光輪滝(吉野)

光輪滝
(こうりんたき)

目次
|▶データ
|▶行き方・場所・アクセス
|▶赤滑朽木滝越え
|▶赤滑朽木滝上流域
|▶光輪滝
|▶Information

 

データ▼

種類
・・分岐瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・25m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・入口から120分程(沢登)
【🚘】【💧 【🍂】R3.9.23

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 天川村

光輪滝は吉野川源流部支流、上多古川流域の矢納谷に掛かる滝で、山上ヶ岳の東側に位置します📍

吉野の主要道の一つ、国道169号線から上多古林道へ入り、林道終点から阿古滝道に入って少し進んだところの小さな祠の先の分岐から矢納谷へ入ります🐾

矢納谷は吉野の沢登りの聖地の一つで、荒廃してはいますが巻き道となる古い杣道などもあり、沢登りのレベルとしては比較的難易度の低い沢ではあります🌊

光輪滝の下流には昇竜の滝赤滑朽木滝などがあります🐉🌳
ココでは赤滑朽木滝から光輪滝までを見てみたいと思います(=゚ω゚)ノ
途中までは▶昇竜の滝、▶赤滑朽木滝の項を参照してください👈


矢納滝▲
昇竜の滝▲
赤滑朽木滝▲
これらの滝を越えていく必要があります🐾

 

 


赤滑朽木滝越え▼

光輪滝は矢納谷の本流に掛かるため、まずは赤滑朽木滝の上流へ出なければなりません🐾
赤滑朽木滝と支流30m滝の間が弱点となっているので、そこから登ります(=゚ω゚)ノ


グリップや足掛けとなる箇所は案外あるので傾斜に対してわりと簡単には登れますが、滑りやすい箇所もあるので注意❕
ある程度登った所で分かれ道です▲(=゚ω゚)ノ

左側へ進むと本流側へ🌊▲
右側へ進むと支流側へ🌳▲
光輪滝へは左側の本流側へ進みます🐾


本流側へは割と簡単に寄って行けますが、滑落には十分注意❕
微妙に踏み跡もあるのでしっかり足元を確認して進みましょう👀
すぐに赤滑朽木滝の落ち口が見えてきます(*‘∀‘)

 

 


赤滑朽木滝上流域▼

赤滑朽木滝のすぐ上は小滝が流れています(‘Д’)
ココからは赤いナメは消え失せゴーロ帯となっています🌊



苔むした岩に木々がキレイですが、赤滑朽木滝の下流とは一転してココからは傾斜が出てきます🌳
とは言えそれほど難しいところはなく距離的にもそれほどないので、油断だけはしないようにどんどん進んで行きます٩( ”ω” )و



やがて両岸とも壁が迫りだします(‘Д’)
そこまで来るとすぐに光輪滝の下の部分が見えてきます(*‘∀‘)

 

 


光輪滝▼

ゴーロの上、巨岩の先に光輪滝が流れ落ちています🌊
そこまで大きな滝ではありませんんが、なかなか変わった形の滝です👀




上は2条、真ん中で広く1条になって流れます🌊
両岸の岩壁はこれまでとは異なり切り立ちます( ゚Д゚)
滝の正面はちょうど大きな岩があり良い滝見台になります(∩´∀`)∩

 

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

矢納谷最上流に位置する名のある滝、光輪滝。
特異な姿と両岸切り立つ険相はこの谷最奥の大きな滝として相応しい光景と言えるでしょう。
正直下流の昇竜の滝ほど大きくはなく、赤滑朽木滝ほど爽快ではないですが、ここまで来て初めて矢納谷を制覇したといえるでしょう。

 

 


Information

上多古川流域の滝▼


洞門の滝へ戻る
(本谷)

六字の滝へ戻る
(竹林院谷)

阿古滝へ進む
(阿古滝谷)

昇龍の滝
(矢納谷)

赤滑朽木滝
(矢納谷)

偽光輪滝
(矢納谷)

牛呼の滝
(上谷)

 

ーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

阿古滝(吉野)

阿古滝
(あこたき)

目次
|▶データ
|▶行き方・場所・アクセス
|▶竹林院谷分岐
|▶阿古滝谷
|▶阿古滝
|▶阿古滝道
|▶Information

 

データ▼

種類
・・直瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・50m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★★★☆
時間
・・入口から270分程
【🚘】【💧 撮影日
【🍃】R3.8.30

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 天川村

阿古滝は吉野川の源流部の支流、大峰山 山上ヶ岳を源とする上多古川流域の阿古滝谷に位置します📍

所在地自体は天川村になりますが、下流からのアクセスは川上村の国道169号線から分岐する上多古林道からになります🌳

林道終点まで進むと阿古滝道の入口があり、阿古滝道に入ってすぐの天竜の滝の上から入渓し、川を直接逆行します🌊

もしくは阿古滝道を通り、阿古滝の少し手前のガレ場から滝前に降ります
(ただしこのルートは不明瞭なうえ、途中にある滝はほぼ見ることができないため帰りのルートとして使うのが良いかと…) 🐾

 

ーーーーーーー

上多古川流域には数多くの名瀑が掛かり、阿古滝が掛かるのは上多古川本流の源流部になります🌊
上多古川本流には洞門の滝や六字の滝はじめ大小多くの滝が掛かり、ココで全て紹介するとかなり重複するため、途中までは▶洞門の滝および▶六字の滝を参照してください👈

上多古川本流入口の天竜の滝
威容を誇る洞門の滝

両岸切り立つ幸次郎窟
キレイに広がった六字の滝

 

 


竹林院谷分岐▼

多治良淵越えてしばらく進んだところで大きな分岐、阿古滝方面へはこれをまっすぐ進みます(=゚ω゚)ノ
右側から合流する川が竹林院谷で六字の滝方面になります🌊


水量によっては正面の流れが無かったりしますが、大きな分岐なのでココまで来ればすぐに分かると思います(=゚ω゚)ノ

真っすぐの阿古滝方面は巨岩が詰まり、ヨジヨジと進む必要があります🐾
ココまで来るのにも結構体力がいりますが、最後に傾斜が結構きついので大変です💦

 

 


阿古滝谷▼



竹林院谷分岐からが地味に想像より距離があります(;´Д`)
おまけに巨岩帯で体力もいります💦
しかしココまで来たらもう少しなので頑張りましょ٩( ”ω” )و

しばらく進んで行くと左から細い支流が現れます🌊
増水時は支流の流れが太くなりどっちが本流か非常に分かりにくくなりますが、ココは正面の流れの方を登って行きます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

阿古滝谷分岐▼

その先すぐにまた正面と左側とに川が分かれます👀
ココで左の方の流れを登って行きます🐾
竹林院谷分岐から本流を進み二つ目の分岐が阿古滝谷分岐🌊
そこで左の方へ入る、という事を覚えておきましょう(=゚ω゚)ノ



ここら辺の滝は巨岩帯に流れていますが、巻くの自体は比較的簡単です🐾

 

ーーーーーーー

阿古滝谷▼

登り切った先はもう巻き登るような箇所はなく、ゴーロ帯に川を直接進んで行く感じになります🌊



この辺からまたちょこちょこ赤テープなども出てきます👀
阿古滝へはとりあえず川を直接進んで行きます🐾
奥の方には高くそびえる岩壁が木々の隙間から見えます(‘Д’)
そしてさすがに源流の雰囲気か、水量もずいぶん減り静かで落ち着いた雰囲気🍃

 

 


阿古滝▼




遂に辿り着いた阿古滝(∩´∀`)∩
想像以上に水量は少ない💧
しかし落差があるのと大パノラマのような岩壁、そして厳しい道のりを越えてきた到達感から、その大人しさに対して妙に見応えのある滝です🌊




源流の雰囲気漂う静寂と景観🌿
岩にあたりシャワーのようなサラサラとした流れ🌊
疲れた体に非常に癒しになる空間です⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★★★

静かで落ち着いた癒しの雰囲気の阿古滝。
その流れは岩壁ではじけて霧状になり、まるで優しい雨のようです。
包丁で切ったかのような真っすぐの断崖に掛かり、大きく広く広がる岩壁には迫力も見応えもあります。
上多古川流域最上流に位置する名のある滝なだけに、妙に風格と器量のある堂々とした姿で、ヘトヘトになりながらもその姿を目にする価値があります。

 

 


阿古滝道▼

帰りは阿古滝道を通って帰ります🐾
上多古川本流は登りでもかなりヒヤヒヤする所が多く直接下るには少々危険なので、かなり不明瞭箇所はありますが阿古滝道を通り下山するのをおすすめします🌳


阿古滝から左へ寄って下流側へ進むと赤テープがあります👀
岩壁に沿って進むと、岩壁の割れ目みたいになった所でガレ場が出てきます(‘Д’)
そこから阿古滝道へ登ることができます🐾

 

ーーーーーーー

阿古滝道を下る▼

ガレ場に下に赤テープが続いているという事は、結果から言うと阿古滝の正面へは迷うことなく来れれば阿古滝道からでもアクセスできるという事です(=゚ω゚)ノ
ただし、先ほども言いましたが不明瞭箇所が多いので、道を知ってる人と一緒でないと迷子になる可能性は高いです(;´・ω・)



方角的に分かると思いますが、ガレ場を登って右側が山上ヶ岳方面、正面側が下り方面になります🌳
途中の見晴らしはなかなかのもの(∩´∀`)∩



踏み跡は分かりやすい所と分かりにくい所、所々全然分からないところがあり、終始よく見ておく必要があります👀
赤テープも定期的に張られていますが、場所によっては間隔が遠いのでこちらもよく見ておきましょう(´・ω・)


木々の隙間から周りの山々の姿が見えていた高さから徐々に他のの中へと入っていきます🌳
かなり傾斜のきついとこもあるので注意❕


やがて矢納谷のはるか上方に突き当たり一気に下ります🐾
下った先ブナ又出会い🌳
ココを左に進むと上多古川本流の茶屋谷出会いに出ます🌊
右に進むと林道終点へ下ります(=゚ω゚)ノ


林道終点の方へ進んで行くとやがて矢納谷方面との分岐🌳
この辺りまで来るともう迷うことはないかと思います👀
矢納滝が見えたらあと少し٩( ”ω” )و


印象的には前半は比較的道は分かりやすいけど傾斜がきつく、後半は比較的傾斜は緩いけど不明瞭箇所が多い、といった感じ🐾
しかし道が分かっていたら阿古滝道からアクセスする方がはるかに安全ではありますね (ただし下流の滝はほぼ見れませんが…) 🌳

 

 


Information

上多古川流域の滝▼


洞門の滝へ戻る
(本谷)

六字の滝へ戻る
(竹林院谷)

牛呼の滝
(上谷)

昇龍の滝
(矢納谷)

赤滑朽木滝
(矢納谷)

光輪滝
(矢納谷)

偽光輪滝
(矢納谷)

 

ーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

しずくの滝(吉野)

しずくの滝
(しずくのたき)

目次
|▶データ・動画
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート 陸路
|▶ルート 沢登り
|▶しずくの滝
|▶Information

 

データ・動画▼

種類
・・潜流瀑群
水系
・・北山川⇒熊野川
落差
・・1m~5m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・車止めから70分程(沢登)
【🚘】【💧 撮影日
【🌺】R3.5.30

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 下北山村

しずくの滝は大峰山 釈迦ヶ岳の南西側、三重滝前鬼川に合流する所の少し上流に位置します📍

登山道からでもアクセスはできますが、最終的には川に降りるので足元は濡れることは想定しておきましょう(=゚ω゚)ノ

滝というよりは大量の伏流水といった感じで、複数個所から数十mに渡り地面から湧き出て流れます🌊

 

国道169号線池原ダム前鬼橋の西側、前鬼口から林道を登って行き、不動七重滝展望台を越えてしばらく走ると、入渓地点および登山道方面の駐車場に着きます🅿

林道は終始舗装はありますが、細くグニャグニャで基本的に落石に倒木、それによる路面の凹凸が多いので運転は十分気を付けましょう🚘

 

 


ルート 陸路▼

まずは登山道を通るルートです(=゚ω゚)ノ

林道を進んだ先の駐車場の奥の車止めゲートから、さらに林道を進んだ先に釈迦ヶ岳登山道と三重滝の登山道があり、三重滝方面へ進みます🐾

しばらく進んだらガッツリ下って垢離取場へと出ます🌊
この垢離取場の少し下流でしずくの滝が流れています🍃

そんな訳でまずは垢離取場を目指します🌳
詳しくは▶三重滝 陸路を参照してみてください👈

 

ーーーーーーー

垢離取場▼



非常に美しい垢離取場の水面✨
しかしココを渡る所は橋などもなく少々危険なので注意⚠
岩に埋め込まれた足場を登った先、登山道はさらに続きます🌳


しかし登山道はしずくの滝の上を通るため、一部上から見えるだけになってしまうので、ココ▲まで間に川へ降りる必要があります👀
ちなみに垢離取場のすぐ下流は直接下るのはちょっと難しそう🌊

途中で見える深みの色は絶品(*‘∀‘)✨

 

 


ルート 沢登り▼

続いて川から直接逆行する沢登りルート(=゚ω゚)ノ
こちらも駐車場まで行き、そこから川へ降ります🌊

三重滝 不動滝👉
まずはココを目指します٩( ”ω” )و

なので、不動滝までの行き方については▶不動滝を参照してください👈

不動滝までの道のりは非常に美しいアクアブルーの水面を楽しむことができます✨

足元滑る箇所が多いですが難易度自体もそれほど高くはなく、沢登り初心者にもおすすめです🐾

 

ーーーーーーー

不動滝が合流してくるところからさらに少し上流へ登ります🐾
この辺りも美しい川原はそれ自体が見所と言えます( *´艸`)

すぐに息をのむような美しい岩間が現れます👀
ココからしずくの滝が始まります🌊
一見細い支流の流れのように見えますが、これは雫の滝の一端にすぎません💧

 

 


しずくの滝▼

しずくの滝は湧水瀑の集まりで、数十mに渡り流れています🌊
そんな訳で、とりあえず下流側から見ていきたいと思います٩( ”ω” )و
まず先ほどの美しいしずくの滝の端っこの先▼

沢山の流れが一堂に会しているように見えますが、一番左の流れ以外は全て伏流水🌳
特に手前側はすぐそこで地面から流れてきています🌊
手前側だけでも伏流水としてはかなり多いです(‘Д’)

右側にガレ場▼が出てきますが、それを登ると登山道と合流します(=゚ω゚)ノ
そのまま登山道を進むと▶千手滝、▶馬頭滝へと続いて行きます🐾
ココまで来たら合わせて見たいですね(∩´∀`)∩

ガレ場から振り返るとすべての流れが一カ所に集まり流れていく様が目に映ります👀
これがまた爽快な眺め(∩´∀`)∩
ただこのガレの向こう側へ行くところは非常に足元滑るので注意です⚠

その先の流れも少し入り込むと伏流水であるのが分かります( ゚Д゚)
何と豊かな土壌でしょう🌳
思わずボー立ちです👀


さらにもう少し進みます🐾
この辺りもいい感じです( *´艸`)
少しそれまでと雰囲気が変わります🍃

しずくの滝の上流側の端っこ▼
先ほどの伏流水の集合部から少し離れてキレイな潜流瀑🌊
ココは唯一滝っぽい見た目で登山道からも見下ろせます👀

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★★
到達感・・・・★★★☆☆

爽快な潜流瀑群、しずくの滝。
伏流水の漁が多く、いくつもの支流が合流してくるかのような景観は思わず目を奪われる幻想的な秘境感です。
前鬼川の水も上流に行くほど澄んで青さが増し、より美しくなっていきます。
垢離取場や三重滝へもそれほど遠くはなく一緒に見て回れる点も良いですね。

 

 


Information

三重滝▼


不動滝

千手滝

馬頭滝

 

ーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

黒瀬滝(吉野)

黒瀬滝
(くろせたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶黒瀬滝
|▶Information

種類
・・直瀑
水系
・・北山川⇒熊野川
落差
・・40m(推)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口からすぐ
【🚘】 【🍂】H30.10.3

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 上北山村

黒瀬滝は奈良上北山村の中央部西寄り、大峰山大栂山の東側に位置します📍

大峰山と台高山脈の間を走る国道169号線道の駅 吉野路上北山の少し北側の道路脇西側の堰堤の奥にひっそりと流れています🌊

車が停めれるくらいの少し広めの路肩と堰堤、その上へ続く階段が目印です👀

黒瀬滝は目印が小さめなので見落としやすいです(´・ω・)
付近まで来ると山側を少し意識して見ていれば階段や堰堤があるのが分かりますが、運転には集中です(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、奈良交通バス近鉄電車 福神駅六田駅大和上市駅 (土日祝は福神駅は無し) から近くまできています🚏

ただ1日2本くらいしか出ていないので、一度降りたらかなり長い時間バスを待たねばなりません⌚
道の駅まで行けば飲食店や温泉などもあるので、合わせて訪れるのが良いでしょう🐾

近鉄電車 南大阪線 時刻表
近鉄電車 吉野線 時刻表
・・・阿部野橋~吉野駅

 

奈良交通バスHP
👉南部地域連携コミュニティバス
・・・R169ゆうゆうバス
・・・(上北山中学校下車)

 

 


ルート▼

階段の横に小さく黒瀬滝の看板があります👀
天災などで無くならない限りは目印になります📍
すぐ横に堰堤があるので、こちらの方が大きな目印になりそうです(‘Д’)


階段は土が積載しているうえにかなり急です(´・ω・)
しかし途中から力づくで登らなければならない深瀬滝と比べると、道があるだけまだ良いですね( *´艸`)
堰堤を越えたら黒瀬滝が見えてきます(=゚ω゚)ノ

 

 


黒瀬滝▼



スラっと縦に長いキレイな直瀑です⊂⌒~⊃。Д。)⊃
縦に細長く、木々も滝の上部で枝を伸ばしているため全景を写すのはなかなか難しいです🌳

 


緑が豊かで落ち着いた雰囲気の、静かな流れです🌊
堰堤の所からすでに木が目立ちますが、滝の前の空間だけはキレイに広くなっています👀🌳

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

何にもないようなところにあるので、少し入口を見落としやすいです。
入口さえ見つければ階段を登って行けばみられるので、お手軽滝としては良いです。
滝自体も高さはあり、スラリと伸びたフォルムがきれいで、周辺の緑ともよく溶け合っています。
滝前は落ち着いた雰囲気で、ゆっくり直瀑を見たい場合にはとても良いです。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

深瀬滝(吉野)

深瀬滝
(ふかせたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶深瀬滝
|▶Information

種類
・・分岐瀑
水系
・・北山川⇒熊野川
落差
・・50m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から5分程
【💦】【🚘】【💧 【🍂】H30.10.3

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 上北山村

深瀬滝は奈良県の上北山村南部、大峰山台高山脈の間を抜ける国道169号線沿いに入口があり、下流部はそのまま池原貯水池に流れ込みます🌊

国道169号線、白川又前鬼の間の深瀬トンネルのすぐ南側に、カーブミラーと山側に入り込むような階段があり、その正面に駐車スペースがあります🅿
その階段が深瀬滝への入口となります(=゚ω゚)ノ

国道沿いという事で時間的にはすぐ見に行ける滝ではあるのですが、階段を登った先から滝前までは半ば力づくで登らなければならず、危険も伴います⚠

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、奈良交通バス近鉄電車 福神駅六田駅大和上市駅 (土日祝は福神駅は無し) から出ており、深瀬トンネルの北側にバス停があります🚏

ただし1日2本くらいしか出ていないので、一度降りたらかなり長い時間バスが来ません(;´・ω・)

ちなみに10km以上ありますが、川沿いに道の駅 吉野路上北山まで出れば飲食店や温泉があります🐾

近鉄電車 南大阪線 時刻表
近鉄電車 吉野線 時刻表
・・・阿部野橋~吉野駅

 

奈良交通バスHP
👉南部地域連携コミュニティバス
・・・R169ゆうゆうバス
・・・(中央橋下車)

 

 


ルート▼

階段の横に深瀬滝を掛ける支流が流れています▼
とにかくまずは階段を登っていきましょう٩( ”ω” )و

問題なのは階段が滝までは続いていないところです🌳
途中からは茂みの中を進まなければなりません(;´・ω・)
取水している所までは難なくいけますが滑りやすいので注意⚠

 

取水場っぽいところ👉
途中で川に寄れそうな所がありますが、とても滑りそうでかなり危険です❕▼

結局もう少し茂みを進んで行きます🌳
傾斜がかなりきつく、ズルっといくとそのまま転げ落ちていってしまう可能性があるので慎重に❕

無難に茂みを進んで行くと、目の前が開けてすぐに大きな滝が見えてきます👀🌊

 

 


深瀬滝▼


169号線から近くにあって、下流で取水までされているのでどんなもんかと思ったら、まあ立派な滝です( ゚Д゚)🌊
結構な大きさありますよ~(∩´∀`)∩

川へ寄るのが早すぎると、深瀬滝手前の小滝▲:の前に出ます(´・ω・)
少し危険ですがコレは直登できます(=゚ω゚)ノ
濡れるのが嫌な場合はもう少し茂みを粘りましょう🌳🐾

▲手前の小滝を登った所🐾
国道169号線から距離はすぐですが、結構登ってきます🌳
ちなみに国道からは滝の姿は見えません👀

 



この日はやや水量が多いですね👀
普段はもう少し水が少ないようですが、結構高さがあるので迫力はありそうです🌊🗻
⊂⌒~⊃。Д。)⊃


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

国道169号線から少し入ったところに、こんな大きな滝があるのはやはり上北山村だな~と言ったところですね。
滝自体も見ものですが、手前の小滝も含めた出で立ちや滝正面の岩など、この開けた空間そのものも興味深いです。
階段の先からは少し危険ですが、距離はないため割とすぐに見ることはできます。
しかし途中から道もなく傾斜のきつい茂みを進むので、軽はずみでは入らないように。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

田岡谷大滝(吉野 熊野)

田岡谷大滝
(たおかだにおおたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶田岡谷大滝
|▶Information

種類
・・段瀑、分岐瀑
水系
・・北山川⇒熊野川
落差
・・50m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から45分程
【🚘】【💧 【🍂】H30.10.3

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

和歌山県 東牟婁郡 北山村

田岡谷は全国唯一の飛び地の村である和歌山県の北山村の西部に位置します📍

奈良から和歌山の新宮を結ぶ国道169号線、北山村の道の駅おくとろの少し西側、国道169号線が90度カーブするところに掛かる支流が田岡谷です(=゚ω゚)ノ

入口の手前に2台分くらい車を止めるスペースがあります🅿

 

ちなみに田岡谷入口周辺は小森ダムの影響で大きな瀞になっていますが、その下流側は北山川の険相をもろに著したかのような景色が広がります🌊

 

 


ルート▼

駐車スペース▼
急カーブするところに微妙に路肩が広くなっている所があります(=゚ω゚)ノ


駐車スペースの対面側、カーブの外側の方に入渓口があります🌳🐾

入口に入り川へ降りたら国道169号線の下らへんに出ます(∩´∀`)∩
ココからは瀞を目の前に見ることができます👀


谷に入ると早速渓谷らしい感じです🌊
しかし、そのまま川沿いに進んで行くと写真👉の滝に阻まれてどうしても進めません(;´・ω・)✖

この滝は少し手前の左岸 (上流に向かって右側) 側から大きく高巻いていきます٩( ”ω” )و

 

入口付近まで戻って、入口から少し入ったあたりで、左岸側に微妙に登れそうな所▼があります🐾
見にくかったら拡大して見てね(=゚ω゚)ノ

 

左岸側に一度上がって進んで行きます🐾
ココ👉を登っていき、徐々に狭まり傾斜が強まる足場を進んで行きます🌳

掴まれる木々はそれなりに充実していますが、足場自体は悪いので注意⚠

これを進んで行くと、ガレの様な土砂の様な崩れた感じの所に出てきます👀


ガレっぽいところに出たら正面は岩壁になるので、川の方へ降りるか崩れた所を登るかのどちらかになります(;´Д`)

ココは滑らないように注意しながら崩れた所を登っていきます(=゚ω゚)ノ
川の方へ行くと行き詰ります✖

 

少し登った所で、左側に上流の方へ寄っていけそうな所が出てくるので、よじ登っていきます🐾
すると非常に草が多くて不明瞭ですが、踏み跡みたいになったところがあるので、それに沿って上流側へ進んで行きます(=゚ω゚)ノ🍃


進んで行くと赤テープも出てきます👀
そして対岸に細い支流の滝が見えます(´・ω・)
この辺りまで来ると川へ降りられます🐾

 

ーーーーーーー


キレイな水面が近づき川へはすぐ降りれますが…、
しかし、ココで降りると今度はこの微妙にヒョングった滝▼に阻まれます(;´・ω・)
なのでコレも左岸 (向かって右側) からそのまま越えていきます(=゚ω゚)ノ


上から見るとピョンと跳ねているのが良く見えます( *´艸`)

この滝を越えたらまたすぐ川へ出ることができます🐾
ココまで来たら大滝までもうそれほど難しいところはないと思います(∩´∀`)∩


滑りやすい所は多いので足元にはしっかり注意しましょう(=゚ω゚)ノ
ナメの様な細まった少し独特の渓流を直接進んで行きます(∩´∀`)∩
この辺もなかなか見ものです🌊

 

渓流を進んで行くと右側に日当たりの良い開けた所が見えてきます👀
そして大滝の音が徐々に響いてきます٩( ”ω” )و

 

 


田岡谷大滝▼


この日は水量が多いですね~(∩´∀`)∩
普段は何筋にも分かれて静かに流れる滝なのですが、この感じも非常に良いです🌊



何とも気持ちの良い景観です( *´艸`)
いろんなデータでは50mとなっていますが、正直それほど高さはなさそうです👀🌊
しかし、キレイな滝という言葉が非常に当てはまる素晴らしい滝です🌳






滝前は日当たりも良く広々としているので、休憩にはもってこいです(∩´∀`)∩
清々しい景観と美しい流れはいつまでも見ていられます👀✨
⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

岩の滑り台を滑り落ちるような独特の流れは非常にキレイで、周りに木々や晴れた空と非常によく合います。
やさしく落ち着いた流れで、正に癒し系の滝です。
最初の滝を越えるところは危険ですが、それさえ越えてしまえば難易度は低く距離もそれほどないため、沢登りになれた人であれば比較的到達はしやすいと思います。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

和歌山県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

大天井滝(吉野)

大天井滝
(おおてんじょうたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶休憩所・入口
|▶大天井滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・30m(推)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・すぐ
【🚘】💧 【🍃】H30.7.10

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

大天井滝は奈良県川上村の東端、吉野町と天川村との3つ自治体の境界線付近に位置します📍

アクセスルートはいくつあり、国道169号線道の駅杉の湯の所の寺山トンネルの前から大天井ヶ岳方面に登っていくか、国道309号線から同川温泉方面の県道21号線 (すずかけの道) から大天井ヶ岳方面へ登るか、もしくは吉野山の方から奥千本を抜けてきます(=゚ω゚)ノ

天川村と川上村の境界を越える五番関トンネルの川上村側の方に休憩所があり、その正面に入口や駐車スペースがあります🌳

 

 


休憩所・入口▼

林道を進んで行くと高木山休憩所があります▼
この辺に車は停めれます🚘🏍
このすぐ正面に大天井滝の入り口があります(=゚ω゚)ノ

 

大天井滝入口▼
林道は細くグニャグニャですが、所々で眺望がよいです👀
山奥で標高が結構高く、林道へ入る国道169号線や県道21号線付近と比べると気温が低いです🌡

 

 


大天井滝▼

入口を入ればすぐに大天井滝が見えてきます(∩´∀`)∩
木々に囲まれ静かで落ち着いた源流らしい雰囲気です🍃


緑豊かな滝です🌳
全3段になっており、やや奥行きがあるため見る場所によっては上の方は見えません👀
この滝の上を大峰奥駈道が通っています🐾

 

ーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

木々に囲まれた緑の美しい滝です。
やや離れ気味の段瀑で、総落差自体はそこそこあります。
これくらいの規模の滝が道路の横に掛かり、すぐに見られるのは嬉しいですね。
車で来れるものの、辺りは世界遺産にも指定された大峰奥駈道で、国道付近とは雰囲気もかなり変わります。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

宮の滝(吉野)

宮の滝
(みやのたき)

目次
|▶データ
|▶行き方・場所・アクセス
|▶宮の滝(夏)
|▶宮の滝(秋)
|▶Information

 

データ▼

種類
・・段瀑
水系
・・十津川⇒熊野川
落差
・・40m(推)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・一瞬
H30.7.10
R3.11.14

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 五條市

宮の滝は五條市南東端付近、明星ヶ岳西側の舟ノ川支流に位置します📍

国道168号線、五条市から十津川村に入る手前のふれあいトンネル南側の交差点から篠原方面へ入る奈良県道235号線へ入ります(‘ω’)

県道235号線をずっと進んでいくと、舟ノ川へそそぐ支流に掛かる小さな橋と共に道が分岐します👀
この支流の上流に宮の滝があります🌊

分岐は、道なりにまっすぐと、宮に滝へ登る道、舟ノ川の方へ降りる道、に分かれているので、宮の滝方面へ進みます🐾

 

 


宮の滝(夏)▼

県道235号線は細くてクネクネした林道です🌳
気象条件によっては辺りの景色が変わります⛅

県道235号線の分岐は道なりにまっすぐ行くと行き止まりです✖
舟ノ川の方へ降りていくと、迷滝をかける日裏谷や黒滝の掛かるイブキ嵓谷などへ行きます🌊

 

ーーーーーーー

宮の滝▼



道路沿いにあるお手軽滝としてはなかなか良いクオリティです🌳
落差もそこそこあり見応えはあります(∩´∀`)∩
舟ノ川流域はホント名瀑地帯ですね🌊



楓の葉っぱが光に当たり非常に美しく輝いています( ゚Д゚)
紅葉の時期はかなり風流のある景色が期待できそうです( *´艸`)
キレイな水に純白の流れがまたいい感じ(‘ω’)

 

ーーーーーーー

 

 


宮の滝(秋)▼

変わって秋の姿🍂
秋は降水量の多い夏場と違って水量に乏しい日が多いのが難点💦
とりあえず枯れてはなくてよかった(´・ω・)



ココは楓が多いので秋は素晴らしい様相になるのですが、、
なにぶん日が暮れかけで写真写りが悪いのと、やや時期的に遅かったかな(;´・ω・)
それでもなお秋の情景がとても風流です🍁


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

木々に囲まれた緑の美しい滝です。
やや離れ気味の段瀑で、総落差自体はそこそこあります。
これくらいの規模の滝が道路の横に掛かり、すぐに見られるのは嬉しいですね。
滝前にはいい按配で楓の木が立っており、秋ごろには美しい紅葉と滝の景色を見せてくれそうです。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

迷滝(吉野)

迷滝
(まよいたき)

目次
|▶データ・動画
|▶行き方・場所・アクセス
|▶沢登ルート
|▶登山道ルート
|▶迷滝(夏)
|▶迷滝(秋)
|▶Information

 

データ・動画▼

種類
・・分岐瀑
水系
・・十津川⇒熊野川
落差
・・80m(推)
【登山道ルート】
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・入渓から120分程
H30.7.10
R3.11.14

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 五條市

迷い滝は奈良吉野、五条市南東端の明星ヶ岳の西側の日裏谷本谷に掛かる秘瀑にして名瀑です📍

国道168号線ふれあいトンネル南側の交差点から篠原方面へ入る奈良県道235号線へ入ります🛣

県道235号線は舟ノ川沿いに伸び、ずっと進んで行くと支流に掛かる小さな橋と共に道が3方向に分岐します👀

道は左の宮の滝方面、道なり、川の方へ下る道に分かれますが、ここで舟ノ川の方へ降りる道を進み、しばらく進むと途中土砂崩れを直したようなところを通りますが、車で通れるのでまだ先へ進みます🚘

さらにしばらく行くと今度は川が分岐、左の日浦谷には壊れかけの堰堤が掛かり、そのすぐ先で車を止めれるスペースがあるので、ここで駐車します🅿

以前は茂みの手前にちょっとした開けた場所があり火の用心の札が掛かっていたのですが、現在は伐採されてさっぱりしています🌳

 

 


沢登りルート▼

川から直接行く場合、日裏谷雄滝まで行き、これを巻くためそこから登山道へ登ります(=゚ω゚)ノ
沢登りルートに関しては、途中までは▶日裏谷雄滝を参照してください🐾

 

迷滝に匹敵する規模を持つ隠れた名瀑、日裏谷雄滝👉
この滝の右岸 (向かって左側) から遊歩道へ上がります٩( ”ω” )و

右岸側へ行った所に細いガレのような崩れた感じになったところがあります👀
そこから登っていきます(=゚ω゚)ノ

傾斜がかなりきつく滑りやすいので気を付けてください⚠
しばらく登っていくと石垣が見えてきて、その上に登山道があります(∩´∀`)∩🌳
あとは登山道沿いに進むもよし、どこか降りれそうなとこから川へ降りて進むもよしですね(=゚ω゚)ノ



 

 


登山道ルート▼

ところ変わって秋🍂
夏場とは林道の時点ですでにだいぶ雰囲気が違います( ゚Д゚)


登山道入口となる日浦谷出合に掛かる壊れかけた堰堤▲
基本的には終盤までは道なりにずっと進んで行くだけになります🐾
なので途中までの詳しい説明は日裏谷雄滝(登山道ルート)を参照してください👈

 

ーーーーーーー

3つ目のガレ場▼
日浦谷大滝や三蔵谷へ行く場合はココからガレを下ります🐾
迷滝へはガレを渡りさらに道なりに進んで行きます(=゚ω゚)ノ



11月中頃、道中は素晴らしい紅葉を見せてくれます🍁
秋は基本的に水量が減ることが多い時期ですが、この秋の景色は素晴らしいです✨

では3つ目のガレ場を渡りさらに進んで行きましょう٩( ”ω” )و
ココから一層荒れた個所が増えます🌳



日に当たった紅葉が美しく輝きます☀
ちなみに日浦谷大滝から登ってくると、どっかこの辺りに出ます🐾

おや👀…?
遠くに見えるのは⁉



遊歩道の途中で垣間見える迷滝▲
遠目に見てもその圧倒的存在感が伝わってきます👀(‘ω’)
しばらく歩くと徐々に川の音が近づいてきます🌊


そして遊歩道の行く手を支流の流れが遮ります(‘Д’)
ココから再び川へ降りることもできます٩( ”ω” )و
川へ降りた場合は小滝が連続し、巻きと直登の連続となります🐾
しかし下流付近と違い日当たりが良く、とても気持ちの良いコースです(∩´∀`)∩


支流を渡り道を進んで行くと最終的には川へ出ます🐾
川へ出たら道はすぐに対岸へ渡るのですが、せっかくなので少し川を堪能してみましょう(∩´∀`)∩


微妙に見えてくる迷滝🌊
最後に前衛となる小滝を二つ越えなければなりません🌳
少し下流と比べて紅葉が進んだ感じがします🍁


最後の2つの小滝はどちらも左岸 (向かって右側) から超えていきます🐾
少しずつ明らかな断崖絶壁が見えてきます🌳🗻
最後は岩をどんどん登っていきますが、無理な場合は少し岸を上がれば登山道が並走しています٩( ”ω” )و


 

 


迷滝(夏)▼






これは聞きしに勝る超名瀑ですね~( ゚Д゚)
前衛の日裏谷雄滝も想像以上でしたが、やはりこいつがトップですね( *´艸`)
見る価値大いにアリです🌊✨✨



美しい分岐瀑ですが、微妙に段になっています( ゚Д゚)
それにしてもかなりでかいです(‘Д’)👀
本当に80mかな~?もっとあるように見える(´・ω・)
とりあえず下段を登っていきます٩( ”ω” )و🐾


滝の中ほどまで岩をよじ登ったところで、滝の目の前を横切ります(∩´∀`)∩
2手に分かれ幅も広いため、かなり大きいです🌊
水量もかなりあり、確実に十津川水系で一番の名瀑でしょう⊂⌒~⊃。Д。)⊃



岩場の所々に花が咲いています🌺
それにしてもすごい岩場です👀
ホントに自然の力とはすごいですね( *´艸`)🌳



どれだけいても何度見ても飽きません👀( *´艸`)
写真撮りすぎちゃったよ(´・ω・)
でもそれだけ素晴らしい滝です(∩´∀`)∩


 

ーーーーーーー

 

 


迷滝(秋)▼




相変わらずすさまじい名瀑感🌊
夏場と比べて水量は控えめですが、それを差し引いてもやはり爽快な眺め(∩´∀`)∩
色づいた木々がまたそれを引き立てますね🍂





滝中程からの眺めも秋ですね~( *´艸`)
この間近で見る迷滝もそこから振り返ってみる景色も絶景✨
名瀑にしてサービスも素晴らしい最高峰の滝の一つです🌊


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★☆

大きさも水量もあり、恐ろしいまでの整った大きな岩壁、辺りの緑など、どれをとっても名瀑の要素を踏まえており、個人的には十津川水系で1番の滝です。
大きな岩の両側から落ちる特異な容姿で、名前通りの迷滝です。
そこに水量もあるため、左右に広がり高さも相まってかなり大きく見えます。
また、真下から見上げてもすさまじい迫力ですが、遠望でもとてつもない存在感を放っています。
奈良県には全国でもトップを争うほど名瀑が存在しますが、その中でもトップクラスの名瀑ではないでしょうか。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

日裏谷大滝(吉野)

日裏谷大滝
(ひうらたにおおたき)

目次
|▶データ・動画
|▶行き方・場所・アクセス
|▶沢登ルート(雌滝まで)
|▶登山道ルート(雌滝まで)
|▶雌滝越え
|▶日浦谷雄滝(夏)
|▶日浦谷雄滝(秋)
|▶Information

 

データ・動画▼

種類
・・直瀑、分岐瀑、連瀑
水系
・・十津川⇒熊野川
落差
・・60m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入渓から90分程
H30.7.10
R3.11.14

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 五條市

日裏谷大滝は五条市南東端、大峰山 明星ヶ岳の西側の日裏谷本谷に掛かります📍
この日浦谷大滝は雄滝雌滝があり、メインは雄滝🌊📖
(ただ、文献によっては雄滝と雌滝が逆の場合があり、どちらが正しいかは分かりません📖)

国道168号線を五条市から十津川村に入る手前、篠原方面へ入る奈良県道235号線へ入りずっと進んでいくと、舟ノ川へそそぐ支流に掛かる小さな橋と共に道が分岐します🌳

道なりにまっすぐと、宮の滝の方へ登る道、そして舟ノ川の方へ降りる道、の3方向に分かれますが、舟ノ川へ降りる方へ進みます🐾

川を渡って分かれ道がいくつかありますが、道なりにまっすぐ進みます(=゚ω゚)ノ
途中土砂崩れを直したようなところを通りますが、車でも通れるのでまだ先へ進みます🚘

しばらく行くと、川が分岐👀
左の日浦谷には壊れかけの堰堤が掛かり、その先で駐車スペースがあるのでここで駐車し川へと入ります🌊
以前はちょっとした広場に火の用心の札が掛かっていたのですが、いつの間にか辺りは伐採されて様子が変わっています(‘Д’)

 

 


沢登ルート(雌滝まで)▼

駐車場所から堰堤の上に行くことができ、堰堤から川へと入っていきます🌊🐾
堰堤を渡ったら登山道があり迷い滝まで行けますが、まずは沢登ルートを見てみましょう❕


堰堤から川へ入ると、しばらくは平坦な川原を進んで行きます(=゚ω゚)ノ
もうココの時点でかなり水はキレイです✨
すると今度はちゃんとした堰堤が現れます(;´・ω・)

こいつがなかなか厄介です(;´Д`)
結果的に右岸 (向かって左側) の岩と堰堤の隙間から力づくで登りましたが、背丈がないと結構難しいと思います(‘Д’)

この堰堤を越えたらまたしばらくは平坦な川原です🌊

しかし、先ほどより雰囲気が谷深い感じになってきます( ゚Д゚)

そしてその先で大きな釜の小滝が現れます🌊
ココは少し手前から右岸 (向かって左側) を少しよじ登り、正面の岩の上から越えていきます🐾
ちなみに泳げばすぐ越えれます(‘ω’)


この小滝を越えた先から徐々に傾斜が出始めます(=゚ω゚)ノ
やっと雰囲気以外の面でも渓谷らしくなってきました(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

アメ止め滝▼

そしてまたしばらく行ったら、先ほどより更に大きくて深い釜と共に川は左に90度曲り、30mくらいの中規模の斜瀑、アメ止め滝が掛かります(=゚ω゚)ノ


ココも右岸 (向かって左側) から登ってきます🐾
傾斜がそれほどないので、途中までは岩肌を快適に登って行けます(∩´∀`)∩
が…、

問題は滝上部です(;´・ω・)
最後の所は写真▼左側の岩の隙間から無理やり進んで行きます(;´Д`)
滝をもろに浴びながらになるので、流されないように頑張りましょう٩( ”ω” )و


滝の上まで登ってしまえば爽快な景色とやったった感で満たされます(∩´∀`)∩
そしてここからはそれほど難しい箇所はないと思います(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー



しばらく進むと目の前が開け始めます👀🌳
そして滝の轟音が遠くに聞こえます( ゚Д゚)
この辺は緑がすごく良い感じ(∩´∀`)∩

ココから少し先で日裏谷本谷と三嵓谷に分岐します🌊
ちなみに轟音は日裏谷雄滝の音でしょう👂

 

ーーーーーーー

日浦谷雌滝(夏)▼

三嵓谷分岐点▼
その傍らにまず日裏谷雌滝が掛かります(=゚ω゚)ノ


雌滝の前には大きな岩があり、その上から滝の上部の方を見ると何かとてつもなく大きな滝の気配がします(´・ω・)

 

 


登山道ルート(雌滝まで)▼

では登山道ルートも見てみましょう٩( ”ω” )و
今回は秋🍂
夏とはまた入り口付近からすでに雰囲気が違います(*‘∀‘)


登山道入口▲
この堰堤を渡ると登山道スタートです🐾
すでに足元が濡れる可能性が高いです💦

ココは一応、明星ヶ岳の登山道になっていますが、途中で分岐します🌳

そんなわけでとりあえずはこの登山道を進んで行きます(=゚ω゚)ノ

以前は堰堤を渡ってすぐのところ▼左下が大きく崩れていたのですが、いつの間にか手直しがなされています(‘Д’)

 

ーーーーーーー

登山道分岐▼

しばらく進むと明星ヶ岳へ向かう登山道は左へ、茂みの奥へ登っていくようにして分岐します🌳

ココには迷滝への案内はなく、ただ排林道のような道が続いています👀

一応道があるとはいえ、全体的に足場は悪く注意が必要(=゚ω゚)ノ
この分岐を越えてからはさらに道は荒れてきます🐾

道は荒れているのですが、この時期やはり特筆すべきは紅葉でしょうね( *´艸`)
夏の輝くような深緑もとてもキレイなのですが、この褐色に染まった哀愁漂う雰囲気はいつ見ても良いものです🍁



ココからは道の真ん中に木が生えてたりします🌳
かと思ったら少し広く整った個所もあります👀
ずいぶん川より高い所に来た感じもしますがご心配なく(=゚ω゚)ノ



奥へ進むほどに木々の隙間から見える景色も爽快になってきます(∩´∀`)∩
おや👀?
よく見ると遠くに迷滝の姿が見えます( ゚Д゚)
所々でこう言った場所があるので見逃さないようにしましょ🌊



 

ーーーーーーー

ガレ場▼

遠くに迷滝の姿を見たら、その先しばらくしてガレ場が道と交差します(=゚ω゚)ノ
川からずいぶん高い位置にあって断崖や急傾斜になっていますが、ガレからだと下へ降りれる可能性も高いのです🐾
(ただし、すごく滑るガレは絶対に立ち入ってはダメ✖)


まずは1つ目のガレ▲上
滑らないように気を付けて渡りましょう🐾

しばらくして2つ目のガレ▼
ココも渡って先へ進みます🐾

そしてしばらくして3つ目のガレ▼
これを下ります(=゚ω゚)ノ
ガレ上部には大きな岩があります👀
形が変わるほどの崩壊などがなければ目印になります📍


道を遮るような大きなガレはこの3つで、ココから先はそんなガレ場はないので多分普通に進んでても分かるかと思います(・ω・)

 

ーーーーーーー

川へ降下、雌滝へ▼



ではこのガレを下っていきましょう٩( ”ω” )و
ココは細かい砂利や砂ではなくゴーロのようになっているため、あまり滑る心配はないですが気は抜かないようにしましょう❕

途中から水が出てき始めます💧
ココまで来るとガレやゴーロというよりスラブになってきます👀
そして右側からスラブが合流してきます(=゚ω゚)ノ


ココまでくればすぐに川が見えてきます(∩´∀`)∩
足場は悪いですが傾斜はほぼ無いのですぐに出れます🐾
ちなみにこの先の雌滝越えを断念した場合はココから登り返すので、しっかりこの場所は覚えておきましょう❕

川へ出たらそのまま川沿いに上流へ進んで行きます🐾
ココはアメ止め滝の上流になるため頭から水をかぶる必要こそないですが、川を直接渡るので膝下くらいはせめて濡れても大丈夫にしておく必要があります🌊


 

ーーーーーーー

日浦谷雌滝(秋)▼



川を進んで行くと次第に見えてくる広くなったヵ所とその先の雌滝🌊
右側には相変わらず薄暗い三嵓谷がこちらを誘っています(゚Д゚;)

しぶきがないため上に雄滝が少し見えています👀
上部の紅葉はとても美しく、夏との違いが見て取れます🍂

 

 


雌滝越え▼

さて、写真を見てもらっても分かる通り雌滝は直登は不可能です(;´・ω・)

ココは少し手前から右岸 (向かって左側) の茂みを登っていくと越えていけます🐾
が、当然なかなかの危険を伴いますので判断を誤らないように⚠

ちなみに雄滝へ行くには沢登ルートでも登山道ルートでもこれを越えなければならないため、どちらも危険度はLv.4とします📍

下に雌滝を見ながら上流へ向かって進みます٩( ”ω” )و
岩の上を流れる水の様子はどことなく自然の険しさが伝わります(。-`ω-)


ある程度右岸を登ると上流側へトラバースしていけます🐾
しかしこのトラバースが最も危険⚠
グリップになるものも少ないのでかなり怖いです(;´・ω・)


雌滝の落ち口を越えれば川へ寄っていけます(=゚ω゚)ノ
ただし、かなり滑る箇所があるので注意❕

夏の時の様子▼

 

 


日裏谷雄滝(夏)▼




これは非常にうれしい誤算でした( *´艸`)
迷滝以外の滝については情報もなく、下調べもそれほどしてなかったのでこの滝がココまで大きいとは思ってもいませんでした⊂⌒~⊃。Д。)⊃

せいぜい30m~40mあればいいなぁ、と思っていたら60m程はあるかと思います(∩´∀`)∩
そして水量もかなり多く迫力があり、辺りの景観も素晴らしいものがあります( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

 

 


日裏谷雄滝(秋)▼




変わって秋の様子🍂
秋は基本的に雨量が少なく水量が少ない日が多いというのも特徴的ですが、元がそれなりに水量が多いため多少水が減ってもしっかりと形になります🌊

滝の前を横切り右岸側へ🐾
滝正面の足場は非常に滑りやすく、水量によってはかなり水が掛かります💦

ただ、登山道へ戻るためには右岸側の細く急傾斜のガレを登る必要があります(´・ω・)

日浦谷雄滝は流れ方に特徴があり、右岸側へ行くと見え方もかなり変わります👀
そこから見下ろす下流側もいい感じです(∩´∀`)∩




 

ーーーーーーー

登山道へ▼


雌滝もですが、雄滝も直登はどう見ても不可能です(;´・ω・)
これを越えるには右岸側のガレを登り一旦登山道へ出る必要がありますが、ビックリ急傾斜でココも気を抜けません⚠

途中で振り返るとこれまた絶景(∩´∀`)∩
ただし余裕がなければ振り返りは禁止⚠

やがて上り詰めていくとワイヤーが出てきます👀
写真では分かりにくいですが、たぶん傾斜角度は場所によっては60度くらいあるかと思います🌳
一度滑ったら雄滝の前まで滑り落ちても不思議ではないくらい⚠


ちなみに上から見たら、とても下れるとは思えない傾斜です👀
と言うか危険なので下りはやめましょう⚠

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

高さも水量も景観もそろった極めて素晴らしい滝です。
迫力はすさまじく、滝前にいると水しぶきでビチャビチャになってしまいます。
どうしてこんな滝があまり表に出ず埋もれているのか不思議なくらいです。
この上流の迷滝に負けないくらいの巨瀑で、間違いなく熊野川水系中指折りの名瀑と言えます。

迷い滝へ進む

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る