ツツジ滝(十津川)

ツツジ滝(つつじたき)
奈良県 吉野郡 十津川村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・新納川⇒十津川⇒熊野川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・駐車場所から180分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶ツツジ滝
|▶Information


H31.3.2

 


行き方・場所・アクセス▼

ツツジ滝は十津川村北西部、奥高野山系の伯母子岳の南東側榎谷源流部に位置します📍

国道168号線谷瀬の吊り橋の南側から風屋貯水池が始まります🌊
貯水池の中程に、トンネルの横から風屋貯水池を渡る和歌山県道733号線 (川津高野線) に入り、そのまま支流の新納川を上流側へと進みます🚘🏍

しばらく733号線を進み、新納川を渡る赤い鉄橋を渡った先に折り返すように合流する上り坂の分岐があるので、そちらへ入ります(=゚ω゚)ノ
あとはその林道を終点まで行くと駐車スペースと入口があります👀

 

ーーーーーーー

ちなみに榎谷は上流に行くにつれ分岐がいくつか出てきますが、そのうちの一つにミコシ滝があります🌊

ツツジ滝とミコシ滝の分岐までの詳しい行き方等は▶ミコシ滝を参照してください。

榎谷入口の伏流した所や、途中の身にゴルジュの辺りなどは見所と言えます( ゚Д゚)

 

 


ルート▼

ツツジ滝とミコシ滝の分岐点▼
ツツジ滝へは右の沢へ入ります🐾


:ミコシ滝へ
:ツツジ滝へ

 

さてツツジ滝方面へ進みます٩( ”ω” )و


まあ、正直この分岐点まで来ればあと少しですし、それほど難しくないので説明する必要もないかと思います(=゚ω゚)ノ
分岐入ってすぐの小っちゃい滝が連続しているところらへんの水面はキレイです✨✨


きれいな滝壺や釜は下から見ても上から見てもきれいです👀
この辺りを越えたら、やや傾斜はありますがおとなしい川原を進んで行くだけです🐾
基本的にミコシ滝の分岐から先は大きな分岐もなく、川沿いに登って行くだけです🌊

 

次第に両岸迫った岩からゴロゴロの河原へと変わります👀
あと一息🐾

 

 


ツツジ滝▼

平凡な川原に大きな滝が見えてきたら、それがツツジ滝です🌊



言われてみると名前通りツツジのような形に見えなくもないですね👀
ツツジをひっくり返したような感じに見えます(;´・ω・)
気のせいかな(;’∀’)⁇



 

水は透き通っててとてもキレイです✨
そして冷たいです(∩´∀`)∩💦


お隣のミコシ滝もそうですが、この周辺の木は背が高いです🌳
そして落ち口周辺にもたくさん生えていて、落ち口と空が遠いのも相まって写真ではそれほど大きく見えないです(;´・ω・)
折角良い滝なのですが、そういった意味で損をしてますね(‘Д’)

 

しかしそれにしても良い天気でよかったです
こう雲一つないとただでさえ気持ちが良いですが、木々と水があるのでより一層良い感じです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーー

帰り道▼
ちなみに帰りは一応作業道か登山道を探そうと試みたのですが、やはり道はとぎれとぎれでよく分かりませんね(;´・ω・)
堰堤の近辺には確かにそれらしい跡はあるのですが…


 

結局帰りも川から直接帰ることに🐾
途中途中で道は無いか探しますがこんな感じで途切れます▼

 

榎谷が新納川に合流する手前の伏流箇所は、帰りに見てもホント不思議な感じ( *´艸`)

ちなみにこの日は上流の方で源流釣りをしている人と会いました🐟
そういった場合はあまり派手に川の中で動き回ると魚が逃げちゃうので、出来るだけ川には踏み込まず、踏み込んでも静かに動くなどの配慮をしてあげましょう❕

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★★★☆

ツツジ滝は大きな滝ですが、到達までに時間こそ掛かれど高巻きなどもなく難易度は低いです。
距離はあると言っても基本的に何もなければ、朝に入渓すれば日暮れまでには帰ってこれます。
沢登り初心者の人でも、技術より体力を磨きたい人には良いかも。
長い時間歩き続けたご褒美としてはツツジ滝はなかなか贅沢ですよ。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

ミコシ滝(十津川)

ミコシ滝(みこしたき)
奈良県 吉野郡 十津川村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・新納川⇒十津川⇒熊野川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・駐車場所から180分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶入渓まで
|▶ルート・ツツジ滝分岐まで▼
|▶ルート・ツツジ滝分岐から▼
|▶ミコシ滝
|▶Information


H31.3.2

 


行き方・場所・アクセス▼

ミコシ滝は十津川村北西部、奥高野山系の伯母子岳の南東側榎谷の源流部に位置します📍

国道168号線谷瀬の吊り橋の南側に十津川水系最大のダムである風屋貯水池が始まります🌊

貯水池の中程、トンネルの横から風屋貯水池を渡る和歌山県道733号線 (川津高野線) に入り、十津川の支流で風屋貯水池に流れ込む新納川を上流側へと進みます🐾

しばらく733号線を進み、新納川を渡る赤い橋を渡った先で折り返すように分岐する上登り坂:があるので、そちらへ入ります👀

あとはその林道を終点まで行くと駐車スペースと入口があります🅿
それにしてもこの辺りはのどかです( *´艸`)

 

ーーーーーーー

大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ーーーーーーー

公共交通機関奈良交通バスJR和歌山線 五条駅 から、もしくは近鉄電車 大和八木駅高田市駅御所駅などから県道733号線の分岐まで来てますが、そこから10km近く歩きになります🚏

JR和歌山線 時刻表
・・・王寺駅~和歌山駅
・・・(五条駅下車)

近鉄電車 大阪線 時刻表
近鉄電車 南大阪線 時刻表
近鉄電車 御所線 時刻表
・・・(大和八木駅 or 高田市駅 or 御所駅下車)


新幹線+ホテルセットプラン

 

奈良交通バスHP
・・・葛城営業所 301、302番
・・・(川津下車)

 

 


入渓まで▼

林道は入り口は良いのですが、すぐに道は細くなるので対向車や歩行者には注意⚠
最後の分岐に入れば道自体はほとんど一本道なので迷うことはないでしょう(‘ω’)

林道を終点まで行くと車を停めれるスペースが出てきます▲🚘🏍
普通の車ならギリギリUターンできるのかな(´・ω・)⁇
この奥から道が続いており、新納川の方へ降りていけます🌳

 

入口▼


入口から少しの間は良いのですが、途中から踏み跡が途切れ途切れになり道が分かりません(´・ω・)
なので、踏み跡っぽくなっている所や歩けそうな所をたどり、とりあえず新納川の川原まで出ます🐾(‘Д’)

川原へ出たらこっちのもの(。-`ω-)
少し下流側へ進みます(=゚ω゚)ノ
しかし何度か川を渡らなければならず、場所によっては結構流れが強いところがあるので脚をとられないように注意しましょう⚠

 

川を下流側にしばらく進むと、左側から大きな伏流の川が合流します(=゚ω゚)ノ
それがミコシ滝がある榎谷です🐾🌳

 

 


ルート・ツツジ滝分岐まで▼


榎谷入口▲
水のない川というのは、何かこう…とても不思議なものです( ゚Д゚)
しばらく歩いていくと小さく聞こえる流水の音と共に水が現れ始めます🌊

水が出てき始めてから少し行くと、左側から細い支流が👀
高さは15m~20mくらいでしょうか(‘ω’)
弱々しいですが雰囲気の良い滝です💦

そこからさらに進んで行くと今度は堰堤が(=゚ω゚)ノ
本当は入り口から遊歩道か仕事道でこの先まで続いていたはずなのですが、現在は風化して道が分からないので川から直接来る方が早いです🐾

堰堤は全部で2つ、昔は3つだったようですが一つは崩れ去っています(;’∀’)
この2つの堰堤はそれほど苦労せず越えれると思います(‘ω’)

 

ーーーーーーー


堰堤を越えた所▲
さてここからが本番です٩( ”ω” )و
この先からようやく源流らしくなってきます🌊
しかしこの谷は背の高い木が多いです🌲

しばらく進むと、まずこの小滝▼
この小滝の左側の岩にロープと木があるので▼それで登りますが、慣れない人には少し難しいかもしれません(;´・ω・)


登り切ったところから滝壺を見ると何とも清々しい美しさです✨✨
上流側を見ると細い支流が岩の溝を流れる本流に流れ込みます🌊
この辺は小さなゴルジュみたいになっています( *´艸`)

 

ココを過ぎると今度は開けた所に出ます🐾
広々とした川原へと様相は変わります👀🗻

ココで左岸 (上流に向かって右側) から少し大きめの支流が合流していますが、ルートは左側です🐾
間違えないように❕


河は左側へ大きくカーブを描き、土砂崩れの後のような景色が現れます( ゚Д゚)
右岸側 (上流に向かって左側) はほとんど木も生えておらず、この辺りは日当たりが良く明るいです



崩れた跡のような箇所を横切りさらに進んで行くと、開けていた川原がまた狭まってきます(´・ω・)
しかしほとんど快適に進めます🐾



特に大きな滝の巻きなどもなく、難しいところはないでしょう(‘ω’)
しかしこの辺りの流れは心地が良いです🌊✨
キレイなせせらぎを横目にズイズイ進んで行きます🐾


ここらで少し休憩🌈🍃

振り返ると倒木もありますが何ともマイナスイオンな光景です👀

その先で川は分かれています🌳
ミコシ滝へは左側を登っていきます🐾
右側を進んで行くと▶ツツジ滝へと出ます🌊


:ミコシ滝へ
:ツツジ滝へ

 

 


ルート・ツツジ滝分岐から▼

ミコシ滝方面へ▼


ココまで来たらもうひと踏ん張り٩( ”ω” )و
やや谷の傾斜は強まった感じがしますが、そんなに苦労するところはないと思います🌊
ただ、ミコシ滝手前で最後の難関▼があります(=゚ω゚)ノ

この小滝も高さ自体はそれほどないですが、直登は無理です🌳
コレは右岸 (向かって左側) から軽く巻いていきます🐾
そしてコレを越えたらもう目の前です(∩´∀`)∩

 

 


ミコシ滝▼

道中の広々とした川原とは一転、狭苦しい感じの所に大きな滝が流れ落ちています🌊


キレイに段々になった段瀑です( *´艸`)
少し木々が生い茂り滝に掛かりそうになっていますが、逆にそれがとても良い感じです(∩´∀`)∩🌳

 

倒木が少し遮りますが、一番下の段は簡単に登れます🐾
そして滝の真正面まで寄れます(*‘∀‘)








 

3月に入ったばかりなのでやはり水はかなり冷たいですね💦(‘Д’)
この滝も右岸側からだと巻いていけそうです🐾🌳


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★★★☆

滝までの道のりはそれほど困難ではありませんが、なんせ結構距離があり時間がかかるので、滝が見えてくると到達感があります。
ミコシ滝はこの辺りでは規模はかなり大きい方で、キレイな段になって流れる段瀑です。
両側から茂りくる木々がより一層滝を幻想的にします。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

宮の滝(大峰)

宮の滝(みやのたき)
奈良県五条市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・十津川⇒熊野川
落差・・40m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・一瞬
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道168号線を、五条から十津川に入る手前、篠原方面へ入る県道235号線へ入ります。
235号線をずっと進んでいくと、メインの舟ノ川へそそぐ支流に掛かる小さな橋と共に道が分岐します。
道なりにまっすぐと、宮に滝へ上がる道、そして舟ノ川の方へ降りる道に分かれます。
宮の滝方面へ少し登って行った所に流れています。


H30.7.10


県道235号線は細くてクネクネした林道です🌳
気象条件によっては辺りの景色が変わります⛅

235号線の分岐は道なりにまっすぐ行くと行き止まりです✖
舟ノ川の方へ降りていくと、迷い滝をかける日裏谷や黒滝の掛かるイブキ嵓谷などへ行きます🌊

 

宮の滝▼


道路沿いにあるお手軽滝としてはなかなか良いクオリティです🌳
落差もそこそこあり見応えはあります(∩´∀`)∩



楓の葉っぱが光に当たり非常に美しく輝いています( ゚Д゚)
紅葉の時期はかなり風流のある景色が期待できそうです( *´艸`)

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

木々に囲まれた緑の美しい滝です。
やや離れ気味の段瀑で、総落差自体はそこそこあります。
これくらいの規模の滝が道路の横に掛かり、すぐに見られるのは嬉しいですね。

奈良県の滝に戻る

迷い滝(大峰)

迷い滝(まよいたき)
奈良県五条市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑、段瀑
水系・・十津川⇒熊野川
落差・・80m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★★☆
時間・・・入渓から150分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道168号線を、五条から十津川に入る手前、篠原方面へ入る県道235号線へ入ります。
235号線をずっと進んでいくと、メインの舟ノ川へそそぐ支流に掛かる小さな橋と共に道が分岐します。

道なりにまっすぐと、宮に滝へ上がる道、そして舟ノ川の方へ降りる道に分かれますが、舟ノ川へ降りる方へ進みます。
川を渡って分かれ道がいくつかありますが、道なりにまっすぐ進みます。
途中土砂崩れを直したようなところを通りますが、車で通れるのでまだ先へ進みます。

しばらく行くと、左の舟ノ川には壊れかけの堰堤、正面には火の用心の布と広場、道は斜め右方面へと続く少し開けた場所に出ます。
ここで駐車し川へと入ります。


H30.7.10


県道235号線は細くてクネクネした林道です🌳
気象条件によっては辺りの景色が変わります⛅

235号線の分岐は道なりにまっすぐ行くと行き止まりです✖
川の方へ降りてさらに林道を進んで行き、写真▼の所まで行きます🚘🏍

ココから堰堤の上に行くことができ、堰堤から川へと入っていきます🌊🐾
ちなみに堰堤を渡ったら半分荒廃した遊歩道があり迷い滝まで行けますが、序盤から激しく崩壊しており、通れないことはないですが非常に危険です⚠

川から直接行く場合も日裏谷雄滝までは行けますが、そこからはいったん遊歩道へ登ります(=゚ω゚)ノ
※なので途中までは▶日裏谷雄滝を参照してください。

迷い滝に匹敵する規模を持つ名瀑、日裏谷雄滝👉
この滝の右岸 (向かって左側) から林道へ上がります٩( ”ω” )و

右岸側へ巣こそは行った所にガレのような崩れた感じになったところがあります👀
そこから登っていきます(=゚ω゚)ノ

傾斜がきつく滑りやすいので気を付けてください⚠
しばらく登っていくと石積みが見えてきて、その上に遊歩道があります(∩´∀`)∩🌳

遊歩道の途中で垣間見える迷い滝▲
遠目に見てもその圧倒的存在感が伝わってきます👀(‘ω’)
しばらく歩くと徐々に川の音が近づいてきます🌊

そして遊歩道の行く手を支流の流れが遮ります(‘Д’)
ココから再び川へ降ります٩( ”ω” )و

ちなみに遊歩道をさらに進むと、迷い滝の右岸のどこかに出るのだと思います🌊🗻

ココからは小滝が連続し、巻きと直登の連続となります🐾
しかし下流付近と違い日当たりが良く、とても気持ちの良いコースです(∩´∀`)∩

少しずつ明らかな断崖絶壁が見えてきます🌳🗻
最後は岩をどんどん登っていきます🐾٩( ”ω” )و

 

迷い滝▼





これは聞きしに勝る超名瀑ですね~( ゚Д゚)
前衛の日裏谷雄滝も想像以上でしたが、やはりこいつがトップですね( *´艸`)
見る価値大いにアリです🌊✨✨



美しい分岐瀑ですが、微妙に段になっています( ゚Д゚)
それにしてもかなりでかいです(‘Д’)👀
本当に80mかな~?もっとあるように見える(´・ω・)
とりあえず下段を登っていきます٩( ”ω” )و🐾



滝の中ほどまで岩をよじ登ったところで、滝の目の前を横切ります(∩´∀`)∩
2手に分かれ幅も広いため、かなり大きいです🌊
水量もかなりあり、確実に十津川水系で一番の名瀑でしょう⊂⌒~⊃。Д。)⊃



岩場の所々に花が咲いています🌺
それにしてもすごい岩場です👀
ホントに自然の力とはすごいですね( *´艸`)🌳



どれだけいても何度見ても飽きません👀( *´艸`)
写真撮りすぎちゃったよ(´・ω・)
でもそれだけ素晴らしい滝です(∩´∀`)∩



ちなみに帰りは川に降りてきた支流の所からは遊歩道を通りましたが、何カ所かはだいぶ派手に崩れています(;´Д`)
まあ帰ってこれたんでいけないことはないのでしょうけど…

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★☆

大きさも水量もあり、恐ろしいまでの整った大きな岩壁、辺りの緑など、どれをとっても名瀑の要素を踏まえており、個人的には十津川水系で1番の滝です。
大きな岩の両側から落ちる特異な容姿で、名前通りの迷い滝です。
そこに水量もあるため、左右に広がり高さも相まってかなり大きく見えます。
また、真下から見上げてもすさまじい迫力ですが、遠望でもとてつもない存在感を放っています。
奈良県には全国でもトップを争うほど名瀑が存在しますが、その中でもトップクラスの名瀑ではないでしょうか。

奈良県の滝に戻る

日裏谷雄滝(大峰)

日裏谷雄滝(ひうらたにおすたき)
奈良県五条市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑、分岐瀑
水系・・十津川⇒熊野川
落差・・70m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入渓から90分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道168号線を、五条から十津川に入る手前、篠原方面へ入る県道235号線へ入ります。
235号線をずっと進んでいくと、メインの舟ノ川へそそぐ支流に掛かる小さな橋と共に道が分岐します。

道なりにまっすぐと、宮に滝へ上がる道、そして舟ノ川の方へ降りる道に分かれますが、舟ノ川へ降りる方へ進みます。
川を渡って分かれ道がいくつかありますが、道なりにまっすぐ進みます。
途中土砂崩れを直したようなところを通りますが、車で通れるのでまだ先へ進みます。

しばらく行くと、左の舟ノ川には壊れかけの堰堤、正面には火の用心の布と広場、道は斜め右方面へと続く少し開けた場所に出ます。
ここで駐車し川へと入ります。


H30.7.10


県道235号線は細くてクネクネした林道です🌳
気象条件によっては辺りの景色が変わります⛅

235号線の分岐は道なりにまっすぐ行くと行き止まりです✖
川の方へ降りてさらに林道を進んで行き、写真▼の所まで行きます🚘🏍

ココから堰堤の上に行くことができ、堰堤から川へと入っていきます🌊🐾
ちなみに堰堤を渡ったら遊歩道があり迷い滝まで行けますが、序盤から激しく崩壊しており、通れないことはないですが非常に危険です⚠
そして日裏谷雄滝は川からでないと見れません👀


堰堤から川へ入ると、しばらくは平坦な川原を進んで行きます(=゚ω゚)ノ
すると今度はちゃんとした堰堤が現れます(;´・ω・)

こいつがなかなか厄介です(;´Д`)
結果的に右岸 (向かって左側) の岩と堰堤の隙間から力づくで登りましたが、結構難しいと思います(‘Д’)

この堰堤を越えたらまたしばらくは平坦な川原です🌊

しかし、先ほどより雰囲気が谷深い感じになってきます( ゚Д゚)

そしてその先で大きな釜の小滝が現れます🌊
ココは少し手前から右岸 (向かって左側) を少しよじ登り、正面の岩の上から越えていきます🐾
ちなみに泳げばすぐ越えれます(‘ω’)


この小滝を越えた先から徐々に傾斜が出始めます(=゚ω゚)ノ
やっと雰囲気以外の面でも渓谷らしくなってきました(∩´∀`)∩

そしてまたしばらく行ったら、先ほどより更に大きくて深い釜と共に川は左に90度曲り、30mくらいの中規模の斜瀑が掛かります(=゚ω゚)ノ


ココも右岸 (向かって左側) から登ってきます🐾
傾斜がそれほどないので、途中までは岩肌を快適に登って行けます(∩´∀`)∩

問題は滝上部です(;´・ω・)
最後の所は写真左側の岩の隙間から無理やり進んで行きます(;´Д`)
滝をもろに浴びながらになるので、流されないように頑張りましょう٩( ”ω” )و


滝の上まで登ってしまえば爽快な景色とやったった感で満たされます(∩´∀`)∩
そしてここからはそれほど難しい箇所はないと思います(=゚ω゚)ノ


しばらく進むと目の前が開け始めます👀🌳
そして滝の轟音が遠くに聞こえます( ゚Д゚)

ココから少し先で日裏谷本谷と三嵓谷に分岐します🌊
その傍らにまず日裏谷雌滝が掛かります(=゚ω゚)ノ


雌滝の前には大きな岩があり、その上から滝の上部の方を見ると何かとてつもなく大きな滝の気配がします(´・ω・)
雌滝は直登は不可能で、少し手前から右岸 (向かって左側) の茂みを登っていくと越えていけます🐾

下に雌滝を見ながら上流へ向かって進みます٩( ”ω” )و
岩の上を流れる水の様子はどことなく自然の険しさが伝わります(。-`ω-)

 

日裏谷雄滝▼



これは非常にうれしい誤算でした( *´艸`)
迷い滝以外の滝については情報もなく、下調べもそれほどしてなかったのでこの滝がココまで大きいとは思ってもいませんでした⊂⌒~⊃。Д。)⊃

せいぜい30m~40mあればいいなぁ、と思っていたら70m程はあると思います(∩´∀`)∩
そして水量もかなり多く迫力があり、辺りの景観も素晴らしいものがあります( ゚Д゚)



ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

高さも水量も景観もそろった極めて素晴らしい滝です。
迫力はすさまじく、滝前にいると水しぶきでビチャビチャになってしまいます。
どうしてこんな滝があまり表に出ず埋もれているのか不思議なくらいです。
この上流の迷い滝に負けないくらいの巨瀑で、間違いなく熊野川水系中指折りの名瀑と言えます。

迷い滝へはコチラ

奈良県の滝に戻る

南谷滝(十津川)

南谷滝(みなみたにたき)
奈良県吉野郡十津川村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・十津川⇒熊野川
落差・・45m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・駐車場所から90分間程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶川へ降下
|▶南谷滝
|▶Information

H30.3.25

 


行き方・場所・アクセス▼

南谷滝は十津川村の北東端、大峰山の釈迦ヶ岳の西側に位置します📍

国道168号線、谷瀬の吊り橋の北側の田長瀬トンネルの南側から旭ダム方面の林道へ入りまっすぐ進んでいきます🐾

旭ダムを越えてしばらく走ると、少し道路がきれいになり広くなったところで、釈迦ヶ岳の登山道と、南谷滝の掛かる宇無の川へ降りていく道との分岐があります(=゚ω゚)ノ

この分岐を左側の川へ降りていく方の道へ入りますが、すぐに車両が通行できる様な路面ではなくなるので、その手前の開けたところのどこかに駐車します🅿

 

ーーーーーーー

分岐を左の宇無の川方面へと降りていくと、▶地獄滝や▶極楽滝の掛かる中ノ川出会いと恐怖の吊り橋、そこからしばらく進んで赤滝が出てきます🌊

歩いていると突如現れる赤滝👉
南谷滝はこの少し手前の林道の下にありますが、川へ降りるポイントがこの先にあるため、一旦ここを通り過ぎる必要があります(´・ω・)

重複する箇所も出てくるので、途中までの詳しい行き方等は▶赤滝を参照してください

入り口からは基本的にまっすぐ道なりに歩いていくだけですが、かなり道中荒れているので足元に注意してください(‘Д’)

 

 


川へ降下▼

赤滝を過ぎて少し行くと、左側の川側の茂みの方に赤テープがあります👀
かなり分かりにくいですがやや踏み跡っぽくなっているのでよく見ましょう(‘Д’)
途中で見える岩山の姿はすさまじいです( ゚Д゚)

踏み跡を頼りに川の方へ降りていきます🐾
途中なにやら残置物の散らかった箇所があります( ゚Д゚)
昔の工事の名残でしょうか👷
この先で川原に降り立てます🌊

 


川へ降り立ったら早速下流側へ進みます(=゚ω゚)ノ
迫力のある岩壁が正面にそびえ立ちます⊂⌒~⊃。Д。)⊃
水もとてもキレイですね(∩´∀`)∩
そしてやがて大きなハノ字型の滝が見えてきま👀

 

 


南谷滝▼



逆行がかなり強烈です(*´Д`)
しかしキレイな2条末広がりの滝です🌊
上の方は逆行と岩に阻まれて見えません👀

片方は滝壺はなく滑らかに岩の上を流れていきます✨
赤みがかった岩に張り付いた緑が非常にきれいです🌱
水も透き通っています💧

 

見た目からすると、上の赤滝よりもこちらの方が赤滝です( *´艸`)
ホントに連続してそびえ立つ岩壁のココだけ水が流れているかのように、川に直接流れ込みます🌊




 

南谷滝の正面にはデッカい岩があります(‘Д’)
登れるかな~と思ったけど無理でした(;´Д`)
仕方ないので岩の下から📷
い~感じです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーー

この滝の上は来る途中に通ったはずなんだけどな~(´・ω・)
と思って滝の上がどこになるのか探しながら歩いていると、なんとこんな人工的な所なんです( *´艸`)
湧水がコンクリートの壁の穴とか上とか下から流れ出ています(‘Д’)


湧き水が南谷滝の流れの源でした💦
水も透明できれいなはずですね(∩´∀`)∩
流れていくのが見えますがココから滝は当然見えません👀

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

赤みがかった岩壁にキレイに2条になって流れます。
高さはかなりありますが落ち口が何処かはハッキリと見えません。
ハノ字型のキレイな末広がりの容姿ですが、右の流れと左の流れで雰囲気が違い、滝壺の有る無しや岩の苔感など、それぞれ個性があります。

川原の情景はキレイな水に開けた空間に、美しく見ていて和む滝と、正面に広がる荘厳な岩壁が融合した、豊かで厳しい自然の姿をそのまま投影したかのようです。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

赤滝(十津川)

赤滝(あかたき)
奈良県吉野郡十津川村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・十津川⇒熊野川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・駐車場所から60分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶林道歩き
|▶赤滝
|▶Information


H30.3.25

 


行き方・場所・アクセス▼

赤滝は紀伊山地 大峰山の釈迦ヶ岳の西側に位置します📍

国道168号線は奈良五条市から十津川の間は名瀑地帯でもありますが、赤滝の掛かる旭川および宇無の川もココにあたります🌊

 

国道168号線谷瀬の吊り橋の少し北側、田長瀬トンネルの南側の新旭橋の横から旭ダム方面の林道へ曲がり、ぐるっと国道168号線をくぐりまっすぐ進んでいきます🐾

ココから結構距離があります(‘Д’)
旭ダムを越えてさらに上流側へしばらく走ると、少し路面がきれいになり開けた感じのところで釈迦ヶ岳の登山道へ登っていく道と、左側の川の方へ下る分岐があります(=゚ω゚)ノ

それを下り川の方へ出ますが、分岐に入ってすぐ路面がでっこぼっこで車両は通行困難なので開けたところのどこかに車を止めれそうなスペースは十分にあるので駐車します🅿

 

ーーーーーーー

大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

 


林道歩き▼

釈迦ヶ岳登山口との分岐を左の方へ、この先少し行った所で路面が崩壊しているうえにUターンのスペースもないので、車はその前の広くなった所に停めます🚘🏍

ココは以前中ノ川の地獄滝や極楽滝を訪れた際に通りましたが、相変わらず放棄された感がすごい道です( ゚Д゚)
以前来た時よりも荒れてる感じがします👀

ただ山々の景色は非常によく、横に流れる川もそこに流れ込む支流や湧水も相変わらずいい感じです(∩´∀`)∩


このまましばらく、と言うか赤滝までずっと荒れ果てた林道をひたすら歩くことになります🐾
歩きにくいですしクマ注意の看板⚠もありますが、迷う心配はほぼ無いでしょう🌳

 

ーーーーーーー

30分~40分ほど歩くと中の川へ渡る恐怖の吊り橋が出てきます(;´Д`)
いつ見ても恐ろしいですが、遂にバリケードが張られています⚠
この対岸に見える中ノ川の出会い滝の上流には▶地獄滝や▶極楽滝をはじめ、いくつかの名瀑がかかります🌊

 

この恐怖の吊り橋を過ぎたあたりから道の荒廃具合がかなり増してきます(;´・ω・)
崩れた箇所もですが、倒木の数が相当多く、狭い隙間を縫って進んでいかなければなりません🌳

こんな所にも大きめの堰堤があります👀
この道は昔これを築くために整備されたのかな❓
それにしてもよくこんな所にこんな堰堤を造ったものですね(;’∀’)

ホントに山奥へ入ると時々こういった人工建築物を目にしますが、その度にスゴイな~と思います( ゚Д゚)

林道を走っている途中でダムもありますが、あの旭ダムもスゴイところにあります🌊
この堰堤もあのダムを造る時に出来たのでしょうか・・・

どちらにせよ、この道は多分これらが造られて以来完全に放置なんでしょうな~(´・ω・)
まぁ土台はできてるんで修復しようと思えばすぐなんでしょうけどね🛣

 


あの堰堤を最後に堰はこの先見当たりません👀
そして代わりに湧水群がコンクリートの壁やその周辺から大量に流れ出しています🌊
そこを過ぎると大きな流れが見えてきます( ゚Д゚)

 

 


赤滝▼


荒廃しきった足場のむっちゃくちゃ悪い林道をひたすら進んでいくと、突如大きな滝が右側に現れます🌊
高さもありますが幅もかなりあるのでとても大きく見えます👀


赤みがかった岩肌を幾重にも分岐して複雑に流れ落ちます💦
まるでがけ崩れにそのまま水が流れているような感じです(‘Д’)
滝壺という滝壺はなく、落ちてきた水はそのまま道を流れさらに川の方へと流れ落ちていきます🌳

流れは非常におとなしく優しく、あまり音もないのでホントに姿が見えるまで滝の存在を感じ取りにくいです(´・ω・)
傾斜はきついですが、デコボコの岩壁がこの流れと形を決定づけます🌊





 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

道沿いにいきなり現れるので一瞬あっけにとられますが、すぐにこの滝の出立にテンションが上がります↺
何本にも分岐している分、流れは優しいですが高さが結構あるので迫力はあります。
名前通り赤みがかった岩壁がベースで、形も相まってなかなかインパクトの強い滝です。

ちなみにこの先で川へ降りれます。
降りた先には▶南谷滝があります。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

双門の滝(石の双門)(裏双門)

双門の滝(そうもんのたき) 石の双門・裏双門
奈良県吉野郡天川村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑(裏双門滝)
水系・・熊野川
落差・・?m
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★★☆
時間・・・入口から180分程(石の双門)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道309号線沿いに入り口があります。
入り口までの道のりはさして分かりにくくはありませんが、道が狭いのと路面が悪いです。落石にも注意です。


H27.8.27


前回は大滝、一の滝・二の滝・三の滝は見たのですが、石の双門をまだ見ていないのででリベンジです٩( ”ω” )و
基本的に途中までは遊歩道を進んでいきます🐾
大滝までの詳しい行き方は▶双門の滝を参照してください。
三の滝へは▶(その2) 紅葉・二の滝・三の滝を参照してください。

ココを登るのはこれで4度目になりますが、相変わらずの景色たちです( *´艸`)
天気も良いので非常に景観が良く、川や水が残暑の暑さには程よく気持ち良いです🌊✨



このコースは個人的に大好きで、何度来ても良いです(∩´∀`)∩
そして双門大滝は何度見ても飽きることがありません✨✨

さて、今回はここからが問題です(=゚ω゚)ノ
石の双門へは遊歩道は無く、明確な目印も無いため、無理やり自力でいかなければなりません(;’∀’)

双門の滝のテラスからハシゴを登っていくと、ほどなくして遭難者の慰霊碑が右側の景観の良いところにあります(‘Д’)

ここに来るまでの間に、写真▼のようにワイヤーが左側の山側に向かって伸びている所が何カ所かあります👀

このような所が良く見ると2・3ヵ所あります。

どれもワイヤーの伸びる先へと進んでいくと、木にワイヤーがぐるぐる巻きになったところに出ると思います🌳
まだこの先もワイヤーは伸びています(‘Д’)
この先のちょっとした谷みたいになったところも、ワイヤーを左側に目印にしながら越えていきます(=゚ω゚)ノ


その先で、木がバッキバキになったところに出ます( ゚Д゚)
来た道を見失わないように気を付けてください(=゚ω゚)ノ

よく探すとまだワイヤーは奥へと続いていますが、まっすぐはハズレです。
以前そのまま進んで細い川を越えて、開けたとこに出ましたが、その先で行き詰ります(´・ω・)

本当の道はこの木の所らへんから下の方へ降りていきます(=゚ω゚)ノ
良~く探すと木にテープが張ってあるのが見えます👀
しかし非常に分かりにくいです。


私は最初のテープは良かったのですが、3つ目くらいから見つけれれなかったため、木の下の岩壁沿いに降りていき、途中から無理やり降りていきましたが、何と辿り着きました(∩´∀`)∩
左側の岩壁を見失わないように降りていけばたどり着けると思います。

 

石の双門▼

早速中へと入ってみましょう٩( ”ω” )و
しかし、すごく神秘的で、もともと少し雰囲気の違う弥山川逆行コースですが、さらに神がかり的な雰囲気が漂っています( ゚Д゚)



天井の岩からは木も生えています🌳
めちゃくちゃ大きな石の門です( ゚Д゚)✨✨



裏側へ周るときっちり石のアーチになっています(∩´∀`)∩
自然のものとはは思えぬ、まるで人口の造形物のようです( *´艸`)




石の双門の中からの眺めは最高に良いです🏞✨✨
天気が良いので本当に良かったです☀

ただし、石の双門の中はいつ落石があってもおかしくありません。
それも特大の落石も余裕であり得そうです。
出来れば入らない方が良いです。

先に以前来た時細い川を越えてと記しましたが、ピンと来た人もいたのではないでしょうか?( *´艸`)
その細い川こそ裏双門の上流です✨
石の双門から出てさらに山の奥の方へと進みます٩( ”ω” )و

少し行った所に川が出てきます(∩´∀`)∩
以前来た時は増水していたので川になっていましたが、普段はほとんど水が流れておらず、所々水溜まりができている程度です。

この川を下流へ向かって降りていきます(=゚ω゚)ノ
途中から大きな石の溝へと姿が変わります( ゚Д゚)


落ち口付近に大きな倒木があります🌳
ココをさらに降りていきます。
落ち口付近になると、チョロチョロですが水が流れ始めます🌊

裏双門の落ち口▼

ココもかなりの絶景です✨🌳
ただ、落ち口の直前は非常に危険です。
近寄りすぎないようにしましょう。

裏双門👉
双門大滝より高さはあると言われていますがどうでしょう❓


👈前回来た時の裏双門
増水していたので、上流の川にも少なめですが水が流れていました。
うっすらとですが水が流れているのが分かります( *´艸`)

ちなみに石の双門は遊歩道からも少し離れ、ほとんど人が来ることもありません(´・ω・)
この日、石の双門の上はどうなっているか見に行こうと思ったのですが、途中で足元に何か白い塊が…(;’∀’)❓
写真には撮ってませんが、動物の骨っぽいです💀
上半身だけでキレイに白骨化していました。
クマにでも襲われたのかな( ゚Д゚)❓🐻

何となく恐ろしくなったので速やかに引き返します٩( ”ω” )و💦

そして3の滝の下から入り、2の滝の落ち口付近で昼ごはんです🍴
相変わらず良い眺めの場所です👀
このコースでも指折りのお気に入りの場所です🌳



ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★★
到達感・・・・★★★★★

石の双門は入り口の時点で非常に秘境感があり、異世界への入り口かのような神秘的な雰囲気です。
裏に回るとその大きさが直に分かります。
ちなみに双門の滝の双門とは、この石の双門に由来しているそうです。

裏双門は普段はほとんど水がありませんが、ちゃんと川の形をしているのですぐに分かります。
落ち口付近はほとんど岩の床と壁で、険悪な弥山川逆行コースを象徴しているかのようです。

奈良県の滝に戻る

十二滝(十津川)

十二滝(じゅうにたき)
奈良県吉野郡十津川村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・十津川⇒熊野川
落差・・65m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・一瞬
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶十二滝
|▶Information


H29.4.16

 


行き方・場所・アクセス▼

十二滝は奈良県十津川村の南端国道168号線沿いに位置します📍

十津川温泉郷の南側、ほとんど十津川村と和歌山の田辺市の境界付近に位置し、もう少し南側へ進めば熊野本宮大社湯峰温泉などがあります(=゚ω゚)ノ

朝霧残る国道168号線は非常に幻想的な景色の場所が多く、この辺りもそうです👀

道路を走っていると、山側に突如 見上げるような大きな滝が現れ、目移りしてしまいそうになるので運転には十分気を付けてください🚘

 

ーーーーーーー

大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、奈良交通バスJR和歌山線 五条駅 から、もしくは近鉄電車 大和八木駅高田市駅御所駅などから来ています🚌

最寄りは二津野停留所で、十二滝まで約1kmちょい🐾

ただ、本数が非常に少ないので時間を見ておくことと、一回降りたら次のバスが来るまでメッチャ時間がかかる点は覚えておきましょう🚏

JR和歌山線 時刻表
・・・王寺駅~和歌山駅
・・・(五条駅下車)

近鉄電車 大阪線 時刻表
近鉄電車 南大阪線 時刻表
近鉄電車 御所線 時刻表
・・・(大和八木駅 or 高田市駅 or 御所駅下車)


新幹線+ホテルセットプラン

 

奈良交通バスHP
・・・葛城営業所 301、302番
・・・(二津野下車)

 

 


十二滝▼


この▲右側に入ったところにあります( *´艸`)
車を止めるスペースも一応あります🚘🏍

やや岩壁に隠れた所に落ちるため、北側から来るとホントに運転中にいきなり出てくるので驚きます( ゚Д゚)
事故しないよう気を付けましょう⚠

水量はそれほどなく一見細身なので、かなり高さが増して見えます(‘Д’)
岩壁にも迫力があります👀
吉野には、こういった道路脇に流れる、または隠れた名瀑がいくつか存在します📕

 

滝のふもとでちゃっかり花が咲いているのがまたいい感じです🌸
時期によってはこの八重桜がとてもいいアクセントになりそうですね(∩´∀`)∩

道路脇ですぐに見れるうえに、滝の目の前まで行けるお得感⊂⌒~⊃。Д。)⊃
流れは優しいですがしっかり滝壺もあります🌊
よく見ると微妙に右岸側に分岐していて、それも考慮すると滝幅はあります。
増水時には化けるかもしれませんね( *´艸`)

滝壺から下流はすぐに橋をくぐって急傾斜を十津川へと下ります💧
しかしこの道路ができた当初は今ほどの建築技術もなく、よくこんな所に道路や橋を作れたよねと言った感じがまた素晴らしいです( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

細身で高さがあるので、よけいかなり高く感じます。
ホントに道路のすぐ横に落ちていて、おまけに滝前まで行けます。
十津川温泉や熊野本宮大社からも近く、熊野十津川にお越しの際は、車やバイクならすぐ行けるところにあるので、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
また、ホント普通車1台分くらいですが、車を停めれるスペースもあるので休憩がてら寄ってみるのも良さそうです。
わき見運転注意⚠

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

笹の滝(十津川)

笹の滝(ささのたき)
奈良県吉野郡十津川村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・十津川⇒熊野川
落差・・30m(公)
🏆日本の滝百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口からすぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶笹の滝
|▶Information


H29.4.2

 


行き方・場所・アクセス▼

笹の滝は奈良吉野の十津川村東部、大峰山の釈迦ヶ岳の南西側に位置します📍

国道168号線十津川温泉郷の北側の風屋ダムの北側に、ぐるりと180度曲るカーブのところに笹の滝の看板があり、滝川公会堂や笹の滝方面の道が分岐しています👀

そこから看板の方、川沿いの道へ入ります(=゚ω゚)ノ
地図上では分岐がいくつもあるように見えますが、実際走ると道なりにまっすぐ進んで行くだけで、案内も点々としてるので分かりやすいと思います🌳

そのまま道なりにしばらく進んで行くと、笹の滝茶屋がありその先に駐車場と入り口があります🅿

ちなみに公共交通機関は奈良交通バスJR和歌山線 五条駅 から滝川口 (国道168号線の笹の滝の看板のところら辺) まで来ますが、そこからかなり距離があり現実味に欠けるので省きます🚏

 

ーーーーーーー

大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

 


遊歩道▼

笹の滝の入口▼
階段を上がって川の方へ出ます🌊

これを登ると川沿いに遊歩道が伸びていますが、ぶっちゃげ滝まではすぐです🌊
岩場を歩いたりなど、足元は滑りやすいので注意です⚠

この苅安谷はオレンジ色がかった、独特の岩が特徴的です✨
この岩に水の色も不思議な感じになります(‘Д’)
ここらの岩は花崗岩という火山岩の一種だそうです📚

 

この大きな岩▼をくぐったら笹の滝です🍃
短い距離の中にも楽しませてくれるポイントがありますね(∩´∀`)∩

 

 


日本の滝百選 笹の滝▼

やがて滝の姿が見えてきます(*‘∀‘)
広々とした岩場の奥に見事な直瀑が掛かります🌊


ハシゴを登ったら滝前に出ます🐾
けっこう水量が多く水しぶきがすごいです💦
まだ4月のこの時期、滝前はかなり寒いです(;´Д`)

滝壺は大きく深いです🐟
滝の姿も滝壺の深さも、これらを形成する茶色い岩とよく合います(*‘∀‘)
岩を乗り越えて滝の目の前まで行けますが、滑って川に落ちないように注意です⚠

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーー

ちなみに入り口まで引き返して林道をさらに登ったところにある不動滝▼
そんなに大きな滝ではありませんが、岩の溝の中を流れてくる様は実に面白いです( *´艸`)✨

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

独特の岩の色と滝の容姿がとてもよくマッチしています。
あまり他にはない空気感を持った滝です。
この滝は滝正面の岩場と一緒に写されている姿をよく見ますが、確かに広々とした岩場も見どころで、オレンジがかった茶色い岩の上を流れる様子、流れ方、滝も合わせた全体的な景観など、一体的な眺望も素晴らしいです。

ちなみに左岸 (向かって右側) のガレっぽいところの鎖を越えて滝の上に登れます。
この沢もなかなか魅力的な沢です。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る