五ヶ所滝(熊野 伊勢)

五ヶ所滝
(ごかしょだき)

目次
|▶データ
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶五ヶ所滝
|▶五ヶ所滝正面
|▶五ヶ所滝全景
|▶Information

 

データ▼


段瀑、連瀑
落差…20m(推)
・櫛田川水系
・台高山脈系
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から60分程
・撮影時期
H31.3.31
R6.2.13

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
なし


YouTube動画はコチラ(=゚ω゚)ノ🎦

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 

 

行き方・場所・アクセス▼

三重県 松阪市

五ヶ所滝は松阪市の内陸部、台高山脈の北部は明神平の東側の奥香肌峡の一角、絵馬小屋谷に掛かります📍

奥香肌峡へはまず国道166号線、奈良から松阪に入って少し進んだところにある、奥香肌渓へ向かう三重県道569号線 (蓮峡線) に入ります🐾

県道569号線を進んだ先に蓮ダムがあり、ダムは渡っても渡らなくても途中で合流するので、どちらでも良いです(‘ω’)

渡らずまっすぐ県道569号線沿いに進む方が路面がよく、基本的には走りやすいと思いますが、風が強い日は横風がすごいです🚘🏍

奥香肌峡までの詳しいアクセスは▶奥香肌峡・蓮ダムを参照してください。

 

ーーーーーーー

奥香肌湖は途中で分岐し、北側の青田川と南側の蓮川に分かれます(=゚ω゚)ノ
五ヶ所滝のある絵馬小屋谷は分岐した先の蓮川 (南側) の湖の方にあります🌊

県道569号線から進んで来たら辻堂橋を渡り、県道569号線を進みます🚘🏍

上流へ進むにつれてダム湖から普通の川に戻りますが、その先でダムを渡った先の道が合流します🌳
その先、絵馬小屋谷の本流である野江又谷へ入る分岐があります🐾

 

野江又谷へ入る分岐👉
少し降りたところに橋があり、川を渡りますが、やや分かりにくいです(;´・ω・)

この林道を進んだ先に駐車スペースと入口があります🌳

ちなみにココからさらに県道569号線を進むと風折の滝の掛かる宮ノ谷やその先のヌタハラ谷などへ続きます🐾

入り口まで距離はほとんどありませんが、路面は舗装はされておらず、非常に走りにくいので注意してください▼⚠

 

🏔

 

ルート▼

五ヶ所滝へは遊歩道などは無いため、基本的には川から直接登るルートをとります🌊
ぶっちゃげ五ヶ所滝まではそんなに難しいところはないと思います(‘ω’)

駐車場所のすぐ奥から野江又の頭へ続く登山道が伸びています🐾🌳
一発目すぐに川へ降りるので、そこから入渓していきます(=゚ω゚)ノ
振り返ると切り立った山々が風になびいています🗻

川は最初の時点で二手に分かれています🌊

入口から見て正面の川が野江又谷:▼左の川が絵馬小屋谷:▼です(=゚ω゚)ノ
五ヶ所滝へは左側の絵馬小屋谷に入ります🐾


絵馬小屋谷に入ってすぐ大きな岩がゴロゴロしていますが、わりと快適に進めます(∩´∀`)∩
雰囲気は険相でなかなか秘境感があります(*‘∀‘)

 

ーーーーーーー

岩の両門▼

絵馬小屋谷を少し進むと、川は右に90度カーブし巨大な岩の門がお出迎えしてくれます٩( ”ω” )و
両岸50mという大きな岩の門です👀
では恐る恐る進んでみましょう🐾


自然の力恐るべしですね( ゚Д゚)
うっとり見惚れてしまうところですが、こういう場所につきものなのが落石です⚠
あまり長居はしすぎないようにしましょう(=゚ω゚)ノ



岩の門の中ほどから上を見上げると、よりその大きさが分かります👀
正午くらいの時間だと隙間から指す光が非常に美しいです✨✨
岩の門を過ぎて反対側から見ると、まるで洞窟のようです🐾

 

ーーーーーーー

ここからまたゴロゴロした川原が続きます🐾🌊
決して平坦ではないですが、そこまで難しい箇所もなく快適な沢登りを楽しめるコースではないかと思います(‘ω’)




 

ーーーーーーー

観音滝▼

岩の門を越えてから五ヶ所滝までが若干長いです🐾
途中で右岸側 (向かって左側) から観音滝が流れ込みます🌊
麓には観音様がいらっしゃいます👀

 

ーーーーーーー

観音滝を過ぎると少し谷の表情が変わってきます(‘Д’)
徐々に両岸が切り立ち始めます🗻
ココまで来ると五ヶ所滝までもう少し٩( ”ω” )و


 

👏

五ヶ所滝▼

両岸が迫り始めてから少し進んだところで、水面のキレイな五ヶ所滝の一番下の部分に到達します🌊
しかしココは手が付けられずに行き詰ります(;´・ω・)


これが行けそうで行けません(;´・ω・)
高巻かなければなりませんが、この高巻きが非常に危険です⚠

 

ーーーーーーー

右岸左岸両方ともルートはありますが、この日は右岸 (向かって左側) から巻いたので、そのルートをメインで説明します(=゚ω゚)ノ
先ほどの滝壺から少し戻ると、写真▼のようなちょうど手の届きそうな位置に木がある場所があります🌳

これを木や根っこを頼りに力づくで登っていきますが、何分傾斜がきついので慎重にいきます🐾

ある程度登ったところで岩がむき出しになったところ▼に到達します👀
この岩壁の前を下流側に移動し、行き止まりの所で上に何とか登ります🗻▼
ココは足場が極めて狭く、枯葉などが堆積し滑りやすいうえに岩は掴むと崩れる箇所が多いのでかなり危険です⚠
態勢を低くして確実に行きましょう٩( ”ω” )و

岩の所を登りきった先は写真▼のような木があるので探してみてください🌳
これを拠点に、進みやすい箇所を探しながら上流側へトラバースしていきます🐾
この辺りも油断できず足場はかなり滑りやすいので、しっかりした木や根っこを掴みながら進みます(‘Д’)


ある程度進みやすい所まで登り上流側へ寄っていくと、次第に歩きやすくなってきます🐾
ただし、相変わらず足場は狭く非常に滑りやすいので気は抜けません(。-`ω-)

そして滝の音と共に降りれそうな所に出ます🌊
深くえぐられた岩間から水が流れるのが見えてきます👀✨

 

ーーーーーーー

左岸ルート▼

ちなみに左岸ルートはと言うと、岩壁が切り立つ手前辺りまで戻り左岸の支流スラブへ入ります🐾

スラブを少し登り涸滝みたいになった所の手前から上流側へ進むと目印とロープの姿が確認できます(‘Д’)
これをロープ伝いに登りますが、ココは傾斜がかなりきついので注意❕


それを登り切ったらあとは踏み跡沿いに進んで行きますが、これがまた非常に不明瞭です(;´・ω・)
まぁ最悪行けそうなところを力づくで進む感じになるかもしれません🌳
基本的の左岸巻きの場合出る先は五ヵ所滝の上です🐾

 

🌊

 

五ヶ所滝正面▼

先ほどのきれいな滝壺の小滝のすぐ上は岩に隠れて見えませんでしたが、こんな感じになっています( ゚Д゚)
ざっくり20mくらいの異形の美瀑です🌊


下から見た時には想像もつかない姿です( *´艸`)
先ほどの五ヶ所滝の最下段の滝を左上から見た所👀
まだ落ち口付近岩に隠れてハッキリと見えません(´・ω・)
一体どんな感じになっているのでしょう(´・ω・)❓
もう少し滝に近づいてみましょう🐾
滝に向かって左側の方から降りていきやすくなっています(=゚ω゚)ノ
ちなみにこの滝を巻く時も左側からです🌳

まるで岩の滑り台ですね( ゚Д゚)✨✨
一体どうしてこんな形になったのかな(*´Д`)⁇
岩の滑り台からホントに一瞬だけ岩に跳ね返って最下段の滝ができています🌊

上流から最下段の滝壺を見下ろしたところ▲👀
覗き込みすぎると落ちそうなので注意です( *´艸`)
滝壺の色がきれいですね✨



近づいて見ると岩の中身はこんな感じです(∩´∀`)∩
正に自然の造形美です✨✨
キレイに水流に研磨されて岩の表面のゴツゴツはありません🗻

岩のえぐられ方がすごいです(;’∀’)
写真で見るより生はもっとすごいです🗻




えぐられた岩の空洞へ入って滝を見上げると、その奇怪な姿を堪能できます🌊
⊂⌒~⊃。Д。)⊃
逆に外側を見ると洞窟の中から外を見ているかのようです👀🌳

 

 

五ヶ所滝全景▼

先ほど少し触れましたが、滝の左側からこの滝は巻くことができます🐾
この岩の外側から登る感じになりますが、少し登った所からこの滝を見下ろすことができます👀

落ち口付近▼
ココも覗き込みすぎると転落しそうなので十分注意が必要⚠
この上からは釜と滝が連続するゴルジュになっていますが、岩のえぐられ方が深すぎて全部は見えません(ノД`)・゜・。




日が当たった時のゴルジュの青さはヤバ目( ゚Д゚)✨✨
さらに登っていくと川の高さが徐々に岸に追い付いてきます(=゚ω゚)ノ
写真▼の丸っこいキレイな釜の所からは再び川へ入れます🌊

そしてココからゴルジュを見下ろすことができます👀
クネクネと岩を削りながら流れていく様は圧巻✨
まるで岩の要塞のようです(*‘∀‘)

下流側
スライダープールみたいですが傾斜は80度くらいあります(;´・ω・)
上流側
ココからはまた一旦落ち着いた川原へと表情を戻します🌳

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

これほど岩が侵食されている姿は他ではあまり見ることはできないでしょう。
滝自体も良いですが、どちらかと言えばそれを構成する土台となる岩々やその全景の印象が強いです。
高巻きはやや危険ですが、かなり特殊な滝なのでかなり見る価値のある滝です。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

奥香肌峡・蓮ダム

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

三重県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

魔戸の滝(伊予)

魔戸の滝
(まどのたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶魔戸の滝
|▶Information

種類
・・直瀑、連瀑
水系
・・国領川
落差
・・40m(公)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口から5分
【🚘】 【🍃】H30.8.4

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

愛媛県 新居浜市

魔戸の滝は愛媛県新居浜市、四国山地西赤石山の北側に位置し、国領川水系の種子川の支流、西谷川に掛かります📍

高松から松山を結ぶ国道11号線、国領川東側の新居浜I.C入口交差点から県道47号線、新居浜IC方面へ入り、ICには入らずにそのまま道なりに進むなどして、まずは高速道路沿いの道まで行きます🚘

山根公園の東側に、種子川沿いに高速道路をくぐり抜けられるところがあり、分かりにくい細い道ですが、高速道路の下まで来ると川も道も二手に分かれます👀

上流に向かって右側が魔戸の滝が掛かる西谷川で、ココを右側の林道に入り、あとは道なりに進んで行けば入り口ですが、途中路面の悪い箇所もあるので注意してください( ゚Д゚)

 

 


遊歩道▼

林道をず~っと進んでいくと入り口にたどり着きます(=゚ω゚)ノ
車を止めれそうなスペースもあります🚘🏍

入口からいきなり急階段ですが、滝前までは遊歩道が一応あり距離もそれほどありません(‘ω’)🌳
足元には注意ですが、一歩道ですし特に説明するまでもないと思います🐾

 

 


魔戸の滝▼




非常に美しい滝です( ゚Д゚)✨✨
思わず「おお~!」と声が出ます( *´艸`)
滝自体大きいですが、水量もあり比較的豪快に流れるのに静寂な雰囲気を持っています🌳🌊





水は青く苔や草が多く木々は茂り、何とも自然の美しさが揃っています🌳🍃
滝のすぐ横の岩壁とそれに生えた苔が素晴らしく綺麗です( *´艸`)
この日は運よく時間帯的に日当たりが良く、滝が輝いて見えます👀(‘ω’)


 

ーーーーーーー

ちなみにこの魔戸の滝の上には魔戸のゴルジュと呼ばれる沢登りの難所があり、それがまた絶景です⊂⌒~⊃。Д。)⊃
今回はちゃんとした用意をしていないので行ける所までです🐾

魔戸の滝の上に出た時点で爽快な景色です(∩´∀`)∩
危険なので自信が無ければいかないでください⚠
ココからはガッツリ岩に囲まれたゴルジュ帯です🌊



自然の造形物には改めて驚かされるばかりです( ゚Д゚)✨✨
こんな所いったいどうやって登っていくのでしょう(´・ω・)?
機会があれば挑戦してみたいですね~(∩´∀`)∩
泳ぎは必須になってきそうです🌊


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

滝の形に水量、草やコケに辺りの木々の感じとも全てが極めて美しい景観です。
個人的にこのクラスの滝ではトップクラスに好きです。

遊歩道からは少し外れて危険ですが、この滝の上のゴルジュも非常に見ものです。
滝前の空間も上のゴルジュも、どちらも同じ自然が作り出した景観なのにまるで雰囲気が違います。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

愛媛県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

不動滝(但馬)

不動滝
(ふどうたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶不動滝
|▶不動滝上流
|▶Information

種類
・・滝郡、連瀑
水系
・・円山川
落差
・・45m(推)(最下段)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から30分程(最上段)
🏞】【💧 【🍃】H30.7.30

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

兵庫県 養父市

不動滝は兵庫県但馬地方、養父市の東端付近、氷ノ山北東側に位置します📍

国道9号線を八鹿から氷ノ山の方へ進むと、ハチ北方面へカーブするところにまっすぐ伸びる兵庫県道87号線が分岐するので、そちらに入ります🛣

県道87号線をしばらくまっすぐ行くと上り坂になってきますが、途中で八木川の方へ左斜めに降りる分岐があります👀

この分岐を左へ入り少し行くとぐるりとカーブするところがあり、福定親水公園があり、そこが駐車場と入口になります🅿

ーーーーーーー

公共交通機関全但バスJR山陰本線 八鹿駅から県道87号線と林道の分岐の所まで来ており、そこから徒歩で1kmちょっと🐾
本数は少なく冬季はダイヤの乱れもあると思うので、バスで行く際は確認しておいた方が良いかもしれません🚏

JR山陰本線 時刻表
・・・京都駅~下関駅
・・・(八鹿駅下車)

 

全但バスHP
👉乗合バス👉一般路線バス
・・・八鹿~関宮~八伏線
・・・(氷ノ山八伏口下車)

 

 


ルート▼

駐車場の奥から道が伸びています🐾
ココは氷ノ山への登山口でもあります(=゚ω゚)ノ
何やらキャンプ場のような施設もあります⛺

 

入口に入るとしばらく川沿いに進みます🐾
石がゴロゴロしています(;´・ω・)

しばらく川沿いに進むと、左側から堰堤を越えて川が合流している所があります🌊

不動滝へはこの堰堤を越えて左の川の方を登っていきます🐾(∩´∀`)∩

直接川を渡り越えていき、その先も川や滝を直接登るため、沢登りの装備が必要です💦

ちなみにまっすぐ遊歩道を進むと氷ノ山と▶布滝方面です(´・ω・)

 


堰堤は右岸 (向かって左側) から越えていけます(=゚ω゚)ノ
堰堤を越えた先は人の手の入っていない渓谷です🐾
ココは緑がとても美しいです🌳

少し行った所で不動滝の一番下の滝が姿を現します👀
この不動滝は一番上の滝を言うようですが、どうも展望所 (と言っても障害が多くて見えませんが…) からは方角や高度的にどう考えてもそこではないので、私は4つある滝全てで不動滝と解釈しています🌊

 

 


不動滝▼

下段の滝▼


岩と岩の間から一番下の滝が現れます( ゚Д゚)
4つある滝の中でこの滝が最も大きいです🌊
少し緩めの傾斜に最後はスライダープールのように流れています( *´艸`)


 

ーーーーーーー

2段目へ▼

この滝は右岸 (向かって左側) の岩月を直登していきますが、かなり危険です⚠
無理そうな場合、岩月よりも外側の茂みから巻いて2つ目の滝の途中か落ち口に出ます🌳


下段の滝の落ち口▲
1つ目の滝を登ったら、廊下の様なインターバルと2つ目の滝の下の方が見えてきます👀(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

2段目の滝▼

2つ目の滝はほとんど滝身を直登します(=゚ω゚)ノ
滝壺右側から取り付いてよじ登っていけるはずです🐾
ココも滑りやすく危険なので注意です⚠


2つ目を上から見下ろすと今度は川が右に曲がり3つ目の滝が見えてきます👀
先ほどとは変わって滝前が広いです🌳

 

ーーーーーーー

3段目の滝▼

3つ目の滝は、4つある滝の中で最も小さく傾斜も緩いため快適に登れます(‘ω’)
右岸 (向かって左側) の岩付きから登っていきます🐾


下の滝を登り切ったら小さい滝壺を挟んで上の段です🌊

上の段もそのまま越えていきます(∩´∀`)∩
この辺は切り立っておらず広々と登れます( *´艸`)

 

ーーーーーーー

上段の滝▼

3つ目を登り切ったらやや大きめのインターバルを挟んで最上段の滝の前に出ます🌊👀
この滝を不動滝としている見解が多いですが、位置関係的にココは木々が無くても展望所からは見えないんじゃないかな(´・ω・)⁇


滝壺の周辺は広々と緑に囲まれた空間です🌳
いつまでも休憩していられそうな居心地の良さです( *´艸`)
休憩やビバークするには良さそうですね(∩´∀`)∩

 

 


不動滝上流▼

この日は思ったより早く滝が越えられて時間的に少し余裕があったので、この上にも行ってみることに٩( ”ω” )و
この滝は何度か岩付を登って試みましたが、岩の所から直登するのは厳しそう…(;´・ω・)
ココは右岸 (向かって左側) の茂みから巻き上ります🐾(=゚ω゚)ノ


不動滝を登った先はしばらく傾斜の非常に緩い平坦な広い森林地帯が続きます🌳🗻
一見何もないようなところですが、岩壁の縞模様やコケなどの自然の姿が見られます👀(´・ω・)

 

しばらく平坦な所を進んでいると川が二手に分かれます🌊
まっすぐ上り詰めていくと、氷ノ山と氷ノ山越の間に出ます🐾


上に行くほど水が洗練されてキレイになってきます🌊
そして気温がかなり下がってきます🌡
魅力的な小滝もまだいくつか存在します(∩´∀`)∩


ちなみにこの日はまっすぐの方からは戻ってきて、分岐を右の沢の方へ進み途中から法弘の水へ抜けました🐾
こっちもなかなかです🌳


だんだん道が狭くなって草や葉っぱが増えてきます🍃🌳
水は分岐した時点で少なめですが、さらに少しづつ減ってきます🌊
その代わり洗練されて美しく、そして冷たくなっていきます(=゚ω゚)ノ

 


しばらく行くと傾斜が強まってきます(;´・ω・)
そして緑であふれた情緒あふれる小滝が連続し始めます🌳( ゚Д゚)



この辺りから左岸 (向かって右側) をしばらく上り詰めていくと法弘の水へたどり着きます٩( ”ω” )و
まっすぐ川の方を上り詰めると氷ノ山越の近くに出ます🐾

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

個性的な中規模の滝が近い間隔で連続する様は見応えがあります。
道中はキレイな草やコケなど、植物の美しさを垣間見ることができます。
危険ですがほとんどの滝はほぼ直登できるため、スリルもあり楽しめるコースかもしれません。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

兵庫県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

日裏谷大滝(吉野)

日裏谷大滝
(ひうらたにおおたき)

目次
|▶データ・動画
|▶行き方・場所・アクセス
|▶沢登ルート(雌滝まで)
|▶登山道ルート(雌滝まで)
|▶雌滝越え
|▶日浦谷雄滝(夏)
|▶日浦谷雄滝(秋)
|▶Information

 

データ・動画▼

種類
・・直瀑、分岐瀑、連瀑
水系
・・十津川⇒熊野川
落差
・・60m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入渓から90分程
H30.7.10
R3.11.14

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 五條市

日裏谷大滝は五条市南東端、大峰山 明星ヶ岳の西側の日裏谷本谷に掛かります📍
この日浦谷大滝は雄滝雌滝があり、メインは雄滝🌊📖
(ただ、文献によっては雄滝と雌滝が逆の場合があり、どちらが正しいかは分かりません📖)

国道168号線を五条市から十津川村に入る手前、篠原方面へ入る奈良県道235号線へ入りずっと進んでいくと、舟ノ川へそそぐ支流に掛かる小さな橋と共に道が分岐します🌳

道なりにまっすぐと、宮の滝の方へ登る道、そして舟ノ川の方へ降りる道、の3方向に分かれますが、舟ノ川へ降りる方へ進みます🐾

川を渡って分かれ道がいくつかありますが、道なりにまっすぐ進みます(=゚ω゚)ノ
途中土砂崩れを直したようなところを通りますが、車でも通れるのでまだ先へ進みます🚘

しばらく行くと、川が分岐👀
左の日浦谷には壊れかけの堰堤が掛かり、その先で駐車スペースがあるのでここで駐車し川へと入ります🌊
以前はちょっとした広場に火の用心の札が掛かっていたのですが、いつの間にか辺りは伐採されて様子が変わっています(‘Д’)

 

 


沢登ルート(雌滝まで)▼

駐車場所から堰堤の上に行くことができ、堰堤から川へと入っていきます🌊🐾
堰堤を渡ったら登山道があり迷い滝まで行けますが、まずは沢登ルートを見てみましょう❕


堰堤から川へ入ると、しばらくは平坦な川原を進んで行きます(=゚ω゚)ノ
もうココの時点でかなり水はキレイです✨
すると今度はちゃんとした堰堤が現れます(;´・ω・)

こいつがなかなか厄介です(;´Д`)
結果的に右岸 (向かって左側) の岩と堰堤の隙間から力づくで登りましたが、背丈がないと結構難しいと思います(‘Д’)

この堰堤を越えたらまたしばらくは平坦な川原です🌊

しかし、先ほどより雰囲気が谷深い感じになってきます( ゚Д゚)

そしてその先で大きな釜の小滝が現れます🌊
ココは少し手前から右岸 (向かって左側) を少しよじ登り、正面の岩の上から越えていきます🐾
ちなみに泳げばすぐ越えれます(‘ω’)


この小滝を越えた先から徐々に傾斜が出始めます(=゚ω゚)ノ
やっと雰囲気以外の面でも渓谷らしくなってきました(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

アメ止め滝▼

そしてまたしばらく行ったら、先ほどより更に大きくて深い釜と共に川は左に90度曲り、30mくらいの中規模の斜瀑、アメ止め滝が掛かります(=゚ω゚)ノ


ココも右岸 (向かって左側) から登ってきます🐾
傾斜がそれほどないので、途中までは岩肌を快適に登って行けます(∩´∀`)∩
が…、

問題は滝上部です(;´・ω・)
最後の所は写真▼左側の岩の隙間から無理やり進んで行きます(;´Д`)
滝をもろに浴びながらになるので、流されないように頑張りましょう٩( ”ω” )و


滝の上まで登ってしまえば爽快な景色とやったった感で満たされます(∩´∀`)∩
そしてここからはそれほど難しい箇所はないと思います(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー



しばらく進むと目の前が開け始めます👀🌳
そして滝の轟音が遠くに聞こえます( ゚Д゚)
この辺は緑がすごく良い感じ(∩´∀`)∩

ココから少し先で日裏谷本谷と三嵓谷に分岐します🌊
ちなみに轟音は日裏谷雄滝の音でしょう👂

 

ーーーーーーー

日浦谷雌滝(夏)▼

三嵓谷分岐点▼
その傍らにまず日裏谷雌滝が掛かります(=゚ω゚)ノ


雌滝の前には大きな岩があり、その上から滝の上部の方を見ると何かとてつもなく大きな滝の気配がします(´・ω・)

 

 


登山道ルート(雌滝まで)▼

では登山道ルートも見てみましょう٩( ”ω” )و
今回は秋🍂
夏とはまた入り口付近からすでに雰囲気が違います(*‘∀‘)


登山道入口▲
この堰堤を渡ると登山道スタートです🐾
すでに足元が濡れる可能性が高いです💦

ココは一応、明星ヶ岳の登山道になっていますが、途中で分岐します🌳

そんなわけでとりあえずはこの登山道を進んで行きます(=゚ω゚)ノ

以前は堰堤を渡ってすぐのところ▼左下が大きく崩れていたのですが、いつの間にか手直しがなされています(‘Д’)

 

ーーーーーーー

登山道分岐▼

しばらく進むと明星ヶ岳へ向かう登山道は左へ、茂みの奥へ登っていくようにして分岐します🌳

ココには迷滝への案内はなく、ただ排林道のような道が続いています👀

一応道があるとはいえ、全体的に足場は悪く注意が必要(=゚ω゚)ノ
この分岐を越えてからはさらに道は荒れてきます🐾

道は荒れているのですが、この時期やはり特筆すべきは紅葉でしょうね( *´艸`)
夏の輝くような深緑もとてもキレイなのですが、この褐色に染まった哀愁漂う雰囲気はいつ見ても良いものです🍁



ココからは道の真ん中に木が生えてたりします🌳
かと思ったら少し広く整った個所もあります👀
ずいぶん川より高い所に来た感じもしますがご心配なく(=゚ω゚)ノ



奥へ進むほどに木々の隙間から見える景色も爽快になってきます(∩´∀`)∩
おや👀?
よく見ると遠くに迷滝の姿が見えます( ゚Д゚)
所々でこう言った場所があるので見逃さないようにしましょ🌊



 

ーーーーーーー

ガレ場▼

遠くに迷滝の姿を見たら、その先しばらくしてガレ場が道と交差します(=゚ω゚)ノ
川からずいぶん高い位置にあって断崖や急傾斜になっていますが、ガレからだと下へ降りれる可能性も高いのです🐾
(ただし、すごく滑るガレは絶対に立ち入ってはダメ✖)


まずは1つ目のガレ▲上
滑らないように気を付けて渡りましょう🐾

しばらくして2つ目のガレ▼
ココも渡って先へ進みます🐾

そしてしばらくして3つ目のガレ▼
これを下ります(=゚ω゚)ノ
ガレ上部には大きな岩があります👀
形が変わるほどの崩壊などがなければ目印になります📍


道を遮るような大きなガレはこの3つで、ココから先はそんなガレ場はないので多分普通に進んでても分かるかと思います(・ω・)

 

ーーーーーーー

川へ降下、雌滝へ▼



ではこのガレを下っていきましょう٩( ”ω” )و
ココは細かい砂利や砂ではなくゴーロのようになっているため、あまり滑る心配はないですが気は抜かないようにしましょう❕

途中から水が出てき始めます💧
ココまで来るとガレやゴーロというよりスラブになってきます👀
そして右側からスラブが合流してきます(=゚ω゚)ノ


ココまでくればすぐに川が見えてきます(∩´∀`)∩
足場は悪いですが傾斜はほぼ無いのですぐに出れます🐾
ちなみにこの先の雌滝越えを断念した場合はココから登り返すので、しっかりこの場所は覚えておきましょう❕

川へ出たらそのまま川沿いに上流へ進んで行きます🐾
ココはアメ止め滝の上流になるため頭から水をかぶる必要こそないですが、川を直接渡るので膝下くらいはせめて濡れても大丈夫にしておく必要があります🌊


 

ーーーーーーー

日浦谷雌滝(秋)▼



川を進んで行くと次第に見えてくる広くなったヵ所とその先の雌滝🌊
右側には相変わらず薄暗い三嵓谷がこちらを誘っています(゚Д゚;)

しぶきがないため上に雄滝が少し見えています👀
上部の紅葉はとても美しく、夏との違いが見て取れます🍂

 

 


雌滝越え▼

さて、写真を見てもらっても分かる通り雌滝は直登は不可能です(;´・ω・)

ココは少し手前から右岸 (向かって左側) の茂みを登っていくと越えていけます🐾
が、当然なかなかの危険を伴いますので判断を誤らないように⚠

ちなみに雄滝へ行くには沢登ルートでも登山道ルートでもこれを越えなければならないため、どちらも危険度はLv.4とします📍

下に雌滝を見ながら上流へ向かって進みます٩( ”ω” )و
岩の上を流れる水の様子はどことなく自然の険しさが伝わります(。-`ω-)


ある程度右岸を登ると上流側へトラバースしていけます🐾
しかしこのトラバースが最も危険⚠
グリップになるものも少ないのでかなり怖いです(;´・ω・)


雌滝の落ち口を越えれば川へ寄っていけます(=゚ω゚)ノ
ただし、かなり滑る箇所があるので注意❕

夏の時の様子▼

 

 


日裏谷雄滝(夏)▼




これは非常にうれしい誤算でした( *´艸`)
迷滝以外の滝については情報もなく、下調べもそれほどしてなかったのでこの滝がココまで大きいとは思ってもいませんでした⊂⌒~⊃。Д。)⊃

せいぜい30m~40mあればいいなぁ、と思っていたら60m程はあるかと思います(∩´∀`)∩
そして水量もかなり多く迫力があり、辺りの景観も素晴らしいものがあります( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

 

 


日裏谷雄滝(秋)▼




変わって秋の様子🍂
秋は基本的に雨量が少なく水量が少ない日が多いというのも特徴的ですが、元がそれなりに水量が多いため多少水が減ってもしっかりと形になります🌊

滝の前を横切り右岸側へ🐾
滝正面の足場は非常に滑りやすく、水量によってはかなり水が掛かります💦

ただ、登山道へ戻るためには右岸側の細く急傾斜のガレを登る必要があります(´・ω・)

日浦谷雄滝は流れ方に特徴があり、右岸側へ行くと見え方もかなり変わります👀
そこから見下ろす下流側もいい感じです(∩´∀`)∩




 

ーーーーーーー

登山道へ▼


雌滝もですが、雄滝も直登はどう見ても不可能です(;´・ω・)
これを越えるには右岸側のガレを登り一旦登山道へ出る必要がありますが、ビックリ急傾斜でココも気を抜けません⚠

途中で振り返るとこれまた絶景(∩´∀`)∩
ただし余裕がなければ振り返りは禁止⚠

やがて上り詰めていくとワイヤーが出てきます👀
写真では分かりにくいですが、たぶん傾斜角度は場所によっては60度くらいあるかと思います🌳
一度滑ったら雄滝の前まで滑り落ちても不思議ではないくらい⚠


ちなみに上から見たら、とても下れるとは思えない傾斜です👀
と言うか危険なので下りはやめましょう⚠

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

高さも水量も景観もそろった極めて素晴らしい滝です。
迫力はすさまじく、滝前にいると水しぶきでビチャビチャになってしまいます。
どうしてこんな滝があまり表に出ず埋もれているのか不思議なくらいです。
この上流の迷滝に負けないくらいの巨瀑で、間違いなく熊野川水系中指折りの名瀑と言えます。

迷い滝へ進む

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

八重滝(出雲)

八重滝
(やえたき)

目次
|▶データ・動画
|▶アクセス・行き方
|▶八重滝遊歩道(春)
|▶八重滝(八汐滝、八塩滝)(春)
|▶八重滝遊歩道(秋)
|▶八重滝(八汐滝、八塩滝)(秋)
|▶八重山神社
|▶Information

 

データ・動画▼

種類
・・滝郡
水系
・・斐伊川
落差
・・40m(八塩滝、八汐滝)(公)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から30分程
🏆日本の滝百選
】【🚘】【🏞】
【🍁】
【🌺】H30.5.5
【🍂】R2.11.12

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
しまね観光ナビ▶https://www.kankou-shimane.com/

島根県道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

島根県 雲南市

八重滝は雲南市の南端付近、出雲市街の南側、三瓶山の東側に位置します📍
近くにある▶竜頭ヶ滝と合わせて龍頭八重滝とも呼ばれ、この龍頭八重滝が日本の滝百選のとなっています📚

松江市南西端付近の宍道から、三次市を経由して広島市まで伸びる国道54号線沿いに八重滝駐車場に続く林道入り口があります(=゚ω゚)ノ

松江自動車道吉田掛合I.Cへ続く分岐の少し南側になります🛣

国道54号線を走っていると看板があるのでよく見ておきましょう(=゚ω゚)ノ
林道に入ってすぐに駐車場や入口より先に八重滝の一つ、猿飛滝が出てきます🌊

 

ーーーーーー

猿飛滝▼



林道に入ってすぐの猿飛滝🐒
その先林道を進んでいくと広い駐車場が出てきます🚘🏍
遊歩道の入口は駐車場の奥にあります🌳

 

 


八重滝遊歩道(春)▼

遊歩道の入り口付近は楓の木が多く、紅葉の時期は非常に綺麗になりそうです🍁
夏でも透き通るような緑できれいです( *´艸`)
何故か5月なのに赤い葉っぱがちらほら見えます👀


川沿いに遊歩道が続いていきます🐾
ぶっちゃげ水は透き通ってはいますが、それほどきれいではないです(´・ω・)
ですが晴れた日は周りの木々とよく調和してきれいな景色になります🏞✨

八重滝は、猿飛滝・滝尻滝・紅葉滝・河鹿滝・姥滝・姫滝・八塩滝・八汐滝の八つの滝の総称です(=゚ω゚)ノ
遊歩道は一番奥の八塩滝と八汐滝の連瀑を目指します🐾

 

ーーーーーーー

滝尻滝▼


滝尻滝は狭い岩場を流れる、この滝群では八汐滝・八塩滝に次いで大きな滝です🌊
この滝の前で川を渡りますが、その前で川沿いに分岐する踏み跡の方へ行くと滝壺の目の前まで行くこともできます🐾

 

ーーーーーーー

休憩所、遊歩道後半▼


滝尻滝を越えてしばらく行った所で中間休憩所があります🌳💭
ちょうど滝尻滝から少し登り坂なので休憩にはもってこいです(∩´∀`)∩

ここから本格的に名前の付けられた滝が出てきます(=゚ω゚)ノ
小さな滝ですが、それぞれ個性があります👀



 

姫滝を過ぎるとこの先にメインの八汐滝と八塩滝の連瀑があります٩( ”ω” )و
川がカーブする所で下段の八塩滝が見えてきます🌊

 

 


日本の滝百選 八重滝 (八汐滝、八塩滝)(春)▼


上の滝が八汐滝、下の滝が八塩滝です🌊
連瀑というか段瀑というか、どちらに属するのかは知りません(;´・ω・)
幅も水量もあり大きな滝で、形も非常に綺麗で日当たりも良く、照らされた木々も良い感じです( *´艸`)

 

膝から下が濡れてもいいなら川を渡って八塩滝の上まで登れます٩( ”ω” )و

鎖があるので摑まりながら登れますが、足場は非常に滑りやすく慎重に登らないと滑り落ちます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

上段の八汐滝▼

事実上この滝が八重滝のボスみたいな感じですね⊂⌒~⊃。Д。)⊃
幅広く流れるこの滝はとても気持ちの良い滝です🌳☀


 

ーーーーーーー

 

 


八重滝遊歩道(秋)▼

駐車場と入口▼



さすが紅葉の名所(*‘∀‘)
春に来た時とはゴロっと雰囲気が変わります🍁
この入口付近は特にキレイです🍂

入口入ってすぐの橋から川を見るとまた秋を感じます(‘Д’)
山は完全に秋の色をしています🍂
上流側も下流側もいい感じですね(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

絶景の河原▼

スゴイのがその先の川がカーブする所(=゚ω゚)ノ
紅葉の名所極まれり🍁
結果的にここが一番きれいでしたね👀



この川原自体全部が紅葉で覆われているわけではないですが、このように部分的に非常に美しいところがあります✨
特にここは日の当たり方なども抜群で、ただでさえキレイな紅葉がさらに輝いて見えます( *´艸`)

 

ーーーーーーー

滝尻滝▼

ぶっちゃげて言うと、先ほどの河原を越えたらその先もうほとんど紅葉は出てきませんでした(;´・ω・)
滝尻滝は相変わらずといった感じで、そこから見た下流側は秋です🍂


橋を覆っているのは楓なのですが、ご覧の通りまだほぼ緑色👀
コレが紅くなったら絶景でしょうね~( ゚Д゚)
すぐ近くにあってもこれほど入づくのにタイムラグがあるのですね⏱
橋を渡って遊歩道登る途中で見える山の姿はいい感じです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

遊歩道後半▼

先述したように後半は褐色がかった気はあるものの紅葉と呼べるものはなく、時期的なものか紅葉滝も名前に反してあまり葉が無く、その他の滝も変わり映えがあまりない感じですが、この時期の方が心なしか水がキレイに感じます🌊



 

 


日本の滝百選 八重滝 (八汐滝、八塩滝)(秋)▼

八汐滝八塩滝まで来ると上の方にまた紅葉が見えています(∩´∀`)∩
こんな感じでアクセント的にあるだけで季節感が出ますね🍁
水量は前回より少し少なめ🌊




前回も思ったのですが、ココまで登ってくると少し水の透明度が増します👀
キレイに2段に分かれた姿は相変わらず🌊
木陰から射す日の光も相変わらずいい感じです☀

 

ーーーーーーー

八汐滝▼

今回は普通の格好で来たので川は渡れず上までは行ってません(´・ω・)
ただ八塩滝の滝壺の手前から分岐した踏み跡を発見👀
登った先でキレイに八汐滝が見えます(=゚ω゚)ノ


 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

八つの滝から成る滝郡、八重滝は緑豊かな情景と川との調和の素晴らしい道中を楽しむことができます。
八つの滝はそれぞれ個性があり、様々な滝を楽しめるという滝群の特徴もしっかり持っています。
楓の木が多く、紅葉の時期の河原は非常に美しい景色を見せてくれます。
近くの八重山神社も素晴らしい眺めを見せてくれるので、ついでに立ち寄ってみるのがおすすめの順路です。
林道も駐車場も遊歩道もしっかり整備されており、観光滝としては抜群のパフォーマンスです。

 

 


八重山神社▼

八重滝の駐車場の先も林道はまだ伸びています🛣
一体どこへ続いているんだろう(´・ω・)❓
駐車場からしばらく進んだところに八重山神社があります⛩



車はコットン水車のとこに停めます🚘
坂がありますがかなり急傾斜で行き止まり、Uターンするとこもないので間違って登ると大変な目に合います(´・ω・)
進んで行くと山門があり、その先急階段が続きます👀


ココの狛犬さんはちょっとおサルさんみたいです🐕🐒
山門のところら辺は谷側の眺望が開けていい感じです⛰
向かいの山々の紅葉がまたキレイです(∩´∀`)∩

 

急階段の先には社が見えています(*‘∀‘)
何かすごい所に建っていますね( ゚Д゚)
こういう感じ大好きです( *´艸`)


岩壁にめり込むようにして立つ社(‘Д’)
上に見えている紅葉がキレイです🌳
八重滝へ訪れる人はいてもココまで来る人は少ないようで、この景観と言いある意味ちょっとした穴場です٩( ”ω” )و


 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

島根県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る

 

TOPに戻る

猫滝(熊野 伊勢)

猫滝
(ねこたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶高滝越え
|▶猫滝
|▶Information

種類
・・直下型
水系
・・櫛田川
落差
・・20m(推)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・入口から120分間程(沢登)
【🚘】【🌸】💧 【🌺】H30.4.1

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
三重県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

三重県 松阪市

猫滝は松阪市の内陸部、台高山脈の北東部の池小屋山のふもとの宮ノ谷に位置します📍

櫛田川源流部の蓮ダム・奥香肌峡の一角である宮ノ谷へは、まず国道166号線から三重県道569号線 (蓮峡線) 、奥香肌峡の蓮ダムへ進みます🚘🏍

蓮ダムのさらに上流、ダムが分岐した南側の蓮川本流に沿って上流に向かって走っていくとダムが終わり、その先で川を渡り宮ノ谷へはいる林道が分岐します🌳

 

ちなみに猫滝のすぐ下流には高滝が掛かり、まずは高滝を越える必要があります🐾

猫滝へは林道終点から池小屋山への登山道へ入り、まずは風折の滝高滝の分岐へ、これを高滝方面へ進み高滝へ(=゚ω゚)ノ
その後高滝を越えて猫滝へ到達します(‘ω’)

ココでは高滝から猫滝までの道のりを見てみたいと思います👀
途中の詳しいアクセスやルートは▶風折の滝および▶高滝を参照してください👈

 

 


高滝越え▼

轟音を立てて流れる高滝👉
その高滝の手前に上に登るルートがあります(=゚ω゚)ノ

ただ、かなり急傾斜で滑りやすく道がめちゃくちゃ細く非常に滑りやすい箇所もあるので十分注意が必要です( ゚Д゚)

この登山道は高滝手前までは良いのですが、高滝越えから急に険相を呈します🌳

踏み跡は何となくは分かりますが、不明瞭なところもあるので、滑らなさそうか確かめる意味も兼ねてよく確認しましょう👀


硬度が上がるにつれて徐々に眺望もよくなります👀
鉄の祠▲みたいなのが出てきたら概ね登ってきたサインですが、ココがまた足場が悪くて怖いです(;´・ω・)

 

さらに進んで行くと川の方へ寄って行き、高滝の落ち口とその上の小さいゴルジュが見えます( ゚Д゚)🌊
高度感もあり良い眺め⊂⌒~⊃。Д。)⊃
けっこう高滝の上って段々になってます👀

 

 


猫滝▼

ストーーンと落ちる猫滝( ゚Д゚)
落差はそれほどありませんが、この形状は見応えありです✨


ご覧の通り滝の中に入れます(=^・・^=)
完璧に近い裏見の滝です٩( ”ω” )و

釜はキレイに丸くまとまっており、深さはけっこうありそうです👀🌊
滝の中はぼちぼち高さがあり、そこから見る滝壺は不思議な感じです( *´艸`)



 

ーーーーーーー

ちなみに猫滝も上まで行けます(=゚ω゚)ノ
というか、道中で猫滝の方による感じなので、道なりにそのまま登って行けば上流に出ます🐾
落ち口から見る景色は高度感があり非常に良い眺めです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

高滝のすぐ上は岩に囲まれたゴルジュになっているため、狭くて深い釜と連瀑になっておりその一番上に猫滝があります。
ゴルジュの上段という事でなかなか両岸迫った狭いところに流れ落ち、荘厳な景観となっています。
キレイな水と形の滝壺を持っていて、滝の中にも入れるというサービスの良さといい、高さ自体はそれほどありませんが見る価値は高い滝です。
しかし一体なぜ猫滝というんだろう(=゚ω゚)??

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

奥香肌峡・宮ノ谷の滝▼


高滝へ戻る

風折の滝

 

奥香肌峡・蓮ダム

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

三重県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

高滝(熊野 伊勢)

高滝
(たかたき)

目次
|▶データ
|▶アクセス・行き方
|▶ルート1・風折谷分岐まで
|▶ルート2・高滝方面へ
|▶高滝
|▶Information

 

データ▼


直瀑、直下型
落差…50m(推)
・櫛田川水系
・台高山脈系
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・入口から70分間程
・撮影時期
H30.4.1
R6.5.14

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
なし


YouTube動画はコチラ(=゚ω゚)ノ🎦

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

三重県 松阪市

高滝は松阪市の内陸部、台高山脈北東部の池小屋山を源とし奥香肌峡蓮川に合流する宮ノ谷の川に位置します📍

まずは国道166号線から三重県道569号線 (蓮峡線) に入り奥香肌峡の蓮ダムを目指します(=゚ω゚)ノ

県道569号線を進んでいくと蓮ダムがありますが、まっすぐ道なり県道569号線を進んでもダムを渡っても後で合流するので良いです。

ダムは途中で分岐しますが、辻堂橋を渡り県道569号線を南側の蓮川本流に沿って上流に向かって走っていくとダムが終わり、ダムを渡った先の林道が合流します🌳

合流してから2本目の林道分岐、川を渡り宮ノ谷へ続く林道に入り進んで行くと林道終点に駐車スペースと入口があります🅿
ちなみに奥香肌峡は桜の名所でもあります🌸

奥香肌峡までの詳しいアクセスは▶奥香肌峡・蓮ダムを参照してください。

 

🐍

 

ルート1・風折谷分岐まで▼

宮の谷の入口と駐車場▼🅿
結構広めですが濡れてると滑るので注意👀


高滝は池木屋山方面への登山道上にありますが、高滝から先は滑落死亡事故などもあったようでベテランコースとなっています⚠
ちなみに風折谷方面は登山道未整備🌳

 

ーーーーーーー

じゃ早速参りましょう٩( ”ω” )و
風折谷分岐までそれほど高低差はないのですが、登山道は結構登ったり下りたりするのでお覚悟(=゚ω゚)ノ


橋は信用しすぎず、ちゃんと通れそうか確認して進みましょう🐾
間違っても複数人で一度に渡ったりしないように!⚠

 

ーーーーーーー

犬飛び岩▼



犬飛びの伝説がある犬飛び岩ですが、覗くも恐ろしいゴルジュ(;´・ω・)
ココは廃道になっているようです👀

 

ーーーーーーー

という事で先を進みましょう🐾
犬飛び岩から先少しの間、けっこう川は壮絶な感じ(‘Д’)
しかしこの谷は木々が豊かでキレイです( *´艸`)


やがて道は小滝が掛かる支流の方へ回り込み降りていきます🌿
支流滝の前を通り川の方へ🐾
ココで道は一旦川へと出ます🌊

川に出たら場合によっては渡る必要があります🐾
増水していなければ濡れずに行けなくはないですが、足元濡れても大丈夫なようにしておいた方がいいでしょう🌊


さて、ぶっちゃげこの地点からだと川から直接進むこともできます(=゚ω゚)ノ
前述した通り登山道は結構登ったり下りたりするので、それが嫌な人は川から進むのもありですが、その際は沢登の準備が必要です🌊


登山道も場所によって崩壊気味な個所や不明瞭箇所があります👀
最初の方に比べて川からそこまで高い位置を通るところも少なくはなりますが、滑るとヤバ目なところもあるので注意しましょう(´・ω・)

 

ーーーーーーー

蛇滝▼

やがて蛇滝が見えてきます( ゚Д゚)
小さいですがホントに蛇みたいな滝🐍
途中の見どころの中では一番目に付くポイント📍

 

ーーーーーーー

蛇滝の先で崩落した橋発見(‘Д’)
自然の驚異の中でもごく小さなものであってもその強大さを感じます(゚Д゚;)


さてこの登山道いくつかルートがあったようですが、閉鎖されているルートもあるので間違って入らないように気を付けましょう(=゚ω゚)ノ
どうやら登山道は上下するようなので、この辺りは川を進んでみます🐾


まぁ川から進むのしても余計な動作や迂回が必要になったりと、どっちもどっちと言えばそうなんですけど(・ω・)
ただキレイな景観を望めるのは基本的に川の方ですかねぇ👀


ちなみに登山道は多少高い位置に離れたりはすれど、概ね終始川のすぐ横を通っているので、困った時はすぐ登山道へ登り返せます🐾
まぁうまい事使い分けていきましょう(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

さてココラで登山道に戻ります🐾
まぁぶっちゃげ川からでも行けます🌊


階段を登ったらしばらく橋脚の通路が続きますが、例によって信用しすぎないようにしましょう👀
両岸はかなり立ち始めます( ゚Д゚)


橋脚通路を越えた先で休憩所🏡
その先で橋が架かります🌊
ココで風折谷が分岐します(=゚ω゚)ノ


この橋の横にある岩がどうしてもペンギンに見える( *´艸`)🐧
橋を渡り切ったところで道が分かれます(=゚ω゚)ノ
高滝方面は右側🐾


 

🐧

 

ルート2・高滝方面へ▼

橋の先の川原で少し休憩(*´Д`)
ここら辺はちょうどいい木陰や岩があっていい雰囲気🍃


辺りを見渡すとかなり切り立った地形が目立ちます( ゚Д゚)
基本的に奥香肌の沢は台高山脈側に登って行くとどこもこんな感じにすごい切り立ち、滝が多いのが頷ける地形をしています⛰

という事で登山道の方へ行きます🐾
ココからも川の横をずっと進んで行く感じになります(=゚ω゚)ノ
これまでと違い傾斜がきつくなってきます💦


登山道があるとはいえ少々不明瞭箇所もあるので注意❕
次第に両岸がものすごく切り立ち、木々の合間から見える景色は爽快なものへと徐々に変わってきます👀


ハートっぽい洞窟▼
切り立つ岩壁▼
下流側もなかなか▼

やがて木々の合間の奥に高滝の姿が見えてきます(*‘∀‘)
登山道は終盤で河原へ出ます(=゚ω゚)ノ
ゴーロ帯を直接進むので注意❕


 

ーーーーーーー

沢直接コース▼

ちなみに風折谷分岐から直接川を登って行くことも可能です🐾
難易度は比較的優しくすぐ横に登山道もあるので、初心者の訓練コースとしてもいかもしれません(=゚ω゚)ノ

川はゴーロ帯からの小滝の連瀑です🌊
ココ👉から小滝が連続しますが、ほとんど越えていけます(=゚ω゚)ノ
なかなか登り応えのある滝もあります🌊


巻きの途中で登山道に合流します(=゚ω゚)ノ
最後の階段▼を越えると高滝が見えてきます👀

 

🌳🌳

 


高滝▼

 


細身のルックスに反してなかなか豪快な流れで、遠くからでも轟音が響き渡ります(‘Д’)
ちなみに滝の真下付近まで行こうと思ったら、岩をよじ登ってトラバースしなければなりません(=゚ω゚)ノ



かなり水量が多く迫力があるとともに、物凄い水しぶきが飛んできます( ゚Д゚)💦

滝の真下付近までは行けますが、スゴイしぶきのため真下まで行くのには覚悟がいります(;´Д`)

滝の近くではなかなかシャッターもまともに押せません📷

ちなみにこの高滝は左岸 (向かって右側) に巻き道があります🐾
そちらから見た感じも良い感じです(∩´∀`)∩
ココから登山道は急に険しくなります🌳

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

水量が多く迫力があります。
大きさも実際に見たらかなり大きく見えます。
滝の下流部は荘厳な岩間を縫って流れていきますが、滝の流れる岩肌と合わせて雰囲気があり見応えがあります。
滝の真下へは岩を登っていきますが、滝の真下は飛散した水しぶきでずぶ濡れになります。
ちなみにこの高滝のすぐ上に▶猫滝があります。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

奥香肌峡・宮ノ谷の滝▼


猫滝へ進む

風折の滝

 

奥香肌峡・蓮ダム

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

三重県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

称名滝・光明滝(越後 妙高)

称名滝
(しょうみょうたき)
光明滝
(こうみょうたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶称名滝
|▶光明滝
|▶赤倉温泉
|▶Information

種類
・・直瀑・連瀑
水系
・・関川
落差
・・125m (85mと40m) (推)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・入口から45分程

【🍃】H29.8.14

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク

妙高観光協会HP▶https://www.myoko.tv/

新潟県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

新潟県 妙高市

称名滝と光明滝は妙高山東麓、日本の滝百選の惣滝が掛かる関川水系の太田切川の支流に位置します📍

太田切川上流部沿いには燕温泉の温泉街があり、その奥から伸びる妙高山へ登る登山道からアクセスします🐾

そのためまず、高崎信州上越を繋ぐ国道18号線関 燕入口交差点豊橋交差点から新潟県道39号線 (妙高高原公園線) へ入り、燕温泉を目指します🐾

燕温泉までの詳しいアクセスは▶惣滝を参照してください(=゚ω゚)ノ

 

 


ルート(惣滝から)▼

県道39号線は途中で分岐して、片方は燕温泉の方へ、もう片方は国道18号線のもう片方の入り口へと戻ります🚘🏍
燕温泉手前の駐車場と温泉街▼

 

温泉街の奥の方に入り口と登山道があります🗻
惣滝方面と露天風呂黄金の湯方面のどちらからでも行けます٩( ”ω” )و

 

ぶっちゃげると露天風呂方面から行く方が安全で楽です♨

しかしこの日は惣滝を見た後にそのまま惣滝手前の分岐からのルートを取ったので、まずそちらを紹介します(=゚ω゚)ノ

惣滝方面に進んでいくと、途中で妙高山方面へ分岐します( ゚Д゚)
これを登っていくと途中で滝へ行く道と分岐します🌳

道中はそれほど迷うようなところは無く、地図を見ながら行けばちゃんとたどり着けると思います🐾


登山道は基本1本道で迷うような箇所はないですが、結構急な登りがあり、結構しんどいです(;´Д`)
鎖場などもあり、道が細く転倒したら取り返しがつかなそうな所もあるので油断しないようにしてください(=゚ω゚)ノ

何か霧がすごいことになってきました(;´・ω・)
ま、歩けないことはないです⊂⌒~⊃。Д。)⊃

かなり登ってきたので天気が良ければ見晴らしはかなりよさそうですね👀
そうこうしているうちに川が出てきます(‘Д’)🌊

どうやら滝の上流に出てきたようですね(‘ω’)
ココで妙高山へ登る道と、称名滝光明滝方面へ降りて燕温泉へ戻る道に分かれます🌳

この川が流れているあたりだけ赤い岩肌になってます(‘Д’)
多分温泉混じりだからでしょう♨

と、いう分けでココからは下りに差し掛かります٩( ”ω” )و
登りも急だったので当然かもしれませんが、少々急な下りです🐾


ヤマアジサイ❓▲
下っていく途中でかわいい花が咲いているなぁと、思っていたら…👀
横に大きな滝が⁉⊂⌒~⊃。Д。)⊃

さあ❕近づいていきましょう٩( ”ω” )و
ある程度下ると途中で川の方へ寄って行けます🐾
これはなかなか大きそうです(∩´∀`)∩

 

 


称名滝▼




赤い岩肌が特徴的な、何とも言えぬ不思議な滝です🌊
高さも十分あり、形も非常に美しいです( ゚Д゚)✨
そして、滝壺も実に興味深いです(。-`ω-)


ご覧の通り、明らかに温泉らしきものがわき出ています♨
硫黄の匂いこそありませんが、かなり透明度はかなり高いですが薄く白濁しているのが分かります(‘ω’)
何より岩肌の色がもはや普通の水でないことを物語っています( *´艸`)


上流はもっと透明度が高かったので、この辺りからが特に温泉水が湧き出ているのでしょう(´・ω・)
その証拠に所々水があったい箇所があります☁☁☁
反対側は光明滝の落ち口です( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

 

 


光明滝▼


称名滝のすぐ下に光明滝が落ちています🌊
しかし光明滝の滝壺へはココからは行けません(;´・ω・)
下の方から草をかき分けて、川を直接登って回り込んでくる必要があります🌳
それにしても見上げれば見事な連瀑です(*‘∀‘)

 

ーーーーーーー

 

 


赤倉温泉▼

この下流に赤倉温泉の源湯があります♨
完全にフリーの温泉ですが、何とかしたらお湯を溜めて浸かれそうです( *´艸`)


コレ▲はたしか熱くなかったような気がします(;´・ω・)❓

ココに▼天然素材?の風呂桶がありますが栓がありません🛁

この傍らに熱い温泉の源泉がちょろちょろと地面を張っています👉♨

これを風呂桶の方に入れて温度を調節できれば浸かれそうです☁☁

ただし❕、この地面を流れてるのは完全に熱湯です⚠
かなり熱いので直接触ったら火傷します(;’∀’)

そして奥の方には川が流れています🏞
コレを踏まないように奥の川原へ出ると、そこは光明滝の下流です٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーー

光明滝下流▼

 

川へ落ちないように、草を分けながら慎重に進んでいきます(‘Д’)

が、右の写真の小滝に阻まれました✖
水に濡れても大丈夫なら無理やり登れそうなのですが…

残念ながらこれは想定外だったので、この日は沢登りの用意をしてきてませんでした(ノД`)・゜・。
残念ながら今日はココまで(´・ω・)

いつかリベンジしに来たいなぁ🐾

 

ーーーーーーー

ルート(燕温泉から)▼

帰りなので写真の並びは逆です(=゚ω゚)ノ


そのまま川沿いを下っていくと、作業用の駐車場みたいなとこに出ます🚘🏍
ココまで車で来れるのかな(´・ω・)❓❓
そのままコンクリで舗装された道を下れば温泉街へ戻ります🏡

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★☆☆☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

赤い岩肌が特徴の称名滝・光明滝ですが、どちらも落差はかなりあり連瀑になっているので、遠目に見るとかなりの落差です。
上段の称名滝は比較的すぐに滝壺まで行けて、真下から見上げるとなかなかの迫力があります。
称名滝の上流に比べて光明滝の下流の方が、水が白く濁っているのも見どころです。

日本の滝百選の▶惣滝もすぐ近くにあり、すぐ見に行けるので一緒に見るのがおすすめです。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

新潟県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

双門の滝(紅葉)(二の滝・三の滝)

双門の滝(そうもんのたき) 2の滝・3の滝
奈良県吉野郡天川村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・滝群・連瀑
水系・・熊野川
落差▼
・一の滝・・35m(推)
・二の滝・・35m(推)
・三の滝・・20m(推)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入り口から120分程(三の滝まで)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道309号線沿いに入り口があります。
入り口までの道のりはさして分かりにくくはありませんが、道が狭いのと路面が悪いです。落石にも注意です。


H27.9.20


前回は大滝は見たのですが、まさかの三の滝を見落としてしまっていたようなのでリベンジです٩( ”ω” )و
基本的に遊歩道を進んでいくので、そんなに迷うことはないと思いますが、大滝までの詳しい行き方は▶双門の滝を参照してください。

今回は時期的に木々が色づき始めています🍁
まだ10月ですが、この周辺は都心部より下手をすると10℃くらい気温差があります(‘Д’)
紅葉の時期も早いです👀

伏流の川原へ降り立って一つ気になる事を確かめます(´・ω・)
この川は下流の方はどこまで続いているのでしょう⁇。と思い下流の方へ🐾
少し行って所に堰堤がありました💦
堰堤の上に石を詰めて水面より高くしているのですね。だから伏流しているのですね~(=゚ω゚)ノ
増水したら相当怖いという事です(;´・ω・)

相変わらずのガマ滝🐸と川原です。

相変わらずの水の色と登りです🌊✨

相変わらず迫力のある一の滝とそのすぐ上の二の滝の連瀑です(*‘∀‘)


双門 一の滝は、双門一の滝・二の滝・三の滝の3つの中で最も迫力がある滝でしょう🌈
真下へは無理やり行けそうです🐾
真下から見上げたらかなり迫力があると思います👀


吊り橋から見る景色は山側も谷川も絶景です( *´艸`)
特に紅葉の時期は非常に情緒があります🍂🍁

吊り橋を渡ってハシゴ地獄が始まりますが、梯子を2つ3つ登ったあたりから川の方へ出ると無理やり二の滝の滝壺へ出れます🌊

双門 二の滝▼


二の滝もなかなか激しく落ちる迫力のある滝です🌊。
そのため滝壺はしっかりとあり、深みもあります(‘Д’)
なので案外一の滝との距離はあり、下から見るより二の滝はかなり大きく見えます👀
もしかしたら一の滝より落差はあるかもしれません。

一の滝の落ち口が岩間から見えます🌊
そして落ち口からの眺望は吊り橋から見るよりさらに絶景です( *´艸`)✨

一旦ハシゴに戻り、さらに2つ3つ登ったあたりから川の方へ無理やり進むと二の滝と三の滝の間のどこかに出ます(=゚ω゚)ノ
二の滝の落ち口から三の滝の滝前までは、どこに降り立っても直接登れると思います🐾

:狭い岩間を縫って二の滝が落ちます。
三の滝の方へ向かって登っていきます🐾
双門 三の滝▼

滝上部に色づいた木々があります🍂
三の滝はそれほど大きな滝ではありませんが、岩に囲まれているにしては深くてきれいな滝壺があり、滝前は広く案外とゆったりした空間です⊂⌒~⊃。Д。)⊃
お昼ご飯にはちょうど良いかもしれません🍚
独特の形で面白みのある滝です(´・ω・)

さて、ハシゴ地獄へ戻ります(;´Д`)
いづれココから川を直接登りたいと思い、様子見にハシゴ地獄のインターバルごとに川の方へ無理行って降りれそうな所はないかと見渡したのですが…。
皆無❕❕
そして川は右岸も左岸も相当な絶壁で囲まれ手が付けれません(;´・ω・)

もし仮に降りれたとしても、かなり中規模の滝が連続し巻き道もほとんどなさそう( ゚Д゚)
ボルトやハーケンが無ければまず無理だと思います。


三の滝の上からは滝が連続し傾斜も相当きついです🌊
三の滝くらいの落差の滝はザラにあります👀
それ以上に岸側が一気にせり上がりすぎてどんどん手が付けられなくなります( ゚Д゚)



実は途中で一カ所おそらく昔、川へ降下したんであろう残地ピトンがありました( ゚Д゚)
ただ、やや錆びているのと90度の絶壁である事、他に足をかける所も掴む所もなく高さもある事から不用意に手を出さない方が良いでしょう(;´・ω・)

そうこうしているうちに裏双門👀
ハシゴ地獄もラストスパートです(*‘∀‘)

ハシゴからの眺望も、紅葉により一層素晴らしいです🍁

双門大滝も紅葉でよりしまって見えます🌊🍁
よくよく滝壺の方を見てみると、それなりに開けた空間になっているようです👀
滝壺も確認できます。
もしかしたら大滝の上からだと、どこかから降りれるかもしれませんね(。-`ω-)



慰霊碑とそこから見る景色はまた絶景です( *´艸`)✨


大滝から先、登り切って開けた所まで出たらそこからやや下りますが、下りに差しかかってしばらく行くと写真のような看板があります▼

この看板のところを遊歩道沿いではなく無理やり下っていくと川へ出られます🐾

川へ降り立ったらそこは大滝の上流です(*‘∀‘)
:降りて左側、上流側には小滝が、
:右側の下流側へ進んでいくと大滝の落ち口へ行けます🐾

落ち口までの距離は近く、すぐに分かります(=゚ω゚)ノ

恐ろしい高度感です(‘Д’)✨
落ち口付近からすでに溝形になっていますが、この溝、間近で見たら思ったよりかなりでかいです( ゚Д゚)
それもそのはず、そもそも上流でも川幅があり水も多いです🌊
溝の幅は目算では3mくらいかな?

滝見テラスが見えます( *´艸`)
人がいるのも見えます(=゚ω゚)ノオオイ

さて、時間もないし疲れたのであとはさっさと狼平まで出て山を下ります(=゚ω゚)ノ
ココからが長いです(;´・ω・)
大滝からの登りを登り切ったあたりから一段と気温が下がります。紅葉もより進んでいます🍁


ココまで来たら狼平まであと少し▼

ーーーーーーーーーーーーーー

相変わらず水のきれいな所です。
この弥山川逆行コースは大滝以外にも1~3の滝はじめ色々見どころがあります。
石の双門なるものの噂を聞いたので次回はそちらを目指したいと思います。

(その3)石の双門・裏双門

奈良県の滝に戻る

三重滝 馬頭滝(吉野)

馬頭滝
(ばとうたき)

目次
|▶データ・動画
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶馬頭滝
|▶Information

 

データ・動画▼

種類
・・直瀑
水系
・・北山川⇒熊野川
落差
・・40m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・車止めから100分程(沢登)
【🚘】【💧  撮影日
【🍃】H28.7.24
【🌺】R3.5.30

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 下北山村

馬頭滝は吉野大峰山釈迦ヶ岳の東側に流れる前鬼川へ流れ込む連瀑、三重の滝の一番上流に位置します📍

国道169号線、池原ダムの前鬼橋の西側、前鬼口から林道を登って行き、不動七重滝展望台を越えてしばらく走ると、入渓地点および遊歩道方面の駐車所に着きます🅿

馬頭滝へは、三重の滝の真ん中の千手滝の前を通り、少し危険な岩場を巻き上り到達しますが、その千手滝へは遊歩道ルート沢登りルートがあります🐾

 

ココでは千手滝から馬頭滝までの道のりを見てみたいと思います(=゚ω゚)ノ

なので千手滝までのルートは、
陸路は▶三重の滝を参照👈
沢登は▶不動滝および▶千手滝を参照してください👈

 

 


ルート▼

馬頭滝は三重の滝最上段の滝で、中段の千手滝からすぐに行けるのですが、かなり危険な登りになります⚠

三重滝の最下段、沢登り必須の不動滝▲
三重滝の真ん中の段、三重滝の顔的な存在でもある千手滝▲
千手滝まで来れば距離的にはラストスパート🐾

 

ーーーーーーー

千手滝の前を横切り奥の方へ٩( ”ω” )و
赤テープがあるのでそちらの方へ登っていきます🐾
途中で左側へ千手滝の中程へ行く道と分岐しますが、ココはまっすぐです(=゚ω゚)ノ


細~~い踏み跡をたどって行きます(;´・ω・)
踏み跡のすぐ横は木々が茂っているとは言え絶壁です🌳

やがて木の根元にくくりつけられたロープが出てきます👀
ココからが正念場です٩( ”ω” )و


さらにその先ほぼ垂直の岩壁を大きな雑な鎖がぶら下がっているので、それを使って登ります(;´Д`)
まあ、鎖は頑丈そうなので摑まって登っていきます🗻
と言うか鎖がないと登れないと思います👀

いかにも行場らしい雰囲気の鉄の鎖と岩壁の断崖絶壁( ゚Д゚)

しかし、この⛓江尾登り切った所から振り返った景色は流石に絶景(*‘∀‘)

しかしまだこれで油断はできません(。-`ω-)
踏み跡へ入る時も十分注意が必要です⚠

さらにその先で大きな岩が道をふさいでいます(‘Д’)
これを乗り越えるとこも結構危ないので注意です⚠

この大岩を越えると、とりあえず一段落(‘Д’)
しかし足場は細く悪く障害物もあるので最後まで気を引き締めていきましょう❕
その先で徐々に茂みに入っていきます🐾
そして…



その先すぐのところに馬頭滝があります👀
その前に左側に千手滝の落ち口が見えます▲

 

 


三重滝 馬頭滝▼




崖から茂みに入っていくと滝の音と共に、上流側に馬頭滝が見えてきます(∩´∀`)∩
三重の滝の一番上に君臨する、どこか風格のある姿です👀

滝前方に木々が茂っており、また滝壺の前には岩々がのしかかり、滝前は案外広いのですが全景を写すのはやや場所を選びます📷



滝壺は小さいですが、大きさに対してやや深め🌊
前鬼川のソーダのような水の色とはまるで違う色なのが不思議です(‘Д’)

滝周辺には所々にお札みたいなのが置いてあります(´・ω・)
いかにも行場の滝って感じです✨

 

ーーーーーーー

以前訪れた際の馬頭滝▼
本来は先がキュッと細くなった特徴的な形の滝です( *´艸`)

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーー

ちなみに馬頭滝の右岸 (向かって左側) 、着た方と逆側に遊歩道へ抜ける道があります(=゚ω゚)ノ
しかし不明瞭で足場は悪いので気を抜かないようにしましょう❕
が、行きでココを使うと意味がないので、どこに出るかは内緒(*‘∀‘)

 


ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★★☆

最上段だからか裏行場だからか、下段の千手滝と不動滝に比べて妙に神秘的な感じがして厳粛な雰囲気です。
周辺にお札が置いてあるのもこの馬頭滝だけです。
何にせよこの滝が三重滝のラスボスみたいなもので、最後に相応しいこれまでを凌駕した空間がそこにはあります🌳

ちなみに帰りは抜け道があるのでそちらから降りるようにしてください。

 

 


Information

前鬼川の名瀑▼


不動滝へ戻る

千手滝へ戻る

不動七重滝へ戻る

 

ーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る