八淵の滝(近江 湖西)

八淵の滝
(やつぶちのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ガリバー青少年旅行村・登山道入口
|▶魚留の淵
|▶障子ヶ淵
|▶唐戸の淵
|▶大摺鉢
|▶小摺鉢
|▶屏風ヶ淵
|▶貴船の淵
|▶七遍返し淵
|▶まぼろしの滝
|▶Information

種類
・・滝群
水系
・・鴨川⇒琵琶湖⇒淀川
落差
・・30m(公)(貴船淵)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から60分程(七遍返し淵)
🏆日本の滝百選
】【🏞】【💧
【🌺】R3.3.11

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
高島市HP▶http://www.city.takashima.lg.jp/
ガリバー青少年旅行村HP▶http://www.gullivervillage.jp/

滋賀県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

滋賀県 高島市

八淵の滝は琵琶湖西側の高島市の南端付近、比良山系最高峰 武奈ヶ岳の東側に位置します📍

湖西の主要道 国道161号線 、高島市の安曇川の南側の高島バイパスから近江高島駅方面へ降ります(=゚ω゚)ノ

近江高島駅の北側で和田内川及び鴨川沿いに伸びる滋賀県道296号線 (畑勝野線) に入り、ガリバー青少年旅行村方面へ🛣

しばらく進んで鹿ヶ瀬で県道296号線から鴨川沿いにガリバー青少年旅行村へ道が分岐、案内が点々と立っているので、それに従い進むと駐車場と入口へ出ます🐾

 

ーーーーーーー

公共交通機関JR湖西線近江高島駅から江若交通バスが出ています🚏
ガリバー青少年旅行村まで行く便もありますが本数が少ないため、時間帯によっては鹿ヶ瀬で降りて歩きます🚌
鹿ヶ瀬からガリバー青少年旅行村までは徒歩20分~30分くらい🐾

JR湖西線 時刻表
・・・京都駅~近江塩津駅
・・・(近江高島駅下車)

 

江若交通HP
👉安曇川支所
・・・高島コミュニティバス路線
・・・(ガリバー青少年旅行村 or 鹿ヶ瀬下車)

 

 


ガリバー青少年旅行村・登山道入口▼

県道296号線から分岐した道を案内通り進んで行くと、ガリバー青少年旅行村の入口へ着きます🐾
ちなみにガリバー青少年旅行村は冬季はやってないみたいです⛄


入口すぐの所に登山者用の駐車場があります (有料) 🅿
平日はもう少し進んだところにある第一駐車場、第二駐車場も利用できるようですが、そちらは基本的にガリバー青少年旅行村 (キャンプ場、コテージ) 利用者の駐車場みたいです⛺


駐車場から林道を進んで行くとガリバー青少年旅行村が見えてきます👀
なかなか雰囲気の良い所で、家族旅行にはとても良さそう( *´艸`)
八淵の滝はこの奥の方に入口があります🌳

 

ーーーーーーー

ガリバー青少年旅行村▼



夏場は行楽者で賑わいますが、3月初め頃は登山者しかいません(‘Д’)
遠くの鳥のさえずりが聞こえる静寂の自然空間🍃

 

ーーーーーーー

登山道入口▼

そのまま道を進んで行くと登山道入口および八淵の滝入口へ向かう路面舗装の無い林道が伸びています🐾


途中でAコースが分岐👀
八淵の滝まで直行する場合はそのまま道なりに進んで行きます🐾
この林道もこの時期は静かで、木々や人工物がやたらいい感じに見えます( *´艸`)
しばらくして広場が見えてきたら入口です(=゚ω゚)ノ


 

 


魚留の淵▼

さて、ココから本格的に登山道が始まります(=゚ω゚)ノ

武奈ヶ岳への登山道の途中に八淵の滝のコースがいくつか分岐している感じになります🌳

看板にも警告されていますが、八淵の滝コースは一部かなり危険箇所もあり、場合によっては断念せざるを得ない事も考えておきましょう⚠

それでは参りましょう٩( ”ω” )و


登山道入ってすぐBコースと言うのが分岐してますが、八淵の滝や武奈ヶ岳へは上流側に向かって進んで行きます🐾

 

ーーーーーーー

魚留の淵分岐▼

少し進んで最初の八淵の滝コースの分岐(=゚ω゚)ノ
ココで川の方へ降りていくと、魚留の淵と障子ヶ淵へ続きます🌊

 

川の方へ降りていきますが、早速結構な不明瞭箇所もあります(;´・ω・)
しっかり踏み跡や目印を探しましょう👀
川までの降りるの自体はすぐです🐾

 

ーーーーーーー

川まで降りたら今度は川沿いに進んで行きます٩( ”ω” )و
ココも最初あまり道らしい道はなく、少し進んだところで川を渡りますが、橋などはなく岩場を直接渡ります🌊


川を渡ってしばらくは踏み跡を頼りに上流側へ進んで行きます🐾
ズルっといきそうな箇所もあるので慎重に❕
しばらくして鎖場が出てきます(=゚ω゚)ノ
ココからが楽しくなりますが、一歩間違えると大ケガにつながるので万全を期すようにしましょう⛓

 

ーーーーーーー

魚留の淵▼

鎖場を少し進んだところで魚留の淵が見えてきます(∩´∀`)∩
八淵の滝最下流の滝です🌊



 

 

 


障子ヶ淵▼

魚留の淵の次は障子ヶ淵ですが、この障子ヶ淵越えはおそらく八淵の滝コースで最も危険箇所になるかと思います☠
十分注意して進みましょう🐾


まずは魚留の淵を越えていきますが、けっこう足場が滑りやすく細いので気を付けましょう❕
魚留の淵の上流まで出たら障子ヶ淵が見えてきます👀
ココは距離自体はすぐです(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

要注意箇所1▼

伸長に進む箇所は多くありますが、個人的に特に注意すべき箇所については特筆したいと思います📚
まずこの障子ヶ淵の前を渡るところです🐾


川を直接渡りますが足場が少なく、岩を伝うのが無理そうな場合は水に浸かるしかないです💧
その先の岩場も慣れない人には少し際どいです👀

 

ーーーーーーー

障子ヶ淵▼

切り立つ狭まった岩場を流れ落ちる荒くれ者、障子ヶ淵🌊
それほど大きな滝ではないのですが、周辺の景観なども相まって見応えがあります(=゚ω゚)ノ


 

 

ーーーーーーー

要注意箇所2▼

障子ヶ淵を正面に見たら、今度は登山道の方へと登って行きます🐾
この岩場から岸へ上がる所は十分注意しましょう(=゚ω゚)ノ
また、シャッターポイントとなる箇所も基本的にゆっくりしてていいような所ではないので注意❕


この時ハシゴがやたら滑ると思ったら、少し背後に着いた水滴が凍ってました(;´・ω・)
ココはツルっといったら間違いなくただでは済みません⚠

 

ーーーーーーー

障子ヶ淵上流部▼

岸に上がったらそのまま急傾斜を登って行きますが、そこで爽快な障子ヶ淵上流部の流れが目に入ります( ゚Д゚)
この辺はかなり険相ですが、高さもあり素晴らしい景色です👀



途中で一旦川の方へ出れるのですが、降りるのも川を直接登るのも少し無理そう…
これを越えるとなるとそれなりの準備がいりそうです(´・ω・)

少し登った所から見ると障子ヶ淵の落ち口まで一緒に見えます🌊
こうして見るとホント険相です( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

そのまま登りきると一旦登山道とまた合流します(=゚ω゚)ノ
ちなみにココは下り厳禁✖
登ってくる人とバッタリすると非常に危険なので、必ず一方通行を守りましょう❕

 

 


唐戸の淵▼

登山道と合流したら右側、大摺鉢方面へ進みます🐾
ちなみに通常の登山道も、そっちはそっちで山々の眺望が非常に美しい箇所もあり、八淵の滝コースに行く自信がない場合でも楽しめます(=゚ω゚)ノ

で、先に言っておきますが、唐戸の淵だけは正面から見ることはできません(´・ω・)
もし見たい場合は障子ヶ淵の上流から力づくで登る必要がありますが、かなりリスクが高いです⚠
そんな訳でとりあえず大摺鉢の方へ進みます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

川と登山道の分岐▼


少し進んだところで登山道と川の高さが並び、少し開けた河原へと出ます🏞
ココで川も登山道も分岐し、その奥に大摺鉢が掛かります🌊
が、振り返ると唐戸の淵の落ち口が見えます👀

 

ーーーーーーー

唐戸の淵落ち口▼

少し危険ですが覗いてみます👀
落ち口すぐ上の釜が非常に美しい色をしています✨

 

 


大摺鉢▼

広くなった河原からすぐの所に大摺鉢が掛かっています🌊
その手前では登山道が分岐し広谷方面へ🐾

 

ーーーーーーー

大摺鉢▼

名前通り滝壺が大きなすり鉢を思わせる姿(=゚ω゚)ノ
水の色もキレイです🌊
正面にはまるで削って作ったかのような四角い岩( *´艸`)


 

 

 


小摺鉢▼

大摺鉢のすぐ上には小摺鉢があります(=゚ω゚)ノ
コレも名前通りの景観( *´艸`)

 

ーーーーーーー

小摺鉢▼


 

 

 


屏風ヶ淵▼



小摺鉢から先はずっと川沿いにコースが伸びます🐾
この辺りも流れがとてもキレイです✨

所々でちょこっとだけ鎖場なども出てきます(‘ω’)


しばらく進むとだんだん両岸が迫ってきます(‘Д’)
コースは岸の上に伸びますが、狭まった川には滝が見えています٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーー

屏風ヶ淵▼

岩壁に挟まれたかなり狭い所に掛かります🌊
大きな岩が詰まった落ち口と細長く深く、そしてキレイな色の滝壺が特徴的👀


 

 

 


貴船の淵▼

屏風ヶ淵まで来るとその上の方にすでに次の貴船の淵が見えています٩( ”ω” )و
ココから急傾斜になり危険度も増すので注意が必要です⚠
ここらが八淵の滝の核心部ですね🌊

 

ーーーーーーー

要注意箇所3▼

屏風ヶ淵から右岸沿いに登ってきますが、登り切ったところがまたヒヤヒヤです💦
ココは足場が非常に狭く非常に危険(‘Д’)
十分注意して進みましょう❕

 

ーーーーーーー

ある程度貴船の淵に近付いたら今度は川へ降りていきます(=゚ω゚)ノ
ココも滑りやすいので十分気を付けましょう💦
降りたら川を渡り対岸へ上がります🐾

この川を渡る所も慎重に🐾
更に対岸へ上がる所も気が抜けません💦
正面には切り立った岩壁と貴船の淵が広がります(*‘∀‘)

 

ーーーーーーー

貴船の淵▼

八淵の滝最大の滝にしてメインどころの貴船の淵🌊
さすがに見応えがります٩( ”ω” )و
凄まじい岩壁に美しい滝壺、日本の滝百選に名に恥じぬ名瀑です✨

少々足場が滑り危険ですが、間近まで寄ることもできます🐾
絶壁に囲まれるような所に流れ落ちているため、水しぶきがものすごいです💦
目の前まで行けなくはないですが、ずぶ濡れになる覚悟がいりそうです(;´・ω・)

 

 

ーーーーーーー

貴船の淵越え▼

さて、この岩壁の上へと登ります🐾
貴船の淵の横にハシゴが掛かっています👀
その先も鎖場になり、慎重に進みましょう⛓

ココは鎖場の途中で気が抜けませんが、登る途中で貴船の淵が見えます(*‘∀‘)
見る位置が変わるとまた少し違って見えます🌊
しかし、しっかり手元足元には気を配りましょう👀



 

ーーーーーーー

貴船の淵落ち口▼

やがて貴船の淵の上の方が見えてきます👀
ココは基本的に岩場登りなので最後まで気を抜かないように❕

 

ちょうど昼前頃で渓谷にも日が射し始めてきました☀
日の当たる当たらないや、当たり方でも川や渓谷はかなり雰囲気が変わります👀
高い所が好きな私にはココは絶景です( *´艸`)


少し進んで完全に上流へ出ます(=゚ω゚)ノ
回り込んで反対側からも見てみます🐾
ココも流れの様子が非常に美しいです✨


かなり爽快な景色(*‘∀‘)
でもかなり危ないのでマネしないように⚠
いや~、しかし絶景⊂⌒~⊃。Д。)⊃



 

 


七遍返し淵▼

では八淵の滝最上流の七遍返し淵へ向かいます٩( ”ω” )و
ココは少し間が開きます🌊
ちょっと不明瞭箇所や川を渡る箇所もありますが、基本的には心地よい川原沿いに進んで行くだけです🐾


少し川から離れる所がありますが、踏み跡目印ともにあります👀
苔や木々の感じが凄く良いです🍃
そしてしばらくすると小さな滝が出てきます🌊

 

ーーーーーーー

君忘れじの滝▼

10mにも満たないくらいの小さな滝ですが、非常に特徴的な姿です(*‘∀‘)
この滝はなぜか八淵の滝の合間にありながら八淵の滝に数えられていないのです🌊
それでこんな名前なのだろうか(´・ω・)❓


落ち口に大きな岩が詰まって岩の隙間から流れ落ちる姿、そしてその正面のきれいな滝壺が特徴的( *´艸`)
両岸の岩壁の形も特徴的です👀


 

 

ーーーーーーー

君忘れじの滝を越えるともう一息٩( ”ω” )و
貴船の淵を越えて以降、日当たりの良い川原でとても心地よいです☀

 

ーーーーーーー

七遍返し淵▼

やがて微妙にクネクネした滝が見えてきます(‘Д’)
この滝もわりと名前通りの容姿ですね🌊
広い滝壺は澄んだ水色でとてもキレイ✨


 

滝壺の右岸側 (向かって左側) を回って橋へ🐾
この丸太橋はずいぶん年季が入っててちょっと怖いです(;´・ω・)
一人づつ渡りましょう💦

渡った先で滝中程の正面に降りれますが、ココも滑りやすいので注意です❕
岩に挟まれ細まった流れ、よく見ると何度かに折れて流れ落ちる姿、そしてこの中程の滝壺も非常にキレイ✨


 

ーーーーーーー

七遍返し淵の上へ▼

道は七遍返し淵の横から岩を伝い鎖場となって上流の方へ続いています🐾
ココも滑りやすく結構垂直に近い傾斜なので、最後まで気を抜かないように❕
まぁホントに最後と言えば帰り着くまでなんですけどね👀

 


登り切ったら八淵の滝はこれで終了٩( ”ω” )و
お疲れ様です🐾
ココで引き返すも良し、先へ進むもよし(=゚ω゚)ノ

ちなみにコースはまだまだ先へ続いています🐾
武奈ヶ岳までいくとなると、おそらく丸一日コースになります🏔

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

八淵の滝は、魚留淵、障子淵、唐戸淵、大摺鉢、小摺鉢、屏風淵、貴船淵、七遍返しの淵の八つの滝から成り、いろんな個性的な滝があります。
ココでは滝のことを淵と呼んでいるようです。
短すぎず長すぎない距離と鎖場やロープなどとても楽しませてくれる道中ですが、コースは事故多発地帯でもあるので十分注意して慎重な判断を。
ガリバー青少年旅行村はキャンプ場などアウトドアの施設もあり、家族連れなどでも楽しめそうです。

 

 


まぼろしの滝▼

さてさて、七遍返し淵で八淵の滝は終わりなのですが、まだ道は続き八雲ヶ原や武奈ヶ岳へ続いて行きます🏔

この川もしばらく上流にもう一つ名前のある滝があります🌊

ただ、途中から川を直接逆行しなければならず、それほど大きな滝でもないので無理にでもと言うほどではないですが、ちょっとした渓谷美があります🍃

川沿いに進んで行くと途中でコースは川と分かれて左に登り尾根沿いへと出て、八雲ヶ原方面へ出ます🐾
八雲ヶ原へ進む
まぼろしの滝へはココを川沿いに進んで行きます🐾

 


早速つまづきます(;´・ω・)
ココは少し登って巻きますが、泳げばすぐ行けるかもしれません🌊
これを越えると基本的には川沿いに進んで行きだけです🐾

正直な話、時間が余ったので行ってみようという事になったので、全然準備も何もしてなかったのですが、結果的には濡れずに行けました(=゚ω゚)ノ
ただ際どい所もあるので、もし行く場合は濡れても大丈夫な服装が良いです🌊


途中で川は右にカーブします👀
水がキレイなので川原も非常に心地よいです🏞
そしてやがて滝の姿が見えてきます(‘Д’)


が、ちょっとした深みに阻まれます💦
ココは腰から下くらいまで浸かっても良ければすぐ越えれます🐾
それにしてもホントにキレイな流れ✨✨
仕方ないので左岸側 (向かって右側) から越えていきます٩( ”ω” )و


何とか力づくで行けますが、足元ザラザラでかなり滑ります(;´Д`)
深みを越えて川に降りる時も注意❕

 

ーーーーーーー

まぼろしの滝▼

この滝は岩陰に隠れたこじんまりした雰囲気🌊
滝壺と正面の流れが非常に美しく、せせらぎと鳥のさえずりの癒しの空間🍃



 

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

滋賀県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る

 

TOPに戻る

金引の滝(丹後)

金引の滝
(かなびきのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶臥龍の滝・白竜の滝
|▶金引の滝
|▶中段・上段
|▶林道
|▶Information

種類
・・分岐瀑、段瀑
水系
・・大手川
落差
・・40m(公)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口からすぐ
🏆日本の滝百選
】【⛩】
【🌺】R3.3.7

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
天橋立観光ガイド▶https://www.amanohashidate.jp/

京都府 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

京都府 宮津市

金引の滝は京都丹後地方、宮津市街の南部、ちょうど天橋立の南側辺りに位置します📍

京都府道9号線 (宮津街道)宮津天橋高校の横から山手の方へ入っていきます🐾

府道9号線から入る所には案内もあり、金引の滝の入口及び駐車場まで分岐ごとに案内があるので、それに従い進みましょう(=゚ω゚)ノ

※ちなみに普通に住宅の横を通っていきますが、以前観光客過多による騒音などの苦情が問題になったこともあり、モラルを守って訪れるようにしましょう🌊

宮津天橋高校の少し南側には山陰近畿道が通っており京都市や阪神からのアクセスは良く、宮津天橋立I.Cで府道9号線へ降ります🛣

 

ーーーーーーー

公共交通機関京都丹後鉄道 宮津駅で、豊岡、舞鶴、福知山でJR各線に接続しています🚈

宮津駅からは2km強といったところで、丹海バスが宮津天橋高校の前まで出ていますが本数は少ないです🚏

歩きの場合、私は歩くのはかなり早い方ですが30分くらいかかったと思います🐾
歩くのが好きな人にはちょうど良いかもしれませんが、真夏などは堪えます(;´Д`)

京都丹後鉄道 宮福線 時刻表
・・・福知山駅~宮津駅
京都丹後鉄道 宮舞・宮豊線 時刻表
・・・西舞鶴駅~豊岡駅
・・・(宮津駅下車)

 

丹後海陸交通HP
👉路線バス
・・・伊根線
・・・(宮津高校下車)

 

 


臥龍の滝・白竜の滝▼

金引の滝の入口と駐車場▼



住宅地を抜けると最後は細い林道を少しだけ走ります🚘
入口から少し奥へ進んだところに駐車場があります🅿
駐車場はわりと広め(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

臥龍の滝▼



入口からすぐの所にまずは臥龍の滝があります🌊
遊歩道と岩に囲まれてちょっと見見えにくいです👀
この時点で浜辺みたいな色をした砂がすごく特徴的ですね(‘Д’)

 

ーーーーーーー

白竜の滝▼

そのすぐ上でもう一つ前座滝(=゚ω゚)ノ
小さな社の奥に落ちる白龍滝です🌊
横の岩壁がいい感じです👀


白竜の滝の横を登って行きます🐾
下を見れば特徴的な滝壺が広がります( ゚Д゚)
振り返れば少し高みになってきていい感じ(*‘∀‘)

 

そしてココを越えたらメインの金引の滝が見えてきます(∩´∀`)∩
ぶっちゃげ登り階段ですが入口からすぐです(=゚ω゚)ノ

 

 


日本の滝百選 金引の滝▼


若干丸みを帯びた特徴的なフォルムの金引の滝ですが、特徴的なのは形だけではありません(=゚ω゚)ノ
まず雰囲気が凄く独特🌳
これは入口付近からですけどね👀



 

少し角度を付けて見るとまた面白いです(*‘∀‘)
形が特徴的な滝や極端な滝は、見る角度でかなり見え方が変わります👀
左右どちらにもよれるのも良いですね🐾

 

そしてもう一つ特徴的なのがやはり滝壺🌊
まぁ滝壺と言えるのかと言うくらい浅いんですけどね(‘ω’)
何が独特かと言うと、色ですね(*‘∀‘)




この浜辺のような色の川底は入口付近から続いてますが、後で紹介しますが滝の上流側もこんな感じです( ゚Д゚)
滝前は木々に囲まれながらも広々としていますが、水が透明で川床の砂がベージュで、何とも不思議な感じ(*‘∀‘)

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★☆☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

この滝の独特の丸っこい形は他にはあまり見ない面白い形と言えます。
滝の感じと滝壺の砂の感じが非常に特徴的で妙に幻想的な雰囲気を帯びており、不思議と居心地の良い空間を作っています。
京都府内では唯一日本の滝百選になった滝です。
ちなみに車だとココから天橋立へもすぐに行けます。

 

 


中段・上段▼

ではでは、せっかく誰もいないのでちょっと上ってみようかな( *´艸`)
ココから先は非常に危険なのでマネしないでくださいね⚠
落ち口まで登るとなると危険度★★★★☆Lv4といったところ🐾

滝の右岸側 (向かって左側) がかなり滑りますが弱点となっています🐾
よく見たら途中まで細いけどロープも下がってます (以前はあったかな❓) 👀
金引の滝は全3段、まずは真ん中の段の前へ( *´艸`)

 

そこからさらに登って行きます🐾
何か微妙~~にですが、踏み跡っぽくなった箇所もあり、もしかしたら以前ココは登れるようになっていたのかもしれません🌳


そうこうしているうちに真ん中の段の上へ🐾
こうして見下ろしてみるとけっこう高いんだな~と実感します👀
そしてココはわりとスペースがあり一旦滝壺もできています🌊
ただ岩が詰まっていて広々とはしていません(;´Д`)


正面には丹後の山々が🌳
ココで川を渡ります(=゚ω゚)ノ
そしてこの辺りですでに流れが分かれています🌊

金引の滝は向かって左の流れの弱い方が女滝、右の流れが太い方が男滝となっていますが、この時点では左側の流れの方が強いように見えます👀


そして上流側を見れば一番上の段(=゚ω゚)ノ
ココは滝前からはまず見えないでしょうね~(´・ω・)
落差は低く傾斜も緩いので、すぐに登れます🐾

 

ーーーーーーー

落ち口・上流▼



落ち口はかなり川幅が狭いです🌊
そして上流側もそこの砂が薄茶色と言うかベージュ色と言うか、ホントに独特な色をしていますね~( ゚Д゚)

 

 


林道▼

で、滝の上まで登ってきたわけですが…
なんとすぐ横に林道があります👀


まだ上流側の方へ林道は伸びていますが、一体どこまで続いているのだろう(´・ω・)❓
行ってみたい気持ちもありますが、他にも回らないといけないのでとりあえず下っていきます🐾

道中は滝が落ちてから先は谷側は所々で見晴らしが良いです(∩´∀`)∩
で、どこに出るかと言うと、案の定と言っても分からないかもしれませんが、駐車場の奥から伸びている林道がこの道で、駐車場まで戻ってきます🐾

 

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

京都府の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

安の滝(羽後)

安の滝
(やすのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶遊歩道
|▶安の滝
|▶安の滝上段
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・阿仁川⇒米代川
落差
・・90m(公)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から30分程
🏆日本の滝百選
】【🚘】【🍁】
【🍂】R2.10.21

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
秋田県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

秋田県 北秋田市

安の滝は北秋田市南部、八幡平西側の森吉山の南東麓に位置します📍

由利本荘から来た秋田まで秋田県を縦断するように伸びる国道105号線道の駅あにの南側の阿仁川比立内川が合流する所から秋田県道308号線 (河辺阿仁線) へ入ります🛣

しばらく県道308号線を進んで行くと、幸兵衛滝方面と道が分岐するので安の滝方面へ🌳

途中からは案内看板も立っておりそのまま安の滝方面へ進んで行けば駐車場と入口へ着きますが、道は細く舗装のない箇所もありカーブも多いので注意です⚠

 

ちなみに国道105号線から県道308号線に入って途中まで秋田内陸縦貫鉄道が沿っており、阿仁マタギ駅から森吉山周遊乗合タクシーが出ているそうです🚖
冬季もやっているかどうかは分かりません⛄

乗合タクシーはスキー場や各観光施設へのアクセスにも使えるようなので、詳しくは北秋田市のHPのサイトマップから検索してみてください(=゚ω゚)ノ

JR奥羽本線 時刻表
・・・福島駅~青森駅
・・・(鷹ノ巣駅下車)

秋田内陸縦貫鉄道 時刻表
・・・鷹巣駅~角舘駅
・・・(阿仁マタギ駅下車)

 

北秋田市HP
👉メニュー👉サイトマップ検索🔎

 

 


遊歩道▼

10月後半の秋田県内陸部はさすがに寒いです(;´Д`)
朝霧もスゴイですが紅葉もいい感じ🍂
早朝の冷え込みが秋の景色を創ります👀

 

安の滝駐車場▼
駐車台数は十数台くらいかな🚘❓
意外とあります🅿
お手洗いもあります🚻

 

ーーーーーーー

遊歩道▼

遊歩道の入口は駐車場の横にあります(=゚ω゚)ノ
安の滝まで45分とありますが、慣れた方ならもう少し早く着くかと思います🐾


川に沿った遊歩道は2019年に改装されたみたいです🌳
以前はもう少し歩きにくい道だったとの事🐾

水は透明度が高く澄んでおりキレイです💧
そして上の方に見える紅葉もまたキレイです🍁


 

この時期は本当に紅葉がキレイです( ゚Д゚)
日当たりの良い箇所は一面褐色に照らされるような感じ(∩´∀`)∩
森吉山周辺は紅葉の名所ですね🍁


 

しばらくして安の滝の頭の方が見えます(‘Д’)
この辺からより一層紅葉も深くなります🍂
さぁあともう少し٩( ”ω” )و



木々に見え隠れしながら徐々に近づいてくる安の滝🌊
遠目にもその大きさが分かります👀

滝周辺の岩壁は正に紅い木が目立ちます🍁
横に枯滝の姿も(‘Д’)
きっと増水すると流れるんでしょうね~💦

 

 


日本の滝百選 安の滝▼

キレイな2段の見事な巨瀑にして紅葉の名所🌊
赤、黄、緑がキレイに混ざった壮大な岩壁は迫力を通り越して驚きです( ゚Д゚)✨
いやいや辺境日の地まで来たかいがありますねぇ~(∩´∀`)∩


上の方は快晴で明るいのですが、下の方は切り立った岩で日が当たらず、調光の加減がうまくいきませんね(;´・ω・)
明らかに写真よりも実物の方が素敵ですが、この絶景はどうあれやはり納めて帰りたいところ🐾



 

ーーーーーーー

下段と滝壺▼

ちょっと急傾斜で滑りやすいですが、滝壺の所まで降りれます🐾
凄い岩ですがやはりココまで降りると上の段は見えなくなってしましますw👀

 

 


安の滝上段▼


安の滝の嬉しいとこの一つは上の段にも登れるところ٩( ”ω” )و
上の方に道が続いているので進みましょう🐾
徐々に高度を上げていく感じも良いですねぇ(∩´∀`)∩

 



上の方は下の段よりもかなり大きいです( ゚Д゚)
これで下から見た時にバランス良く見えるんですね👀

かなり滝壺は広く、そして深そうです🌊
かなり滝前は広々としており、上段と下段の距離もかなりあります(‘ω’)


凄い岩の感じですが、よく見ると横には涸れ滝もあります👀
増水した時はそちらにもハッキリ滝が現れて2本の滝がココには掛かるそうです🌊
その光景も是非見てみたいですね( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

下段落ち口▼


少々滑りやすいですが下段の滝の方まで行ってみます🐾
しかしこんな広い空間が下から見た時には分からないのですごいです(‘Д’)

下段の落ち口▼
下流の流れはもちろん、かなり遠くまで見晴らせます(∩´∀`)∩



 

下流側を見ても上流側を見ても絶景ですね~(∩´∀`)∩
横の岩壁も見応え抜群👀
ただし滑りやすいので落ちないようにせねば(;´・ω・)💦


 

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

見上げるような巨瀑ですが、お手本のようなキレイなバランスとフォルムの段瀑で、迫力と美しさを併せ持った名瀑です。
正面、下段、上段と、それぞれの視点から眺められるのに加えて、下段の落ち口付近からの眺望も素晴らしく、さらに紅葉の名所でもあるという安の滝。

ちなみに滝の名前は「ヤス」という少女と「久太郎」という男の人の恋の物語に起因するそうです。
紅葉の他にも、増水時には流れが現れる涸れ滝に、時間や天候によっては大きな虹がかかるなど、いろんな姿を持つのも魅力的です。
ただし、クマが多い地域であるのと、夏場は蜂やアブも多いらしいので注意も必要です。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

秋田県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る

 

TOPに戻る

滑川大滝(羽前 吾妻)

滑川大滝
(なめかわおおたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶滑川大滝
|▶Information

種類
・・分岐瀑
水系
・・松川⇒阿武隈川
落差
・・80m(公)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・駐車場から40分
🏆日本の滝百選
】【🚘】【♨】
【🍁】【💧
【🌺】R1.5.2
【🍂】R2.10.20

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
山形県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

山形県 米沢市

滑川大滝は米沢市南部、山形県と福島県の県境付近、吾妻連峰の北側に位置します📍

福島から秋田まで東北の真ん中を縦断するように伸びる国道13号線から山形県道154号線232号線と進み、JR板谷駅の先で分岐する林道から滑川温泉へ向かいます♨

林道終点には歴史を感じるたたずまいの温泉宿滑川温泉 福島屋があります(=゚ω゚)ノ
手前の分岐を登って行った先の姥湯温泉もとても良さそうですよ♨

 

元々は滑川温泉 福島屋の奥から滝展望所まで遊歩道が伸びていたのですが、20015年から入り口の橋が老朽化のため通行止めになっており、2020年現在は川から直接登らないと見ることができません(´・ω・)

余談ですが、日本の滝百選を選ぶ際に米沢市は白布大滝を推しており、通行禁止になって数年たつ事なども踏まえると、橋の復旧はないかもしれませんね🌳

滑川温泉 福島屋の手前にある滑川橋の横から川へ降りることができ、橋の正面で川は分かれています🌊
滑川大滝へは福島屋の方へ伸びる川ではなく、橋の正面に伸びる前川大滝沢を登ります🐾

 

ちなみに冬季は道路が閉鎖されるため、JR奥羽本線 峠駅から歩きとなりますが、おそらく川には入れるような状態ではないのではないかと思います⛄

JR奥羽本線 時刻表
・・・福島駅~青森駅
・・・(峠駅下車)

 

 


ルート▼

さて川を直接登るという事は、沢登りの服装が必須になります🌊
まぁ難易度自体は初心者向けの優しいレベルだと思いますが、気を抜かぬように(=゚ω゚)ノ

川へ降りて少し進んで振り返ると山々の紅葉が素晴らしいです(∩´∀`)∩
ちなみに雪解けの増水時は川を直接渡れそうにない急流の箇所も多く、慎重な判断が必要になります⛄
多分増水した時に万が一流されたりしたらあの世行きでしょう(;´・ω・)
:通常
:増水時

 

ーーーーーーー

五階滝▼

川に降りて少し進んだら正面に大きな滝が見えてきます👀
滑川大滝ではありません(´・ω・)
五階滝です🌊

この五階滝は支流から本流に流れ込む流れで、本流の斜瀑の落ち口にドンピシャで落ちています( ゚Д゚)

遠くから見ると一見大きな段瀑のように見える面白い滝です(∩´∀`)∩
別でページを設けているので良かったら▶コチラを参照してください(=゚ω゚)ノ

滑川大滝までのルートでココを越えるのが最も緊張する所ではないかと思いますが、右岸側 (向かって左側) の岩伝いに越えていけます🐾


五階滝の正面まで登ったらその横から本流が続いているのが分かります🌊
五階滝もかなり傾斜は緩めで、直登できそうです🐾

 

ーーーーーーー

ナメ床前半▼

五階滝から先は橋のとこで見たような赤茶けた滑がしばらく続きます👀
このナメがまたキレイなんですよねぇ~(∩´∀`)∩




赤茶けた岩が紅葉にプラスされて全体的に赤い雰囲気に( *´艸`)
五階滝を越えたらあとは右行き左行きでどんどん進んで行けるかと思います🐾
直登できる傾斜も多く楽しいですね(∩´∀`)∩
このキレイなナメと紅葉を堪能しながら進んで行きます🌊



 

ーーーーーーー

黒い釜▼

ココまでにも滝壺の色にはなんか不思議な印象を受けますが、中でも深くて特徴的な美しさを放つのがこの釜▼(=゚ω゚)ノ


浅い所は極めて透明なんですけどねぇ( ゚Д゚)
黒いけど微妙にエメラルド色がかって輝き澄んでおり、まるでブラックダイヤの様です✨✨
この感じ、山口の寂地峡とよく似ています👀
水中で撮って見たらこんな感じに( *´艸`)




深い(;´・ω・)
あんなナメ岩が水に掛かればこれほど削り取られるのですね💦

 

さてナメゾーンはココでちょうど中間くらいかな(‘ω’)❓
広々と広がる岩の床に見晴らしも良く、滑川大滝までの核心部と言えそうです🌊
ココは直登していきます🐾

 

ーーーーーーー

ナメ床後半▼

黒い釜を越えるとナメ床ゾーンの後半へ差し掛かります🐾
一面に広がるナメ岩床だったのが、ココからは両岸にゴロゴロ岩が詰まってきます👀



両岸に岩が詰まってきたとは言え相変わらず川底はずっと赤茶けたナメ岩なのですが、傾斜は前半と比べてほぼ無く平坦な川原が続きます🌊

岩だけでなく木々も迫ってきます🌳
少し離れた所に見えていた紅葉も近くなってきます🍁

 


しばらくして川は右にカーブしてちょっと大きめの釜があります🌊
ここは右岸側 (向かって左側) からぐるっと回って越えていきます🐾
その先は秘境感漂うナメの河原です( ゚Д゚)


山の天気は変わりやすいとは言いますが、奥に入ると急に日が届かなくなってきました👀
下流側の空を見ると晴れているので、奥の方は雲がかかっているといった感じでしょうか☁❓
これはこれで秘境感が増して良い感じです🌳

 

ーーーーーーー

ナメ終わり▼



川は右にまたまたカーブし、これまで長く続いたナメ床が突然終わります(‘Д’)
ホント自然というのは不思議ですね🌳
そして奥にはただならぬ気配を感じます(*‘∀‘)🌊

 

 


日本の滝百選 滑川大滝▼



ナメが終わってその先すぐに川はまたカーブして、ついに滑川大滝が現れます🌊
デ、デカい(;‘∀‘)✨
公称落差80mですが、もっとあるんじゃないの❓、っていう感じです👀
多分傾斜が緩めで奥行もあるからでしょうね⛰




正面に回るとまたすさまじい迫力です( ゚Д゚)✨
これはホントに名瀑ですね~(*‘∀‘)
そしてこの巨瀑を間近で見れるというのも醍醐味ですね(∩´∀`)∩

という事で滝の目の前まで行ってみましょう٩( ”ω” )و
こんなに近くでもはや全体を見るのは不可能です👀





それにしてもすごい岩壁です(‘Д’)
断崖でもなく、でもよじ登るのは不可能で、水に削り取られたような、凄みと不思議さの揃った様子👀
浅く広く滝壺もあります🌊




高さもスゴイですが、なんせ幅もスゴイ🌊
立も横もとにかくデカいです⊂⌒~⊃。Д。)⊃

今度はもう少し奥の方へ行ってみましょう٩( ”ω” )و
ココはすごい岩壁です⛰
弱々しく流れもあります👀


登って行くと15mくらいの滝🌊
水は少ないですが滑川大滝の一部みたいな感じの岩肌👀
ポツンと転がる岩が妙に印象的です(‘Д’)
そしてココから見る滑川大滝はウニョんって感じの形です( *´艸`)

 

右岸側、左岸側、正面と、それぞれすごく特徴が変わります(´・ω・)
大きさと幅、ゆるい傾斜のなせる業ですね(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

高さと幅どちらも高くて広い滑川大滝の第一印象はデカいの一言に尽きます。
水の流れる岩壁も非常に特徴的で、滑らかで優しい流れでも極めて迫力も見応えもあり、超巨瀑にして名瀑でしょう。
道中の長く続くナメ床も非常に見もので、前衛には中規模の五階滝と、コース全体で見ても名所と言えます。
それにしてもこの大きさで増水したらどんな感じになるのだろうか?。
多少のリスクをとっても挑戦してみたいと思わせるほどの素晴らしさです。

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

山形県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る

 

TOPに戻る

茶釜の滝(羽後 八幡平)

茶釜の滝
(ちゃがまのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート前半
|▶ルート中盤
|▶ルート後半
|▶茶釜の滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・夜明島川⇒米代川
落差
・・100m(公)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・入口から100分程
🏆日本の滝百選
】【💦】【🚘】
【🍁】【】【💧
【🍂】R2.10.2

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
秋田県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

秋田県 鹿角市

茶釜の滝は秋田県と岩手県の県境にまたがる八幡平の北西に位置します📍

ルートは夜明島川からの逆行ルート大場谷地からの降下ルートの2通りあり、ココでは前者のルートを通ります🐾

夜明島川からの逆行ルートは奈良の双門の滝と愛媛の御来光の滝と共に百選滝の三大難関コースと言われており、危険を伴う事はしっかり承知しておいてください⚠

 

まずは国道282号線国道341号線から秋田県道191号線 (根瀬尾去沢線) に入ります🛣

県道191号線からさらに夜明島川沿いの農道及び林道へ入りますが、案内も何もないのでココは地図を確認しながら進みます📖

この日は国道282号線、陸中大里駅の横から県道191号線に入り、しばらく南下し浦田で斜めに分岐する道から農道へ🛣

東北自動車道鹿角八幡平I.Cで降りると国道282号線、陸中大里駅の北側に出るのでこのルートが最短だと思います🚘

 

夜明島川と農道の間には田畑が広がり、上流側には山々がそびえる爽快な景色です🌾⛰

途中で農道はカーブし、そこで夜明島川沿いに山手の方へ夜明島林道が伸びているので、そちらへ入ります🌳

林道に入るとすぐに路面舗装は無くなり、非常に細くて路面の悪い悪路を10数kmにわたり走ることになるので覚悟しておきましょう(;´・ω・)

工事車両の往来もあり、すれ違える場所も少なく、泥濘や凹凸も多く、この時点ですでにある意味難関と言えます💧

やがて明らかに林道の荒れ方が変り、車両は立ち入る事すらできない領域に来ますが、そこまで来れば入口もすぐ近くです🌳

その手前に少し林道が広めになって転回できそうな所があるので、そこから歩くのが良いかと思います🐾

 

ちなみにもう一つのルートの入口である大場谷地は国道341線沿いにあります🛣
ただよく見ておかないと見過ぎしてしまうので注意しましょう👀

 

 


ルート前半▼


どろっどろ(;´・ω・)
途中でものっっスゴイ泥濘があり一瞬でこのざま…💧

まぁ帰ってキレイにしよ💦
というわけで気を取り直して進んで行きましょう٩( ”ω” )و


林道は最終的に幅の半分以上が陥没した箇所がありジエンド(;´・ω・)
しかし入り口はすぐそこです(=゚ω゚)ノ

手入れがされておらず草ボーボーですが、開けていて看板が立っているので入り口はすぐ分かります👀
入口を過ぎると川沿いに進んで行きます🐾


何度か川を渡り進んで行くと次第に両岸が切り立ってきます(‘Д’)
そしてその先で泊滝が出てきます🌊

 

ーーーーーーー

泊滝▼



倒木がワサワサ積み重なった先に泊滝が見えています👀
夜明島渓谷の門番的存在です🌊
右岸側 (向かって左側) の岩壁 (多分これが千丈幕) にはほのかに色付いた木々の姿も見えます🍂

落差は15mくらいかな👀❓
突き出すような岩壁に勢いのある流れで迫力があります( ゚Д゚)






 

ーーーーーーー

泊滝は直接越えるのは無理です✖
道は泊滝の少し手前の左岸側 (上流に向かって右側) から伸びています🌳

基本的に道はちゃんとあるのですが、不明瞭です🌳
踏み跡をしっかり見ることと、赤テープがあるのでよく探しましょう👀

徐々に高度を上げて泊滝を巻いて行きます🐾

 

泊滝の上を過ぎたところでハシゴ(‘Д’)
ココで川を渡ります(=゚ω゚)ノ


泊滝の落ち口▲
上流側▼
おそらくこの奥にあるのがモッコ滝🌊
水に浸からないといけないかも…

ココは両岸切り立っています⛰
川を渡ったら今度はハシゴを登ります🐾
ほとんど垂直なので気を付けて登りましょう⚠



ハシゴを登った先も道がかなり細いので気を抜かないように❕
ここら辺はもし滑落したらかなりヤバいです(´・ω・)

これを抜けるとまた少し平坦な河原を進んで行きます🐾
ここら辺も岩壁と木々がいい感じです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

跳ね滝▼

平坦な川原に出たと思ったらまたすぐに滝が出てきます🌊
川がカーブしたその先にあるこの滝は多分跳ね滝👀





まるで急なスライダープールのような流れです🌊
いかにも岩を削ってます感があります( *´艸`)
この滝も水量は多くそこそこ高さもあります(‘Д’)

 

ーーーーーーー


振り返っても素晴らしい眺め(∩´∀`)∩
この滝も左岸側に登り口があります🐾
川がカーブする少し手前から登って行きます🌳


この辺も滝だけではなく当たりの岩壁も見ものです(∩´∀`)∩
木々の合間から見える岩々はなかなか見もの✨
ただちゃんと前と足元は見ておきましょうね👀
滝の落ち口に出る辺りは少々危険です⚠

 

 


ルート中盤▼


跳ね滝の落ち口とその正面の岩山▲
さて上流の方へ進んで行きます🐾
中盤はそれほど急な登りはありませんが距離があります🌊

 

ーーーーーーー

夫婦滝▼

少しして夫婦滝が出てきます🌊
跳ね滝を過ぎると茶釜の滝まで名前はあれどそんな大きな滝は出てきません👀
しばらくは川沿いになだらかに登って行く感じです🌳

 

ーーーーーーー



夫婦滝を巻いてさらに上流へ🐾
しばらく似たような感じの所が続きます🍃
途中のブロックみたいな岩壁が印象的👀

 

しばらく進むと少し河原が開けた所に出ます👀
この辺は傾斜もなだらかで歩きやすいです🐾


その先で左岸側が崩れた跡になっています(‘Д’)
それを過ぎるとまた徐々に左岸側は迫ってきます⛰
平坦ですが景観に変化があります🏞



帽子をかぶったみたいに上に木々が茂った大きな岩( *´艸`)
この先にクグリの滝があります🌊

 

ーーーーーーー

胎内クグリ▼


ゴロゴロと大きな岩が重なり合っています👀
この岩は合間に入っていくことができます(=゚ω゚)ノ
通り抜けはできません✖

多分これが胎内クグリ(=゚ω゚)ノ
この奥にあるのがクグリの滝だと思います💡
岩の中から岩間を縫う流れが見えます🌊

 

ーーーーーーー


岩間から出て下流を振り返るとこれまた良い景色🌳
ココは胎内クグリの入口の横から登って行きます🐾
途中で見えるのが多分クグリの滝でしょう👀
この辺は足場が悪いので注意しましょう⚠

 

クグリの滝を巻いて河原へ出るとまたなだらかな登りです🐾
少しして支流から合流する白布の滝が出てきます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

白布の滝▼

この滝は本流ではなく支流なので巻きません🌊
前を通り過ぎます🐾

 

 


ルート後半▼

いよいよコースも終わりがちらついてきます👀
白布の滝を過ぎて少しすると急激に両岸切り立ってきます( ゚Д゚)
特に左岸側 (向かって右側) の柱状節理はスゴイです(∩´∀`)∩




これまでの足場と違い一気に岩の足場へと変わります🐾
足元の滑りやすさの種類が変わってくるので気を付けましょう(=゚ω゚)ノ
景観の派手さがもろに出てくるのでとても楽しいです(∩´∀`)∩

 

あれよあれよという間に両岸切り立ったかと思ったら、今度は正面にもすごい岩山が見えてきました( ゚Д゚)
大滝の予感がしてきますね( *´艸`)




この辺りになると左岸の柱状節理は垂直を通り越して、まさに覆いかぶさる勢いで張り出してきます(‘Д’)

正面に見えた岩山が目の前まで来ると、川が枝分かれします🌊
小さく看板が立っていますが、まっすぐ登って行くと白雲の滝と大場谷地の方へ登って行き、右の方へ入ると茶釜の滝です(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー



この川の分岐の名所はホントに絶景ですね(*‘∀‘)
ツヅラ岩、八重屏風、万丈幕、七飯屏風と、それぞれ名前が付いているようですが、いったいどれがどれなのかな👀❓
右に入り少し行くと茶釜の滝が見えてきます🌊



 

 


日本の滝百選 茶釜の滝▼

茶釜の滝の一番下が見えてきました(*‘∀‘)
茶釜の滝は3段構成で、下から「茶釜の滝」、「銀線の滝」、「雲上の滝」とそれぞれ名前が付いているそうです📚

茶釜の滝の横からハシゴを登ってラストスパート٩( ”ω” )و
ハシゴは何かクネクネしててまぁまぁ怖いです(;´・ω・)
滝は段ごとに複雑に折れ曲がり、3段ともまとめて一望するのは無理そうです🌊

 

ーーーーーーー

雲上の滝▼


さあメインの雲上の滝が見えてきましたよ~(*‘∀‘)
木々の葉も色付き始めていい感じです🍂
茶釜の滝と言えば良く見る写真はコレですね(∩´∀`)∩




高さがあるうえに足場がかなり限定されるので撮影は慎重に(=゚ω゚)ノ
滝壺まで降りるのはフリーでは不可能でしょう(;´・ω・)
かなり広角なレンズでないと全景写すのは難しいかも📷

下の方でうっすらと枝分かれする特徴的なフォルム🌊
美しい流線はいつまでも見ていられそうな魅力です( ゚Д゚)




 

どうやら運よく水量も多めのようです🌊
見事な美しさです✨
ちょっと苦労しますがその甲斐大アリですね(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★★☆

沢山の滝が掛かり、凄まじい岩壁もあり、見どころとなる場面が多い夜明島渓谷にあって、その最奥で圧倒的な存在感を放つ茶釜の滝。
岩を削りながら一筋の軌跡で落ちながら最後に薄く枝分かれし、直線と曲線が絶妙に混ざり合う美しいフォルムで優雅に流れる雲上の滝の姿はまるで女神のようです。

細く路面の悪い林道の運転、不明瞭で足場の悪い山道、川の直接渡歩、滑りやすい岩場と、悪路を辿り進む価値のある極めて素晴らしい名瀑でしょう。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

秋田県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る

 

TOPに戻る

不動の滝(陸中 八幡平)

不動の滝
(ふどうのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶桜松神社
|▶不動の滝
|▶Information

種類
・・直瀑
水系
・・安比川⇒馬淵川
落差
・・15m(公)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・駐車場から5分程
🏆日本の滝百選
】【🚘】【🏞
.⛩】【🍁】
【🍂】R2.10.1

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
八幡平観光協会HP▶https://www.hachimantai.or.jp/index.html

岩手県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

岩手県 八幡平市

不動の滝は盛岡市の北西側、岩手県内陸部の八幡平の北東に位置します📍

盛岡から小坂方面へ伸びる国道282号線荒屋新町駅と小屋の畑駅の間にある桜松神社大鳥居の交差点から、踏切を渡り分岐する道へ入り道なりに進みます🌳

踏切を越えて安比川を渡り高速道路をくぐった先、途中右へ分岐する道へ入りますが、ココは案内も立っているので分かるかと思います(=゚ω゚)ノ

高速道路は東北自動車道 安代I.Cで国道282号線へ降りるので、滝沢森岡方面へ少し南下したところで大鳥居の交差点です🛣

国道に高速道路が近く、車でのアクセスは比較的便利です🚘
鉄道も一緒に並走していますが、鳥居の交差点はちょうど駅と駅の間で、そこからも距離があるため現実的ではないです🚈
ゆっくりと1時間~1時間半程歩いても良いなら駅から歩くのも良いでしょう🐾

 

 


桜松神社▼


不動の滝および桜松神社の駐車場▲
この奥の鳥居の先に桜松神社、その奥に不動の滝があります🌊

駐車場の向かいは桜松公園です🏞
ほんのり色付いていい感じになっています🍂

 

ーーーーーーー

桜松神社▼

駐車場と入り口の間🅿
日本の滝百選の碑があります👀


境内に入るとそれまでとは一転し、木々に囲まれます🌳
とても心地よい雰囲気の神社です⛩

小さい門があり、その先に手水舎👏
右側に拝殿と御本堂があります🐾



入口付近も緑深いしんとした雰囲気ですが、奥へ行くほど心地よい静けさが増してきます🍃
狛犬とこの静けさ、木々の深さが妙によく合います🌳

この先さらに道が続いています🐾
またまた門をくぐって苔の感じがとても美しい道を通ります🌱

 

ーーーーーーー

不動堂▼


門をくぐると目の前に広がる美しい緑色の空間( ゚Д゚)
縁結びの木があります🌳

この雰囲気と静かに聞こえる水の音がたまらなく良いです💧
この先で道が分かれています👀

まずは右上の方、不動堂へ行ってみます٩( ”ω” )و
と言っても、すぐですがw



岩壁にはまり込むようにして立つ不動堂(‘Д’)
よくこんな所に建てれましたね🌳
この岩壁もすごく風格がありますねぇ⛰

では分岐に戻り左下の方へ🐾
すぐに不動滝が見えてきます(=゚ω゚)ノ

 

 


日本の滝百選 不動の滝▼


不動の滝はビューポイントが何ヵ所かあります👀

先ほどの分岐からそのまま真っすぐ来ると滝の横へ出ます🌊
お賽銭入れがあります💰

 

階段を降りるとその先に橋がありますが、その途中にも道が分岐して滝の方へと続いています🐾
ココは滝の真ん前へと出ます🌊




 

そして階段を降りて橋から(=゚ω゚)ノ
ココからの全体の俯瞰がやはり一番良いかも( *´艸`)
しかし日本の滝百選に選ばれているだけに、決して大きな滝ではないですが良さがあります🌊

 

橋を渡った先も道はどこかへ続いているようです👀
少し橋から離れたところで、更に俯瞰できます(=゚ω゚)ノ
ココから朱色の橋と一緒に写すのも良い感じです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

岩手県唯一の日本の滝百選の滝、不動の滝。
落差はわずか15mと決してそれほど大きな滝ではなく、データだけ見ると「なぜ?」と思う人もいる事でしょう。
しかし桜松神社や木々に囲まれ苔むした緑の雰囲気、静寂に包まれた落ち着いた空間に抜群に溶け込んだこの滝は、実際に見るとその魅力は日本の滝百選の一角になるだけのものがある事が実感できるかと思います。
静かな緑と朱色の橋が非常によく似合い、水もキレイなこの滝は到達何度も優しく、抜群の観光滝、寺社仏閣のパワースポットでもあります。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

岩手県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

松見の滝(陸奥 十和田)

松見の滝
(まつみのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶林道歩き
|▶山道下り
|▶松見の滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・奥入瀬川
落差
・・90m(公)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・入口から150分程
🏆日本の滝百選
】【🏞】【🍁】

【🍂】R2.9.30

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
青森県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

青森県 十和田市

松見の滝は秋田県と青森県の県境にある大きな湖、十和田湖の北側に位置します📍

十和田湖の北東側の奥入瀬渓流の下流部に合流する黄瀬川に掛かり、到達時間が長く日本の滝百選の中でもやや到達難易度の高い滝となっています🐾

奥入瀬渓流は国道102号線が並走しており、弘前からは国道102号線、青森からは国道103号線、八戸からは国道104号線、大館からは秋田県道2号線 (樹海ライン) と、青森の一大観光地なだけに各方面からのアクセスは悪くないです🛣

奥入瀬渓流への詳しいアクセスは▶奥入瀬渓流を参照してください(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

松見の滝が掛かる黄瀬川には途中まで林道が沿っており、まずはこれを通ることになります🌳

国道102号線、奥入瀬渓流の下流部から分岐するこの林道の入り口が実質的な入口となるわけですが、松見の滝の案内などは無く普通に走っていると軽く見逃してしまうので注意しましょう👀

渓流の駅おいらせ奥入瀬渓流館などホテルなどの並ぶ区画から少し上流側に舗装のされていない道が分岐しているので、地図と照らし合わせながらよく見ましょう(=゚ω゚)ノ

林道に入ったらすぐに御手洗い?があり、その先で川を渡りゲートと駐車場があります🅿
車はココまで🚘
ゲートの先からは長い林道歩きの始まりです🐾🌳

 

 


林道歩き▼

ゲートを越えたら林道歩きです٩( ”ω” )و
序盤は黄瀬川沿いのこの林道をひたすら歩いて行きます🐾
この先は奥入瀬渓流とは一転、人気がほとんどなくなります🌳



長~い林道歩きですが、このての道中では比較的川の様子が良く見えるので、まだ退屈しないですむ方ではないかと思います🌊
渓流、堰堤、湿地、そして木々の姿など美しい川原道を楽しみましょう🌳

途中支流やシトシト流れる湧水?などの姿も美しいです🍃💧
対岸からは何度か支流が合流します(‘Д’)


支流の合流部には滝の掛かる所もあり、水量も大きさもしっかりしています🌊
ただ黄瀬川は上流部の河川にしては比較的大きいので、渡るとなると最低でも腰から下は水に浸かる、最悪泳ぐことも想定しておかなければならないかもしれません🌳

渓流や木々の姿も素晴らしいです🍃
まさに森林浴、マイナスイオンといった感じ(∩´∀`)∩


9月終わり頃で紅葉にはまだ少し早いですが、10月終わりごろの秋本番頃は素晴らしい景色になりそうですね🍂
それでなくても素で美しい木々と流れです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

しばらく進んだら道が分岐します👀
ココは右側、川側の方へ進みます🐾

真っすぐ進むと多分大きな堰堤の前に出るのかな❓
どちらにせよこの先で合流ポイントがなかったので、まっすぐは外れです✖

右の道に入るとすぐに黄瀬川を渡ります(=゚ω゚)ノ

ざっくりココまでが序盤といったところ🌳
ココから中盤に差し掛かりますが、中盤の最初の方は登りが少しきつくなります(;´・ω・)


黄瀬川を渡る橋▲
と、そこから見た上流と下流🌊

この橋を渡ると尾根の方へグニャグニャ登って行きます🐾
道もココから一段と荒れてきます🌳


登り坂を登ったご褒美は良い眺め(∩´∀`)∩
いつもキレイな眺望は疲れをぶっ飛ばしてくれますね⛰
まだしばらく登り坂が続きます🌳
速ければココまで1時間くらいかな⏱

グニャグニャした道が終わると、しばらくほとんど真っすぐで緩い登りが続きます🍃
途中で斜め後ろ側から道?が合流するような箇所があります👀
あるデータではショートカットコースがあるとの事ですが、ココが合流ポイントなのかな(´・ω・)❓

この辺りは遠くに川の流れを効きながらひたすら歩く感じです(;´Д`)
右を見ても左を見ても森林だらけ🌳
一カ所ゲートがあります👀
その先は私有林らしいので礼節をわきまえた行動を心がけましょう🐾

 

ゲートを越えてしばらくするとまた道がぐるっとカーブします👀

これを過ぎると川の音も聞こえなくなり不安感が出てきますが大丈夫です(‘ω’)

グルグルとカーブをしているうちに、気が付くと松の木がびっしり生え詰まっています🌳

ココまで来ると中盤もほぼ終了(=゚ω゚)ノ

この先で木のトンネルみたいだった雰囲気から上が開けた真っすぐの道になります🍃

この真っすぐなところで川側の方へ降りていく道が分岐しています(=゚ω゚)ノ
看板は倒れていましたが、まぁどう見ても入り込めるようになっていますし赤テープもあるので、よく見ていると分かると思います👀

 

 


山道下り▼

さて、松見の滝への道中もいよいよ終盤です٩( ”ω” )و
ココからはこれまでの荒廃した林道歩きではなく、完全に山道になります🌳
倒木や不明瞭な個所もあるので十分注意しましょう⚠

川の方に向けてガッツリ下ります🐾
帰りは地獄の登りになります(;´Д`)
藪笹で道が非常に分かりにくい箇所、滑りやすい急な下り、基本1本道ですが油断はしないように❕

下っていくにつれて川の音が聞こえてき、徐々に大きくなっていきます🌊
次第に川の音というよりは大きな滝の流れる音だとはっきり分かるようになってきます👂
そして滝の姿が現れます(*‘∀‘)

 

 


日本の滝百選 松見の滝▼




凄まじい岩壁からキレイに2段になって流れ落ちる松見の滝( ゚Д゚)
まさに爽快な景色です✨

滝の目の前まで行けるのも嬉しいですが、思っているより上段と下段の間に距離があるため、見る位置でかなり見え方が変わります👀


下流側の流れもキレイです(∩´∀`)∩
滝前は広々していて、のんびりと松見の滝を堪能できます⊂⌒~⊃。Д。)⊃
滝壺は大きく川幅も広く、水量は基本的に多いのが分かります🌊

 

川を渡って対岸へ行ってみましょう٩( ”ω” )و
川幅はありますが浅くなっている箇所もあるのでそこを狙います🐾
川の中程から見る姿がまた良いです(*‘∀‘)




 

右岸側も僅かに岸があり、左岸とは違う角度で見ることができます👀
水量が多いとこの場所は無くなるかも…
まぁ沿いなるとまず川を渡るのが無理かも…💧
コチラからは上段と下段がほぼ一直線上に見えます🌊



 

右岸側は少し登れそうなので登ってみます٩( ”ω” )و
上段の滝壺へ降りるまでは行けませんが、上段の滝壺を見ることはできます(∩´∀`)∩


ココからは力づくになります🌳
当然1歩間違えたらあの世行きですよ(;´・ω・)
非常に危険なのでマネしないでね❕⚠

エメラルド色の滝壺に掛かる虹🌈
まるで楽園のような眺めです(*‘∀‘)✨


 

色々な位置から見ましたが、どれも良いですね(∩´∀`)∩
個人的にはやはり参道終点付近からの俯瞰がお気に入りですね~🌊
やや遠いですが一番形がきれいに見えます✨✨


 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★★☆

美しいフォルムに壮大なスケールの段瀑で、長い道のりを歩いても一見の価値ある素晴らしい名瀑です。
両サイドの凄まじい岩山の間から流れ落ちる様はお手本のようなキレイな容姿で、見る位置で表情が変わる点も面白く、お気に入りのビューポイントを探すのもまた楽しいことでしょう。
かなり山深い所にあるにもかかわらず水量はしっかりしており、大きさも相まって正に日本の滝百選の名に恥じぬ景観を持っています。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

青森県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る

 

TOPに戻る

七滝(羽後 十和田)

七滝
(ななたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶七滝神社
|▶七滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・小坂川⇒米代川
落差
・・60m(公)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・一瞬
🏆日本の滝百選
】【🚘】【🏞

【🍂】R2.9.30

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
道の駅HP▶https://www.michi-no-eki.jp/

秋田県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

秋田県 鹿角郡 小坂町

七滝は秋田県の北東端付近、十和田湖の南西側に位置し秋田県道2号線 (樹海ライン) 沿いの七滝神社の横に流れ落ちます📍

県道2号線は国道103号線国道282号線の交差する北側の間をつなぎ、大館市街から十和田湖までの最短ルートです🛣

七滝および七滝神社の道路を挟んで向かいには道の駅 こさか七滝があり、駐車場もそこを利用できます🚘

高速道路は東北自動車道小坂I.Cで降りると県道2号線、国道282号線の少し西側に直接降ります(=゚ω゚)ノ

 

 


七滝神社▼

道の駅 こさか七滝▼

道の駅併設で駐車場やお手洗いには困らないのがこういう観光志向の滝の良い所ですね(∩´∀`)∩
広々として駐車可能台数も多めです🅿


向に七滝と七滝神社があります(=゚ω゚)ノ
ちなみに4月~11月の冬季閉鎖期間以外は小坂町のバスが出ていますが、鉄道駅との接続は無いようなので案内は割愛しています🚌

 

ーーーーーーー

七滝神社▼

広々とした芝生の公園🏞
七滝はすでに入口の所からも見えています👀
赤い葉っぱの木が何ともキレイです( ゚Д゚)

 


奥の方へ進んで行くと水車小屋が、そしてその奥に鳥居と橋があり七滝の方へと続いて行きます🌳

ぶっちゃげこの橋を渡る手前の河川敷からが一番きれいに七滝が見えるかもしれません🌊

橋から見る七滝や水車小屋とのツーショットもいい感じ(∩´∀`)∩
人工物でもこれらは一緒に撮れればいい感じになりますね✨
撮影に良さそうなポイントを探すのも楽しい所です🐾



橋を渡ったら七滝神社と七滝の滝壺があります🐾
この辺りの雰囲気が何かとてもいい感じです⛩

橋を渡って左側が七滝神社🌳
こじんまりと落ち着いた雰囲気です🐉

 

 


日本の滝百選 七滝▼

橋を渡ってそのまま進むと、滝壺の横に出ます🌳
最も滝に近い場所ですが七滝は段瀑のうえに傾斜も緩めなので、ココからでは一番下の部分しか見えないのが欠点(´・ω・)



滝と反対側もなかなかいい眺望です👀
橋や鳥居も絵になりますね📷
河原の花もいい感じです🌼

 

ーーーーーーー

橋を戻って対岸側から▼
こちら側から俯瞰するとある程度全景が見えます👀
でも見えているより上の方はまだまだ続いていそうな感じ🌊




んん~…、惜しい(´・ω・)
もうちょっと木々が少なければもっときれいに見えそうなのですが🌳

紅葉もまだ少し早い感じ🍂
見頃は10月終わり~11月頭頃かな❓
それにしても一体何段くらいになっているのだろう(´・ω・)❓


 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

道の駅併設で道路からも見えている七滝。
気持ちの良い公園と神社があり道の駅もある事から、大きな滝というだけではなく観光滝としても非常に優秀です。
公園や境内、周辺の山々の様子から、紅葉本番の時には素晴らしい景観を見せてくれそうですね。
十和田湖からも近く他にも色々見て回れそうな点や、大館市街から近い点も良い所ですね。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

秋田県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

くろくまの滝(陸奥 津軽)

くろくまの滝
(くろくまのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶遊歩道
|▶くろくまの滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・赤石川
落差
・・85m(公)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から20分程
🏆日本の滝百選
】【🚘】【🏞
【🍂】R2.9.29

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
青森県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

青森県 西津軽郡 鰺ヶ沢町

くろくまの滝は青森県西部、富士山の様にきれいな三角を描く岩木山の西側に流れる赤石川上流域に位置します📍

秋田から津軽地方南部の沿岸を通り青森市街へと伸びる国道101号線、深浦町から鰺ヶ沢町へ入った少し先で赤石川沿いに伸びる青森県道190号線へ入ります🛣

国道101号線と県道190号線の間に微妙に県道3号線が挟まっていますが、交差点辺りからは案内も出ているので、それに従うと良いでしょう👀

道なりに進んでいると県道190号線から191号線に切り替わり、イトウ養殖場の所で林道へと切り替わり、そのまま林道をずっと進んで行くと、くろくまの滝の駐車場と入り口へ到達します🌳

 

イトウ養殖場の先の白神大然河川公園の先はゲートがあり、気象状況などによっては通行止めになる事もあるようです🚘

実際その先は道もかなり細くなり、山間を抜ける林道となります🏔
ちなみに公園には自然観察館ハロー白神や、白神キャンプ場などもあります⛺

キャンプ場情報等はコチラ▼
あじ行く?HP

 

ちなみに余談ですが、9月終わりごろから10月頭頃の県道190号線、191号線は稲の収穫時期で、道路の両脇の黄金色がとてもキレイです🌾
田舎の景色をあまり見ることのない人にはぜひ一度見てもらいたいですねぇ(∩´∀`)∩

 

 


遊歩道▼

くろくまの滝駐車場▼
川沿いの細い林道を進んで行くとポカンと開けた駐車場が現れます🅿
林道はこの先も続いて行きますが、くろくまの滝へはココで駐車します🚘

駐車場のすぐ先にくろくまの滝の掛かる川を渡る橋があり、その横に遊歩道の入口があります(=゚ω゚)ノ
ココからざっくり10分~15分といったところ🐾

 

以前はくろくまの滝の上流の二の滝や支流の三の滝へも急傾斜の遊歩道が伸びていたようですが、現在は遊歩道崩壊のためかそちらは閉鎖されています🌳
いつか機会があれば是非力づくでそちらへも回り込んでみたいですねぇ(*‘∀‘)



そんな訳で遊歩道もほぼ1本道(=゚ω゚)ノ
道に迷う心配はまぁないかと思います🌳

 

 


日本の滝百選 くろくまの滝▼



やがてくろくまの滝が見えてきたら遊歩道終点です🌳
見事な巨瀑で、少し離れた遊歩道の終点地点からもその迫力がヒシヒシと伝わってきます🌊
高さもですが幅もかなりあります( ゚Д゚)

 

せっかく関西くんだりから青森まで来たので、滝の前まで行ってみようと思います🐾
策の先にも踏み跡はありますが、すぐに足場が陥没している所があり危険⚠
草もボーボーで正面も足場も見えにくく、危ないのでマネしないでください✖

川まで降りたらボーボーの両脇の僅かな踏み場やヌルヌルの岩伝いに奥へ進んで行きます٩( ”ω” )و
近付くほどに見上げる首の角度もどんどん変わってきます( *´艸`)


川は滝の正面で思いのほかグニャりと曲っており、滝の下部分を遮るようにキレイな緑の丘が張り出しています🍃
所々に小さな花なんかも咲いており、とてもいい感じ🌼


 

滝の正面はものすごい水しぶき💦
滝壺の前に出たら一瞬でビッチャビチャです(;´・ω・)
遠目に見るよりもずいぶん水量は多いようです🌊
そこに高さと傾斜があるためスゴイです(∩´∀`)∩





ストーンと落ちる滝にはその良さがあるように、岩肌を広がりながら流れる滝はこの幾筋の純白の水の流れの軌道という特有の美しさがあります(*‘∀‘)✨
霧のようになって岩から離れていく部分、その下で岩壁を彩るように流れる部分、流れのはやい部分遅い部分と、どれを見てても飽きません🌊



 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

壮大な岩壁を幅いっぱいに流れてくる様子は爽快な眺めです。
水量も基本的にしっかりしており、その岩壁にもかなりの力強さと迫力があり、またそれを取り囲む木々は美しい緑の輝きを与え、壮大にして優雅な景観を織り成しています。
日に照らされ真っ白に輝きながら岩壁を伝い流れる水の流れは非常に美しく、その大きさがより一層そんな美しさを引き立てています。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

青森県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る

 

TOPに戻る

三階の滝(磐城 蔵王)

三階の滝
(さんかいのたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶三階の滝
|▶不動滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・白石川⇒阿武隈川
落差
・・181m(公)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・駐車場からすぐ(遠望)
🏆日本の滝百選
】【🚘】【
】【🍁】
【🌺】R1.5.2

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
宮城蔵王ナビ▶https://miyagizao-navi.jp/tw/

宮城県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

宮城県 刈田郡 蔵王町

三階の滝は宮城県と山形県の境界にある奥羽山脈の一角、蔵王山の宮城県側のふもとに位置します(=゚ω゚)ノ

基本的には川へ降りて滝壺へは行くことはできず、蔵王エコーラインにある滝見台からの遠望になります👀

蔵王エコーラインは非常に眺望もよく、天気の良い日はドライブがてら立ち寄ってみるのも良さそうです(∩´∀`)∩

 

国道4号線JR東白石駅付近、松川が白石川に合流するポイントあたりから宮城県道12号線 (白石上山線) へ入り、松川沿いに県道12号線を走っていきます🚘🏍
最初の方は宮城県道25号線 (岩沼蔵王線) と重なります⚠

東北自動車道 白石I.Cもこの付近に降ります(‘ω’)

そのまま県道12号線を走っていくと、途中国道457号線と重なるところで刈田温泉が出てきます(=゚ω゚)ノ
この辺りは他にも青根温泉などもあり、温泉街となっています

 

刈田温泉を抜ける辺りで、川の方に大きな鳥居が見えてくるので、そちらの方へ入ります⛩

ココから蔵王エコーラインが始まります( ゚Д゚)
ちなみに冬季は閉鎖されているようなので、事前に道路情報等は確認しておいた方が良いでしょう👀

蔵王エコーラインをしばらく走っていると滝見台へ到着します🌊

 

 


日本の滝百選 三階の滝▼

蔵王エコーラインに入っても、最初の方しばらくは普通にただのグニャグニャした林道です(´・ω・)
少し進んで眺望が開けてきた辺りで展望台が現れます(=゚ω゚)ノ


整備の行き届いた道路で、上からも下からも入れますが、駐車場の入り口は道が細くなっているので交差には注意です🚘

 

ーーーーーーー

展望台と三階の滝▼





落差181mの巨瀑は遠目に見てもその迫力が伝わります( ゚Д゚)
いや、むしろこの距離だから全体が俯瞰できるのでしょう( *´艸`)
間違いなく滝壺からじゃ上の方は見えないでしょうね…💧


凄まじい景観の段瀑ですが、何分距離があるので見る場所によっては木々が遮ってしまいます🌳
見えやすいポイントを探しましょう🐾
ただ、滝見台の柵の先は断崖絶壁なので絶対に乗り越えないように❕⚠


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・???
到達感・・・・★☆☆☆☆

遠望とは言え、181mの落差は流石に声が上がる迫力と存在感があります。
轟くような荒々しい迫力ではなく、まるで絵に描いたような美しい静寂の迫力といった感じでしょうか。
滝見台も非常に正面が開けた所にあるので、山々や木々なども見渡せ、眺望の良い中に見える滝がまたキレイです。

 

 


不動滝▼

三階の滝の滝見台からさらに蔵王エコーラインを上の方へ登っていくと、落差54mの直瀑、不動滝があります٩( ”ω” )و
三階の滝の落差が高いのであまり名は売れてませんが、54mの落差で水量も多く普通に考えたら見ものです🌊
コチラも滝見台からのみですが、三階の滝よりは近くなります🐾



蔵王エコーライン沿いに不動滝展望台の駐車場があります🚘🏍
駐車場のところにはカッコイイ蔵王不動尊が立っています٩( ”ω” )و
その傍らに滝見台へ続く階段があります🐾

 

ーーーーーーー




こちらは滝壺がある程度はっきり見えます👀
三階の滝が支流から澄川に落ちるのに対し、不動滝は澄川に直接かかり水量も多いので滝壺から見上げることができたら迫力もありそうです🌊

 

逆行と日陰の極端な照度差で撮影が難航(;´・ω・)

 

ーーーーーーー

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

宮城県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る
日本の滝百選に戻る

 

TOPに戻る