くろくまの滝

くろくまの滝(くろくまのたき)
青森県 西津軽郡 鰺ヶ沢町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・赤石川
落差・・85m(公)
🏆日本の滝百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶遊歩道
|▶くろくまの滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.9.29

 


行き方・場所・アクセス▼

くろくまの滝は青森県西部、富士山の様にきれいな三角を描く岩木山の西側に流れる赤石川上流域に位置します📍

秋田から津軽地方南部の沿岸を通り青森市街へと伸びる国道101号線、深浦町から鰺ヶ沢町へ入った少し先で赤石川沿いに伸びる青森県道190号線へ入ります🛣

国道101号線と県道190号線の間に微妙に県道3号線が挟まっていますが、交差点辺りからは案内も出ているので、それに従うと良いでしょう👀

道なりに進んでいると県道190号線から191号線に切り替わり、イトウ養殖場の所で林道へと切り替わり、そのまま林道をずっと進んで行くと、くろくまの滝の駐車場と入り口へ到達します🌳

 

イトウ養殖場の先の白神大然河川公園の先はゲートがあり、気象状況などによっては通行止めになる事もあるようです🚘

実際その先は道もかなり細くなり、山間を抜ける林道となります🏔
ちなみに公園には自然観察館ハロー白神や、白神キャンプ場などもあります⛺

キャンプ場情報等はコチラ▼
あじ行く?HP

 

ちなみに余談ですが、9月終わりごろから10月頭頃の県道190号線、191号線は稲の収穫時期で、道路の両脇の黄金色がとてもキレイです🌾
田舎の景色をあまり見ることのない人にはぜひ一度見てもらいたいですねぇ(∩´∀`)∩

 

 


遊歩道▼

くろくまの滝駐車場▼
川沿いの細い林道を進んで行くとポカンと開けた駐車場が現れます🅿
林道はこの先も続いて行きますが、くろくまの滝へはココで駐車します🚘

駐車場のすぐ先にくろくまの滝の掛かる川を渡る橋があり、その横に遊歩道の入口があります(=゚ω゚)ノ
ココからざっくり10分~15分といったところ🐾

 

以前はくろくまの滝の上流の二の滝や支流の三の滝へも急傾斜の遊歩道が伸びていたようですが、現在は遊歩道崩壊のためかそちらは閉鎖されています🌳
いつか機会があれば是非力づくでそちらへも回り込んでみたいですねぇ(*‘∀‘)



そんな訳で遊歩道もほぼ1本道(=゚ω゚)ノ
道に迷う心配はまぁないかと思います🌳

 

 


日本の滝百選 くろくまの滝▼



やがてくろくまの滝が見えてきたら遊歩道終点です🌳
見事な巨瀑で、少し離れた遊歩道の終点地点からもその迫力がヒシヒシと伝わってきます🌊
高さもですが幅もかなりあります( ゚Д゚)

 

せっかく関西くんだりから青森まで来たので、滝の前まで行ってみようと思います🐾
策の先にも踏み跡はありますが、すぐに足場が陥没している所があり危険⚠
草もボーボーで正面も足場も見えにくく、危ないのでマネしないでください✖

川まで降りたらボーボーの両脇の僅かな踏み場やヌルヌルの岩伝いに奥へ進んで行きます٩( ”ω” )و
近付くほどに見上げる首の角度もどんどん変わってきます( *´艸`)


川は滝の正面で思いのほかグニャりと曲っており、滝の下部分を遮るようにキレイな緑の丘が張り出しています🍃
所々に小さな花なんかも咲いており、とてもいい感じ🌼


 

滝の正面はものすごい水しぶき💦
滝壺の前に出たら一瞬でビッチャビチャです(;´・ω・)
遠目に見るよりもずいぶん水量は多いようです🌊
そこに高さと傾斜があるためスゴイです(∩´∀`)∩





ストーンと落ちる滝にはその良さがあるように、岩肌を広がりながら流れる滝はこの幾筋の純白の水の流れの軌道という特有の美しさがあります(*‘∀‘)✨
霧のようになって岩から離れていく部分、その下で岩壁を彩るように流れる部分、流れのはやい部分遅い部分と、どれを見てても飽きません🌊



 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

壮大な岩壁を幅いっぱいに流れてくる様子は爽快な眺めです。
水量も基本的にしっかりしており、その岩壁にもかなりの力強さと迫力があり、またそれを取り囲む木々は美しい緑の輝きを与え、壮大にして優雅な景観を織り成しています。
日に照らされ真っ白に輝きながら岩壁を伝い流れる水の流れは非常に美しく、その大きさがより一層そんな美しさを引き立てています。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

青森県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る

門前大滝(男鹿)

門前大滝(もんぜんおおたき)
秋田県 男鹿市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・海岸瀑
水系・・祓川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・駐車場から15分
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶門前大滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.9.28

 


行き方・場所・アクセス▼

門前大滝は秋田県 男鹿半島の南西端の海岸線に位置します📍

男鹿半島の主要道、秋田県道59号線 (おが潮風街道) から門前漁港の方へ降りていきます(=゚ω゚)ノ

県道59号線のちょうど門前駐車場 (なまはげ立像) の少し下で斜めに道が分岐し、そちらへ入り道なりに少し進んだら終点、駐車場が出てきます🅿

 

男鹿へは秋田自動車道昭和男鹿半島I.C国道7号線から国道101号線に入ると、そのまま県道59号線の分岐まで続きます🚘

ちなみに秋田市側からくる場合はポートタワーセリオンのある港湾通りから秋田県道56号線 (秋田天王線) を抜けてくるルートが景観が良くおすすめ( *´艸`)

ポートタワー道の駅 あきた港、海沿いにずらりと並んだ風力発電の風車はなかなか見ものです(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

公共交通機関JR男鹿線男鹿駅脇本駅などから男鹿市バス門前駐車場まで出ています🚏

門前駐車場からは入り口となる海岸線まで階段を降りてすぐです🐾

JR奥羽本線 時刻表
・・・福島駅~青森駅
・・・(追分駅乗換 ※基本的には秋田駅から直通)

JR男鹿線 時刻表
・・・追分駅~男鹿駅
・・・(男鹿駅下車)

 

男鹿市HP
👉市政👉地域公共交通
👉船川・椿・北浦・戸賀・男鹿中方面
・・・男鹿南線
・・・(門前駐車場下車)

 

 


ルート▼

駐車場所▼
広々とした入り江で、海を見に来る目的でもなかなか良い場所です(∩´∀`)∩

 

ルートはと言うと至って簡単🐾
駐車場の奥から海沿いに進んで行くだけです(=゚ω゚)ノ
港側と反対側の方に道が伸びているのでそちらへ進みます⚓


特にこれと言って難所があるわけではないですが、ごつごつした岩や石だらけで足場はかなり悪いです(;´・ω・)

海側を見るとなかなかの絶景(*‘∀‘)
時期によってはススキや花がキレイです


しばらくして滝の上の方が見えてきます(‘Д’)
かなり大きな滝であるのが分かります🌊
引き続き進んで行きましょう🐾

昔は港だったのかな👀❓
みたいな所があります(´・ω・)
その先にはまるで塔のような岩⛰

 

 


門前大滝▼

海に浮かぶ突き上げるような岩の近くまで来ると、今度は陸側を振り返れば門前大滝が正面に現れます🌊
正面に大滝、後ろに海、何とも贅沢な景観です(∩´∀`)∩

 

ココでもすでに素晴らしい眺めですが、折角なので滝の目の前まで登ります🐾
草ボーボー、岩はヌルヌル、傾斜はそれほどないですが足元に注意しないと一瞬で川にはまってしまいます(‘Д’)



登って行くほどに高さを少しづつ増し、振り返った時の海の情景もどんどん変わり、前を見ても後ろを見ても楽しいですね(∩´∀`)∩
海岸瀑はこの極端な景色の違いが何とも好きです(‘ω’)



 

ーーーーーーー

遂に滝の目の前へ(∩´∀`)∩
遠目には大きな岩壁ですが、真近くまで行くと案外狭いところに流れ落ちています🌊



 

滝の大きさもさることながら、大きな滝には付きものとも言える両岸の岩壁もスゴイ迫力です( ゚Д゚)
滝の真下はあっちを見てもこっちを見ても見上げるような景観です👀

 

当然、ココから振り返った眺めも素晴らしいです(∩´∀`)∩
海とはホントに真正面から見ても少し高い所から見ても絵になりますね~🌊


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

海岸瀑としては破格の落差を持つ門前大滝。
水量は控えめで流れは優しく、しかし岩壁に力強さがあり、遠めに俯瞰しても滝の真近くまで行ってもやはり迫力はあります。
正面から見た形と少し登った所から見た形と、その姿雰囲気にかなり違いがあるのも面白い点ですね。

また海岸側も水平線に岩が突き上げ、素晴らしい絶景です。
滝の方へ登りながら振り返るたびに変わる見え方も楽しいです。
大きな海岸瀑はホントに、前を見ても後ろを見ても素晴らしい眺めです。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

秋田県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

夫婦滝(鞍瀬渓谷)

夫婦滝(ふうふたき)
愛媛県 西条市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・双瀑
水系・・中山川
落差・・30m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★★☆
時間・・・入口から150分程(沢登り)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶夫婦滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.8.19

 


行き方・場所・アクセス▼

夫婦滝は愛媛県 西条市の南西端、西条市の最大の河川である中山川の支流の鞍瀬川源流部に位置します📍

国道11号線から愛媛県道153号線 (落合久万線) に入り、堂ヶ森二ノ森を経由して石鎚山へ登る保井野登山口へ向かう途中に夫婦滝の掛かる鞍瀬渓谷へ降りる道があります🌳

下流にはすさまじい岩壁を割いて流れるかのような貝の口滝が掛かり、石鎚山系の切り立った岩山やエメラルドの流れなど、思わず目を奪われるような箇所が数多くあります👀

貝の口滝の上流に位置するため、渓谷へのアクセスや途中までの道のりは▶貝の口滝を参照してください(=゚ω゚)ノ

 

 


ルート▼

貝の口滝への途中にある神樹のような美しい木▼( ゚Д゚)
水、岩、木、どれをとってもハイクオリティな場所です✨



切り立った山々と清流の景観が美しい鞍瀬渓谷🌳
渓谷美という点ではどちらかと言うと貝の口滝の下流側が核心部🌱

凄まじい様相の貝の口滝▼
まずはこれを巻く必要があります٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーー

一見すさまじい岩々で越えれるのか?、と思いますが、滝の左側の弱々しく水が流れて支流のようになっている谷に道が伸びています🌳
まずはそちらの方へ入っていきます🐾


入ってすぐに正面には大きな岩が詰まり小滝ができています👀
右側には崩れた跡のようになっています🌳

そして左側にはよく見ると赤テープがあり、その先に梯子が掛かっています(=゚ω゚)ノ
どうやら案の定、道はけっこうグルっと大きく高巻く様子🐾

そして梯子を登った所で非常に分かりにくいのですが、よく見ると右側の川へ降りる方に道が伸びているのが分かります▼👀
一見左側へ登って行くように道が続いているかのように見えますが、すぐに行き止まります▼

行きがけ私は右の道に気づかずに崩れた所から登って途中で左に上昇し遊歩道に合流しましたが、危険ですが方向を間違えなければショートカットになります🌳
ちなみに正面の巨岩▼は簡単に越えれそうに見えますが、案外なかなか手を付けれそうな所がないので、ハシゴのから進む方が無難で速いです(‘Д’)

 

さてハシゴを登り再び支流へ降りたら、とりあえず岩伝いに登って行きます(=゚ω゚)ノ
ある程度登った所で左側に案内看板が掛かっています👀
登山道を通ってくるとココに出てくるようですが、どうもどこから伸びてきたのか道が見当たりません(´・ω・)


ただ、上流に向かう道はすぐに分かります٩( ”ω” )و
もう少し登った所でまたまた梯子が掛かっているのが見えます👀
これを登ると本流の方へと道は寄って行きます🌳

 

ーーーーーーー

登山道を通って行く場合、この少し先で道が崩れているので注意が必要です⚠
足場が崩れたというよりは上が崩れて土砂や倒木がかぶさっている感じで、無理やり進めなくはないですが道を見失いやすいので注意です👀❕

 

それを越えたらあとは道を見失うようなところは無いかと思いますが、随分手入れがなされてない様子で荒れているので気を抜かないようにしましょう(´・ω・)




登山道はぐるっと回って先ほどの崩れた箇所の上の方へ回ってきます🐾
傾斜が緩んでいるとはいえ、足場の悪い崩れた跡を渡るので注意❕

その先本流の方へ寄りながら急傾斜を登ります🌳
ピークを越えたら再び川が見えてきます(∩´∀`)∩


そして途中で川の高度が登山道に追いつき合流🌊
この辺りの川はなかなかの険相です👀
桂の木❓みたいなのが見えたらその先で川はカーブし、その先に大滝の影が見えてきます(‘Д’)

 

 


夫婦滝▼


川がカーブしたら見えてくる一筋の大きな滝🌊
その前に一つ釜を越えます🐾
足元滑りやすいですが左岸 (上流に向かって右側) から越えれます(‘ω’)

 



 



▲本流の滝
どっちが何滝なのか分かりませんが、一応左の方もチョロチョロとは言え水が流れているので夫婦滝ですね( *´艸`)
▼支流の滝

 

 

別のカメラでもう一度📷
カメラによって得意な色彩や広角挟角も違い、映り方が変わるから面白いですね👀
ちなみに上のカメラは温かみのある色彩で木々の緑は鮮やかに写り、下のカメラは水の蒼が非常にキレイに繊細な色彩(*‘∀‘)

高さはどちらも同じくらい🌊
統一感がある方が基本的に映りもやはりいいですね( *´艸`)
左側の水量がある時はなかなかの見応えになるのでは👀✨



 

ーーーーーーー

ちなみに、この上流にはまだ30mと70m段瀑の奥夫婦滝がある様なのですが…
フリークライミングでは少しリスクが高そうなので渋々断念(ノД`)・゜・。
また機会があれば挑戦してみたいと思います٩( ”ω” )و

左岸側から侵入していくとこまでは行けますが、その先岩壁に阻まれます✖
無理やり行けなくもなさそうですが、帰りの事や無事に行ける可能性がどれくらいかを考えたら下手に手を出さない方が良いでしょう🌳

途中で見える岩山は絶景です(*‘∀‘)✨
方角的にあの向こうにはおそらく▶高瀑があるハズ🌊

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★☆

本流一筋のキレイな滝と弱々しくも確かに流れている支流の滝の夫婦滝。
ある意味では各々個性の強い滝の双瀑と言えるでしょう。
高さは両方とも同じくらいで全体の景観は整っており、細くまとまってほぼ垂直に落ちる様と、シトシトとごつごつした岩を隅々まで行き渡る様な滴る流れと、案外面白みのある滝です。
水量が多い時は一転して豪快な眺めになりそうですね。
ちなみにこの渓谷は滝以外にも壮大な岩壁やエメラルドの清流が美しく、見どころとなるところが多いです。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

愛媛県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

貝の口滝(鞍瀬渓谷)

貝の口滝(かいのくちたき)
愛媛県 西条市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・中山川
落差・・25m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から90分程(沢登り)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶貝の口滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.8.19

 


行き方・場所・アクセス▼

貝の口滝は西条市最大の河川である中山川の支流、石鎚山系第二の標高の二ノ森を源とする鞍瀬渓谷の川に掛かります📍

四国の主要道、国道11号線、西条から東温へ抜ける山間の落合橋交差点やその対岸側から愛媛県道153号線 (落合久万線) に入ります🌳

県道153号線の奥には堂ヶ森から二ノ森を経由して石鎚山へ登る保井野登山道の入り口があり、その途中に鞍瀬渓谷へ降りるポイントがあります(=゚ω゚)ノ

 

この入口は以前は正規の登山道だったようで、現在は途中で崩れていて廃道のようですが川までへはとりあえず降りれます🐾

と言うか、入り口にはしっかり貝の口滝と上流にある夫婦滝と名が記されています👀

ココへ来る途中、辺りは山々の景色が非常にキレイです(∩´∀`)∩⛰

入口周辺は細い林道で、集落があるため普通車同士ならすれ違いはできそうですが、駐車できそうなスペースは1台か2台分🚘

 

 


ルート▼

では出発٩( ”ω” )و❕
まずは川へ向けて旧登山道を進んで行きます🌳
途中杉の木の群生がキレイな登山道🌲🌲


所々にスズメバチ注意⚠なんて恐ろしい張り紙があります(;´・ω・)
が、一匹も出くわすことはなく(‘ω’)
それよりも川に降りてからアブの大群に襲われて非常にうっとうしかったことの方がこの日は注意でした🐝w

 

ーーーーーーー

しばらくして川の音が聞こえてきます🌊
そしたらすぐに川へ出ます(=゚ω゚)ノ

川へ出たら登山道は右岸へ行ったり左岸へ行ったりと続いて行きます🌳

ただ、川を渡る際にもちゃんとした橋があるわけではなく、ハシゴがあって登ったり下りたりしている感じ👀

基本的には川にずっと沿っているので (後半の方はそうでもない) 、所々で利用するのも手です(=゚ω゚)ノ

そんな訳で私は川を直接進んで行きます🐾
この川も見どころだらけで非常に景観的に充実した渓谷です(∩´∀`)∩



序盤はゆらゆらと流れるわりと平坦な川原で、ゴロゴロした岩を乗り越えたりしながらキレイな水面を堪能し進みます🐾

所々でハシゴが右岸左岸とも点々と出てきます👀
登山道が川を行ったり来たりしています🌳

それにしても綺麗な川です✨
ただ、途中からアブの大群に襲われる…
四国はアブアブブンブン丸が非常に多いというのが私の統計的な見解なので、しっかり対策しておいた方が良いでしょう🐝
アブ対策については個人的なやり方ですがまた後述していきます(=゚ω゚)ノ



しばらくして両岸そそり立った岩壁⛰
ココはなかなかの見所ですね~(*‘∀‘)
暗がりからキラキラした水面がとてもきれいに映ります✨

 

ーーーーーーー



まだまだきれいな川原は続きます🐾
ホントに写真はとってもとっても撮り尽せないし、どれをピックアップして載せようか迷いに迷ってしまいますね(;´Д`)


しばらくして正面に切り立った山々の姿が出てき始めると左岸側に石垣みたいなのが出てきます👀
この辺りから徐々に傾斜が増し始めてきます🌳
その先には爽快な景色が待っています⛰

 

ーーーーーーー

途中にある大きめの小滝▼
岩の詰まったところに掛かる滝壺のキレイな滝です🌊
これを皮切りにココまでと川原の眺めや雰囲気が一変し始めます( ゚Д゚)

ココは左岸の巨岩をよじ登って越えます🐾
ようやくそれらしくなってきましたね(∩´∀`)∩
岩の詰まった感じは上から見てもいい感じです(‘ω’)

 

ーーーーーーー



さて、先ほどの小滝を越えたら貝の口滝までもう少し(=゚ω゚)ノ❕
岩がそそり立ち切り立って、渓谷の核心部とも言える景色がやがて広がります👀✨
ココは水の流れも周囲の景観も特筆すべき素晴らしさです⊂⌒~⊃。Д。)⊃

鞍瀬渓谷の核心部の一つ、澄んだ流れと石鎚山系の切り立った岩壁が爽快な景色。



キレイなエメラルドの深みの先は岩の溝を流れる清流🌊
そのすぐ先には岩の門のような両岸岩に挟まれた空間⛰

そこに流れる清流も、そこから下流を振り返った眺めも一瞬で脳裏に焼き付く眺めです👀

上流を見れば高くそびえ立つ岩、岩、岩( ゚Д゚)
この石鎚山系は二ノ森側から見てもいかに切り立っているか分かります🌳
仙人や竜でも出てきそうな雰囲気です🐉


 

そして岩の門のような所を過ぎ少し登ると、またまた異形の景色が現れます( ゚Д゚)
そう、貝の口滝です🌊

 

 


貝の口滝▼

進んで行くと谷が二手に分かれています(=゚ω゚)ノ
上流に向かって右側が本流で、貝の口滝が掛かります🌊



もの凄い岩壁の中を滑り落ちるように流れ滝です( ゚Д゚)
自然の力とはホントに驚異的です💦
深い滝壺は吸い込まれそうな透明感とエメラルド色でずっと眺めていられます👀

ちなみに右岸側の岩は少しだけ登れます🐾
ちょっと高い所から見てみると、狭い岩の隙間の向こうにも滝が掛かっているのが見えます(‘Д’)
貝の口滝は岩を削って流れるような段瀑です🌊

 

そう言えば…(*‘∀‘)⁉
アブ対策でしたが、虫よけスプレー等は阿武などの大きなやつらにも多少の効果はあるので持っているに越したことはないですが、基本的に衣類でカバーすると万が一大群にまとわりつかれても被害は最小限に抑えられます(=゚ω゚)ノ

写真▲のように硬めのズボン、全周囲の脛あて、ある程度記事のしっかりしたパーカー、タオルをかぶるなどで、アブの攻撃は皮膚まで通らなくなるため、この時もホントにものすごい数のアブの大群にまとわりつかれましたが、露出した手首や手の甲などは何ヵ所かやられたくらいで、それ以外は無傷でした(∩´∀`)∩

 

そんなブンブン丸たちも貝の口滝に着くころには、いつの間にかどこかへと消えてました🐝
まぁ帰りにまた襲われるのですが…w




 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

凄まじい岩を削るかのようにして流れる姿は素晴らしい景観で、流れ落ちた先の滝壺は岩を掘ったかのようなキレイな深みに非常に透明感の高いエメラルド色で、爽快でかつ美しい素晴らしい景観です。
高く切り立った岩壁に清流と、上を見ても下を見ても良い感じです。
見渡す限りの岩山は四国山地 石鎚山系の切り立った険相をヒシヒシと感じさせます。
ちなみにこの上流には夫婦滝があり、ココから一時間ほどで到達できます。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

愛媛県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

不動の滝(富士)

不動の滝(ふどうのたき)
静岡県 富士宮市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・芝川⇒富士川
落差・・40m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・駐車場から40分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶毛無山登山道
|▶不動の滝 下段
|▶不動の滝 上段
|▶Information


R2.8.13

 


行き方・場所・アクセス▼

不動の滝は富士山の北西側、毛無山の麓の富士川水系芝川の源流部に位置します📍
朝霧高原の西側のふもとっぱらキャンプ場の奥に入り口があります🏕

富士宮市街から富士山の西側、北側を回り奥多摩までを結ぶ国道139号線から毛無山登山道へ続く林道へ入ります🌳

ちょうど静岡県道414号線 (富士富士宮線) が合流するスカイ朝霧やファミリーマートのある交差点の少し北側の交差点です(=゚ω゚)ノ

そのまま林道を進むと右手に広~いキャンプ場が出てき、その先の三差路を左の山側の方へ進むと駐車場が出てきます🅿


:国道139号線から登山道入口方面へ
:キャンプ場を越えた先、ココを左

 

国道139号線へは東名高速道路富士I.C新東名高速道路新富士I.C、及び国道1号線 (富士由比バイパス) 富士東I.Cから直接入り北上します🚘

甲府からは国道358号線 (精進ブルーライン) から精進湖横の赤池交差点から入り南下していきます🏞

 

ーーーーーーー

ちなみに芝川の下流側には有名な▼:日本の滝百選の▶白糸の滝や、澄んだキレイな水で有名な▼:陣馬の滝があり、どちらもすぐ回れるので時間に余裕があれば合わせて回るのもおすすめです(=゚ω゚)ノ

 

 


毛無山登山道▼

シーズン中は広い原っぱにたくさんのテントが並ぶふもとっぱらキャンプ場
高原地帯だけに空気が澄んでいて、星などとてもきれいに見えそうです✨

その先林道を進み駐車場へ(=゚ω゚)ノ
一応有料です💰
設備や登山道維持のための協力金としてきちんと納めましょう(‘ω’)

 

ーーーーーーー

駐車場の横や奥から登山道の方へと進んで行けます🐾
最初は舗装のない林道みたいな感じです🌳
一応駐車場入り口の手前の入り口が分かりやすいし正規の入り口っぽい👀

:駐車場奥
:駐車場手前

駐車場手前の入り口から入ると少しして神社が出てきます⛩
その先で破砕機の跡👀
その先の登山口が出てきます🌳

 

ーーーーーーー

登山口入口▼
どちらから入っても奥へ進めば最終的にココへ行きつきます📍
一応小さく案内の棒も立っています🌳

すぐに川を渡り本格的に登山道が始まります(=゚ω゚)ノ
このすぐ下流で芝川本流と不動滝のある支流とに分かれています🌊
ココから距離こそそれほどありませんが、しばらく急な登りです🐾


 

それにしてもなかなかのえぐい登りです(;´Д`)
途中あと15分みたいな看板がありますが、ぶっちゃげ並みの体力では15分で到着しません🐾
ちなみにあと15分は不動の滝展望所までです(=゚ω゚)ノ

しかし、流石に急な登りをしばらく進んだだけにかなり高度感は出てきます👀
途中、木々の合間からキレイに富士山が見えるところがあります(∩´∀`)∩
絶好の撮影スポットですよ📷✨

ココを過ぎたら、だんだん急だった登りが少し和らいできます(;´Д`)
毛無山2号目、滝展望所まではもう少しですが毛無山まではまだ2割なんですね…
所要時間を考えると多分最後の方でかなり登るんじゃ…(;´・ω・)

 

ーーーーーーー

不動の滝▼
2号目の看板から少しして滝の展望所が見えてきました(∩´∀`)∩
ココから不動の滝の全景が見渡せます👀🌊

 

様相の異なる二段の滝🌊
真ん中に小さく滝壺がありキレイに少しだけ折れた形がいかにも段瀑らしい形でいい感じです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

降下ルート▼
実は不動の滝はいつものように無理やり力づくで降りずとも滝前へ出る道があるのです(∩´∀`)∩
展望所から少し戻ったところに降下ルートの入り口があります🌳
かなり分かりにくく、道が続いているのも少し入り込まないと分からないのでよく探してください👀

入口から少し入ると道が続いているのが分かります🐾
登山道から右にそれていきます🌳
途中不動の滝が見えます🌊

道があるとは言え、かなり細くて足場も悪いです(;´・ω・)
ズルっといったらただでは済みそうにないので慎重に進みましょう⚠
しばらく進むとガレ場に出ます👀


ココは非常に不明瞭ですが、進行方向はガレ場を下ります🐾
ガレを降りていくと次第にそれっぽくなってきます🌳
そして川へ通ります🌊
川に降りたら上流すぐの所に不動の滝が掛かります٩( ”ω” )و

 

 


不動の滝 下段▼

展望所から見えた見事な滝が目の前にあります⊂⌒~⊃。Д。)⊃
両岸切り立った荘厳な見た目です🌊




真下からのスプラッシュアングルが何ともたまりません(∩´∀`)∩
滝の前はある程度の広さと奥行きがあるので、いろんな角度から撮れるのも嬉しいところです📷

 

しかし、お気づきだとは思いますが…
残念なのはココからでは下段しか見えないという事です(ノД`)・゜・。
何となく展望所から見た感じで滝の形から想像はできましたが(´・ω・)

 

 


不動の滝 上段▼

そんな訳で上段の見えるところまで目指したいと思います٩( ”ω” )و
ココからは道はなく無理やり登ります🐾
危険度はこれまでより格段に上がり4つといったところ🌳

ココは左岸側から登って行けます🐾
上段の向きから考えてもそちら側からの方が見えやすく都合も良いですが、非常に危険なのでうかつに近寄らないように⚠


左岸の弱点を縫って登って行きます🌳
ただ、下段の落ち口の少し上あたりで滝身に寄らないと一番上まで行ってしまします(;´・ω・)
このトラバースがかなり怖いです🌊

 

ーーーーーーー

滝の方へ伸長に寄って行き少し降りたところで木々の隙間から上段がきれいに見えます👀✨
上段は美しい一乗の滝です🌊
滝壺がとてもキレイです(∩´∀`)∩



ただこの場所からでも傾斜と高さがあり滝の前や滝壺までは降りれそうにないです(´・ω・)
ココも不安定で怖いので長居は無用(;´Д`)

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

芝川の名のある大滝では最源流に位置する不動の滝。
登山道途中からの全景の遠望、降下ルートを下り正面から見上げる姿と、違う視点から見れます。
かなり危険ですが左岸を登った先の上段の姿は非常に美しいです。
展望所までは急坂で降下ルートは少々危険で不明瞭となかなか楽にはその姿を見せてくれませんが、俯瞰も真正面から見るのも見応え十分です。
毛無山までもそれほど所要時間はかからないようなので、興味のある方はついでに山頂まで行ってみるのも良いでしょう。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼


 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

静岡県の滝に戻る
中部・北陸の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

仙娥滝(昇仙峡)

仙娥滝(せんがたき)
山梨県 甲府市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・荒川⇒笛吹川⇒富士川
落差・・30m(公)
🏆日本の滝百選
日本五大名峡
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・駐車場から15分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶昇仙峡 渓谷道路
|▶昇仙峡 遊歩道
|▶仙娥滝
|▶Information


R2.8.12

 


行き方・場所・アクセス▼

仙娥滝は山梨県北部中央付近、昇仙峡の上流部に位置します📍
昇仙峡は特別名勝に指定されており日本五大名峡としても知られ、約5kmにも及びます⛰

 

甲府市街から近くアクセスはしやすいのですが、曲がり角が多くやや分かりにくいのが難点👀

まずは甲府市街北部の山梨県道6号線 (山の手通り) を目指します(=゚ω゚)ノ
国道140号線の十郎橋西交差点甲府駅前などから入れます🏢

県道6号線に入ったら、朝日5丁目交差点山梨県道104号線 (天神平甲府線) や、千塚交差点山梨県道7号線 (昇仙峡グリーンライン) へ入り山手側へ北上します🚘🏍

昇仙峡への入り口はいずれも県道7号線グリーンライン沿いにあり、県道104号線は千代田湖の先で県道7号線グリーンラインに合流します🛣

 

:県道7号線と104号線の合流地点
:県道104号線の見晴らし台からの甲府

 

高速道路は中央自動車道甲府南I.C国道358号線へ降り甲府駅へ北上、甲府駅南側で県道6号線に入るか、もしくは甲府昭和I.C国道20号線から山梨県道5号線 (アルプス通り) に入り県道7号線に直接出ます🚘🏍

 

入口は主に3ヶ所あり、渓谷道路入口長潭橋前の天神森、下流側の遊歩道入口前、滝上入口で、いずれも無料駐車場に休憩場や飲食店があります🅿

昇仙峡全てを見るには渓谷道路から歩きますが、仙娥滝までは90分ほどかかるため、遊歩道入口や滝上まで車で行く人が多いです🐾

 

ーーーーーーー

公共交通機関JR中央本線 甲府駅から山梨交通バスの停留所が天神森遊歩道入口滝上に、それぞれあります🚏

JR中央本線 (高尾以西) 時刻表
JR中央本線 (高尾以東) 時刻表
・・・東京駅~名古屋駅
・・・(甲府駅下車)


新幹線+ホテルセットプラン

 

山梨交通HP
👉路線バス👉北部・北西部エリア
・・・(天神森下車)渓谷道路入口
・・・(グリーンライン昇仙峡下車)遊歩道入口
・・・(昇仙峡滝上下車)滝上入口

高速バスの予約等詳細

 

 


昇仙峡 渓谷道路▼

天神森▼

実質昇仙峡の入り口となるのがココ、渓谷道路入口の天神森📍
広めの駐車場にこじんまりした飲食店があります(=゚ω゚)ノ

この奥から遊歩道入口まで渓谷道路が伸びており、上流側へ向かって一方通行、土日祝以外は普通車以下なら通行できます🐾

ココから仙娥滝までは寄り道せず歩いて約90分、川沿いにある岩々や岩壁を楽しみながらトレッキングできるコースとなっています🌳

日中はほぼ日陰のない車道歩きになるので、真夏などの過酷な時期は慣れない人には少ししんどいかも(´・ω・)
紅葉の時期などはおすすめです🍁

 

ーーーーーーー

昇仙峡ライン▼

駐車場から渓水館の前のT字路をまっすぐ行った所が昇仙峡の起点である長潭橋、右側の川沿いを上流へ進んで行くと仙娥滝、昇仙峡遊歩道方面です(=゚ω゚)ノ

この渓谷道路、昇仙峡ラインは対岸や上流側の荘厳な岩壁、そして川に転がる様々な早々の岩々などがメインで、ちょっとした見所が点々と続くといった感じ👀

 

ーーーーーーー

早速対岸にゴツゴツした岩壁が見えます👀
しかし上流部の方はこんなものではありません(=゚ω゚)ノ

早速渓谷道路中の岩々を見てみましょう٩( ”ω” )و
あー(*‘∀‘)❕、となるものから、ん~(´・ω・)❓、というものまで様々です⛰

 

まず最初に出てくるのは亀石🐢
亀の甲羅みたいな岩が川の真ん中にあります(‘Д’)

続いてオットセイ石(=゚ω゚)ノ
コチラはなかなかのクオリティ✨
木陰に休む様にたたずみま🌳

川はカーブして、
そこに大砲岩💣
何となく分かります(‘ω’)

大砲岩のすぐ上流にトーフ岩(´_ゝ`)
コレは素晴らしいですね( ゚Д゚)
ホントに自然に出来たのかと言うような岩の切れ方👀

 

しばらく歩いてちょっとした休憩場🐾
この道路には途中途中でベンチやテーブルがあります(=゚ω゚)ノ
夏場はもう少し木陰に欲しいところ🍃

 

その先で猿岩🐒
あんなところに(‘Д’)⁉
みたいな所にありますね( *´艸`)

続いてらくだ石🐪
どうやらヒトコブラクダのようです( *´艸`)
うまいこと石が重なってます🌊

そして富士石🗻
コレもうまいこと上の部分が白くなってます(‘Д’)
形もなかなか完璧(´_ゝ`)

その次は熊石🐻
クマの顔でしょうか❓
イノシシに見えなくもないですね🐗

続いて猫石🐈
コレはちょっと分からなかった(;´・ω・)
写真の岩ではないかも…

そしてまたまた上方👀
大きな大佛岩が見えます(∩´∀`)∩
コレも何となく分かりますね(‘Д’)

次は松竹石🍄
動物が多い中で唯一の菌類です(=゚ω゚)ノ
コレも素晴らしいクオリティ✨

お次はハマグリ石🐚
これは一見ちょっと分かりにくいかも…
何となく言われたらそうかなって感じですね(;´Д`)

その次はふぐ石🐡
見たらコレだってわかりますが、最初は何となくってところ👀
少し回り込むと確かにフグです( *´艸`)

 

この辺りになると岩壁の迫力が徐々に増してきます( ゚Д゚)
まずはその一端、五月雨岩
見事な火山岩です(=゚ω゚)ノ

少し歩いて休憩場🌳
その対岸にはまたまた見事な岩壁、登龍岩が対岸に見えます🐉
名前に負けないすさまじい岩壁です( ゚Д゚)


 

その先で吊り橋が出てきます👀
渡った先は不明瞭な山道で、あまり進むのはおすすめしません🍃
橋からは川の様子がよく見えます🌊

先ほどの愛のかけ橋から3つほどつり橋がありますが、その間に渓谷道路で一番大きな休憩場があります(=゚ω゚)ノ
川の方へも行けるっぽいです🐾

休憩場の先にある有明橋🌳
コチラもあまり渡らない方が無難な感じ(;´・ω・)

そして渓谷道路で最後の石になるであろう烏帽子石(=゚ω゚)ノ
ココまで来たら渓谷道路も終盤といったところ🐾

 

そして羅漢寺橋(=゚ω゚)ノ
この先は羅漢寺があります
渡った先には五百羅漢などもあるようです👀

 

羅漢寺橋を過ぎて少しすると、昇仙峡遊歩道入口駐車場からの道も出てきます🍃
車で昇仙峡グリーンラインへ抜けるのはまだ先の分岐になり、渓谷道路はまだもう少し続きます🐾


この辺りになると昇仙峡のメインスポットの一つ、覚円峰とその奥の岩山の姿が見えます( ゚Д゚)
これは怒涛の迫力です✨
ちなみに紅葉の名所でもあり、秋口にはまた是非立ち寄りたいところ🍂

 

ーーーーーーー



川と木ばっかりの道から駐車場や建物が見えたら渓谷道路終了(∩´∀`)∩
ぐるっと回って昇仙峡グリーンラインへ抜ける道が分岐🛣
ココから奥は歩行者のみ通行可、車両はココで上へ出ます🚘🏍

 

 


昇仙峡 遊歩道▼


遊歩道の入口の手前には飲食店やお土産屋などがあります(=゚ω゚)ノ
昇仙峡の岩々はご覧の通り火山岩で、花崗岩と安山岩です🌋
キラキラと輝きのある安山岩を加工したものなどもあります✨

飲食店の並びの奥には昇仙峡渓谷ホテルがあります🏨
この近辺に赤茶けた石が敷き詰められて順路と書かれた看板が立ってますが、それに従うと川に出て行き止まりです✖

この七福神も安山岩なのかな(´・ω・)❓
遊歩道は徐々にそそり立つ岩壁の間へと入っていきます🐾
ココまで来るともはや上から目が離せません👀




 

覚円峰▼
これはすさまじい迫力です(*‘∀‘)✨
さすがは五大名峡⛰
ぶっちゃげ個人的には仙娥滝も見ものですがココが一番の見所⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

ーーーーーーー

昇仙峡遊歩道▼
さて、ものすごい岩壁を堪能したらその先で遊歩道が本格的に始まります٩( ”ω” )و
長田円右衛門の碑を越えたら見渡す限り岩、岩、岩(‘Д’)




 

ーーーーーーー

石門▼
そしてすぐに仙娥滝の玄関とも言える石門が現れます(*‘∀‘)
よくこんな所にうまいこと遊歩道を造れましたね(‘Д’)


凄まじい迫力の覚円峰👀
石門をくぐって反対側から見てもスゴイのですよ(∩´∀`)∩
高さ約180mだそうで、この岩壁が京王プラザホテルよりも少~し高いんですね(‘Д’)

 

石門をくぐり抜けたらその先川を渡り、石の半トンネルを抜け、仙娥滝です🌊
橋から見る渓谷の様相がまた素晴らしいです(∩´∀`)∩

▼左:下流側
▼右:上流側
▼下:そして石の中へ🐾

 

 


日本の滝百選 仙娥滝▼






川の流れを見てもらったら分かるのですが、川幅が広くしっかり流れがあるので非常に水量は多いです🌊
おそらくちょっとやそっとの日照り続きでは水量はそんなに減ることはなさそうですね(∩´∀`)∩




滝を形成する岩々はいかついのに対して、正面には紫陽花がきれいに咲いています👀
程よく滝と周りの景色が彩られいい感じです🍃
ホントに紅葉の時期の仙娥滝も見てみたいですね~🍂

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

水量が多く荘厳な岩間に流れる仙娥滝は、やや離れた見る位置や落差に対して迫力があります。
遊歩道の滝見場、深く広い滝壺に手前には、夏は紫陽花がきれいに咲き、秋には山々の紅葉と、滝を彩ります。

昇仙峡の切り立った岩山は本当に見もので、その高さや大きさに圧倒されます。
甲府市街からも近く人気の観光ポットでもあるため人で賑わいますが、それ以上に山々の景観が素晴らしいため秘境感をとても感じます。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼


 

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

山梨県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る

七ツ釜五段の滝(奥秩父)

七ツ釜五段の滝(ななつがまごだんのたき)
山梨県 山梨市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑、滝群
水系・・笛吹川⇒富士川
落差・・50m(推)
🏆日本の滝百選
🍃日本の秘境百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口から90分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶入口~ナレイ沢広場
|▶二俣吊橋
|▶三重の滝
|▶竜神の滝
|▶貞泉の滝
|▶母胎渕
|▶七ツ釜五段の滝
|▶Information


R2.8.12

 


行き方・場所・アクセス▼

七ツ釜五段の滝は山梨県北端付近やや東寄り、富士川上流部の笛吹川の源流部、奥秩父国師岳奥千丈岳を源とする西沢渓谷に掛かります📍

甲府から埼玉県北部の熊谷を結ぶ国道140号線沿い、西関東連絡道路雁坂トンネルの南側のグルリとカーブする西沢大橋の横に入口が、その先に駐車場があります🅿

甲府方面からは国道140号線 (甲府山梨道路) などからそのまま国道140号線を通り、東京方面は青梅や多摩方面から国道411号線に入り新千野橋東詰交差点からフルーツラインを通り国道140号線へ(=゚ω゚)ノ

すぐ下流側には道の駅みとみがあり休憩もできる他、広瀬ダムやさらに下流側には温泉宿なども点々とあり、トレッキングやレジャー以外に観光としても雰囲気もよく充実しています🍃

 

ーーーーーーー

公共交通機関は本数はかなり少ないですが、山梨交通バスJR塩山駅から、山梨市営バスJR山梨市駅からそれぞれ西沢渓谷入口まで来ています🚏

JR中央本線 (高尾以西) 時刻表
JR中央本線 (高尾以東) 時刻表
・・・東京駅~名古屋駅
・・・(塩山駅 or 山梨市駅下車)


新幹線+ホテルセットプラン

 

山梨交通HP
👉路線バス👉塩山エリア
・・・(西沢渓谷入口下車)

山梨市HP
👉市民の方へ👉くらし👉住宅・交通
👉市民バス・民間バス
・・・西沢渓谷線
・・・(西沢渓谷入口下車)

 

 


入口~ナレイ沢広場▼



西沢渓谷入口▲
入口自体はやや小さめで分かりにくいですが、国道140号線沿い西沢ぐるり橋の麓に現れます(=゚ω゚)ノ
入口入るとすぐ左側に降りていくと無料駐車場です🅿

 

有料駐車場の入り口の奥から遊歩道が続いています(=゚ω゚)ノ
ちょうど分岐点のすぐ奥に有料駐車場とバス停があります👀
有料駐車場の方が坂を登らなくていいのとわずかに遊歩道に近いです( *´艸`)


西沢大橋の下をくぐるといよいよ遊歩道本番開始٩( ”ω” )و
車止めゲートの横から入っていきます🐾
手摺の雀が可愛いですね🐦
大阪城にもこんなのがあったような・・・( *´艸`)

ーーーーーーー

なれいの滝▼
川沿いの遊歩道を歩いて行くとやがてなれいの滝が見えてきます👀
見えてくるというか、橋から木々の間を縫って僅かに見えます🌳



 

ナレイ沢広場▼
なれいの滝を過ぎるとナレイ沢広場へと出ます🍃
ココで道が二手に分かれます👀


基本的には右側の西沢山荘・二俣吊橋方面へ進みます🐾
このコースは紅葉などのシーズン中はけっこう人が来るようで、右側から西沢渓谷を途中色んな滝を見ながら逆行し、七ツ釜五段の滝で折り返さずに反時計回りにぐるっと周遊できるようになっています(=゚ω゚)ノ
正面の川へ降りていく道は基本的に帰りのルートとして推奨されているそうです🍂

 

 


二俣吊橋▼

そんなわけで右側の道へ(=゚ω゚)ノ
川沿いに遊歩道を進みます🐾
途中支流をぐるっとわたるあたりは川遊びができるみたいです💦

 

西沢山荘▼
その先で西沢山荘が現れます🏡
ココで登山道らしき道が分岐しますが、七ツ釜五段の滝へはそのまま遊歩道をまっすぐ進み川沿いへ降りていきます🐾


:七ツ釜五段の滝へ続く遊歩道
:西沢山荘手前の登山道

 

二俣吊橋▼
西沢山荘の所から川沿いへ降りて進んで行くと二俣吊橋です٩( ”ω” )و
ココで川は西沢渓谷東沢渓谷に分かれます📍
七ツ釜五段の滝はこのまま吊橋を渡り西沢渓谷の遊歩道を進んで行きます🐾


吊橋から見える大きな堰堤の上流側が東沢渓谷⛰🌊
どこかから力づくで堰堤の上へ出て逆行して行くと両門の滝などへ出ますが、そこはベテラン上級者の域なので不用意に近づかないように⚠
私もまた機会があれば行ってみようと思います٩( ”ω” )و
下流側もいい感じです(´_ゝ`)✨

 

 


三重の滝▼

吊橋を渡ったらそのまま遊歩道をまっすぐ進んで行きます🐾
ココからは遊歩道も本格的に山道化し、滑りやすい箇所や急傾斜な個所も出てくるので気を付けて進みましょう٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーー

少し進んだところでアスレチックみたいな木の階段が出てきます🌳
その麓にひっそりと大久保の滝の展望台が👀



なれいの滝よりはマシですが、やや見えにくいです(´・ω・)

階段を登り切ったらすぐまた下ります(=゚ω゚)ノ
下った先で三重の滝が現れます(*‘∀‘)

 

ーーーーーーー

三重の滝▼
七ツ釜五段の滝の縮小版みたいな雰囲気の三重の滝🌊
ココから上流は丸っこい釜が大小たくさん出てきます(‘Д’)

少し降りて滝見台🌳
下流側も見えます(‘ω’)
大きな溝のようになってグニャりと流れていく様が何ともいい感じ(∩´∀`)∩


 

 


竜神の滝▼

三重の滝の先からは川がグニャグニャ蛇行し始めます🐍
朝日が当たった河原が非常に美しいです✨


この先で微妙に丸っこい釜が連続した、岩間を流れる岩床の廊下が続きます🌊
ウナギの床と呼ばれるこの場所は非常に水面がキレイです( ゚Д゚)
この独特な流れはあまり他なく、西沢渓谷の一つの見所と言えるでしょう(‘ω’)

途中にあるフグ石
確かにフグみたいな形です🐡( *´艸`)


 

ーーーーーーー

竜神の滝▼
先ほどまでの小さな釜の連続とは違い、大きくて深そうな丸っこい釜を持った竜神の滝が姿を現します🐉
落ち口も丸っこい釜になってます( *´艸`)

 

 


貞泉の滝▼

恋糸の滝▼
竜神の滝を過ぎるとすぐに恋糸の滝なのですが…
これは支流で流れは細く、木々に阻まれあまり良く見えないので残念(;´・ω・)
晩秋ごろには葉も落ちて残った紅葉と相まっていい感じになるかもしれません🍂

 

その先遊歩道を進んで行くと今度はすぐに貞泉の滝が出てきます(=゚ω゚)ノ
コチラは楕円の釜で、岩に挟まれゴルジュ状になっています🌊

 

ーーーーーーー

貞泉の滝▼



 

 


母胎渕▼




貞泉の滝を過ぎたら川の高度が遊歩道に追いついてきて、また岩床の河原の横を進みます🐾
この辺りも非常にキレイな景観ですが、すぐにまた遊歩道が登って行きます🌳

水面からある程度の高さになると今度は母胎渕が現れます(∩´∀`)∩
高低差がないので向かっている最中は気づきにくいのですが、近づいてびっくり❕
何とも美しい水の色( ゚Д゚)✨✨
個人的にココは特筆個所です🌊

 

ーーーーーーー

母胎渕▼



水の青さにも完全な青だったりエメラルドだったりグリーンだったりとタイプがあり、ココは完全な水色、アクアブルーです(*‘∀‘)
多分他ではそうそうお目に掛かれない水面の色だと思います🍃

 

 


日本の滝百選 七ツ釜五段の滝▼

さて、ココまで来たらあとひと踏ん張り頑張りましょう٩( ”ω” )و
西沢渓谷遊歩道最深部へと進んで行きます🍃


この辺りまで来るともはや渓谷全体が見所ですね(*‘∀‘)
ちなみにココではあまり見たことない花がたくさん咲いてましたよ🌼
紅葉の時期も非常に美しいそうです🍁





川を渡る橋が出てきたらラストスパート(=゚ω゚)ノ
橋からは七ツ釜五段の滝の滝壺が見えています(‘Д’)
最後の急階段を登ると滝の正面へ出ます🌊


 

ーーーーーーー

七ツ釜五段の滝▼



 

段々になってその都度丸い釜を持つ名前通りの容姿( *´艸`)

一番下の段は完全に日陰になっていますが釜の色が極めて美しく、大きさ云々よりもこの全体的な見た目のキレイさにこの滝の魅力があると個人的に思います🍃

遊歩道をさらに進んで滝中程へ出ます🐾





割と一つ一つの段がハッキリしっかりと見えます(∩´∀`)∩
釜一つ一つが極めて美しく、思わず何枚も写真を撮ってしまいます( *´艸`)

遊歩道はこの先周遊してナレイ沢広場へと続きます🌳
落ち口の方も非常にステキです✨✨


上から見た七ツ釜五段の滝も素晴らしいです( *´艸`)
そして近くで見ると思ってる以上に大きいです🌊
一番上の小さな段差でも3~4mあるんじゃないかな👀❓

 

水の色は上の写真のカメラより下の写真のカメラの方が実物に近いです(=゚ω゚)ノ
※葉っぱの緑色は上にカメラの方が近いかな👀
ホントにキレイでビックリします(*‘∀‘)



上からもすごく良い感じ( *´艸`)
カメラによって得意分野も違うので、複数持っていると便利かも📷
画素数が高い、ズームに強い、動画に強い、くらいあると完璧ですね(=゚ω゚)ノ

 

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★★★
到達感・・・・★★★☆☆

極めてきれいな水色と道中からたくさんある丸い釜、岩床の美しい流れに滝群、様々な花や紅葉と、見どころの尽きない七ツ釜五段の滝と西沢渓谷。
中でも日が当たった時の水の色の美しさは素晴らしく、なかなか見ることのない色味をしています。
滝の規模も大きく、沢の規模も大きく、多少険しくも遊歩道が整備されていて、いろんな人が楽しめるのも良いところですね。
道の駅も近く、下流にはダムや一ノ釜滝やお伊勢さん、温泉宿などもあり、周辺含めて何かと見所の多いスポットでもあります。

 

 


Information

笛吹川下流、国道140号線沿いには川浦温泉 山県館や三富温泉 白龍閣などが目に入ります👀
川沿いの雰囲気の良さそうな外観です(∩´∀`)∩
もっと下流に行くと日帰り温泉などもあります♨

おすすめホテル予約サイト▼


 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

山梨県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る

にこ淵(程野滝)

にこ淵(にこぶち)
高知県 吾川郡 いの町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・枝川川⇒上八川川⇒仁淀川
落差・・10m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口からすぐ(急階段)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶入口・急階段
|▶にこ淵
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.8.2

 


行き方・場所・アクセス▼

にこ淵は高知県の稲村山の南側に位置し、切り立った山々の間に流れ落ちる滝群である程野の滝の一つです📍

極めて青い滝壺は仁淀ブルーとして広く知られ、高知県内でも人気の観光レジャースポットとなっています(=゚ω゚)ノ

その蒼い滝壺には水神の化身である大蛇が住むという言い伝えがあり、非常に神聖視されている場所であることから、入水はもってのほか、飲食やトイレなども禁止されています🐍

 

ーーーーーーー

程野へは、愛媛の最上と高知の土佐を四国山地を縦断するように結ぶ国道194号線 (そらやま街道) 沿いに、程野方面へ入る林道があります🌳

国道194号線は路面はキレイに整備されており、山間を抜ける爽快な眺望の気持ちの良い道路で、ドライブやツーリングなどにもおすすめです🚘🏍

 

愛媛側からは寒風山トンネルで県境を越えた後、吉野川の大橋ダムを越えた先でトンネルを二つほど抜け、天空のコーナー・安望大橋と呼ばれるところを下った先に林道分岐があります👀

土佐側からは、国道194号線は仁淀川橋国道33号線から分岐しており、仁淀川沿いに進み途中で上八川川沿い、枝川川沿いと縦走するのでそのまま進んで行きます(=゚ω゚)ノ

 

程野への入り口まで来たら、あとは林道を進んで行くとにこ淵の駐車場と入り口が現れます🅿
人気スポットのため、時間帯によっては駐車場待ちもしばしあります(´・ω・)

近年このニコ淵の水質の悪化が心配されており、ニコ淵だけでなく他の程野の滝を見に行く際にも水質保護には細心の注意を払いましょう(‘ω’)

 

ーーーーーーー

公共交通機関では、JR士讃線 伊野駅からとさでん交通バスが出ています🚌
程野入口から、にこ渕までが約2km弱、東の滝入口までが約3km強~4km(=゚ω゚)ノ

ちなみに程野から都市部までは歩いて行くのは現実味が極めて薄いため、帰りは特に取り残されないよう時間を見ておきましょう⌚

JR士讃線 時刻表
・・・多度津駅~窪川駅
・・・(伊野駅下車)

 

とさでん交通HP
・・・👉路線バス
・・・県交北部交通 長沢線
・・・(程野入口下車)

 

 


入口・急階段▼

にこ淵入口▼
ココから急階段を降りていきます🐾
以前は階段ではなかったようです👀
ホントに急なので気を付けておりましょう(=゚ω゚)ノ

しばらく階段を降りていくと、流れの音が強まってくると共に世にも美しい滝壺の姿が見えてきます(*‘∀‘)✨
帰りはまぁまぁしんどい登りになります(;´Д`)

 

 


にこ淵▼

素晴らしい仁淀ブルーをご覧あれ(∩´∀`)∩
人気の観光レジャースポットになるのが分かります✨✨
この美しさは本物ですね( ゚Д゚)

こんなに青いのに透明なので不思議です👀
さすがは清流地帯四国です🌊
ホントに水神の化身が住んでいそうな雰囲気ですね🐍

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★☆☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★★
到達感・・・・★★☆☆☆

何とも形容しがたい極めて美しい滝壺は確固たる存在感があり、確かに一度は見ておきたい景色です。
奥へ行くにつれて青味を増していく、透明と蒼のグラデーションは訪れる人の目を釘付けにし、まるで吸い込まれるかのような様相です。
滝自体は大きくありませんが上流側は段になっているのがわずかに見え、険しい流れの様子を垣間見ることができます。

この上流には双璧のように西の滝東の滝の巨瀑が流れ、さらにはキャンプ施設などを備えたグリーンパークほどのなどもあり、滝身にトレッキング、キャンプなど色んな楽しみがあります。

グリーンパークほどのHP

 

 


Information


西の滝へ進む

東の滝へ進む

 

ーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

高知県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

行縢の滝(祖母傾)

行縢の滝(むかばきのたき)
宮崎県 延岡市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・五ヶ瀬川
落差・・77m(公)
🏆日本の滝百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・林道終点入口から30分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶行縢の滝
|▶Information


R2.4.16

 


行き方・場所・アクセス▼

行縢の滝は九州山地の北東部、祖母山や傾山の南側にある行縢山のふもとに位置します📍

延岡市街からも思ったより近く、アクセスも日本の滝百選の中でも比較的しやすい方ではないかと思います(=゚ω゚)ノ

延岡から高千穂の方へ伸びる国道218号線が高速道路の少し西側で行縢川を渡るところがあります👀
その辺りから行縢川沿いに分岐する道が伸びているのでそちらへ入ります(‘ω’)

分岐の所には案内もあるので、国道218号線を走っていればすぐ分かると思います📍
行縢川沿いの道に入れば、地図上では分岐がちょこちょこありますが、実際に走っている分にはほぼ道なりに上流へ向かって進んで行くだけです🛣

 

行縢川沿いの道は田畑が広がるのどかな道路ですが、横に見える行縢山の眺めはすさまじい険相を呈しています🏔
行縢川はあの絶壁と絶壁の間を流れ、行縢の滝はそのど真ん中に掛かります🌊

 

高速道路は東九州自動車道 (延岡道路) 延岡JCTから九州中央自動車道 (北方延岡道路) に入ってすぐの舞野I.Cで降り国道218号線へ🚘🏍
降りた先で右折して延岡市街方面へ少し進んだところで行縢川沿いの道の分岐が出てきます🐾

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、本数は少ないですがJR日豊本線 延岡駅から宮崎交通バスが行縢神社の登山口まで来ています🚌
ちなみに行縢神社の所から行縢の滝までは約60分です🚏

JR日豊本線 時刻表
・・・小倉駅~鹿児島中央駅
・・・(延岡駅下車)


新幹線+ホテルセットプラン

 

宮崎交通バスHP
👉路線バス👉延岡地区
・・・行縢山方面
・・・(行縢山登山口下車)

 

 


遊歩道▼

林道を登って行き行縢神社の入口を過ぎたら、最後に一カ所だけ分岐があります👀
ココだけ折り返すような分岐を曲り登って行きます(=゚ω゚)ノ

その先すぐに林道は終点となり、駐車場と登山口が見えてきます🐾
そして駐車場の奥から登山道に合流します🌳



ちなみに登山道は行縢神社および行縢青少年自然の家の所から伸びており、先述しましたがそこからは約60分、そしてココから約30分 (ハイペースで) で行縢の滝の前まで出ます(‘ω’)


ぶっちゃげ行縢の滝までは距離はそう遠くありません🐾
ただ切り立った伊分部を見ても分かる通り、傾斜があります👀
近くても登りが結構きついので体力はいります🌳


登って行くと徐々に岩壁と岩壁に合間へと入っていきます(‘Д’)
そして右側に凄まじい岩壁を見たらその先で行縢川に掛かる橋が出てきます👀
ここらで概ね前半終了といったところ🌳

 


橋からの眺め▲▼
岩々に囲まれた橋ですが、谷や崖の眺望が素晴らしく、このコースの一つの見所となります📍
岩壁もそうですが、行縢の滝が奥の方に見えています( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

橋を渡ったら後半戦٩( ”ω” )و
ココからは基本に川の左岸側に遊歩道は伸びています🌳



後半戦もしっかり登りです🐾
しかし行縢の滝と滝前の眺望は一見の価値あり❕
もう少し頑張って登りましょう٩( ”ω” )و

 

そしてやがて滝の方と山頂の方の分岐が見えてきます👀
当然ここを滝の方へ(=゚ω゚)ノ
もう滝まであとわずかです(∩´∀`)∩
山頂もすごそうなので、滝と合わせて登ってみるのも良さそうですね🌳


 

 


日本の滝百選 行縢の滝▼

遊歩道終へ行くと次第に木々は晴れて開けた滝前へと出ます( ゚Д゚)
ものすごい岩壁ですが、残念ながらこの日の水量は少ないみたい…(ノД`)・゜・。



滝もさることながら、山間から見える景色がまた絶景(*‘∀‘)✨
上も下も素晴らしい眺望が広がります(∩´∀`)∩

橋の所から見た岩壁は少しゴツゴツした印象でしたが、目の前で見るとかなりツルツルです💧
岩壁と言うよりはホントに「壁」です(‘Д’)



岩の日々の感じや苔の生えたヌルヌルした感じが、半ばコンクリートの壁のような人工的な古い堰のような印象さえ受ける垂直の壁ですが、右端の流れは岩の中から流れ出しています🌊

滝壺も小っちゃく、と言うか細~くあります👀
近付き過ぎるとヌルっとするので気を付けましょう🐾
増水時はどんな感じなのか見てみたいですね(*‘∀‘)


 

そして下流側の眺め▼
正面から見た時にでも険相がにじみ出るような岩山で下が、内側から見るとこんなに木々が生い茂っています🌳

 

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

行縢山の岩壁と岩壁の間に流れる行縢川とそこに掛かる行縢の滝は、遠くから俯瞰した時の険相そのままに切り立った岩壁を流れ落ちます。
落差77mの垂直の壁はそれだけでも迫力があり、さらに振り返ればまるで空から見ているような山々の絶景が広がります。

滝へ行くまでの道中も、行縢山の凄まじい岩壁を望むことができ、見どころとなるポイントも多いです。
道中はなかなか登り詰めですが、距離自体はそれほどなく延岡市街からも行きやすいので、その点では絶好の観光滝とも言えます。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

宮崎県の滝に戻る
九州・沖縄の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る

白滝(尾鈴山)

白滝(しらたき)
宮崎県 児湯郡 都農町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑、滝群
水系・・名貫川
落差・・75m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から60分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道中盤
|▶遊歩道後半
|▶白滝
|▶さぎりの滝
|▶すだれの滝
|▶Information


R2.4.16

 


行き方・場所・アクセス▼

白滝は九州山地の東端、宮崎県の海寄り南北中程にある尾鈴山の谷間に位置地ます📍

尾鈴山は海に近い位置にありながら1400mの標高があり、水に恵まれ切り立った立地条件は多くの滝を掛けます🌊

これらの滝は尾鈴山瀑布群と呼ばれ、その中には日本の滝百選・矢研の滝もあります👀

白滝は大きな滝で矢研の滝よりわずかに高く、尾鈴山瀑布群でもおそらく最高落差になります(‘ω’)

 

白滝への遊歩道の入口は国道10号線から宮崎県道307号線 (尾鈴川南停車場線) に入り、矢研の滝入口の駐車場の少し先にまた駐車場があるのでそちらに駐車🅿
そこから少し道を進んだところに遊歩道入口があります🐾

白滝の下流には様々な滝が掛かりますが、その中で一つのポイントとなるのが紅葉の滝です🌊

遊歩道も白滝へ行く途中に紅葉滝のそばを通ります(=゚ω゚)ノ
内容も重複するので、ココでは紅葉滝の看板の所から白滝までを紹介したいと思います(‘ω’)

なので途中までは▶紅葉の滝を参照してください

 

 


遊歩道中盤▼



紅葉の滝の看板があるところ▲
遊歩道をざっくり分けると、紅葉の滝までが前半、紅葉の滝からさぎりの滝のトンネルまでが中盤、そこから白滝までが後半といった感じです🌳


この紅葉の滝の所あたりから遊歩道はグニャグニャ蛇行しながら登って行きます🐾
そしてさらに道は少し荒れます(;´・ω・)

途中途中でショートカットできる抜け道がありますが、少し踏み跡が分かりづらいです👀
当然その分急傾斜にもなるので、まぁ行きやすい方からでいいと思います(=゚ω゚)ノ

 

グニャグニャ登り坂を過ぎると再び川が遊歩道に近付きますが、この時点では高低差がかなりあります🍃
ここらで一旦登りはひと段落します(∩´∀`)∩



木の茂り方が少し薄くなったところで、トロッコ道の記述の看板が出てきます(‘Д’)
そして対岸にはすだれの滝が掛かります🌊
木々に阻まれて見えにくいですが、かなり落差のある滝なのが見てとれます(*‘∀‘)

 

その先で本流に滝が掛かっているのが見えます🌊
こちらはさぎりの滝で、これもけっこう大きな滝なのが分かります(*‘∀‘)
本流なので水量もしっかりしています💦

 

そして遊歩道がカーブしトンネルが現れます(=゚ω゚)ノ
ここらで中盤終了といったところ🌳
トンネルを抜けたらもうひと踏ん張りです٩( ”ω” )و

 

 


遊歩道後半▼

トンネルを抜けると先ほどのさぎりの滝の上流で、一気に遊歩道と川が近づきます🌊
ココからしばらくは心地よい川原沿いに道は続きます🐾
白滝まであと1.5km٩( ”ω” )و


ココまで登ってくると、少し水が下流側よりもキレイになった感じがします👀
ちなみに白滝までの間にいくつか名のある小滝が掛かります(∩´∀`)∩

 

さらさの滝▼

トンネルからしばらく進むと、直下型のさらさの滝が見えてきます🌊
すごく良い感じの滝ですが、少し木に阻まれます🌳

 

やすらぎの滝▼

その少し先で今度はやすらぎの滝が出てきます🌊
優し気な流れで、滝壺がとてもキレイです(∩´∀`)∩
滝前にも出れるので休憩などにも良さそう🍙



 

はがくれの滝▼

そしてさらに進むと次ははがくれの滝が出てきます🌊
これで一応残すは白滝のみになります(‘ω’)


 

ーーーーーーー



はがくれの滝を過ぎると川を渡り遊歩道はまたちょいちょい登り始めます🐾
白滝まで600m🌳
ココからラストスパートです٩( ”ω” )و
真っすぐ天に向かって伸びる背の高い木が日に照らされて輝きます🍃


 

しばらくして橋が見えてきます(=゚ω゚)ノ
その先に石垣と少し広くなって、他よりやや整った空間が出てきます🌳
トロッコ道の起点 (終点?) がおそらくココなのでしょう👀

ココまで来ると白滝まであと一息です٩( ”ω” )و
道幅も完全に通常の登山道サイズになります( *´艸`)
言うてる間に林道終点です(∩´∀`)∩

 

 


白滝▼


遊歩道終点まで行くと目の前に大きな滝が姿を現します🌊
見上げっ幼な落差の白滝は、ココからでは全景を移すのはかなり難しいです(;´・ω・)
にしても見事な滝です(∩´∀`)∩



段々になった岩壁に滑り落ちるような流れ方が特徴的です👀
周りの木々の色がまたキレイです🍃
上中下すべて違う流れ方で、部分部分で見ても面白いです(*‘∀‘)








滝の周辺も岩壁が段々になっています( ゚Д゚)
案外奥行があるのか、一番上の流れとその周辺の木々はずいぶん小さく見えます👀

中程で広がり分岐して下の方でまた一つにまとまって流れていきます🌊
滝壺は細くあり、両岸迫った岩間を抜けて下流へと流れていきます(=゚ω゚)ノ




これだけの落差と奥行きがあれば当然見る位置で見え方がずいぶん変わります( ゚Д゚)
こう見るとホントに岩の形が面白いですね(*‘∀‘)
同じくらいの落差の矢研の滝と比べるとまた全然違う容姿と流れ方で、同じ山にこんな規模の全然感じの違う滝があるのは嬉しいですね(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

尾鈴山瀑布群最大規模落差の白滝は、見上げるような高さと姿で方瀑者を迎えてくれます。
やや緩めの傾斜で段々になった岩壁を滑り落ちるように流れる白滝は、落差や大きさに対して優しげな雰囲気ですが、何分やはり高さがあるので迫力はあります。

個人的には、大きさや水量のわりに全体の雰囲気としてみると女神のような女性的な感じがする矢研の滝に対して、こちらは全体的に見ると優しげな流れや雰囲気の中にも力強さを感じる強い男、といった印象を受けます。

 

 


さぎりの滝▼

遊歩道の途中にあったさぎりの滝とすだれの滝ですが、けっこう落差もあり見応えがありそうで、どうしても直下まで行ってみたくなったので、帰りに降りれそうな所を探すことに٩( ”ω” )و

さぎりの滝の正面付近の少し崩れた所が弱そうなのでそこから降りて行きます🐾
(当然、傾斜が緩まったところとは言え道はないですし崖を降ります。こういう場合ココに限らずそうですが、何かあっも全て自己責任です。)

 

ーーーーーーー
さぎりの滝▼
上から見た感じ通りの姿ですね( *´艸`)
落差は30mくらいでしょうか❓
キレイで大きな滝壺を持った直瀑です🌊




滝壺が広いという事は、それだけ滝前の空間自体も広いという事です👀
日当たりがよく美しい色の水面を見せてくれます⊂⌒~⊃。Д。)⊃
岩壁は垂直とまで行きませんが、the直瀑です🌊




 

ーーーーーーー

 

 


すだれの滝▼




さぎりの滝から少し下流側に向かいます(=゚ω゚)ノ
すだれの滝は支流の少し弱々しい流れから来ています💧
通常なら岩伝いに川に入らなくても行けます🐾

 

すだれの滝▼



弱々しい支流の流れと言いましたが、これが逆にすごく良い感じになっています( ゚Д゚)
流れ落ちた水が、ちょっと丸っこくなった感じの岩壁にあたり、水が分散されてまるで霧状になって降り注ぎます(*‘∀‘)✨




霧状になった水は一瞬視界から消えかけますが、下の方でまた水本来の姿に戻り流れていきます🌊
霧になったところに日が差し込むと、そこだけキラキラと光って見え、非常に美しいというか何と言うか、日常ではまぁ見ることなない光景です🍃

 



 

ーーーーーーー

 

 


Information

合わせて見れる滝▼


紅葉滝へ戻る

矢研の滝

 

ーーーーーーー

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

宮崎県の滝に戻る
九州・沖縄の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る