H30.5.5
【🍂】R2.11.12

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

島根県 雲南市

竜頭ヶ滝は雲南市南部、斐伊川支流の三刀屋川の支流に掛かります📍

三刀屋川少し上流から分岐した支流にある▶八重滝と合わせて龍頭八重滝とも呼ばれ、二つ合わせて日本の滝百選となっています🌊

松江市の宍道から三次を通り広島市まで伸びる国道54号線から島根県道39号線 (湖陵掛合線) に入ります🚘
県道39号線分岐には案内看板があります(=゚ω゚)ノ

県道39号線沿いにしばらく進むと龍頭ヶ滝へ続く林道の入口があります👀
林道分岐にも看板があるので分かるかと思います📍

その先も2カ所ほど分岐がありますが、案内が出ているのでそれに従い進んで行くと駐車場と入口へ着きます🚘

ちなみに県道39号線をそのまま進んだ先で分岐する飯石ふれあい農道に入ると滝上駐車場もあります🅿
国道54号線を少し南下したところには松江自動車道吉田掛合I.Cがあります🛣

 

 


遊歩道▼

駐車場と入口▼



林道を進んでいくと駐車場があります🚘🏍
付近にかわいい庭園風な石があります🐸🌳

またまた庭園風の小川沿いに進んでいきます🐾
このすぐ先に入り口があります(=゚ω゚)ノ


入口入るとすぐに休憩小屋みたいなのがあります(=゚ω゚)ノ
その先で雌滝側と雄滝側に道が分かれています🐾
どちらもすぐ着きます🌳

 

ーーーーーーー

竜頭ヶ滝 雌滝▼

龍頭ヶ滝は雄滝と雌滝があり、一般的に龍頭ヶ滝として知られているのは雄滝の方です(´・ω・)
まず最初に雌滝がお出迎えしてくれます(∩´∀`)∩
小滝ですが風流のある感じの良い滝です🌳


雌滝のすぐ上流に雄滝があります٩( ”ω” )و
川を渡れば雄滝へ向かう階段の途中に出ますが、橋はないです(´・ω・)

 

 


日本の滝百選 竜頭ヶ滝(春)▼



雄滝は落差40m程の大きな滝です🌊
ここは遊歩道も比較的整備がちゃんと行き届いているので、祝日や水遊びができるシーズン中はそこそこ人もいます(∩´∀`)∩


 

ーーーーーーー

滝の裏側▼

ちなみにこの龍頭ヶ滝の雄滝は裏見の滝としても有名な滝です( *´艸`)
岩壁の下の部分は大きくえぐれて滝の裏側へ入ることができます(=゚ω゚)ノ
ただし、滝の裏側や付近は非常に滑りやすいので注意してください⚠


 

ーーーーーーー

 

 


日本の滝百選 竜頭ヶ滝(秋)▼


秋の竜頭ヶ滝雄滝▼
先に言っておきます(=゚ω゚)ノ
11月中頃、周辺の山々はいい感じに色付いています🍂
が、滝の前自体はあまり紅葉感はないです(´・ω・)


滝の上の方は赤く染まった木々が見えます(∩´∀`)∩
こういうアクセントが季節感を演出してくれますね🍁
滝壺も相変わらずキレイです🌊



 

ーーーーーーー

滝の裏側▼

ここへ来たらやはり一度は滝の裏側へ入っておかなければなりません(∩´∀`)∩
しかし一体何がどうなったらこんな下の方が空洞になった大きな岩壁ができるんでしょうね👀


 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

龍頭ヶ滝は滝裏に入ることができ、滝前は開けて滝壺で子供たちが遊ぶ姿も見受けられます。
林道、駐車場、遊歩道と全て整備はしっかりしている方で訪れやすくなっているため、滝を見に来る人も多そうです。
付近の人の憩いの場にもなりそうな雰囲気です。
出雲大社からもそうはなれておらず、近くには共に合わせて日本の滝百選となった八重滝もあり、松江道からも近く、一日ゆっくりこの周辺を回るのもよさそうです。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

島根県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る

八重滝(出雲)

八重滝
(やえたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶八重滝遊歩道(春)
|▶八重滝(八汐滝、八塩滝)(春)
|▶八重滝遊歩道(秋)
|▶八重滝(八汐滝、八塩滝)(秋)
|▶八重山神社
|▶Information

種類
・・滝郡
水系
・・斐伊川
落差
・・40m(八塩滝、八汐滝)(公)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から30分程
🏆日本の滝百選
】【🚘】【🏞】
【🍁】
【🌺】H30.5.5
【🍂】R2.11.12

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

島根県 雲南市

八重滝は雲南市の南端付近、出雲市街の南側、三瓶山の東側に位置します📍
近くにある▶竜頭ヶ滝と合わせて龍頭八重滝とも呼ばれ、この龍頭八重滝が日本の滝百選のとなっています📚

松江市南西端付近の宍道から、三次市を経由して広島市まで伸びる国道54号線沿いに八重滝駐車場に続く林道入り口があります(=゚ω゚)ノ

松江自動車道吉田掛合I.Cへ続く分岐の少し南側になります🛣

国道54号線を走っていると看板があるのでよく見ておきましょう(=゚ω゚)ノ
林道に入ってすぐに駐車場や入口より先に八重滝の一つ、猿飛滝が出てきます🌊

 

ーーーーーー

猿飛滝▼



林道に入ってすぐの猿飛滝🐒
その先林道を進んでいくと広い駐車場が出てきます🚘🏍
遊歩道の入口は駐車場の奥にあります🌳

 

 


八重滝遊歩道(春)▼

遊歩道の入り口付近は楓の木が多く、紅葉の時期は非常に綺麗になりそうです🍁
夏でも透き通るような緑できれいです( *´艸`)
何故か5月なのに赤い葉っぱがちらほら見えます👀


川沿いに遊歩道が続いていきます🐾
ぶっちゃげ水は透き通ってはいますが、それほどきれいではないです(´・ω・)
ですが晴れた日は周りの木々とよく調和してきれいな景色になります🏞✨

八重滝は、猿飛滝・滝尻滝・紅葉滝・河鹿滝・姥滝・姫滝・八塩滝・八汐滝の八つの滝の総称です(=゚ω゚)ノ
遊歩道は一番奥の八塩滝と八汐滝の連瀑を目指します🐾

 

ーーーーーーー

滝尻滝▼


滝尻滝は狭い岩場を流れる、この滝群では八汐滝・八塩滝に次いで大きな滝です🌊
この滝の前で川を渡りますが、その前で川沿いに分岐する踏み跡の方へ行くと滝壺の目の前まで行くこともできます🐾

 

ーーーーーーー

休憩所、遊歩道後半▼


滝尻滝を越えてしばらく行った所で中間休憩所があります🌳💭
ちょうど滝尻滝から少し登り坂なので休憩にはもってこいです(∩´∀`)∩

ここから本格的に名前の付けられた滝が出てきます(=゚ω゚)ノ
小さな滝ですが、それぞれ個性があります👀



 

姫滝を過ぎるとこの先にメインの八汐滝と八塩滝の連瀑があります٩( ”ω” )و
川がカーブする所で下段の八塩滝が見えてきます🌊

 

 


日本の滝百選 八重滝 (八汐滝、八塩滝)(春)▼


上の滝が八汐滝、下の滝が八塩滝です🌊
連瀑というか段瀑というか、どちらに属するのかは知りません(;´・ω・)
幅も水量もあり大きな滝で、形も非常に綺麗で日当たりも良く、照らされた木々も良い感じです( *´艸`)

 

膝から下が濡れてもいいなら川を渡って八塩滝の上まで登れます٩( ”ω” )و

鎖があるので摑まりながら登れますが、足場は非常に滑りやすく慎重に登らないと滑り落ちます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

上段の八汐滝▼

事実上この滝が八重滝のボスみたいな感じですね⊂⌒~⊃。Д。)⊃
幅広く流れるこの滝はとても気持ちの良い滝です🌳☀


 

ーーーーーーー

 

 


八重滝遊歩道(秋)▼

駐車場と入口▼



さすが紅葉の名所(*‘∀‘)
春に来た時とはゴロっと雰囲気が変わります🍁
この入口付近は特にキレイです🍂

入口入ってすぐの橋から川を見るとまた秋を感じます(‘Д’)
山は完全に秋の色をしています🍂
上流側も下流側もいい感じですね(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

絶景の河原▼

スゴイのがその先の川がカーブする所(=゚ω゚)ノ
紅葉の名所極まれり🍁
結果的にここが一番きれいでしたね👀



この川原自体全部が紅葉で覆われているわけではないですが、このように部分的に非常に美しいところがあります✨
特にここは日の当たり方なども抜群で、ただでさえキレイな紅葉がさらに輝いて見えます( *´艸`)

 

ーーーーーーー

滝尻滝▼

ぶっちゃげて言うと、先ほどの河原を越えたらその先もうほとんど紅葉は出てきませんでした(;´・ω・)
滝尻滝は相変わらずといった感じで、そこから見た下流側は秋です🍂


橋を覆っているのは楓なのですが、ご覧の通りまだほぼ緑色👀
コレが紅くなったら絶景でしょうね~( ゚Д゚)
すぐ近くにあってもこれほど入づくのにタイムラグがあるのですね⏱
橋を渡って遊歩道登る途中で見える山の姿はいい感じです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

遊歩道後半▼

先述したように後半は褐色がかった気はあるものの紅葉と呼べるものはなく、時期的なものか紅葉滝も名前に反してあまり葉が無く、その他の滝も変わり映えがあまりない感じですが、この時期の方が心なしか水がキレイに感じます🌊



 

 


日本の滝百選 八重滝 (八汐滝、八塩滝)(秋)▼

八汐滝八塩滝まで来ると上の方にまた紅葉が見えています(∩´∀`)∩
こんな感じでアクセント的にあるだけで季節感が出ますね🍁
水量は前回より少し少なめ🌊




前回も思ったのですが、ココまで登ってくると少し水の透明度が増します👀
キレイに2段に分かれた姿は相変わらず🌊
木陰から射す日の光も相変わらずいい感じです☀

 

ーーーーーーー

八汐滝▼

今回は普通の格好で来たので川は渡れず上までは行ってません(´・ω・)
ただ八塩滝の滝壺の手前から分岐した踏み跡を発見👀
登った先でキレイに八汐滝が見えます(=゚ω゚)ノ


 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

八つの滝から成る滝郡、八重滝は緑豊かな情景と川との調和の素晴らしい道中を楽しむことができます。
八つの滝はそれぞれ個性があり、様々な滝を楽しめるという滝群の特徴もしっかり持っています。
楓の木が多く、紅葉の時期の河原は非常に美しい景色を見せてくれます。
近くの八重山神社も素晴らしい眺めを見せてくれるので、ついでに立ち寄ってみるのがおすすめの順路です。
林道も駐車場も遊歩道もしっかり整備されており、観光滝としては抜群のパフォーマンスです。

 

 


八重山神社▼

八重滝の駐車場の先も林道はまだ伸びています🛣
一体どこへ続いているんだろう(´・ω・)❓
駐車場からしばらく進んだところに八重山神社があります⛩



車はコットン水車のとこに停めます🚘
坂がありますがかなり急傾斜で行き止まり、Uターンするとこもないので間違って登ると大変な目に合います(´・ω・)
進んで行くと山門があり、その先急階段が続きます👀


ココの狛犬さんはちょっとおサルさんみたいです🐕🐒
山門のところら辺は谷側の眺望が開けていい感じです⛰
向かいの山々の紅葉がまたキレイです(∩´∀`)∩

 

急階段の先には社が見えています(*‘∀‘)
何かすごい所に建っていますね( ゚Д゚)
こういう感じ大好きです( *´艸`)


岩壁にめり込むようにして立つ社(‘Д’)
上に見えている紅葉がキレイです🌳
八重滝へ訪れる人はいてもココまで来る人は少ないようで、この景観と言いある意味ちょっとした穴場です٩( ”ω” )و


 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

島根県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る

観音滝(石見)

観音滝
(かんのんたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶遊歩道
|▶観音滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・江の川
落差
・・50m(推)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口から10分程
【🚘】【🏞】 【🌺】H30.5.5

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

島根県 江津市

観音滝は島根県の江津市の南東、邑南町との境目付近に流れる江の川支流に掛かります📍

江の川の北岸沿いの国道261号線から江の川の南岸沿いの島根県道295号線 (日貫川本線) に入り、福泉寺の南側から支流に沿って走る林道へ入ります🌳

林道に入ったら終点まで道なりにまっすぐ進むと駐車場と入口へたどり着きます🚘
近くまで来たら案内もあるので分かるかと思います👀

国道9号線からは他にも島根県道32号線 (温泉津川本線)島根県道31号線 (仁摩邑南線) から国道261号線の上流の江の川北岸を走る島根県道40号線 (川本波多線)島根県道291号線 (別府川本線) へ出ます🛣

 

 


遊歩道▼

駐車場と入り口▼🚘🏍
駐車場は広くて日当たりも良く、舗装もしっかりされ観光バスも停まれます☀
滝はわりと規模も水量も良く、遊歩道も程よく自然で、もうちょっとアクセスや施設など何とかしたら人気の観光スポットになりそうですねぇ🐾


入口に入ったら1本道で、5分~10分ほどで着きます(=゚ω゚)ノ
川沿いの遊歩道をテクテク歩いて行くだけなので、説明するまでもないと思います🌳
そして遊歩道の最終地点にお地蔵さまと灯籠、日当たりの良い滝前と共に観音滝が出てきます🌊

 

 


観音滝▼


上の方は段になっており、下の方はウニョ~ンとなっています(*‘∀‘)

程よく広めの滝幅とバランスの良い末広がりの、特異ですがキレイな形です( *´艸`)
滝前は広く日当たりよく、晴天だと非常にポカポカと気持ちの良い空間です☀🌳





岩肌を滑り落ちるような形になっており、中程では勢いよく反りたち水が飛び跳ねている様子が分かります( ゚Д゚)
一通り沢登りの装備があれば滝の上まで登れそうです٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

落差、幅とも大きく水量も基本的にしっかりしていますが、さらにキレイな広がりを見せより大きく見えます。
滝前はキレイに開け日当たりよく、辺りの木々の緑も相まって非常に気持ちの良い空間を作っています。
滝の規模、滝周辺の環境ともにレベルの高い滝で、アクセスもしやすいためおすすめです。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

島根県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

岩瀧寺の滝(石見)

岩瀧寺の滝
(がんりゅうじのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶遊歩道
|▶岩瀧寺の滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・江の川
落差
・・60m(推)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口から5分程
【🚘】【🏞】 【🌺】H30.5.5

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

島根県 江津市

岩瀧寺の滝は島根県の江津市の東側、太田市との境付近に位置します📍

国道9号線
温泉津側からだと島根県道32号線 (温泉津川本線) から島根県道177号線 (大田井田江津線) を西側へ、
浅利側からだとJR浅利駅の西側の交差点から直接県道177号線に入ります🛣

岩瀧寺の滝の下流側まで出ると、県道177号線沿いにちょこちょこ案内看板が出てくるのでそれに従って進みます🚘

 

ちなみにココは波積ダムの建設が進められており、いずれこの滝はダムの下に埋もれてしまうという、悲しい定めが待っているそうです(´・ω・)

 

ーーーーーーー

岩瀧寺の滝上流▼

県道177号線から岩龍寺の滝上流に抜けれる箇所があります(=゚ω゚)ノ
と言っても、フリーで直接降りるのは不可能そうですし行くのにちょっと迷います🌳
下流側まで回りましょう💭

 

 


遊歩道▼

下流側の方は非常に落ち着いた密度の低い住宅街です🏡
近くの岩滝寺はこの滝と何やら関係もあるようで…
入り口へ向かう川沿いの道はいかにも工事してますみたいな感じでしたが、入っていきます👷

 


川沿いをしばらく走ると駐車場所と入り口があります🚘🏍

看板には高さ120mとあります(=゚ω゚)ノ
大きな滝には違いないのですが、見た感じそこまではなさそうです👀

ただ、段と段の間の広い段瀑では一番上は何処かハッキリとは分からないうえ、上段の下の方は隠れ、遠近法で上の方は小さく見えるのであくまで憶測です🌳

遊歩道入口からはほぼ1本道です(=゚ω゚)ノ
滝まではすぐです🌊

 

 


岩瀧寺の滝▼




静まり返る様な木々に囲まれた所に流れる大きな段瀑🌊
道路から少し隠れた所にこんな滝があるというのはスゴイですね(‘Д’)

端正な容姿で水量もしっかりしており見応えがあります👀🌳
ダムの底に追いやってしまうにはあまりに惜しいです(ノД`)・゜・。

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★☆☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

大きな滝で形も良く見応えは十分にあるのですが、上流が集落を流れているため水質があまりよくないのが少し残念。
集落から近いため比較的道はしっかりしており、訪れやすい滝です。
ダム建設がいつどれくらい進むか分からず、いつまで見に行くことができるか分からないので訪れるならお早めに。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

島根県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る